絶版プラモデルやじ馬考古学・ボックスアート美術館(なつかしき50~60年代アメリカプラモの世界)

古き良き時代の絶版プラモを発掘する、インターネット考古学。現在、・ボックスアート美術館にてエレール特別展を開催中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

テレビドラマに見るアメ車あれこれ特設美術館Part6

2014年07月31日 | プラモデル

アメリカ軍によるボックスアート奪還大作戦
       ※このストーリーはフィクションです





















Go!Go!Go!


つづく

根なし草
クルマ
コルベットだった


wikipedia

コルベット!
アメリカ製スポーツカーとして、
とてつもない金字塔を打ち立てたのが
このクルマだった。
その雄姿が見られるドラマが『ルート66』なのだ。

ジョージ・マハリス(左)とマーチン・ミルナー(右)の
主演で、1960年から1964年にかけて
アメリカ・CBSテレビで放送されていた。
このドラマには第三の主役(?)として
シボレー・コルベットが登場しており、アメリカ製
スポーツカーの魅力がタップリ味わえた。

※1963年の第3シーズンからジョージ・マハリスが
 降板し、グレン・コルベットが出演していた。


『ルート66』はモノクロ作品だったのでコルベットの
車体色までわからなかったが、ブルーだったのね!

日本では1962年(昭和37年)にNHK、その翌年
フジテレビで放送された。
当時のテレビ番組表を見ると、NHKでは毎週土曜日の
午後10時45分から11時30分の放送を行っていた。
このことからCM抜きの『ルート66』は、正味45分番組で
あったということがうかがえる。
なお、他テレビ局のライバル番組だが時間帯は異なるが
NETテレビ(現テレビ朝日)では午後10時から『ローハイド』を
放送していた。

1963年(昭和38年)になるとフジテレビが、毎週木曜日の
午後9時45分から10時45分の放送を開始する。
吹き替えには愛川欽也(マーチン・ミルナー)、納谷悟朗
(ジョージ・マハリス)の名前があった。
ちなみにNHK放送時ではそれぞれ違う声優が担当しており、
木下秀雄、近藤洋介となっていた。

この時代の毎週木曜日は『ララミー牧場』の独壇場だった。
午後8時からNETテレビの放送だったが、毎回エピソードの
最後に映画評論家・淀川長治氏の解説があり、「もう時間がきました。
みなさん、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」と、あのおなじみの言葉で
しめくくっていたのがなつかしい。
なお、同じ午後8時からのライバル番組はTBSテレビの『七人の刑事』で、
渋いテーマ曲が印象的。

『七人の刑事』テーマ曲(動画なし)。
ゼーブ・ディチネのいぶし銀ハミングが光る。
http://www.youtube.com/watch?v=07FjJbDva-o


YouTube
放送当時、クルマでさすらいの旅を楽しむアメリカ的根無し草生活に
憧れたものだっだ。

テレビドラマ『ルート66』オープニング映像。
http://www.youtube.com/watch?v=ebOdXvYF27E

テレビドラマ『ルート66』テーマ曲(エンド・クレジット)。
ジャズピアノの軽快な演奏が印象的。
エンド・クレジット部分なので、スタッフや出演者の名前が
ズラズラ流れるだけだが、テーマ曲を聴くだけならイイかも。
http://www.youtube.com/watch?v=MSa_Eq-dAEA

なお、このドラマに出演していたジョージ・マハリスが
歌っていた同名の曲もあったが、ドラマ『ルート66』テーマ曲とは
まったくの別物。マハリスの曲は番組放送以前の1946年に
作曲されたジャズ・スタンダード曲で、ナット・キング・コールの
歌で大ヒットしていた。



ジョージ・マハリスが歌う『ルート66』はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=okPQuf2jXrs

ところで「ルート66」といえばカッコよく聞こえるが、
日本風にいえばアメリカ合衆国国道66号線
ということ。
イリノイ州のシカゴからカリフォルニア州サンタモニカを
結ぶ大陸横断道路だが、現在は高速道路が整備され廃線になって
いるとのこと。
ちなみにドラマ『ルート66』は、国道66号線をウリにしたものだが、
実際のロケ地のほとんどは国道66号線以外の場所だったらしい。


wikipedia
赤の実線が「ルート66」。
アメリカ合衆国を横断する長大な道路に
驚いてしまう。

出ました!
シボレー・コルベット



このリッチな雰囲気モロ出しの
ボックスアートが素晴らしい。
コルベットを乗りまわし、
自分のボートで出航するなんて
一体どこのボンボンなのか。

ところで、背景にリゾートホテルらしき建物が見えるが、
もしかしたらテレビドラマ『サーフサイド6』に登場した高級リゾートホテル、
フォンテーヌブロー・フロリダビーチ・ホテル(下記画像)を参考に描いたのでは
ないかという気がする。
まあ、これは私の勝手な想像なのだが…

YouTube


スケールモデル専門のレベルでも、
モーターライズ版も販売していた。



シボレー・コルベット広告集

1960年型

GM


GM


GM


wikipedia


YouTube
1960年型シボレー・コルベットおよびインパラ広告映像
http://www.youtube.com/watch?v=Xha-_sTHj2I

1959年型

GM


GM

1958年型

GM




GM





GM



1957年型


GM



GM

1957年型までは二つ目ヘッドライトだった。



GM


1956年型


GM



GM



GM


GM


GM


GM


wikipedia

1955年型

GM


GM


GM


GM



GM






GM

このV2ロケットのイラストは何だ!
この時代は、まだV2の衝撃が強烈に
残っていたのが明確にわかる。


GM




GM




1954年型

GM


GM


GM


GM


GM


GM

GM


GM

GM




GM





GM



GM


GM


GM


GM


wikipedia

1953年型



GM




GM


GM


GM


GM


YouTube
1953年型シボレー・コルベット広告映像
http://www.youtube.com/watch?v=QXxSO_yzlVg

日本にもあった
コルベット登場テレビドラマ…
それは

YouTube


YouTube
この建物は…どこかで見たような?

Wikipedia
この重厚な建物は東京都新宿区の明治神宮外苑にある聖徳記念絵画館、通称絵画館と
呼ばれる美術館。
明治天皇の業績を描いた貴重な絵画を展示している。


YouTube
テレビドラマなのに「映倫」の文字が…
欧米のスパイものは何かとお色気路線が
目立つが、ウチは違いますよ…と強調しているのか。

『スパイキャッチャーJ3』(スパイキャッチャージェイスリー) は、
川津祐介主演の国産スパイアクションドラマで、NET系列で1965年(昭和40年)
10月7日から1966年3月31日にかけて、毎週木曜日午後7時から30分番組として
放送された。
このドラマで主人公が乗るクルマが、このコルベットスティングレイだった。
当時の国産車では見られない大胆なカーデザインは、見る者の
脳裏に強烈な印象を残した。


YouTube
当時の日本では、リトラクタブル・ヘッドライトの
クルマは非常に珍しかった。
このメカは空気抵抗の軽減というメリット(ヘッドライト使用時は
逆に空気抵抗が増大してしまう)もあるが、構造が複雑になり
重量の増加、コストアップというデメリットもある。
しかし、見ている子供からすれば、そんなデメリットなど
知る由もなかった。
ナゼ国産車はこのようなメカを採用しないのか不思議に
思ったが、考えてみればコルベットのようなスポーツカーだからこそ
意味があったのだろう。


YouTube


YouTube


YouTube


YouTube
映像を見ると、登場したコルベットには2種類の車体色があったことがわかる。


YouTube


YouTube


YouTube
自動車電話のさきがけか?
クルマに装備された無線電話で、
常にどこかと連絡をとっている主人公。
ゴツい受話器が時代を感じさせる。


YouTube


YouTube


YouTube
日本のテレビドラマで派手なカーアクションを
披露したのも、この番組が最初ではないだろうか。
もっとも予算の関係からか、のちの『西部警察』の
ようにホンモノ(といっても中古車だが)を破壊することまでは
やっていない。事故シーンは模型を使ったものだった。


YouTube
コルベットがドラム缶に
突っ込むシーン。
高価な外車なのでホンモノは使わず(使えず…?)
ミニチュアでの撮影となっている。


YouTube
このドラマに登場する悪人さんたちは
ナゼか皆サングラスをかけていた。
サングラスをかけた人=悪人という
イメージが、見ている子供の心に刷り込まれて
しまった。
私もこの影響で、親戚のおじさんが
サングラスを着用しているのを見て、
「とうとう悪の道に走ったか」と
本気で思ってしまった(笑)。


YouTube
チラッと登場したアメ車。


YouTube


YouTube
シボレー・コルベットスティングレイには、
クーペタイプとオープンカータイプがあったが、ドラマに
登場したのは後者のもので、取り外しができるルーフを
装備しており、一見クーペのような印象だった。


YouTube


YouTube

 あれ?この中央の人物は…
なんと若き日の丹波哲郎!
主人公の上司で諜報組織の日本支部長を演じていた。
東映の和製アクションドラマ『キイハンター』や『Gメン’75』の
ボス役でおなじみだが、原点はこのドラマにあったのだ。

『スパイキャッチャーJ3』映像。
昭和40年代初頭を感じさせる主題歌が、モロなつかしい。
http://www.youtube.com/watch?v=2kV9p3ct4TQ

同一時間帯の競合番組としては、フジテレビの…

YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=u6JVyzs0PUI


wikipedia


wikipedia


wikipedia

1963年型

GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


YouTube
1963年型シボレー・コルベットスティングレイ広告映像
http://www.youtube.com/watch?v=QeOPUMUmLLQ


YouTube
1963年型シボレー・コルベットスティングレイ広告映像Part2
http://www.youtube.com/watch?v=BbxTHXUH4VE


YouTube
1963年型シボレー・コルベットスティングレイ広告映像Part3
http://www.youtube.com/watch?v=piOPFf1sj1o

1964年型

GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM

GM


GM

1965年型

GM


GM


GM


GM


GM

GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM


YouTube
1965年型コルベット広告映像(画質はよくないが)
http://www.youtube.com/watch?v=leuhrfJ2LZ0

1966年型

GM


GM



GM


GM


GM


GM


GM


GM


GM

1967年型

GM


GM


GM









次回の更新は9月30日夜の予定です。

コメント