絶版プラモデルやじ馬考古学・ボックスアート美術館(なつかしき50~60年代アメリカプラモの世界)

古き良き時代の絶版プラモを発掘する、インターネット考古学。現在、・ボックスアート美術館にてエレール特別展を開催中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

モノグラム・ボックスアートギャラリーPartⅢ

2009年09月30日 | プラモデル



「軍曹、この機関銃じゃ、チョーやばいっスよ
 オレら、ニセモノのGIって、バレバレじゃないスか
 MPに誰何されたら、どうしたらエエんすか」


「軍事機密だ、党に報告するゾ、それでOKだ」

「エッ、???」

※「党に報告するゾ」は、一党独裁の国しか通用しないんだな、これが。


スペシャル蔵出し資料
モノグラム広告集
コミックバージョン3篇






アメコミ風の広告は、見ていて楽しい。

絵のセンス、色彩など、
日本人にはチョッと真似できない。
























右手前にB26の車輪を大きく描くことで、ボックスアートにダイナミックさと
動きを与えている。
こうした画法は、モノグラムばかりでなくレベルなどを始めとする
60年代前半のアメリカのプラモデルメーカーでは、よく用いられた
方法で、きわめて特徴的です。
































WWⅡドイツ戦車に人気が集中すると、それまで自国の陸戦
兵器一辺倒の愛国路線(?)を変更、突如Ⅳ号戦車ファミリーを発売。
でも、ドイツ戦車ものは何となく竜頭蛇尾で、尻切れトンボに
なってしまいました。




チョー珍しか!
レトロな兵隊さん人形も、あったんですね。
1/32スケールのソフトメタル製。

そういえば、同スケールでエアフィックスの
兵隊さんキットもありましたね。
材質はプラだったけど…

タミヤの1/35MMが、世界標準になる前の
お話でした。

次回の更新は、10月15日夜の予定

お知らせ

現在、オーロラのボックスアート・広告を集めた特集を企画中。
なつかしいキットが、ドッと登場!
ご期待ください。
ジーク・ハイル!


「陸、海、空の有名戦士たち」
そんなタイトルの広告が、これ。


背景が赤くて、何となく不気味です。
とくに、米ソ対立や核戦争をイメージ
したわけではないでしょうが…


メッチャ地味なジェット練習機。皆さん、ご存じですか。


大統領までモデル化してしまうオーロラに脱帽。
「偉大なるアメリカ大統領シリーズ」という文字が見えるので
ワシントンやリンカーンもあったのでしょうか。

ところで、日本で「偉大なる内閣総理大臣シリーズ」を
リリースしたら、どうなんでしょうかネ?
小泉さんだったら、少しは売れるかも。
鳩山さんjなら、人気絶頂、メッチャいけそう。
麻生さんは? 多分……


コレなくして、オーロラは語れない。
不気味さモロ出しのリアルなキットは、オーロラの独壇場。
ワシも、買いまくったゾ。
おかげで、家族に変人扱いされてしもうた(泣)。


キモ!!

コメント

モノグラム・ボックスアートギャラリーPartⅡ

2009年09月15日 | プラモデル

 




いいか
アメリカ本土では、GIらしく振る舞え
ご婦人には笑顔を絶やすな
将校には「イエス、サー」だ

ボックスアートを見つけた者は、2週間の特別休暇だぞ!

…はたして、アメリカ本土に潜入した特殊部隊が、入手したものとは…








ボックスアートに登場するオジサンは
ウィリー・レイ(1906年~1969年)
ドイツ系アメリカ人の科学ライター。

ドイツ生まれ。
フォン・ブラウンがいた「宇宙旅行協会」メンバー。
ヘルマン・オーベルトと共に映画『月世界の女』の
制作顧問を努める。

1935年、アメリカ合衆国に移住。
1944年、帰化。

1950年代から1960年代にかけて
アメリカのロケット工学、宇宙開発に関する
科学ライターの第一人者として知られる。

死後、功績を称え、月クレーターに
彼の名がつけられた(レイ・クレーター)

へェー、すごいオジサンなんだね。




スケスケボディを通して中身が見えるというプラモデルは、
当時の流行で、レンウォールの人体模型とこのP51がその双璧。
中身も正確に再現しなければならないため、メーカーの技術力が問われる
のと同時に、発想力が勝負となる。






















































空軍の募集ポスター風ボックスアート。

























次回の更新は、9月30日夜の予定
モノグラムのボックスアートギャラリーは
まだまだ続くゾ!

コメント (2)