絶版プラモデルやじ馬考古学・ボックスアート美術館(なつかしき50~60年代アメリカプラモの世界)

古き良き時代の絶版プラモを発掘する、インターネット考古学。現在、・ボックスアート美術館にてエレール特別展を開催中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プラモよ あれが巴里の灯だ!エレール・ボックスアート美術館Part2

2015年09月30日 | プラモデル

アメリカ軍によるボックスアート奪還大作戦
       ※このストーリーはフィクションです







「ヤンキーどもが
 逃げていくぞ」


「追え 戦車で蹂躙だ」










「命中!!

つづく

それは
印象派絵画だった!













モラーヌ・ソルニエ MS.406モノホン画像

Wikipedia

実機映像

YouTube
モーターカノン発射シーンが
見られる貴重な映像。
画像ではイマイチわかりにくいが、
手前の機体のスピンナー先端部分から
発射炎が確認できる。
動画はこちら!
https://www.youtube.com/watch?v=Q5IhYRTeSm4



















エレールのボックスアートは、他国にはない
特徴がある。とくに1960年代にリリースされた
キットについては、それが顕著だ。
いわばフランス印象派絵画を思い起こさせる
ような作品が多いのだ。

色彩は抑えられ、色鮮やかなアメリカの
ボックスアートとは対照的である。
背景などはちょっとピントを甘くした感の
ある独特な描き方で、はっきりとした線を
用いず多少荒めのタッチでソフトな印象
なのが特徴だ。
このアーティストは、フランス印象派絵画の
影響を受けた人物なのでは…?などと
思ったりもしてしまう。

参考 印象派絵画

Wikipedia







モノホン画像

Wikipedia


Wikipedia

国産もあるでよヨー









ドイツ空軍カラーだと、印象が
かなり違ってくる。
ハインケルHe100もどき風の
雰囲気が感じられる(余計な話だが)。

ハインケルHe100モノホン画像

Wikipedia

リンドバーグからリリースされていたナ




MPMもあったゾ!


ハインケルHe100実機映像
https://www.youtube.com/watch?v=hPzw3LNPgpU





オヤ?ドイツ機も…




Bf108といえば…

YouTube
安全なパリの司令部から発せられる無茶な
命令に対して吼えまくるヨーゼフ・プリラー(ハインツ・ラインケ)。
彼の後方にはBf108の姿がチラリ…


YouTube
映画『史上最大の作戦』より
上陸した連合軍部隊に
機銃掃射を敢行する有名なシーン。


YouTube
突然の銃撃に
右往左往する連合軍兵士ら。
彼らの頭をかすめるような
地上スレスレ飛行が印象的。
実際の戦闘ではFW190が攻撃したそうだが、
映画ではドイツ戦闘機風のBf108でも
エエじゃんという気がする。


YouTube


Wikipedia


Wikipedia


Wikipedia
フランス製Bf108のノール・パングァン。
ドイツ占領下のフランスではBf108の
生産が行われていたが、ドイツの勢力が
駆逐されると自国のエンジンを搭載した
Bf108を引き続き生産した。
これがノール・パングァンと呼ばれる機体。

映画『史上最大の作戦』における
プリラーの地上攻撃シーン。
https://www.youtube.com/watch?v=oTBjqppPCRk


のコラボ
オーロラエレール提携品

かつてオーロラはエレール製品を
発売していたことがある。
「Prestige Series」と銘打ったもので、
王冠をデザインしたシリーズ名とオーロラの
ロゴをあしらったパッケージだったが、
エレールとの提携をアピールするためか
基本的には従来のエレールと同じ
ボックスアートが使用された。

























ノルマンディ・ニーメン?







Dailymotion
1960年公開フランス・ソ連合作映画『ノルマンディ・ニーメン』Part1
http://www.dailymotion.com/video/x1bo2bo_normandie-niemen-partie-1_shortfilms

『ノルマンディ・ニーメン』Part2
http://www.dailymotion.com/video/x1boi5p_normandie-niemen-partie-2_shortfilms


YouTube
『ヨーロッパの解放・大包囲撃滅作戦』にも
ノルマンディ・ニーメンのエピソードがあった。
再生開始後47分45秒あたりから登場する。

https://www.youtube.com/watch?v=O-dbgLHIUa0

上の画像は同映画のソ連軍とノルマンディ・ニーメン(右)の
パイロット。飛行服ではないが、両者の制服デザインの
違いがわかる。
なんとなく野暮ったいソ連軍に対し、センスのよさが
光るのはフランスというお国柄からか。


YouTube
ノルマンディ・ニーメンが所属
するソ連軍飛行場の女性スタッフ。
殺伐とした戦争映画にならないよう
配慮した観客向けサービスか。


ソ連軍の女性兵士といえば、
このボックスアートを思い出す。
大西先生の腕が冴えすぎて
中央の女性がホントに輝いて見えた。
ドキドキしながら中身を見たら、
女性のプラモがあまりにショボすぎて
ガッカリした人も多いのでは?


一見地味な印象の戦闘機だが、
モデル化されている(ただしYak-9だが)。
老舗のエアフィックスでも
しっかり発売している。



ジャパニーズ製も…ネ





あらっ!
なつかしいこと。
ニチモの世界傑作戦闘機シリーズでは
ありませんか!

ニチモのプラモデルで
実機の存在を知った。
当時、小学生だった私は
スピットファイアーもどきの
ヒコーキだな…くらいの
認識しかなかった。

脱線するが、ニチモの
1/72前後の世界傑作戦闘機シリーズは、
メチャなつかしい。

このシリーズの中で零戦52型は、作っては壊し
作っては壊しの繰り返しで
いくつも買った。

数ある零戦のボックスアートの中で、
これが一番強烈な印象(あくまで個人的な印象です)。

当時は可動プラモが全盛で、
脚が引き込み可能だとか、方向舵が
動きます的なものが多かった。
子供が喜ぶと思ったのか、それとも
リアリズムを狙ったのかは知らないが
そんな作りのキットが多かった。

しかし、これらがスムーズに動く
ようにするには、子供には限りなく
不可能のように思われた。
そんなガタの温床になりやすい
ところをスッパリと捨て、可動部を
廃したニチモの零戦52型は、パーツ構成が
シンプルで製作が容易で、完成品の見た目も
スッキリとした仕上がりだった。

これは半オモチャ的プラモが多かった当時の
国産プラモのなかでは画期的なことであり、
100円プラモとはいいながらも日本の
本格的スケールモデルのはしりとして
大いに評価している。


可動部を廃して、必要最小限のパーツで
まとめ上げた零戦のプラモで、オジサンモデラーには
印象的なものとしてレベルの1/72キットがある。

当初、240円という価格だったが、グンゼが
100円で販売してからは小学生だった私にも
買えるようになり、本格的スケールモデルを
体験できるようになった。
この零戦は、いまの目で見ると怪しげな部分も
多々あるのだが、細かく丁寧に打たれたリベットなど
リアルさを追求したプラモとして記憶に残る。

再びニチモの話















こちらは1/120スケールのプラペットシリーズ






再びエレールの話






























P-51が登場する映画といえば…


Wikipedia


1956年公開のアメリカ映画
『大空の凱歌』が思い出される。
アメリカ軍のパイロットだった主人公は
WW2時ドイツの孤児院を誤爆して
多数の孤児を死傷させてしまい、
そのことが心の傷として彼を苦しめていた。

やがて朝鮮戦争が勃発すると、韓国空軍の
訓練教官として戦地に赴くのだが、そこで
戦火に巻き込まれた多くの孤児たちを
見つけ、救出に奔走するという話だった。


Dailymotion
朝鮮戦争におけるアメリカ軍の活躍を
描いた航空映画といえば、空軍ものでは
F-86、海軍ものではF9Fパンサーが
よく登場するが、この映画では韓国空軍
仕様のP-51なのが珍しい。


Dailymotion
北朝鮮の戦闘機と思われる機体の
攻撃に対して、緊急発進をするP-51。
敵機役をしていたのは、おそらく
ノースアメリカンT-28練習機。

T-28練習機

Wikipedia


Dailymotion
孤児たちを救出するために飛来したC-119。
現在からすれば、なんとも古色蒼然とした
スタイルだが、昭和30年代生まれのオジサンには
なつかしい機体だ。
ただ、実際の救出にはC-119ではなくC-54スカイマスターが
使用されていたらしい。

C-54スカイマスター

Wikipedia


C-119といえば、やはりオーロラのプラモが
印象的。大きなパーツがガラガラ入っている
キットで出来もイマイチだったが、C-119の
独特なスタイルを楽しむにはよかった。

この映画は実話に基づいており、
原作が存在する。

映画の原作が、コレ
写真の人物は、劇中
ロック・ハドソンが演じていた
ディーン・ヘス本人。


Wikipedia
孤児たちとヘス(中央の略帽スタイルの人物)。


Wikipedia
ヘスは原作の印税と映画化による収入を
使って、1961年に韓国のソウルに
孤児施設を開設した。
上の画像はその施設を
撮影したもの。
その立派さに驚いてしまう。
のちに韓国政府はヘスを叙勲し、
その功績を称えた。

『大空の凱歌』前編
http://www.dailymotion.com/video/x1dkxbv_battle-hymn-1957-1-2_lifestyle#from=embediframe

『大空の凱歌』後編
http://www.dailymotion.com/video/x1dky90_battle-hymn-1957-2-2_lifestyle































またもや…
Me109といえば

Wikipedia
1957年公開の西ドイツ(西…が時代を感じさせる)映画
『撃墜王アフリカの星』といえば、いわずと知れた
ハンス・ヨアヒム・マルセイユの伝記映画。
ハリウッド製戦争映画と異なり、登場する
ドイツ軍人たちがドイツの俳優で、ちゃんと
ドイツ語をしゃべっているところがいい。

また、マルセイユの愛機もよくありがちな
アメリカ製戦闘機にドイツ軍のマーキングを
施しただけというお手軽メッサーシュミットにせず、
スペイン製ではあるけれど一応オリジナル・メッサーの
血が流れる機体を使用しているところも
好感がもてる。


Wikipedia
ご本人の有名な写真。


YouTube
スペイン製の機体は機首部分を除けば
オリジナルのメッサーと同じなので、それほど
違和感はない。


YouTube


YouTube
「君たちもパイロットにならないか」
ドイツ空軍の少年航空兵募集用ポスターに
出てきそうな画像だ。

有名なJG27のエンブレムも
ちゃんと再現されているのがうれしい。

実機は近くで見ると、けっこうゴツイ造り
なのがわかる。実物のもつ質感というのは、
プラモではなかなかわからないものだ。


YouTube
劇中登場したシュトルヒ






ドイツ空軍の写真雑誌
「デァ・アードラー」の表紙を
飾ったマルセイユ。

『撃墜王アフリカの星』を全編見るには…
https://www.youtube.com/watch?v=b7IyZg1IzxM

『撃墜王アフリカの星』テーマ曲、サウンドトラック盤。
異国情緒あふれる曲の雰囲気が、アフリカの星・マルセイユの
伝説性をさらに高めている。
https://www.youtube.com/watch?v=Q_kMydI1Sd4























オマケ

たまたまYouTubeで発見したマルサンのカタログ集。
なつかしいプラモばかりだ。

YouTube
マルサンのボックスアートといえば、
巨匠・橋本喜久男氏の作品が
目に浮かぶ。

当時の航空絵画の第一人者であり、
マルサンのボックスアートはいうに及ばず
同社の航空機プラモ基本図面を制作するなど
多面的な活躍をされていた。

1970年代の雑誌『航空ファン』では、
豪華な大判カラー側面図の制作で活躍した。
また、グンゼ・レベル時代の1/32スケール
航空機プラモでは資料としてカラー側面図が
付属したが、これも橋本氏の作品であり
従来のプラモにはない新鮮な驚きがあった。

https://www.youtube.com/watch?v=sVop_YMQtBY


YouTube
勇ましい戦闘シーンではなく、
タンカーから給油中の風景を
描いたところは、日本のボックスアートでは
珍しい。力強いタッチはなんだか
ジョン・スティール先生が手がけた
レベルの艦船プラモ・ボックスアートを
彷彿させる。

艦船のボックスアートならば、
艦全体を描くのが普通だが、ここでは
意図的に艦橋部分を中心に描くところが
大胆でもあり、意表をつく手法だ。
艦橋付近の複雑な構造をダイナミックに
表現し、巨大戦艦のもつ重厚感、安定感を
たくみに再現しているところが素晴らしい。

https://www.youtube.com/watch?v=o3j1raEZy1g



Google Earth
かつてマルサンがあったと
思われる場所周辺映像。
東京都台東区浅草寿町1-12(当時の
住所)のマルサン本店の写真が
下記文献に掲載されていたが、
木造2階建てのいかにも古そうな
建物だった。


マルサンを知るには
手ごろな資料といえる。

さらに…
オマケのオマケ

プラモデルの製造過程を紹介した
タミヤの会社案内映像。
一見地味と思われる作業の連続によって、
ようやく店頭に並ぶプラモデル。
あまり知られることのないプラモデル・メーカーの
内側を描いたものとして、とても興味深い。


YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=pCh6_JXJoeY

次回の更新は、12月31日夜の予定です。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« プラモよ あれが巴里の灯だ... | トップ | プラモよ あれが巴里の灯だ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまです。 (にゃつ太)
2015-09-30 22:52:02
何度となく、9月に入り、blogの更新をチェックしておりました(^_^;)
今回も、沢山の箱絵を見せていただきました。
年末に更新との事、寒くなりますので、お体に気をつけて、作業されて下さい。

コメントを投稿

プラモデル」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事