絶版プラモデルやじ馬考古学・ボックスアート美術館(なつかしき50~60年代アメリカプラモの世界)

古き良き時代の絶版プラモを発掘する、インターネット考古学。現在、・ボックスアート美術館にてエレール特別展を開催中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーロラ・ボックスアートギャラリーPartⅣ 不思議な異次元空間、オーロラ・ワールドへ、ようこそ!

2009年12月31日 | プラモデル

 


TATATATATATATATATATATA!
PAM  PAM
              PAM
    PAM     PAM          
                  PAM       PAM


敵襲!
ボックスアートを守れ!!




PAM !      PAM !
          PAM !     PAM !!


この戦闘に決着をつけたのは
車載の「魔の四連装」だった。


掃射を始めると、彼らはアッという間に
粉砕された。


‥‥つづく

不思議な異次元空間
オーロラ・ワールドへ、ようこそ!



戦車の見える角度から判断すると、このP-47は恐ろしく低空飛行だ。
この高度で、爆弾投下をやって大丈夫なのだろうか。




なかなか感動的なシーンだ。カタリナが「国際救助隊サンダーバード」に見えてくる。



参考資料

オーロラとのガチンコ勝負となったポゴですが、
プラモの出来の良さという点では、リンドバーグの
勝利となりました。


ポゴの資料で、比較的入手しやすいものは
「NAVAL FIGHTERS」シリーズでしょう。
珍しい写真が、多く掲載されています。
英文なので、辞書片手にがんばりましょう。

ブックマークには、コンベア社が制作したテストフライトの
貴重な映像を用意しました。
シッカリ見ましょうネ。




XFV-1の資料は、これがエエです。


ちょっと珍しい構図のボックスアート。
飛び上がったX18の上方から見下ろす形で描かれており、
地上のX18との大きさの比較で、高度がわかるようにしてある
のがミソ。
しかも、絵に動きを与えるため意図的に機体全体を描かず、
大胆にカットしているところなど、なかなか面白い描き方だと思う。


この真っ赤な空は、何だ!
核戦争勃発か。
しかし、絵の雰囲気からすると
そんな緊迫した感じでもないし、
単にボックスアートを目立たせるために
やったのだろうか。


















3時間で世界一周(!)を実現する、夢の原子力旅客機。


こちらは、旧ソ連の原子力爆撃機。
ボックスアートにスケールモデルプラスチックキットという
文字が見えるので、あたかも存在したかのような印象を
受ける。

事実、ソ連はM50というオーロラのプラモと同型の戦略爆撃機を
試作していたが、通常のジェットエンジンを搭載したもので、
紆余曲折の末、開発中止というシロモノ。
しかし、それを政治的道具に使ったことから、とんだ騒ぎになってしまった。

1961年7月のツシノ航空ショーで、ソ連は鳴り物入りで
デビューさせた。西側は、その特異なスタイルを見て仰天し
原子力機だという噂が飛び交った。
もちろんデマなのだが、それがいつの間にか一人歩きして
原子力爆撃機が誕生してしまった。
冷戦時代ならではのドタバタ劇だ。
もっとも当時、原子力機というのが時代のトレンドだったこともあり、
踊らされた西側を責めるのは、酷かも。
アメリカには原子力パワープラントを搭載したNB36があったから、
きわめてマジな話として、受け止められたのだろう。






きわめて幻想的な、「夜間飛行」絵画。
このまま宇宙まで飛んでいきそうな雰囲気だ。








この暗く、不気味な空模様。
典型的なオーロラ絵画だ。






地平線付近の空の描き方が、絶妙な色具合で素晴らしい。
夜明け風の背景が気に入っていたので、中学時代これを参考にして
夜明けの風景画を描いたら、表彰されたゾ(ホンマやで)。

次回1月15日夜、更新予定です。 

コメント

オーロラ・ボックスアートギャラリーPartⅢ 不思議な異次元空間、オーロラ・ワールドへ、ようこそ!

2009年12月15日 | プラモデル


ナチの連中に、ルーヴル美術館は絶対使わせないわ
輸送を阻止するのよ
いいわね






BAKOM!

ZUGAGAGAGA A N  !

GUWASHA ! !

つづく



不思議な異次元空間
オーロラ・ワールドへ、ようこそ!





B-17の編隊に斬り込みをかけるフォッケ。
エンジンの爆音が聞こえてきそうだ。








この「ゼロ戦レッド(昔、貝塚ひろしの漫画があったナ)」ならぬ「メッサーレッド」は、何じゃ!
レッドバロンのつもりなのか?
この頃のオーロラ(1950年代後半位か)は、時代考証もへったくれもなく
ただ自己のフィーリングでプラモづくりをしている。
細かいことなど、一切気にしないズ太い神経が素晴らしい。
レベルやモノグラムでは、絶対マネできない芸当だ。
その支離滅裂さが、メチャ好きだ。


ボックスアートを見ると、F型か初期のG型みたいな感じがするけれど、中身は上と
同じ。機首の下にアゴが張り出たB型、もしくはC型的雰囲気の機体で、驚くべき
ことにプラの色が、金粉(?)入りの毒々しいレッドときた。
これは、オーロラでなければ出来ない芸当で、当時感動したものだった。

そういえば、初期のオーロラ製品はこの金粉入り緑色プラとか、赤色プラとか
カラフルに成形したものが多かった。
意図的にやったのか、射出成形の管理が悪くて、金粉が混入したのか不明
だが、プラにも個性があったのは事実だ。














テレビ番組とタイアップ(便乗?)したのが、コレ。
照準機をイメージしたボックスアートが、顧客の購買欲をそそる。


グレゴリー・ペック主演映画『頭上の敵機』の
テレビ版がこれ。
番組ロゴが、なつかしい。

アメリカABCが1964年から1967年まで
3シーズンにわたって制作したもの。
B17とドイツ機との空戦シーン(実際は、当時の記録映画の流用が大半)が
ドンパチ派手でよかった。

日本では、シーズン1がNETテレビ(現テレビ朝日)で
『頭上の敵機』、シーズン2がフジテレビで
『爆撃命令』として放送していた。
シーズン2の主役、ポール・バーク演じるギャラガー大佐がカッコいい!
甘いマスクで、女性ファンも多かったはず。

このドラマで一番好きなシーンは、ドイツ空軍の迎撃場面。
おそらく、ドイツ週間ニュースからの映像を流用したのだろうが、
メッサーの機首にクランク棒を差し込んで、二人がかりで回転させ
エンジンを始動するシーンは、とても珍しかった。




野生の馬とP-51との競演が面白い。
ホントに馬のパーツが付属していたら、こりゃ表彰状モノだ。


































「JAP ZERO」という文字が、時代を感じさせる。
戦後とはいえ、まだアメリカには「日本憎し」の感情が残っていたのだ。
今なら、とても表示できないだろう。


それにしても、この黄色の機体は何だ!
日本人をコケにしているのか?
黄色人種に対する偏見なのか?

レベルやモノグラムといった優等生と比べて、オーロラはあまりにも個性的だ。
その強烈な個性に魅力を感じてしまう。

次回更新12月31日夜の予定。

コメント