花のある生活

毎日更新!花屋Piantaのブログ。お花情報いっぱいです。

収穫

2018-10-28 23:12:35 | Diary
いけばなの花材を取りに
伊勢原の山へ行きました。

市場に並ぶ花材は
綺麗に整っているので
あえて自然に暴れた花材が
風情を作るのです。

虫に刺され
筋肉痛になりながら
たくさんの枝を収穫。


綺麗な野ぶどうが
疲れを癒してくれます。
コメント

CHANEL MATSURI

2018-10-21 17:49:30 | Diary
京都池坊の六角堂頂法寺で開催されている
「CHANEL MATSURI(シャネル祭り)」

CHANELと日本文化が融合したイベントの様子は
テレビやネットでもたくさん取り上げられていました。

いけばなを学びに京都へ行った方が
いつもの六角堂が華やか!
と送ってくださった写真。

迫力あるいけばな立花も
CHANEL REDの装いで
さらに艶やかに。

ドレスコードが「フォーマル」の会もあり
紋付袴を新調した教授もいたそう。

いけばな池坊が
日本の象徴的なものとして取り上げられた
素敵なイベントだったようです。
コメント

農耕と園藝

2018-09-23 18:43:40 | Diary
本日発売「農耕と園藝」10月号の
巻頭特集ユーストマ(トルコキキョウ)で
「花のビジネスプロに聞くユーストマの活用法」
という取材していただき
Piantaを記事にしていただきました。

この雑誌はプロ農家さん向けの専門誌。
市場に来る前のことがわかり
なるほど〜なことがたくさんです。

花屋さんで買う時、
フラワーアレンジのレッスンを受ける時、
農家さんのことを少し知ると
いつもとはちょっと違った視点で
花を捉えることが出来るようになります。

本屋さんで見かけたら
ぜひお手にとってご覧ください。

コメント

2018-09-12 17:23:22 | Diary
綺麗な竹林を見に修善寺へ。

サワサワと風に揺れる葉の音や
土の匂い
青々とした緑に心が洗われます。

普段から触れることの多い、竹。

竹稈を花器として
いけばなで日々使用しています。


竹の花器に生けたトルコキキョウ。

濃淡ある竹林の緑色に
たーくさん深呼吸してきました。
コメント

ロビーの花

2018-08-30 18:41:30 | Diary
花展の準備で池坊東京会館へ。
週末の研究会の混雑したいつもの様子とは異なり
厳かな会館の雰囲気。

花を飾るには
飾る場所も大切というレッスンをしていますが、
場所から感じる空気感も大切◎

ゆっくりとした時間が流れる館内は
ロビーの花を愛でる絶好の一日でした。
コメント