はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

2014-02-17 | こんな映画観たよ



映画館で観ました。

 ウォール街で悪名を轟かせた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのお話です。
ボロ株を扱う店頭業者にいた頃の経験と巧みな話術で業績を上げ、26歳で名門まがいな証券会社を設立。
その後標的を素人から富裕層に変え大企業へと発展させ、若くして年収49億も荒稼ぎ。
ウォール街のウルフの異名を取り、豪遊生活な毎日を送る彼でしたが、捜査当局に睨まれ転落へと進むのですが・・・。

上映時間3時間にゾッとしつつも、気合入れて臨みましたが、何じゃこいつら~な話に全然長さを感じず
3時間たっぷり楽しませてもらいました。

もうのっけからドン引き場面です。
ドラックにセックスにバカ騒ぎ。お金の魔力に憑りつかれたらこうなるのかな~と思ってしまいます。
人を騙して金儲けして、いかれた成金豪遊ライフ。
金、金に群がるようなギラギラした社員たちも怖い~。
金魚鉢洗ってた社員がなんだか可哀想。綺麗にしてやろうって優しい気持ちなのに。
そんなの金に目がくらんだ奴には分からないんだろうね。
逆にこういう人でないと金儲けは出来ないような気がします・・・。

そんなドン引きシーンが満載なんですが、結構楽しめるんです。
ここまで行かなくても、人間どっかにハチャメチャな豪遊ライフを楽しんでみたいって気持ちが1ミリでもあるのかも。

結局ジョーダンは投資詐欺とマネーロンダリングで有罪になり転落、やっぱり正義は勝つというラストになるのかと思いきや、そんなラストにはなってないところが面白いですね。
憎まれっ子世に蔓延る~みたいな・・・現実もそうだもんね。

ジョーダンさんのセミナーに来てる人たちを映すラストが印象的でした。
こういう人がいるから同じことが繰り返されるような・・・。
ペンを売る話からも、人の心を掴む参考になることはあるけど、騙してはいけません。
そう言えば、あのセミナーでレオ様を紹介してはった人はご本人さんだとか。
あんだけ薬まみれになってても大丈夫なんだ~と思ってしまいました。

レオ様のぶっ飛んだ演技も良かったですね。
「レモン」と呼ばれるドラッグを取り過ぎてマヒしちゃった時の演技なんかはほんとに凄い。
あの階段も傍目には数段なのに、どんだけ高いとこって見えてるシーンも面白いですね。

船が嵐で大破しちゃったシーンも笑った。
ほんとにバカな奴らだなと思うけど、なんか可愛くも思えてしまう。レオ様だから?

楽しんだもん勝ち、みたいな映画でした。


 

☆原題 : THE WOLF OF WALL STREET
☆製作国 : アメリカ
☆上映時間 : 179分
☆監督 : マーティン・スコセッシ
☆キャスト : レオナルド・ディカプリオ / ジョナ・ヒル / マーゴット・ロビー / マシュー・マコノヒー / ジョン・ファヴロー

 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります


コメント (6)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« ホビットー竜に奪われた王国ー | トップ | LIFE! »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
3時間… (BROOK)
2014-02-18 17:45:41
3時間の映画なのですが、
それをあまり感じさせない仕上がりでしたね。
一気に突っ走っていたように思います。

たしかにドン引きシーン満載ですが、
それが下品といった感じでもなく…。

ディカプリオの演技も最高でした!
こんにちは♪ (yukarin)
2014-02-20 10:58:17
レオの演技には圧倒されましたー。
長さも思ったほど感じずに観られました。
ほぼ全部がドン引きシーンでしたわ(笑)
でも面白く観られたのもさすがです。
BROOKさんへ、 (はるみん)
2014-03-03 00:26:23
ドン引きシーンもレオ様だからでしょうか、楽しく見せてくれますね。
この人悪役やっても、どこか可愛げがあるように思えてしまいます。
演技も最高でしたね。3時間だれることなく楽しめました。
yukarinさんへ、 (はるみん)
2014-03-03 00:27:17
これはもう楽しんだもん勝ちみたいな映画ですね。
3時間たっぷり楽しめました。
レオ様こういう役ピッタリですね。タイタニックの時より断然いいです。
ずっと出ずっぱりであのテンションで疲れたんじゃないかなと思ってしまいました。(^^;
ご本人? (デイジー)
2014-03-08 16:05:10
はるみんさん、こんにちは。
トラックバックありがとうございます。
レモンのドラッグのシーンはすごかった。泡を吹いていたし・・・
嵐のシーンも、なんだかタイタニック?

講習会の紹介者がご本人だったのですか。
知りませんでした。
テイジーさんへ、 (はるみん)
2014-03-09 17:33:18
レオ様の熱演でしたね~。
あれだけの演技なのにアカデミー賞取れずに残念です。
ほんと嵐のシーン、タイタニックを思い出させますね。

私も後で知ったんですが、まさか本人さんが出てはるとはね。
もうお亡くなりになってると思ってました(^^;

コメントを投稿

こんな映画観たよ」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

劇場鑑賞「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (日々“是”精進! ver.F)
金稼ぎに人生を懸けた男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402040001/ 【送料無料】キネマ旬報 2014年 1/15号 [雑誌]価格:890円(税込、送料込) 【送料無料】ウルフ・オブ・ウォールストリート(上) [ ジョ...
ウルフ・オヴ・ウォールストリート (本と映画、ときどき日常)
監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ     ジョナ・ヒル     マシュー・マコノヒー ウォール街を舞台に、証券会社を設立し莫大な富を得た青年。 そんな主人公が酒に女に薬に溺れ、破滅していくまでを描いたお話。 お下品でした~(....
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、 ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLF OF WALL STREET】 2014/01/31公開 アメリカ 179分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
巨匠マーティン・スコセッシと、ディカプリオが5度目のコンビを組んだ、ヤバネタ満載の伝記ドラマである。デカプリオが演じるのは、ジョーダン・ベルフォートなる実在の人物で、ウォール街での証券詐欺で若くして巨万の富を築いた、最低にして最高のカリスマ。現代の下克....
ウルフ・オブ・ウォールストリート  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー 【ストーリー】 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、レオナルド・ディカプリオが主演で、さらに今度のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞など5部門にノミネートされているとのことなので、映画館に出かけてみました(注1....
ウルフ・オブ・ウォールストリート 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
巨匠マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ ディカプリオが再び組んだ実録ものの映画 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が公開 されましたので観に行ってきました。 ウルフ・オブ・ウォールストリート 原題:THE WOLF OF WALL STREET 製作:2013アメリカ 作品紹介...
『ウルフ オブ ウォールストリート/The Wolf Of Wall Street』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
実話と聞くと観たくなりますよね。 大成功そして破滅へ 学歴、ノウハウ、人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。 誰にも思いつかないような巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なア...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 狂乱の日々 (はらやんの映画徒然草)
レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートは株式ブローカーとしてキ
ウルフ・オブ・ウォールストリート (あーうぃ だにぇっと)
ウルフ・オブ・ウォールストリート@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴ...