植物園「 槐松亭 」

バラと蘭とその他もろもろの植物に囲まれ、メダカと野鳥と甲斐犬すみれと暮らす

「完白山人・鄧 石如」の印がヤフオクで落札された 本物かは知りません

2024年06月14日 | 篆刻
今朝は普段より1時間近く遅い、5時半に目覚めました。大体前夜の20時過ぎに「睡眠導入剤」を飲んで布団に入り、きっかり6時間後(深夜2時過ぎ)に一度目覚め、それから何度か寝たり起きたりしながら、最終的に4時半前後に起床となります。

1時間もゆっくり寝てられるなんてなんてラッキーなんだろう、と思うのです。基本無職で、一日中好きなことをやっていいことになっております。そんなに早起きする理由は無いのですが、朝4時過ぎて布団の中でなにもしないまま一時間を過ごすのがもったいないので、それ以上寝るのをあきらめて5時前には朝食を終えるという毎日であります。

では、なぜ今朝5時半に目覚めたか、これは入眠時間が遅かったからであります。布団に入ったのが20時15分、しかし訳があって眠ることが出来ず21時すぎまで起きていたのです。結果深夜に一度目ざめるのが1時間遅れとなり、起床もそれだけ遅くなったというわけです。

昨夜はいささかスリリングで刺激的な1時間だったのです。それは毎日継続的に取り組むことになった「石印材」のオークション、ヤフオクであります。
いつも大体20件ほどの出品をしております。金・土曜日に落札日とならないよう週4~5日に割り振っています。昨日は、そんな中4件が入札期限で、夜8時台にエンドが来るように登録しています。

その4件の中に、自分では最も希少性があって価値のある古印を出品したのです。それが雅号「完白山人」作の姓名印・雅号印二顆セットでありました。完白山人をネットで調べるとウィキペディアで真っ先に「鄧 石如 」の号と出てきます。 石如先生は中国清の時代で、最も優れた書道家・篆刻家と言われているのです。件のセットは、もとはヤフオクで入手したもの(さほど高価では無かったかな・・・)

ワタシの出品した「完白山人」が真正のものだという保証があれば、当然びっくりするような高値がつくと思います。歴史的遺品であり芸術的にも高い「骨董品」ですから。しかし、こうした出品物には摸作・贋作が多いのも事実です。ワタシは、当然本物と信じておりました。石は黄芙蓉石か田黄石で、細かな細工が施されている印材です。また刻字された印影がのびのびして迫力を感じるものでありました。



それで、偽物扱いされないよう最低落札価格4千円をつけて出品したのです。

その後、6人のウオッチがつき、数日前に4千円の入札がありました。(最終日より前に入札があるのは珍しいのです)。そして当日(昨夜)、8時前から入札が増えました。こういうのをじっくり見たのは初めてでした。カウントダウンがはじまり、残り数秒になると高い札が入る、それが4,100円→4200円→4500円と上がって、いきなり14,100円となったのです。20時10分頃の終了予定時間は、ぎりぎりになって高値の入札が入るため30分近く遅くなりました。
で、最終落札額が14,600円に決定しました。

うーむ、これって、本物にしては安い気がするし、偽物ならずいぶん高い、という金額ですな。それでも割り切って、喜んでおります。自分が抱え込んでも仕方ない骨董品・文化的財産かもしれませんから、もっと学識豊かな方に引き取られるなら良しとしましょう。

因みに、当日最終日であった石印材は4件、そのうち3件が見事落札となり、3本合計20,650円で売却できます。有難いことです、これからその一件の発送をいたしましょう。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

眼鏡のレンズ交換で、世界の見え方が変わるか

2024年06月13日 | 雑感
今朝、5時半にウオーキングを始め、小一時間歩いてきました。その間、自分のウオーキングコース周辺で出会ったジョギング・犬の散歩・ウオーキング・ランニングの人は約30人でした。こんな早い時間に皆さんご苦労様です。

しかし、恐らくその何割かは、暑さ対策で早朝に活動しているのではないかと思います。犬の散歩程度なら仕方ないとしても、汗をかいて走ってトレーニングしている人たちは、やはり一日の中で最も涼しい時間帯を選びますわね。
昨日など、昼前からの暑さは、この時期としては尋常では無かったのです。本来入梅していてもおかしくない季節で、雨が続き湿気は多いながらもさほど暑くはならないはずなのです。それが梅雨を飛び越して「真夏日」に相当するような気温が全国各地で記録された様であります。

ワタシの仕事場でも、あまりの暑さにエアコンを入れました。今年初めてクーラーにあたったのです。そして今日も予報では日中30℃を超えるような暑さになるとか。気温が上がる前に走ってこよう、という発想がむしろ当たり前ですね。

さて、お天気はともかく、本日のお題は「眼鏡交換」であります。正確にはメガネのレンズを交換してもらいました。現在のメガネは1年ほど前に「歳相応」の落ち着いたフレームがよかろうと取り替えたのです。
1年前までのメガネ↓

その時「中近両用メガネ」を注文したのですが、篆刻をやるので至近距離に焦点が合うように無理にお願いしたのです。
現在のメガネがコレです↓

中近両用メガネというのは、メガネのレンズを上下二通りに分け、遠くを見るときはガラスの上の方、細かな文字や手元のものを見るときはメガネの下半分のところを通してみるように設計されています。ワタシは若い頃から「遠視」気味と言われ、遠いところは良く見えました。あまり勉強しなかったせいでしょうか、近くのものはあまり見てなかったかもしれません(笑)。
その手元近いところの「極端に近いところに焦点が合う」ように調整してもらって作成したせいで、ちょっと離れているところの大半がぼやけてはっきりしないことになりました。これでは、スマホも細かな字が読めません。目も疲れるのです。スマホのゲームも気のせいか上手くいかないような感じもしておりましたし。

そこで先週、下のほうのメガネを作った眼鏡店に持ち込んで、相談したのです。するとなんとラッキーなことに、1年以内は無料でレンズ交換いたしますと仰るではないですか!あとひと月遅かったら何万円もかかるところですよね。

検査して「視力は変わってません」とのこと、そうなれば遠くのものが多少見えづらくてもいい、手元至近距離のものもぼやけていいので、とにかくスマホや本を普通に持って「はっきり」読めるレンズ構成に変えてください、とお願いしたのです。1時間ほどかけて検査しチェックしてもらいました。

そうして約束の日が昨日でありました。使用中のメガネのレンズを交換するので30分ほどかかりました。やってみるものですね。こんどは検査用の極小文字の紙を見せられ、小さな文字がくっきりはっきり読めました。只今制作中のブログは、画面まで50㎝ほど離れていますが鮮明に読めます。(問題は内容ですね笑)試しに、数年前に使っていた上の黒い細縁メガネで見たら、字は二重になるし、直線は曲線になり長方形の枠が台形にみえます!。

ピントの合ったメガネだと周囲が明るく感じます。書でもスマホでも文字情報を読むのが苦痛でなくなり、恐らく今までの何倍も世界情勢が入ってくるような気がします。
肝心のスマホゲーム(ツムツム)は、うーむ、そう簡単に点数やらコイン稼ぎが増えますよ、とは都合よくいかないようであります。

ここで、教訓①メガネは数年単位で眼鏡屋さんに行って検査すべし 
教訓②もしそこで新たに眼鏡を作ったら保障の効く1年以内に、その眼鏡屋さんで検査してもらうべし、であります。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

石印材をヤフオクに出品する 終活も楽じゃない

2024年06月12日 | 篆刻
出だしが、昨日のブログの続きで恐縮です。一昨日12名の人と会話を交わしたワタシですが、昨日は、家内、マッサージ師、コンビニのパートさん、郵便局員、お向かいのMさんの計5人と話しましたので、おそらく3人かな、という予想を上回ることになりました。ヤフオクで発送品が出てたこと、パートさんに採れたての家の畑のニンニクを差し上げた分増えたのです。

年配の夫婦二人暮らし、独居老人などは一体普段どのくらいの人と会っているのかは見当がつきません。ワタシみたいに3人前後というのが普通なのか少ないのか。電話をするのもあまり好きでないので、スマホで通話するのはせいぜい数日に一件程度であります。そのうち声が出なくなりそうですね(笑)

さて、本日のテーマは「ヤフオク」であります。
半年ほど前までは、ヤフオクと言うのは自分が趣味で集めているものがあって、落札して入手する仕組みだと信じておりました。これが篆刻に限って言えば約5年続いたのです。入札するのはほぼ全てが「石印材」でありました。

初期には大した値打ちものでない一般的な安い石で、未使用・刻字有りにかかわらず、まとめて大量に落札したのです。これは、自分が篆刻練習用に活用しようと考えておりました。実際、徐三庚先生や呉昌碩先生の130ページ近い印譜集を買って片端から摸刻したのです。その後、だんだん石印材にも田黄石や鶏血石などといった高級石・優材にも目が行くようになって、一本数千円と言う石に入札するようになったのです。ワタシは基本酒もたばこもやらないので、趣味で石を集めるくらいのことは自分でオッケー💖にしていたのです。

ところが、半年前思う所があって生活全体で「終活」を意識するようになりました。自分はいずれ死ぬ、その時に残された遺族が困らないように、片づけられるもの・整理できることはやっておこうと。その一つが篆刻用の石だったのです。小さな価値もわからぬ印や石印材が大量に残ったら家族はどうしていいかわからないでしょう。

その日から一切入札・落札はすっぱりと手を切りました。その時点で石は4千~5千個あったはずです。1本も増やすことなく、今年の4月から生まれて初めて「ヤフオクに出品する」ことを始めました。それから約2か月で、十数万円の売り上げとなりました。これは儲けではなく、かつて(恐らく)かなりの高値で買った石印材を損切りしながら現金化しているに過ぎないのです。
4,5年がかりで集めた石印材に、通算2百万円~3百万円位かもしれませんが、自分がいくらのお金をかけたかなどは、もはや考えたくもありません。

そんなわけで、ほぼ毎日①出品する石を選ぶ ②7,8枚の写真を撮る ③PCに写真をコピーし拡張子を変える ④ヤフオクに写真を載せ、能書きを書き並べ最低落札金額を記入する、がスタートです。
その後、入札状況を毎日チェックし、期限の日時に落札されると、お金の支払いなどの条件が整うのを待って、ヤフオクから「品物を送って」とメッセージが来るのです。

ワタシの現在の手持ちの出品物がこれであります。
出品はしたが全く入札が無いものがほとんどです

下のは4人からの落札済み(ほとんどが昨夜)の石で、これから梱包し郵便局に持ち込みます。右端の7個の石はワタシが徐三庚さんの摸刻をしたままのものです。7個2200円で落札、印面を潰して彫りなおすには決して高くない金額ですね。

郵便局から戻ったら、すでに撮影済みの写真をPCに移し、出来れば全て(5件)を出品したいと思っています。はーー、終活も楽じゃないなぁ

今日は、家内・郵便局の係員・階下の店舗のパートさん・メガネ店(レンズ交換予約あり)とお向かいのMさんと会話を交わすことになるでしょうね。
コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

昨日は普段の日の4倍の人に会いました

2024年06月11日 | 雑感
ワタシは無口な人間ではありません、むしろお喋り・饒舌の部類に入るかもしれません。しかし、それがここ5,6年ほとんど人と話す機会が無いのです。

定年でそれまで勤めていた金融機関を退職後、普段のワタシは、朝ご飯を終えると、土日平日関係なく、ここ仕事場(作業場)に向かいます。不動産賃貸業を経営する社長(家内)から給料は数万円をいただいておりますが、その仕事の内容は賃貸する店舗の緑地帯の管理(ゴミ拾い・草むしり)と預金・現金の帳簿をつけることで、当然一緒に働く人がいない従業員がわたしだけの零細企業であります。ただし、ここ二月はヤフオクでの出品を始めて、一日おきくらいに郵便局へ発送手続きをするようになりました。

朝から、郵便局への用事が無ければお昼ご飯まで誰とも会いません。外食で家内とランチを済ませると、またここに戻ってくるので夕方まで基本的には誰とも会いません。たまに階下の店舗(コンビニ)のパートさんと顔が合えば一言二言程度会話するだけであります。夕方帰宅してからは、ほぼ毎日お向かいさん(Mさん夫婦)が顔を出します。おかずを余分に作っておすそ分け、頂き物のお菓子などをもって差し入れなどにくるのです。ご主人が犬好きなので、ウチの甲斐犬を散歩に連れ出してくれます。この時は数分の立ち話をいたします。

つまり、一日で、家内と郵便局員、お向かいさんのMさん(またはその奥さん)三人程度しか言葉を交わさない、それがほぼ毎日なのです。しかも、毎朝のウオーキング60分、ガーデニング、篆刻・書道(60分)、ツムツムなどスマホ操作で約3時間以上とそもそも単独行動・無言の時間が多いのです。また、軽い鬱病で引きこもりがちになり、話をすること自体が億劫になりました。

ところが昨日はたまたまかどうか、何故か多くの人と接点を持つことになりました。まず仕事場に向かう途中、地元の知った人3人に遭遇したのです。ここで軽くあいさつ程度を交わしました。仕事場には勿論無人ですが、この日すでに予約していた、ひかり回線の業者が接続工事に来たのです。10時に戻ると若者2人と家内が困った顔で見合っていました。どうやらセールスの人間・外観を撮影する業者・室内での施工業者それぞれがバラバラの会社で、意思疎通が図れていなかったようです。

ワタシの家は古くて大きいので、新たにケーブル線を引き込むためにあちこち壁に穴を空ける必要があるのですが、事前にそのことを知らされず、その工事の届出や許可がないと引き込みが出来ないということでした。すでにあるNTT回線で間に合うので無理に工事は不要と判断してお引き取り願いました。

そこでまた手すきになったワタシは仕事場に戻ったのです。そこで出くわした店舗のパートさんの1人に収穫したニンニクを差し上げました。また、店舗に隣接する家が親戚で、只今新築工事の最終段階。ワタシは一応そばをいつも通るのでそれとなくで目を光らせておりました。で、たまたま1人で玄関わきのブロック積をしていた業者にねぎらいの言葉をかけて戻ったのです。

昨日のメインは、横浜中華街で韓国料理店を持っている友人の韓国人夫妻が訪ねてくることでした。中華街といえば7日に大規模な火災があったばかりで、その友人のお店も近い場所にあったんだそうです。お土産に焼き肉用骨付きカルビを頂戴しました。お昼はここ平塚の中華料理店、御夫妻とワタシら夫婦で冷やし中華などを頂きました。その後仕事場にお2人もやってきて、お茶を飲みました。くどいようですがこの仕事場にワタシ以外の人間が入ることは滅多にないのです。

彼らを送り出して一休み。もうこの頃には、普段と違い多くの人と話をして「人あたり」状態(笑)でありました。やっと4時半になって帰宅したところ、丁度Mさん(ご主人)が1人でやってきました。なんと、相模川の対岸で火災が起きているというのです。土手に上がってそれを見物していると、家内の犬友まで現れ、初めてその1人と言葉を交わしました。黒煙が立ち上る中ヘリコプター4機が周囲を飛んでいました。家に戻ると今度はMさんの奥様がまた1人でやってきました。こちらはお惣菜をもってきたのは口実で、M家内で「夫婦・親子喧嘩」が発生したのを家内に聞いて貰いたかったらしいのです。その喧嘩の中身がワタシたちに関する話だったようです。

まぁ、そんなことで、普段は一日多くて3人のところが、昨日に限って12人という大勢の人と言葉を交わすという事態になったのです。もうそれだけでワタシにとっては疲労困憊でありました。

因みに、現在起床後3時間経過しましたが、ワイフと会話しただけ、今日はこれからマッサージさんにかかるので、Mさんを加えて3人の方と会話をする、で終わりそうであります。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紫陽花の咲く季節 6月の花

2024年06月10日 | 植物
昨夕、家人から「明日は午前中雨の予想よ」と言われました。そうか、そろそろ梅雨だからなぁ、と答えると、「いや、梅雨は関係ないただの雨降りだから」と強弁するのです。「梅雨のはしり」でいいんじゃないかと思いますが、なにが気に入らなかったんでしょう。

そしてその予報通り今朝はかなりの雨粒が落ちておりました。中雨(降り)といった按配でしょうか。ブログで何度か書いている通り、ここ数か月毎日最低1万歩を歩いております。基本的には雨ごときでその運動を中断させたくないのです。これまでも雨降りの日は、ショッピングセンターの各階をぐるぐる歩いたり、出来るだけ傘を差して外出したりして、約3か月1万歩以上をキープしてきました。

なので、本日も傘を差していつものウオーキングルートを歩きました。大体5時半から6時過ぎというと、すでにジョギング・犬の散歩・ウオーキングなど多くの人と出くわします。少なくても20人以上でしょうか。ところが今朝は犬の散歩の女性一人きりでありました。皆さん案外根性なしなんですね(笑)

さて、6月の雨と言えばやはり梅雨、恐らくここ数日中に「入梅」の報が発せられるでしょう。梅雨と言えば紫陽花の花が美しく咲くシーズンであります。本日はウチで育てている紫陽花の写真であります。

まずは母屋のアジサイ、これは植木屋さんの世話になっているのでなかなか見ごたえがあります。

ここから500mほど離れたワタシの仕事場にある「緑地帯」ここがマイガーデンであります。自分で植えている紫陽花は2種類、いずれも品種名などは存じません。
これは盛りをすぎて萎れています。

こちらは鉢植えの紫陽花。地植えにしたいのですが、場所が見つからないほどあれこれ密集して植物を植えているのです。

この下の2種類は隣に住む親せきが家を建て替えるために地植えの紫陽花をワタシに預けたもので、大きめの鉢植えにして保管しております。


クチナシの花がそろそろ枯れて落ちてきました。

6月と言えばユリのシーズンでもあります。
6月は降っても降らなくても情緒があり花が美しいシーズンでもあります。

と、さきほど外を見たらすっかり雨が上がっておりました!。一時間出るのを遅くしたら全く傘も要らなくなっていたんですね。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする