真奈パパのランランかわせみブログ

愛犬ランちゃん、かわせみ、飛行機、旅行の写真を載せています。

貨物機ー11(イリューシン76TD-90BA(離陸))

2016-11-29 00:00:01 | 日記
2日朝早く起きて、成田空港の展望デッキに行きました。
着いて30分後に、イリューシン76TD-90BAが離陸を始めました。
「えっ、もう上がるの?」というくらい早く、機体が上がり始めました。
小型のビジネスジェット機並みの早い上がりです。
離陸滑走距離は、1300m、着陸滑走距離は900mでいいようです。すごい性能だと思います。




車輪です。
機首の車輪が4個、主脚が片側4*2で8個両方で16個、合計20個ついています。


旅客機だとまだここら辺では、地上滑走でスピードを上げているところです。






主脚の格納です。
片方が反時計回り、もう一方が時計回りで回転しています。




8個の車輪を一列にして格納です。
おもしろい方法ですね。










次は、アントノフ124の飛行写真を撮りたいと思っています。

貨物機ー10(イリューシン76TD-90BA(着陸・駐機))

2016-11-27 00:00:01 | 日記
11月1日、フライトレーダーを見ていたら、ヴォルガドニエプルのイリューシン76TD-90BA貨物機がクアラルンプールを出て、日本の方向に飛行していました。
沖縄を過ぎて、これは、日本の可能性が高いなと思いながら、関空とセントレアの可能性もあるなと考えながら、見極めようとしていて、家を出るのが、遅くなって、成田空港に着いたのが、丁度滑走路にタッチダウンしたところでした。着陸のためのアプローチをとろうと思っていたのが、誘導路の走行写真になってしまいました。残念でした。
A滑走路の誘導路を走行する同機です。






駐機エリアに向かって、方向転換しています。


真後ろからのショットです。


駐機エリアへ向かいます。


これは、8月4日に撮った駐機場にいた同機種です。
この時は、1週間くらい成田空港にいたようです。


イリューシンは、大きく見えますが、左側にいるANAのボーイング787-8と比べても全長、前幅とも小さいようです。


機首の拡大写真です。
下に窓がある部分は、ナヴィゲイターの席があるようです。
スリルがありそうな席です。




カワセミ浮上

2016-11-25 00:00:01 | 日記
これは、今年1月に都心の公園で撮ったカワセミです。
カワセミがエサ取りをして小さな魚を咥えて浮上しています。






別の浮上シーンです。


さらに拡大しています。


次の3枚は、ほとんど羽ばたいていないようです。
小魚は動いています。









カザフスタン政府専用機

2016-11-23 00:00:01 | 日記
9日は、来日中のカザフスタン・ナザルバエフ大統領が帰国するということで、羽田空港に撮りに行きました。
この日は、東京に木枯らし1号が吹き荒れた日で、展望デッキはとても寒かったです。
カザフスタンの飛行機は見たことがなかったので、どんな塗装をしているのか実物を見たいと思っていましたが、思ったより明るい塗装の機体でした。
C滑走路の誘導路に現れました。


展望デッキの前を走行しています。


キリル文字で国名が書いてありますが、カザクスタンと書いてあります。


滑走路の南端でUターンして離陸です。


あっという間に離陸です。
エアバスA330-200機がこんなに早く離陸するとは思いませんでした。






すぐに右旋回です。











日本とカザフスタンの間には、定期便がありませんが、今回航空取り決めが両国間で合意され、直行便の開設が可能になったようです。
カザフスタンには、ロシアのバイコヌール宇宙基地がありますね。
カザフスタンは、鉱物資源も豊富な国だし、ビジネスも含め両国間の交流が増えるといいですね。

カワセミホヴァリング

2016-11-21 00:00:01 | 日記
18日、5か月ぶりに東京の河川にカワセミ撮りに行きました。
カワセミが上流下流と行き来するので、1万歩以上歩き疲れましたが、久しぶりにホヴァリングの写真が取れました。
雄のカワセミです。