真奈パパのランランかわせみブログ

愛犬ランちゃん、かわせみ、飛行機、旅行の写真を載せています。

世界の橋ー17(ヴェッキオ橋)

2014-06-29 00:00:01 | 日記
フィレンツィエで最も有名な橋は、ヴェッキオ橋でしょう。
アルノ川にかかっており、フィレンツィエで最古の橋だそうです。
橋の両側に宝石店や彫金細工店がぎっしり並んでいます。
階上には、ウフィッツィ美術館と対岸のピッティ宮殿を結ぶヴァザーリの回廊があり、2階建てになっています。
下流のサンタ・トリニタ橋から見たヴェッキオ橋です。
左側の塔は、ヴェッキオ宮の鐘楼です。








観光客で賑わっています。






ウフィッツィ美術館から見たヴェッキオ橋です。
右手前のL字型の屋根からヴェッキオ橋の2階部分へと、ヴァザーリの回廊が続いています。


ピッティ宮殿側から見たヴェッキオ橋です。上の部分がヴァザーリの回廊です。





オジロワシ右旋回

2014-06-26 00:00:01 | 日記
オジロワシが右旋回してこちらに向かってくる連続写真です。
羽が一直線になった時大きさがよく分かります。
2月の流氷船での撮影です。


















世界の橋ー16(リアルト橋)

2014-06-23 00:00:01 | 日記
今回は、ヴェネツィアのカナルグランデにかかっているリアルト橋です。
ヴェネツィアを代表する橋です。
以前は、木製だったようですが、16世紀末に現在の石造になったようです。




手前にゴンドラ、その奥にヴァポレットと呼ばれる水上バスが走っています。




橋の上は、観光客で、鈴なりです。


橋の横から1枚


橋の両側には、お店が並んでいます。


橋から見た北東方向の景色です。


橋から見た南西方向の景色です。


リアルト橋ですが、なんかちょっと違いますね。
アメリカ・ラスヴェガスのヴェネツィアンというホテルにあるリアルト橋です。
ホテルの中に運河をつくり、ゴンドラを漕いでいました。






ビールー2(イタリアのビール)

2014-06-20 00:00:01 | 日記
今回の旅行では、歩き回っていたので、ビールもよく飲みました。
最初の写真は、フィレンツィエのウフィッツィ美術館のカフェで飲んだテレジアーナーです。
オーストリア女帝マリアテレジアの名前が付けられています。ウィーン風の醸造方法がトリエステにもたらされたようです。ドロミテ山塊のふもとに本社があるようです。アルプスの澄んだ水を使っているのでしょう。美味しかったです。


次は、ペローニです。イタリアでもっとも売れているペールラガーだそうです。
フィレンツィエのサンタ・クローチェ教会の前のカフェで出てきました。


これもペローニ社のプレミアムラガー、マストロ・アズッロです。
ペローニ社は、イギリスのSABミラー社の傘下にあるようです。


次は、フォルストです。イタリアの南チロルのFORSTに本社があるビールで、これもアルプスの水を使っているのでしょう。
フィレンツィエのアルノ川を渡ったところにあるサント・スピリト教会前のカフェで出てきました。


これもフォルストで、ミラノのレオナルドダヴィンチ国立科学博物館の近くのカフェで出てきました。


これは、ミラノのビッグピッツァというところで飲んだビールでしたが、デンマークのツボルグでした。
隣の席に若者が座っていましたが、彼らはビールとピッツァと大きなティラミスで食事を終えていました。この店にはサラダはありませんでした。


ミラノ中央駅の売店で買ったツボルグの小瓶です。


以上飲んだビールは、どれも美味しかったのですが、次のビールは、我々二人ともまずいと思いました。
モレッティです。
イタリアでは、有名なビールで、売店にはよく置いてありましたが、我々の味覚には合いませんでした。
オランダのハイネケンに買収され、ハイネケンの1ブランドとなっているそうです。





ステンドグラスー24(フィレンツェ・ドゥオモ-2)

2014-06-17 00:00:01 | 日記
前回に引き続き、フィレンツィエのドゥオモのステンドグラスです。
巨大なクーポラの内部は、フレスコ画が描かれていました。
これは、ヴァザーリとその弟子による最後の審判だそうです。




クーポラの丸窓のステンドグラスです。








前の写真のステンドグラスを見上げた格好で撮ったものが次の写真です。