MADPAPAのポンコツ写真館

PENTAX Kー3Ⅱメインで飛騨の四季の風景を撮ってるブログです。
滝と空と雲と飛行機と鳥が大好きなオッサンです^^

MADPAPA拐われる!(その2のその壱)

2017-06-27 19:22:45 | 写真

 

6月19日(月)から6月23日(金)まで夜勤だった私・・・。

生活体系が昼夜逆転して、仕事の疲れもあって元気なかった一週間。

 

そんな夜勤が終わって、体調を戻すための土日。

オッサンとしては「じわじわゆっくりと」更に「まったりと」過ごす予定だったんですが・・・!

 

私が夜勤だったって知ってるはずの、親友からまさかの「起きてるか?」な朝7時メール!

たまたま高山で「震度3の地震」で目覚めてた私。(震源地:長野県南部震度5.0)

それでメールに気付いたって云う・・・!

 

いやいやいやいや・・・。

普通ね、朝7時ったら、如何に親しくとも普通だったら遠慮する時間帯でしょ!

それでも奴ったら、ヘッチャラなんです。

でもまぁ、そんなところが「親友の親友たる所以」なんですがね^^;

 

で、紆余曲折ありつつ「紫陽花」を撮りに行くことに。

向かうは「岐阜県関市板取あじさい祭」!

 

 こんな写真や、

 

 

 こんな写真。

 

はたまた、色の傘狙ってのこんな写真や、

 

こんな写真。

 

でも・・・。

あじさい祭に来ていながら、紫陽花以外に目が云っちゃう「本末転倒オヤジ」な私・・・^^;

 

朽木を山に見立てたり・・・。

 

真夏の紅葉を撮ってみたり・・・^^;

 

んでね、紫陽花をさんざん撮って、帰るかと思いきや!

更に高山から南下して、「名古屋港水族館」って!!!

 

いやいやいやいや、そりゃ~!行けば撮ります!

ノコギリザメです!

 

一番のフォトジェニックだった「サンゴ水槽」!

 

「イルカショウ」もこの通り!

 

名古屋港水族館目玉のシャチも撮りましたが、あんまりよくなかったので今回はボツ!

 

なんだかんだで、撮影を楽しんでた私です^^v

自分一人だったら「行かないだろうな~。」なところへ、誘ってくれる親友に感謝!

 

疲れは取れませんでしたが、代わりに幸せをたくさんもらった撮影行でした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下呂市金山地区「横谷峡の四つの滝」へ親友と撮影行!

2017-06-12 18:50:22 | 写真

2017年6月11日(日)。

休日だと云うのにAM6:00には目覚めてたオッさん・・・^^;

でも、布団からは出ずに前週の疲れをまったりと癒やしつつ、PCでカメラ機材の価格チェックやら・メールのチェックやらしていまして・・・。

そんなグータラしてた朝10:00ころ、携帯(スマホ)が鳴りまして、出たらば下呂市在住の親友からでした。

 

「暇か?」第一声がこれ!

「暇やけど・・・。」私の第一声・・・。

そこからカメラレンズ談義暫しのあと、「で、このあと何するんや?」の質問に、「滝撮り行く予定。」と私。

「下呂来んか?」「行く行く!」で、下呂市金山地区の横谷峡「四つの滝」を撮りに行くことに!

(初めての滝なので、ワクワク・・・(>ω<))

 

飛騨高山を11:00に出て、お昼近くに友人宅へ。

そこから約1時間で目的地へ到着。

ワクワクが大きかったので、昼食も取らず撮影へ!

 

普通の自家用車がいっぱいいっぱいの林道を走ります。

滝の始まり付近と、最上流の「鶏鳴滝」にパーキングがありましたので、先ずは最上流へと!

 

「横谷峡 四つの滝」はその名の通り「四つの滝」がありまして、上流から「鶏鳴滝」「紅葉滝」「二見滝」「白滝」。

最上流の「鶏鳴滝」だけに「滝壺側」と「鶏鳴滝側」の2つのルートあありました。

 

先ずは滝壺へ。

 

鬱蒼とした森の中を流れる清流。

光が滝に差していて、とても美しい光景!

 

こちらは縦構図。

コントラスト差が激しくって、白飛びを抑えるのに四苦八苦だったオッサンです・・・><;

 

これが「鶏鳴滝」。

立て看板がありまして、その曰くが書いてありました。

 

横谷峡全景図はこちら。

なかなかに狭き路。 路駐は「厳禁!」っていう立て看板もありまして、二つの駐車場からアクセスするしか無いようです。

 

で次の滝へは歩きます。

人間との対比でその道幅の狭さが解るでしょ!

 

お次は上から2段めの「紅葉滝」。

 

あんまり上手くは撮れませんでしたが、なかなかに味ある滝でした!

 

次は車で最下流側の駐車場へ移動。 そこから歩いて登ります。

 

上流から3段目は「二見滝」。

その名の通り2段の滝でした。

午後の日差しが滝と滝壺に当たってて、滝と緑のコラボが綺麗ったら!!!

(観る分にはやたらと綺麗なんですが、写真撮るにはコントラスト差が大きすぎて、設定に大悩みしなきゃいけません・・・><;)

 

最下流は「白滝」。 すき焼きが食べたくなるような名称ですが、長秒露光でその滝を撮って「なるほど!」と頷けました。

 

これまでの度の滝よりも「白し!」!!!

まさに「白滝」です。

 

正面。

 

左奥から苔岩を絡めて。

 

滝の流れる軌跡が、白く滝壺水面に写り込んでいる様の美しさったら!!!

(下手っぴなので、見た感動のまんまを表現できてないことにジレンマ感じてます!)

 

滝好きなくせに出不精な私・・・。

そんな私に新たな素敵な滝写真を撮らせてくれた親友に感謝!多謝!!!

 

でも、どんどん「感性が枯れて行ってる」自分にゲンナリ・・・(TOT)

コンデジオンリーで「GANREF]に立ち向かってたあの頃の自分を取り戻したい!!!

最近の私ったら「スナップ」ばかりで「作品」になってないんですよね・・・。

「ひらめき」「煌めき」「ときめき」をもっと写真に出してかなきゃね!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多重露光な最近の私^^v

2017-06-09 19:57:37 | 写真

「だまし絵」とか「だまし写真」とかが大好きな私。

ですが、そんな写真を撮ろうと思ってもなかなかに難しかったりします。

 

被写界深度を利用して「手のひらに乗ってる人たち」とかは、簡単に撮れるんですがなんだか「芸がない」・・・。

で「多重露光」で簡単且つアートっぽく撮ってみました・・・^^;

 

「葱の花」です。

背景はちょっとブラした田植え後の田んぼ。

 

で、こちらが今回の「なんちゃって写真のベストショット!」。

夕焼け空と草刈り直後の川原のコラボ!

我が近隣の風景とは思えない感じが良い・・・(*´ェ`*)

 

でね、昨日のこんな結果に気を良くして、翌日な今日もおんなじシチュエーションで撮るんです!私ったら・・・^^;

 

「夕焼け空と風吹く緑」ってなタイトルで如何でしょう?

多重露光2枚合成な写真です。

 

こちらは家族に見せたらば「キモイ!!!」「怖い!!!」と大不評・・・><;

・・・ってことは「インパクトあり!」と勝手に解釈して、私的「アリ!」な写真に!

 

これがラスト。

この時期、いつも咲いてるピンクの花を、夕焼け空に浮かべてみました。

 

デジタルカメラってこんなことが簡単にできるから面白いですよね~♪

大昔、押し入れに暗室作って、せっせと現像していたのが夢のようです・・・。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

K-3Ⅱ後継機は半年後!?

2017-06-04 19:32:04 | 写真

600mm辺りの超望遠レンズが欲しいので、マウント変更・追加したい私です。

(せいぜいISO1600までしか使えないK-3が悲しくて、もっと高感度耐性も欲しいので・・・。)

でも、PENTAX大好きユーザーの私としては、K-3Ⅱの「正統後継機」を望んでいるんです。

 

それが半年後に出る!ってウワサを今更ながらに発見。

The Pentax KP is not the replacement of the K-3 II

出るか出ないか?ホントかウソか?はあくまでもウワサの範疇なので何とも言えませんが、嬉しいニュース!

 

できれば「K-2若しくはK-3Ⅲ(仮称)」は、こうあって欲しい!

・RAW14bitでバッファ詰まりなしの100コマ記録+秒間10コマ以上連射。

・ISO12800がノイズレスで、解像感バッチリな高感度耐性。(ISO6400でも我慢しますが・・・^^;)

・リアルレゾリューション機能は要らないので、アストロトレーサー内蔵+フラッシュ内蔵のコラボ実現。(ガワが多少でかくなってもオッケ~!)

・5軸手ブレ補正実装で、5段分の補正力。

・K-1みたいな高価なギミックは不必要なので、普通のチルト液晶搭載。

・wi-fi対応。

・サードパーティ製レンズの拡充。(特にSIGMA150-600やTAMRON150-600の誘致)

・動きモノへのAF追従性強化!(ニコンやキャノン以上にが願い!)

・SDダブルスロット実装。

・フォーカスポイントの多点化。(せめて50点は超えましょう!)

・シャッターユニット周りの強化とゴミ取り性能の強化。

・マイナス20℃耐寒性能。(我が居住地では稀にマイナス16℃くらいになります・・・^^;)

・・・うわ~!こんな性能てんこ盛りしたらば50万円超えそう・・・^^;

 

でも、少なくとも現行他社モデルの「D500」と「7DMK2」は超えてもらいたいですね!

廉価超望遠ズームも同時に出してもらいたいですが、そのあたりはサードパーティ企業を説得していただいて「PENTAX用」を出してもらう方向で。

 

半分以上気持ちはニコンへ鞍替えな方向でしたが、たまたまネットを徘徊しててこんな情報を得たことで「カメラ機材は現状維持!」ってことにしました!

K-3Ⅱの後継機を待ってみます^^v

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

STYLUS1の処遇

2017-06-03 19:33:38 | 写真

いやいや・・・^^;

前回は缶ビール12本「330ml✕12本=3960mlやっつけてからの書き込みだったので、シラフの私が知らないことも書いてあったりして、超汗かきまくり!

で、本日は缶ビール✕2本&日本酒6合から始まってます^^;

ザルか!お前は!って-の!

 

んで、OLYMPUS STYLUS1の処遇ですが、機材大事な私故「超きれい~!」なので「下取り17,000円確定」。

しかも純正革製カメラケースがプラスで、ちょいと色をつけてもらえそな気分!(色つけなきゃゴネる!)

ってな感じで、下取り確定!

 

ついでにK-5Ⅱs(30,000円弱)も出して、シグのペンタ用18-300買うか、D810 orペンタのKP買うかで悩み中・・・。

 

D810 買うなら今でしょ!でも、高感度番長KPも気になる!だったら少なくともあと半年待ちが定石!

ん~!

貧乏カメラマンとしては「大いなる」悩みどころです!

ペンタ10-17も何気に欲しいですし、K-3Ⅱの正当後継機も出てくるかもしれませんし・・・。

 

逸る気持ち。でも踏ん切れない現状!

デジタル一眼レフって今後どうなっていくんでしょう?

お小遣いが少ないので、悩みに悩んで「今の自分に最適な決断」を下さねば行けません!

撮りたいのは「野鳥」「航空機」「風景」です。

 

全てに万能な安いカメラって、「D7200 」or「KP」で確定ですかね?

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加