賢い子に育てたい! ~家庭学習で中学受験2018~(受験終了)

中学受験に向けての学習や日常の些細な出来事など、いろいろ書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中学受験とゲーム

2018年02月28日 | 中学受験

今回は、我が家で一番苦労した「ゲーム」について書きたいと思います。
息子はとにかくゲーム中毒でしたので、入試直前はもちろん、なんと入試期間中もゲームをしていました。
ここまでくると、「むしろ大物!?」とポジティブ思考になってしまいましたよ。(笑)
息子のようにゲーム大好きな子はたくさんいると思うので、我が家のゲームとの付き合い方がどんな感じだったかを書いてみます。


息子がゲーム好きになった1番の原因は、夫だと思います。
夫は正真正銘のゲーマーです。
息子は小さい頃から、夫がゲームをやっているのを一緒に見ていました。
ドラクエとかカービィとか。
息子自身が初めて挑戦したのは、たしか「毛糸のカービィ」だったと思います。
それから息子のゲーマー人生が始まりました…。
元々外遊びなどはあまり好きではなく、インドア派の息子。
夫も同じです。
だからこそ、2人で一緒に楽しめるゲームは最高のコミュニケーションツールだったのでしょうね。
テレビゲームだけでなく、カードゲームやその他の遊び(将棋やすごろくなどのボードゲームとか)もたくさんしていました。

小さい頃はテレビゲームを1人ですることがなかったので土日だけで済んでいましたが、だんだん平日にもするようになってきて…。
高学年では毎日やるようになっていました。
我が家はゲームの時間制限などはしていなかったこともあり、本当に自由でした。

そのままの生活がずっと続き、6年生になってもゲームに悩まされることになります…。
あまりにも受験に対する意識が低く、ゲームの時間制限(夕食後はやらない)を夏休み後半からしました。
そうすると、それがストレスとなり学習面にも影響し、模試の成績がガタ落ちしました。
影響があるのは得意科目です。
普段点を稼いでいる算数と理科でケアレスミスが多くなるので、4科偏差値は落ちます。
悪影響しかないので、息子と話し合った結果、「やるべきこと(その日の課題)が終わっていれば、ゲーム制限なし」としたところ、模試の成績も上昇。
ゲームは精神安定剤なのだと(笑)、容認することにしました。

そんな息子でしたが、受験直前にはスイッチが入るはずと期待していました。
いよいよ1月。
息子の様子は全く変わらず…。

学校でインフルエンザが流行り出していたので、1月22日(月)から休むことにしました。
ここからは本気になるかと思っていたら、相変わらず…。
学校を休んでいるのだから、学習計画はもちろん変わります。
朝勉10分・午前勉60分・午後勉60分・夕方勉60分・夜勉20分、という計画で進めました。
これでは少ないと私は思っていましたが、息子にとっては多すぎたようでイヤイヤやってるときもありました。
日中は仕事で家にいなかったので息子がどのような状態で勉強しているのかはわかりませんが、一応課題はきちんと終わらせていたので意外と集中していたのではないかと思います。

起きている時間は約14時間ですが、勉強時間は3時間半。
他の時間はもちろん、ゲーム(マインクラフト、スーパーマリオオデッセイ、スプラトゥーン)をしているか、YouTubeでゲーム動画を観ているか、テレビを観ているか、マンガを読んでいるか…。
勉強時間とごはんやお風呂などの時間を除いても、9時間はありますよね。
そんなに長い時間を、遊びに使っていたことになります。
それでも険悪ムードになっては逆効果になると思い、怒りたい気持ちを抑えていました。
最後の週になれば、さすがに焦りが出てきて自分から勉強するようになるのではないかという期待もありましたしね…。

でも息子、全く変わりませんでした。
根拠のない自信を持っていて、特に「これをやっておかないと」という気持ちも出てきません。
入試前日は自分でやりたいと思うことも出てくるかと思い、敢えて私からは課題を出さない予定でしたが急遽変更。
結局、私からの課題をやることになりました。
これはもしかしたら2月1日に初めてスイッチが入るタイプなのかもしれないと思い、初戦の第1志望校入試後に変化することを期待。


入試当日、特に緊張する様子もなく、どこかの模試へ行くときと同じような感覚の息子。
私ばかりがドキドキしていました。
第1志望校の入試が終わり出てきた息子、「絶対合格してるから、午後は受けに行かなくていいよ」と自信たっぷり。
どうやら算数と理科が簡単だったようで、算数満点・理科9割取れただろうと。
そんなわけないですよ…。
息子の勉強を客観的に見てきた私にとっては、第1志望校は無理だろうとわかっていましたから

一旦帰宅し、息子はお昼を食べながらYouTubeでゲーム動画を観てケラケラ笑っています。
そんな感じで、第1志望校入試後にもスイッチが入ることはありませんでした…。
息子は受けに行かないと言いましたが、もちろん午後入試にも行きました。

帰宅は19時過ぎ。
夕飯後、息子はマインクラフトを始めました。
明日も入試なのに、すごいメンタルです…。

2日。
午前入試は第3志望校。
いつも通りなら大丈夫だろうとは思っていましたが、息子のあまりの緊張感のなさに不安が…。
試験中に第1志望校の発表があり、予想通り不合格。
試験後に出てきた息子に「午後は〇〇(第2志望校)に行くよ」と伝えると、「なんで落ちた」と怒り出しました。
「帰ったらマイクラしようと思ってたのに。できないじゃん!」と。
怒るポイント、そこ??
もう、びっくりでしたよ

一旦帰宅し、昼食。
やっぱり息子はYouTubeでゲーム動画を観てケラケラ笑っています。
どこまで緊張感がないのでしょう…。
第2志望校へ向かう時も、どこかにおでかけするのと同じような様子の息子。
さすがにこのときは、「この子、本当のバカなの??」と思いましたよ
でも、変に刺激するのもな~と思い「メンタルが強い!」と頭の中で変換しました。(笑)

第2志望校の試験が終わって出てきた息子、2日間連続の午前・午後入試だったにもかかわらず意外と元気。
午前校にも合格でき、残すは4日の第1志望校リベンジのみ。

3日。
午前中に第2志望校の発表があり、無事合格。
息子、1日中ゲームをしてました。(夕方に30分だけ勉強しましたが)
翌日の第1志望校の入試も面倒くさいようで、「本当に行くの?」と何度か聞かれました。
気持ちはもう、第2志望校へ…。
そうなんです、息子は受験する学校全てを気に入っていて「絶対にここ!」というのがありません。
志望順位はただの偏差値順。
熱望校がないからこそ、最後まで本気になれなかったのかもしれません。

4日。
第1志望校リベンジ。
相変わらず緊張することなく、校舎へ入っていきました。
試験終了後に出てきた息子は「あまりできなかった」と。
そうでしょうね
帰宅後はもちろん、ゲームを満喫していましたよ…。

5日。
第1志望校はやはり不合格。
これで本当に、息子の受験は終了です。


こんな感じで、最後の最後までゲーム(動画視聴を含む)から離れることがなかった息子。
結局、直前で伸びることもなく、模試の結果通りとなりました。
受験というものに対しての意識付けができなかったこと、ゲーム制限を全くできなかったことなど、反省点はたくさんあります。
熱望校というものがあれば、もう少し頑張れたのかもしれませんね
でも、受験直前まで友達と遊ぶこともでき、最低限の我慢で済んだことはよかったのかなと…。
精神年齢が低いタイプの子でしたので難しい部分もありましたが、なんとか第2志望校に合格できてよかったです。
一応、息子が1番気に入っていた学校への進学となったので、結果としてはよかったと思います


振り返り(受験勉強編)

2018年02月26日 | 中学受験
中学受験が終了し、3週間が経ちました。
なんだかもっともっと時間が経ってるような気分です…。
息子は全く勉強しなくなり、おバカになってます。(笑)

さて、今回は息子の中学受験を振り返ってみたいと思います。
我が家のようなパターンはあまりないとは思いますが


【幼稚園年中】
夏休みぐらいに、小学校受験をしようということに。
いろいろな教室を見学したり体験したりして、1つ候補が見つかりました。
そんなとき、東日本大震災が…。
子供1人を電車で通わせることが怖くなってしまい、徒歩ですぐに迎えに行ける公立小が良いという結論となり、小学校受験はやめました。
その時点で、中学受験をすることを視野に入れ始めます。


【幼稚園年長】
夏休みから、中学受験に向けての準備開始。
1日10分ぐらいの勉強(知能教育中心)を始めました。
元々算数に強い子だったので、算数だけ先取り。
年長の間に小1・2内容を終了。


【小学1年生】
知能教育系のドリルと算数先取りを並行。
学習時間は、1日15分ぐらい。
算数は小4内容の途中まで終了。


【小学2年生】
1年生と同様に進め、算数は小5内容まで終了。
学習時間は1日25分ぐらい。
算数オリンピックの存在を知り、キッズBEEに向けての勉強も開始。
今までやっていた知能教育系のドリルを中心に、進めました。


【小学3年生】
今までと変わらないカリキュラム。
学習時間は、1日35分ぐらい。
チャレペーなどの知能系ドリルとキッズBEEの過去問に取り組み、キッズBEEに挑戦。
ファイナル大会に出場し、銀メダル。
あと3点で金メダルという惜しい点数でした。
算数は小6内容まで終了。
夏休みから、算数のみ中学受験用教材(合格自在4年)に入りました。


【小学4年生】
理科と社会も中学受験用教材(合格自在)に入りました。
国語のみ市販教材で。
学習時間は、1日45分ぐらい。
ジュニア算数オリンピックに挑戦するも、トライアルで敗退。
算数だけは先取り気味に進め、途中から5年生の合格自在に入りました。
2月から栄光ゼミナールに苦手な社会のみ通塾。


【小学5年生】
4月、いろいろあり塾をやめました。
家庭学習は今まで通り継続。
学習時間は、1日60分ぐらい。
ジュニア算数オリンピックは、トライアルで敗退しましたが平均点は超えることができました。
算数は合格自在6年上まで終了。
国語(物語文の読解)で躓きます。


【小学6年生】
個別指導塾で英語を教わることに。
週1回45分授業で通塾。
取り敢えず、英検5級を目標。

家庭学習時間は、1日70分ぐらい。
算数は、市販教材で演習開始。
過去問も早めに始めました。
理科と社会は合格自在、国語は新演習を使用。

模試の成績(合不合)は、算数と理科は65前後、国語は50~58、社会は50前後。
国語に関しては、物語文の内容で左右されました。
漢字は壊滅的。
書いても書いても覚えられません。
社会や理科(2分野)の知識問題も覚えられず…。
やってもすぐに抜けていきます。
とにかく暗記で苦戦。

英検5級に合格後、個別指導塾の英語を理科に変更。
過去問でミスした問題の解き直し&解説をしてもらいました。
そのおかげで、理科の家庭学習は過去問のみ。

年明けからは社会の暗記を重点的に。
算数と理科は苦手分野のプリントを、合間に息抜きとして解きました。
国語は過去問中心。

過去問の点数は、算数と理科は高得点で安定。
国語はムラがあり、合格者平均点を超えることもあれば受験者平均点にも届かないことも。
社会は受験者平均点も行かず…。
やはり漢字がダメで、第1志望校の問題では15問中5問書けるかどうかという状態。
第2志望校以下の漢字は、5割~7割正解。

過去問の結果は、第1志望校は2勝4敗。
4敗とも、合格最低点にあと2~5点足りないという感じ。
1勝は合格最低点プラス数点、もう1勝は合格者平均点超え。
第2志望校以下は余裕で合格最低点を超えていて、合格者平均点を超えることも多かったです。


【反省点】
・漢字は、漢検に挑戦するなど目的を持ってコツコツやるべきだった。
 第1志望校の入試では、漢字だけで11点落としてしまった。
・社会の暗記は、興味を持たせる工夫ができればよかった。
 特に公民に興味を持てず苦戦した。
・短時間しか勉強する習慣がなく、入試直前になっても1日3時間半の家庭学習が限界だった。
 それでも多いと感じたようで、嫌々勉強しているときもあった。
・中学受験に対する意識付けができず、最後までスイッチが入らなかった。


【良かったと思える点】
・算数の先取りをしたことにより、5,6年生では演習を中心にすることができ余裕を持てた。
・ゲームや遊びなどに対しては最低限の我慢で済み、小学生らしく過ごせた。


【感想】
受験生としての意識が低く、親としては最後の最後まで悩みました。
精神年齢が低いということもあり、本来なら中学受験には向かないタイプだったのだと思います。
高校受験の方がよかったのかもしれませんが、反抗期が来ないうちに受験できてよかったのではないかという気持ちも…。

私自身も受験というものに対して本気にならず、ラクな道を進んで大学まで行きました。
勉強するということを意識したのが高校2年生で、それまでは家庭学習などは宿題しかしたことがありませんでした。
高校受験の勉強も、過去問を解いたぐらいでしたし…。
進路を決める時期に気付いたときには、希望する学部学科には届かない状態。
結局、違う学科を目指すことになってしまいました。

自分自身がしてきた失敗を息子にはしてほしくないので、きちんと勉強する習慣だけはつけていきたいです。
学校の宿題だけでなくプラスαで苦手単元の克服をしたり問題演習をしたりするとか、定期試験前にはしっかり勉強するとか。
できる限りのサポートをしていきたいです。




ご報告

2018年02月08日 | 中学受験

ご無沙汰しております。
昨年9月にブログをストップしましたが、息子の中学受験が終了しましたので結果報告をさせていただきます。


第1志望校 ×

第2志望校 ○

第3志望校 ○

第4志望校 ○


このような結果となりました。

第1志望校は合不合の判定でも70%までしか出ず、過去問は2勝4敗。
逆に、第2志望校以下は合不合の判定は80%で、過去問は第2志望校のみ1敗したことがありますが他は全勝。
その通りの結果になったと思います。

私自身は第1志望校への思い入れが強く、繰り上げ合格を密かに待ってしまっていましたが…。
実は息子、第2志望校に1番行きたかったのだということが先日判明。
繰り上げ合格の連絡が来ても断ってほしいと言われました

息子が行きたい学校に進学が決まり、結果としてはよかったと思います!
楽しい中学校生活が待っていることを期待しています
せっかくの大学附属校ですので、希望の学部学科に進学できるよう努力していきたいです。


家庭学習中心でのゆるい受験勉強でしたが、親子の絆はとても深まったと思います。
これから受験を迎える皆様、かけがえのない経験ができるはずです。
頑張ってください。
応援しています


夏期合宿、終了!

2017年07月26日 | 中学受験
昨日、夏期合宿から帰ってきました。
塾のものではなく、親子夏期合宿です。(笑)

千葉のホテルに2泊し、2日目に実際の入試(2月1日)と同じスケジュールで過去問を実施するという企画。
でも、さすがに第1志望校はまだ無理なので、午前は変更して第5志望校(4科)、午後は実際に受験する第6志望校(2科)ということに。

先ず、1日目。
本当は「夏の工場夜景クルージング」に行く予定でしたが、強風のため欠航
他には何も考えていなかったので、他のホテルのディナーバイキングに行きました。
席に座ったままオーダーするタイプのバイキングで、とてもラクでした

その後は、ホテルでいつも通りのスケジュールで勉強。
日曜日の内容は、前日やった過去問(算数)の解き直しです。

前日解いた過去問は、先週に引き続き神大附属のB日程。
先週は大問1の計算問題で3問ミスをしてしまったので、今回は絶対に大問1でのミスはしないことを約束。
結果、大問1は大丈夫でしたが他の問題で3問ミス。
そのうち2問は、またしてもケアレスミス…。
どうしようもありませんね

結局、実際に解き直しが必要な問題は1問だったのですぐに終わり、ご機嫌な息子


そして2日目。
午前は第5志望校の過去問(4科)です。
国語はなんと、4割しか取れないという恐ろしい結果に
算数は9割5分、社会は4割5分、理科は6割。
予想より理科が取れず、微妙な点数。
4科トータルとしては、合格者最低点は超えましたが合格者平均点には届きませんでした。
社会は想定内でしたが、ここまで国語が取れないとは思わなかった…。
物語文の読解が酷すぎ

お昼は、隣のホテルのレストランに行きました。
サラダバー・スープバー・ドリンクバーとデザートまでついて、980円!
お腹いっぱい~

3時間ぐらい休み、第6志望校(2科)の過去問スタート。
国語はやっぱり点が取れず、4割5分ぐらい。
でも、算数が満点!
そのおかげで、合格者平均点を大幅に超えることができました。
ケアレスミスがなかったことに大喜びの息子。
この調子で今後も頑張ってほしいです。

1日中テスト形式でやってみた結果、息子は長時間ぶっ続けだとヘロヘロになってしまうけれど、休憩時間があれば回復は早いということがわかりました。
午前の理科と社会は集中力も切れていて厳しい状態でしたが、午後の国語をやる頃には完全復活。
ということは、2月2日の午前(第3志望校 4科)&午後(第2志望校 4科)がきつそうですね…。
体力もあまりないので、そっちも鍛えようと思います。

夜は港の方まで行き、ごはんを食べました。
フレンチトーストが美味しかった~





3日目は「葛西臨海水族園」に行きました。





楽しめました~


今回の旅行で私が一番嬉しかったのは、部屋にマッサージチェアがあったこと



息子も私も、堪能しました
スイートルームだったので、広々としていてよかった~。
冬休みも、スイートルームに宿泊して勉強する予定です





↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へにほんブログ村


ケアレスミスをなくすためには・・・

2017年07月10日 | 中学受験
昨日は「合不合判定テスト」でしたね。
先に言っておきます…。
息子、ボロボロでした(TT)

国語と社会は、いつも通り微妙。
でも、算数と理科がケアレスミスだらけ
ここまで来ると、もう救いようがありません…。

算数は「何があった?」というレベルのミスが1問に、またしてもかけ算ミスが1問。
13×3=36 って…。
大問7の最後と大問9は時間切れ。
結果は8割。

理科も、最後の問題でわり算の筆算ミス。
そのせいで、きれいに割りきれるはずが、割りきれず。
あとは、植物や地層でわからない問題が数問。
結果は7割ちょっと。
得意の理科でこの点数ではねぇ

これでは、4科偏差値55に届かなそうです

ここのところ、酷いケアレスミスが続いているので、思わずネットでいろいろ調べちゃいました。(笑)
うちの子、どこかおかしいんじゃないか・・・と本気で思ったりしてね(;^_^A

そうしたら・・・
原因は私だったようです
知らず知らず、「あなたはケアレスミスをする!」と刷り込んでいたみたい…。
「いつもの変なミスはしないように」
「ケアレスミスさえしなければ大丈夫」
などと言い続けることによって、「いつも自分はケアレスミスをしてしまう」と暗示がかかってしまうそうです。
なんてことをしてしまったんだ~(;>_<;)

対策としては、「自分は注意力があるからケアレスミスをするはずがない」と紙に書いて、目につくところに貼っておくと良いそうです。
早速今日からやってみます!





↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へにほんブログ村

コメント (4)