賢い子に育てたい! ~家庭学習で中学受験2018~(受験終了)

中学受験に向けての学習や日常の些細な出来事など、いろいろ書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「とっとこ役立つ!ハム太郎」・・・算数の勉強に大助かり♪

2011年07月31日 | 家庭学習
土曜日の朝にやってる「とっとこハム太郎でちゅ」というアニメ、見てるお子様いらっしゃいますか?
息子は、このアニメが大好きなんです。
男の子なのに
我が家はウサギとハムスターを飼っているので、それも影響してるのかな~。

「ハム太郎」のストーリーは、とてもピュアでいいです
仲間とか友情とか、いろいろ学べると思います。
ハムスターを通してですけどね。(笑)

1ヶ月ぐらい前、本屋で「ハム太郎」の本が売っているのを息子が発見

 とっとこハム太郎でちゅ ひみつじてん (テレビ超ひゃっか)

我が家では1週間に1冊、本を買ってあげることになっています。
それでその週は、この本に決定。

内容としては、ハムちゃんずのキャラクターなどの詳しい説明がほとんどです。
項目の中に「しんちょう」というのあって、それがすっごく役に立ちました
例えばハム太郎は「8.6センチ」と書いてあるのですが、それを見て息子は「どれぐらい??」と疑問を持ちました。
定規を使って教えてあげると、そこから他のキャラクターとの比較が始まりました。
「リボンちゃんは7.5センチだから、ハム太郎より小さいんだ~。」とか、定規を使って「これぐらいしかないんだよ!」とか、嬉しそうにやってました。
全キャラクターの「しんちょう」を調べ、「タイショーくんが一番大きかった!」「ちびまるちゃんが一番小さかった!」と納得してました。
勝手に、小学校で習う「長さ」の勉強ができちゃいました


あと、最近始まった遊びで「ハムスターの食べ物屋さん」というのがあります。
息子が店員さんになり、ハムスターが買い物に来るという設定です。
ハムスターの食べ物を売っていて、ヒマワリの種でお買い物ができます。
例えば「おかし」は「6ヒマワリの種」で買うことができるという感じです。
売れるとヒマワリの種が増えていくので、それを売上として計算していきます。
でもたまに一緒にお店をやっているリボンちゃんがヒマワリの種を食べてしまうらしく、そうするとその分を引かなくてはならないようです
変な設定ですよね

 ←息子のお気に入り「リボンちゃん」

ヒマワリの種はいつの間にかどんどん増え、2ケタに…。
こんな感じで、息子は勝手にたし算やひき算の勉強をしてるというわけです
お金ではなく「ヒマワリの種」なので計算も難しくなく、少しずつ数が増えていくのが良いです


なんとなく息子が好きになった「とっとこハム太郎でちゅ」ですが、こんな効果があるなんて
やっぱり好きなもので自然に勉強できるというのは、理想的ですね



 最後までお読みいただき、ありがとうございました
↓ 応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村

早寝早起きの習慣をつけましょう!

2011年07月28日 | 日記
夏休みに入って約10日。
生活リズムはどんな感じでしょうか?
幼稚園や小学校に通っているときと同じ時間に起きてますか??


早寝早起きの習慣というのは、とても大事です。
脳科学的にも良いというのは言われていますよね。

実は、我が子は小さい頃からずっと早寝早起きです。
幼稚園に入る前は、「19時前後に寝て6時前に起きる」という生活でした。
19時には寝室に行くので、夕方は大忙し
17時過ぎには夕食を食べて、その後は寝る準備です。

朝は6時前には目が覚めます。
特に夏は早い
5時半ぐらいから起きだすので、親は大変です
でも、私は起きませんけど
我が家は、パパが起きて息子と遊んでくれるので助かってます
パパは仕事が忙しく帰りが遅いので、平日に子供と接する機会があるのは朝だけなんですよね…。
息子は、毎朝パパと遊ぶのを楽しみにしています

その習慣は、幼稚園に通うようになった今でも同じです。
体力がついてきたので寝る時間は20時と遅くなりましたが、起きる時間はやっぱり6時前後です。
たまに疲れが溜まってくると7時近くまで寝てることもありますが…。
今までに息子を起こしたことは、数回しかないんです
8時ぐらいまで起きなかったことが何度かありましたが、そういう時は必ず発熱中でした
そんな感じで、ほぼ毎日息子が一番早起きです


早寝早起きの習慣をつける為には、親の努力も必要です。
幼児のうちは子供の生活にリズムを合わせることが大事です。

まず、寝る時間を決めましょう。
子供によって体力が違うと思うので、朝起きてほしい時間から逆算して寝る時間を決めます。
我が子は約10時間睡眠なので、20時就寝6時起床という感じです。
30分以内のズレはありますけどね

寝る時間が決まったら、それに合わせてお風呂や夕食の時間を考えます。
特に、夕食の時間はいつも一緒にすると良いです。
体のリズムができるので

朝ごはんもしっかり食べましょう
我が家は、ごはんとおかずを毎朝きちんと食べてます。
朝食は、パンよりもごはんの方が脳の働きが良くなるらしいですね


でも、親としては休日ぐらいはゆっくり寝たいですよね~。
そうは言っても、子供は休日だろうとお構いなしに早く起きちゃいます
我が家では、土曜日はパパが早起き、日曜日はママが早起きと決めています。
早起き息子に付き合って一人が早く起き、もう一人は8時ぐらいまでゆっくり寝ます。
そうすれば、週に1日はゆっくり起きられますからね


早寝早起きの習慣をつけるのは、親も結構大変です
でも、子供の為に頑張ってますよ



 最後までお読みいただき、ありがとうございました
↓ 応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村

中学受験を考えているなら・・・これがオススメ!

2011年07月26日 | 家庭学習
夏休みに入って子供がずっと家にいる毎日…。
最近頭があまり働いていないkotetsumamanです
ブログに書きたいことはいろいろあるのに、それをじっくり考える余裕がありません
こんなんじゃ、ダメですね~。(笑)
気合を入れなければ



今日は、中学受験をする予定の年長~小学3年生ぐらいまでのお子様におすすめのドリルを紹介します
私が個人的に「いい」と思ったものなので、ご理解くださいね


最初に、私が実際に塾で使用しているものから。
主に「知能教育」に関するものです。

 英才児をつくる算数頭脳ドリル (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

 英才児をつくる国語頭脳ドリル (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

このテキストは、聖徳学園小学校の「知能教育」の時間で実際に行われている問題が載っています。


 東大脳ドリル 算数 初級 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

 東大脳ドリル 国語 初級 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

私は結構好きです
国語に関しては、言葉をたくさん知っていないと解けない問題が多い気がします。


 5歳~小学3年 考える力がつく 算数脳パズル なぞぺー(1)

 考える力がつく 国語なぞペー 小学1年~3年生

算数に関しては、年長から始めるならこれが一番良いと思います。
国語は、文章を読む力を養う為にはなかなか良いと思います。


次に、我が家の年長息子にそろそろやらせようかと思っているものです。

 きらめき算数脳小学1・2年生 (サピックスブックス)

このシリーズはいいですね~
パズル感覚で楽しく問題が解けます。


 国語脳ドリル 作文王 プライマリー―国語専科教室式 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

これをやれば、文章が好きになれそうな気がします。


もし興味がありましたら、是非試してみてくださいね



 最後までお読みいただき、ありがとうございました
↓ 少しでもお役に立てましたら、応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村

学習プリントを無料でダウンロード♪(第2弾)

2011年07月24日 | 家庭学習
幼稚園児&小学生のお子様がいらっしゃる方は、長~い夏休みが始まりましたねぇ。
毎日何をして過ごそう・・・と悩んでいるママもいるのではないでしょうか
我が家も幼稚園児の息子がいるので、ちょっと面倒です。(笑)


少しでも暇つぶしになればと思い、何か良いプリントはないかな~と探してみました。
こんなものを見つけましたよ

幼児の学習素材館

ひらがな・カタカナ・数字・時計の読み方などの学習ものだけでなく、ぬりえ・間違い探し・迷路などもあります
すごろくやトランプ遊びなどもあるので、楽しく過ごせそうですね


あと、もう一つ。
地理の勉強になりそうなものも見つけました

白地図、世界地図、日本地図が無料

旅行気分でお子様と一緒に地図を見ながら、地理の勉強ができたらいいですね。

余談ですが・・・我が家はこの夏休み、名古屋の「リニア鉄道館」に行く予定です
子鉄息子なので、名古屋のいろんな電車見学にもつき合わされそうです


お互い、有意義な夏休みを過ごせるといいですね


 最後までお読みいただき、ありがとうございました
↓ 少しでもお役に立てましたら、応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村
コメント (2)

物語を作る趣味・・・国語力UPに効果あり??

2011年07月21日 | 日記
今日は、息子のことを書きたいと思います。

最近の息子は、物語を作ることが好きなようです。
いろいろ想像して、冒険の物語を作っています。
そしてたまに、その冒険を絵に描いています。






全然見えないですね

合計15ページの漫画を、ストーリーをブツブツ話しながら一気に書き上げました。
出来上がると、それをママに一生懸命お話してくれます。
どうやらこの物語は、船で旅をするという設定で、途中でいろんな困難があるけれど、最後は宝を見つけるというものらしいです。
内容は単純で、ほぼ「ONE PIECE」の世界
でも、ところどころに「ドラクエ」や「カービー」の内容も盛り込まれている感じ


ずっと前の記事に書きましたが、我が家では夜寝る前に「ONE PIECE」を私が息子に話してあげています。
人間同士の戦いが怖くてアニメは見ることができないけれどキャラクターは好きだし話の内容にも興味があるので、私が毎晩話してあげているというわけです
今、空島の途中です。
息子の物語を作る趣味が始まったのは、この寝る前のお話を始めてからなんです。
この前は、予定を変更して、息子が作った物語を寝る前に私に話してくれました。(笑)

この息子の趣味が始まって以来、音読レベルがかなり上がりました
初めて読む文章でも、スラスラ読めるんです。
びっくりしました

それに、文を理解する力も上がった気がします。
あと、先を予想するということもできるようになってきました。

なんとなく始めた「ONE PIECE」を話す習慣が、こんな結果になるとは・・・ラッキー


物語を自分で作るという趣味のきっかけは「ONE PICEE」ですが、前から好きな「ドラゴンクエスト」も影響しています。
「幼児がゲームをするのってどうなの?」という意見もありそうですが、私はある程度ならいいと思っています。
特にロールプレイングゲームは良い効果も期待できると思うのです。(私の個人的な意見です
先を予測する、じっくり考えて行動する、という力がつくんじゃないかな~と。
最初は、親がやっているのを隣で見ているという感じでしたが。
そのうち、キャラクター(モンスター)に興味を持ち、武器や防具に興味を持ち・・・という風に、どんどんいろんなことを知りたがるようになりました。
そして、攻略本をじっくり見るようになり、だんだん詳しくなってきて…。
でも、自分で操作するのは難しいんですよね
だからずっと、隣で見てるという状態でしたが…。
隣で意見を言ったり、相談しながら進めたり、そんなことが楽しかったんだと思います。


こんな感じで、いろいろなことがきっかけとなり、息子は物語を作るようになりました。
国語力がUPしている気がするので、いい趣味なんじゃないかな~と思っています



 最後までお読みいただき、ありがとうございました
↓ 応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村