賢い子に育てたい! ~家庭学習で中学受験2018~(受験終了)

中学受験に向けての学習や日常の些細な出来事など、いろいろ書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

通塾について

2013年03月28日 | 中学受験
前回の記事にも書きましたが、息子はある塾の春期講習に通っています。
どうやら授業を気に入ったようで、通いたいと言い出しました。

1ヵ月程前から国語の家庭学習について悩んでいて、やっぱり国語は「国語のプロ」に教えてもらった方がいいのではないかと思っていたところなんです。
だから、ちょうど良いかな~と…。
算数は私自身が一応「算数のプロ」なので、本来なら通う必要はないのですが
息子としては算数の方が得意(好き)だから、本当は算数だけ通いたいみたい。
それはダメだと言いました

息子は、国語に苦手意識を持っています。
国語全体と言うか、記述(作文など)がね
面倒なんだそうです。
学校の「せいかつ」の授業も、だから嫌いなんですよね~。
観察日記とか、すっごく嫌がります。
実際は、そんなに不得意なわけではないんですが…。

今回の春期講習では、国語の宿題に毎回「作文」が出ます。
テーマが決まっていて、それについて書きます。
なかなか力がつきそうです

4月中の授業までが無料体験なので、通常授業を受けてみてから続けて通うかどうかを決めたいと思っています。


国語と言えば、「日本語論理トレーニング」の習熟編がやっと発売されたようですね

  出口汪の日本語論理トレーニング 小学二年 習熟編: 全学力を伸ばす基本ソフト 論理エンジンJr.

これの基礎編が2月に終了しているので、早速購入しようと思います。
応用編も早く出てほしいです。



↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します


にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村



春休みの学習計画

2013年03月25日 | 家庭学習
明日から春休みです

息子は、ある塾の春期講習に通います。
算数3日と国語3日の合計6日間。
朝早い時間帯なので、早起きが面倒です
学校に行ってるときと変わらないよぉ…。

春休みは学校の宿題も出ないようなので、日中の家庭学習に30分ぐらいかけられそうです。
夕方はいつも通りのカリキュラムで15~20分間やりますので、それとは別に午前中にもやっていこうと思います。


国語は、夏休みに半分ぐらいやった漢字ワークの続きをやる予定です。

  漢字がたのしくなる本 ワーク (1)


算数は、いくつか考えています。

  考える力を伸ばす パズル道場の秘伝公開! 天才脳ドリル 仮説思考 中級: 賢い子には知識では測れないセンスがある!

↑ このドリルがあと3分の1ぐらい残っているので、それを終わらせます。

あと、苦手意識がある「単位換算」を克服しようと思っています。

  陰山メソッド 徹底反復 たんいプリント: 8割の子がつまずく!ニガテ克服シリーズ(5) (コミュニケーションムック)

↑ 中級レベルまでいきたいです。


春休みは結構短いですよね…。
息子と2人で京都旅行にも行くので、あまり時間がありません
家庭学習をしっかりできる日は、6日間しかないです
せっかくの春休み。
いっぱい遊ばせてあげたいので、無理がないようにやっていきたいです。



↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します


にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村
コメント (6)

東京駅で新幹線見学!

2013年03月22日 | 日記
先日、すっごく久し振りに息子と電車見学に行ってきました。

つい最近、E6系(スーパーこまち)がデビューしましたね。
息子がどうしても見たいというので、東京駅まで行ってきました
小学校の卒業式の日は9時下校なので、帰ってきてから出発しても11時56分発の「スーパーこまち」に間に合います

平日なので、幼児連れの見学者が多かったです。
幼稚園はもう春休みなのかな。
結構いっぱい見学者がいたけど、無事に写真を撮ることができました







そのとき、なんと突然「イーストアイ」が
息子が気付き、急いで写真を撮りました。



写真はいまいち…。
でも、初めて見れました


帰宅後、息子は妄想の世界へ…。
E8系とE9系のデザイン画を描き、何年にデビューするのか、どの区間を走るのか、など考えていました。
新しい新幹線の開発をすることが、3歳の頃から変わらない息子の夢。
叶うといいな



↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します


にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村
コメント (2)

トランポリンで運動神経を良くしよう!

2013年03月14日 | 日記
ついに我が家に、トランポリンがやって来ました
ブロ友さんの記事にトランポリンの効果について書かれていて、すっごく気になって買っちゃいました

  鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) フォールディングトランポリン36 ブラック×シルバー IMC-63


息子はスポーツがあまり好きでなく、運動神経も良くないんです。
今までにやってきた運動系の習い事は、どうしても続かず…。
それで、遊び感覚で楽しく続けられそうなトランポリンに挑戦してみることにしました。

トランポリンって、持久力もアップするし、三半規管が鍛えられるし、肺機能も増すし、リンパの流れも良くなるし、すっごい効果が高いんですね。
短時間で結構な運動量になるらしいです。


運動が苦手なお子様にはもちろん、ママのダイエットにもオススメです



↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します


にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へにほんブログ村
コメント (4)

中学受験による親子関係

2013年03月10日 | 中学受験
1ヶ月ちょっと前の話になりますが、私が個別指導で担当していた生徒が第1志望校に合格しました
とても嬉しかったです

その生徒は、5年生の途中に中学受験をすることになりました。
それまでは集団授業の非受験クラスに通っていたのですが、急遽個別指導で授業を受けることに。
受験対応の勉強を今まで全くしていなかったので、本当に大変な状態でした。
特に算数の成績が酷かった為、6年生の夏期講習から私が担当することになりました。
初めて授業をしたときは驚きました。
それまでの約1年間は受験対応の授業をしてきたはずなのに、線分図も比も何も理解できてない状態だったのです。
「合格自在」の問題は、ほとんど自力では解けません。
このままこのテキストを続けることは、はっきり言って全く意味がありません。
だから私は、「合格自在」を使わずに授業をすることにしました。
先ずは、基本から叩き込まないと無理ですから…。

先ず使用したのは、「小学4年生までに身につけたい和差の思考センス (小学校低学年から使える総ルビ読みがな)」です。
この中から問題をピックアップし、和差算の基本を身に付けさせました。
そして、宿題として「Z会中学受験シリーズ 入試算数の基礎30」を出しました。
ある程度の基礎が身に付いた頃に、「算数の達人」を使用しました。
授業の最初には毎回、ウォーミングアップとして線分図で解く手作り問題をやらせました。
あとは、図形が弱かったので「立方体の切断の攻略 (受験脳を作る)」もやりました。

受験の直前までそんな状態だった為、最後の最後まで不安な状態のままでした。

合格発表は受験当日の夜にネットで。
その日の私は、朝から挙動不審でした。(笑)
そして夜、ネット発表が始まる5分前からパソコンの前にスタンバイ。
ドキドキしながら待ちました。
そして・・・合格
思わず泣いてしまいました…。
本当によかった


実はこの生徒、精神面でも不安だったんです。
普段から、ちょっとした音にでもビクッと反応します。
原因は、親子関係のような気がしていました。
表面上は良さそうに見えるんです。
でも、たまに怪しい部分が見え隠れ…。
保護者面談で母親が言ってることと、普段生徒本人が言ってることがかみ合わないこともありました。
そのようなことがあり、親の圧迫が強いのではないかと感じていました。

講師ともあまり話さない生徒で、いつも緊張しているイメージでした。
そういう面も、ずっと不安に思っていたんです。
長い時間をかけて、やっと笑ってくれるようになりました。
そのうち、気を抜いているような態度をとってくれるようになりました。
難しい問題を解いているときに「はぁっ…」とため息をついたり、疲れているときには眠そうな素振りをしたり。
そういう態度も、今までは絶対にしない生徒だったので。

勉強を教えるのはもちろんですが、その前に少しずつ心を開いていかなければならないと感じる生徒でした。
この生徒を担当して、私自身もすごく成長できたように感じます。


今まで見てきた生徒の中にも、親子関係が微妙なケースは多々ありました。
でも、今回のようなタイプの子は初めてでした。
親に本音が言えない、塾の講師にも心を開けない…。
そのような生徒がつぶれてしまわないように、今後もフォローしていければと強く感じました。

私もこれから、自分の息子の中学受験に関わっていくことになります。
親に本音が言えなくなってしまうようなことにならないよう、気を付けていきたいです。



↓ ランキングに参加しています。応援クリック、よろしくお願い致します


にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ
にほんブログ村
コメント (2)