月刊 きのこ人

【ゲッカン・キノコビト】キノコ栽培しながらキノコ撮影を趣味とする、きのこ人のキノコな日常

きのこ検定2級 予想問題 答え

2005-02-13 20:45:40 | クイズ
予想問題 全20題

問1. 3. 4つ
問2. 1.イボ…外被膜  ツバ…内被膜  ツボ…外被膜
問3. 4.シイ・カシ林……ショウゲンジ、クロカワ、ヌメリイグチ
問4. 2.アマトキシン類
問5. 2.田中長嶺
問6. 3.光を受けても着色しない純白系品種が開発された
問7. 4.マイタケ
問8. 1.詰込→殺菌→接種→培養→発生
問9. 2.シロキクラゲ
問10. 4.ヒラタケ
問11. 3.大きく4系統にわかれるが、そのうちホワイト種は加工向きで、クリーム種は味が濃い
問12. 3.『どんぐりと山猫』……宮沢賢治
問13. 3.アイシメジ
問14. 3.佐賀県唐津市には、ショウロをかたどったお菓子「松露饅頭」がある
問15. 1.ショウゲンジ
問16. 2.フウセンタケ科・・・オオツガタケ、ヌメリササタケ、ショウゲンジ
問17. 1.生食すると中毒を起こす
問18. 4.クロラッパタケ…「死のトランペット」:ラッパ状のキノコで猛毒を持つ
問19. 4.酵母菌と麹菌
問20. 1.呉三公

採点評価
5問以下 スッポンタケのグレバ級
6~7問 ヒトヨタケの溶け残った足級
8~10問 カビにやられたイグチ級
11~13問 ホコリタケ級
14~16問 ナラタケ級
17~19問 ホンシメジ級
20問   マツタケ級

解説
7割(14問)で合格。前回(第一回)2級の難易度は、さほどでもなかった気がするが、今回はハードルを上げてくるんじゃなかろうかという予想。

問1.ちなみに子のう菌は4つまたは8つ。
問2.卵の断面を見るとよくわかる。イボとツボは由来が同じ。
問3.マツ林に生えるキノコだな。ちなみにシイ・カシ林は常緑樹林で南方に多い。
問4.アマニタトキシン類のうちの1グループ。アマトキシンと一口に言っても様々な種類がある。
問5.研究のかたわら、キノコ知識の啓蒙や技術指導に努めた。いわゆる学者ではなく、フリーランスの技術研究・指導員という立場が近いが、その表現にもおさまりきらない。南方熊楠もそうだが、明治という時代は、型にはまらないスケールの大きな人物が多かったようだ。
問6.かつては光を入れると着色してしまうのが悩みの種だった。
問7.マイタケ、僅差でエリンギ、次にナメコと続く。ヒラタケはホクトの参入で急伸しているが、まだ少ない。
問8.成形・殺菌して無菌状態にしてから種菌を植えつける。あとは当分寝かせておく。 
問10.意外だが、なんとなくわかる気もする。日本ではエリンギで代用するようだ。
問11.ホワイトは一般的に流通するやつで、クリーム種は大量生産向け、主に加工用らしい。味が濃いのはブラウン種。そういえば缶詰のヤツは白くないよなー。
問13.シモフリシメジとシモコシの中間的な特徴なので、「アイ(合い)シメジ」と呼ぶらしい。
問14.イグチ目に属する。サイズは大きくても径5センチほど。最初は爽やかな香りだが、だんだんガスくさく感じるようになる。「海苔のつくだ煮」は黒トリュフの香りを形容したもの。
問15.通称「コムソウ」。キノコ採りのあいだでは名の通った食用キノコ。
問16.1番は全部ハズレ。
問18.見てくれが悪いが食用。煮込み料理に向くと言われている。
問19.同じ菌の字がついてても、菌類と細菌類は生き物としてはまったくの別モノ。
問20.范冰冰は現代の女優、魯山人は日本人(笑)

コメント (2)

きのこ検定3級 予想問題 答え

2005-02-10 21:04:39 | クイズ
予想問題 全20題

問1. 1.子実体
問2. 3.偏心生
問3. 2.カラマツ
問4. 2.くさびら
問5. 4.森本彦三郎
問6. 3.45万8000トン
問7. 1. 2月
問8. 4.ベニテングタケ
問9. 4.メロン
問10. 3.シャンピニオン
問11. 1.ビアトリクス・ポター
問12. 1.カンゾウタケ
問13. 2.ブナやミズナラの老木の根元
問14. 3.エミール・ガレ
問15. 4.キララタケ
問16. 1.ツチグリ
問17. 4.表面は微毛におおわれ、ほろ苦さが日本酒に合う
問18. 3.グアニル酸
問19. 2.免疫細胞を活性化させ、病原菌やウイルスの侵入を防ぐ
問20. 4.ニガクリタケ

採点評価
7問以下 フン、わからないキノコには手を出さないこったな。
8~10問 傘洗って出直してこい!
11~13問 そこそこ。いまひとつヌメリが足りねぇな・・・。
14~16問 まあまあやるじゃねぇか。だがもう少し歯ごたえがほしいトコよ。
17~19問 やりやがる!まるでホンシメジだぜ!
20問   参った・・・菌メダルをくれてやる!

解説
7割(14問)で合格。3級でもなかなかキツイものがあるが、テキストさえ読んでいればある程度はこなせるはず。

問1.胞子をつくる器官。これが肉眼で見えるくらい大きいものをキノコと呼んでいる。4番の可能性もあるけどね。
問3.日本の針葉高木で落葉性なのはカラマツのみ。
問4.「和太利」は「今昔物語集」において、僧が毒キノコを食べさせようとして失敗する笑い話。
問5.マッシュルームを手始めにキノコ栽培の研究を進め、菌床栽培の基礎を築いた。
問6.林野庁の統計による。2番の35000トンはウルトラマンの体重(関係ない)
問7.例外はあるが、2~3月に菌打ちをするのが一般的。
問8.儀式において、その幻覚作用を利用した、とされている。
問9.厩肥の発酵熱を利用した温床栽培で、その廃温床から生えてきたのが発端という。
問10.ピルツはドイツ語。
問12.切断すると肉っぽい霜降り模様がある。焼くと赤い汁が出るのもビフテキっぽい。
問15.キララタケだけ褐色系。他は黄色系。
問18.「シイタケはグアーッと」で記憶。
問19.二日酔い予防には、ブナシメジに多いオルニチンという物質が効くらしい。
問20.有名な毒キノコ。
コメント