Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

カンパ ピストハブ NJS と RECORD の違い

2015-09-08 20:59:44 | 自転車整備 ハブ
古い歴史が有る Campagnolo カンパニョーロの RECORD ハブ これは一時日本の
競輪競走に使われた時期が有ります 従来の物と NJS 刻印が有る物との違いを
見てみましょう




Campagnolo RECORD ハブ これの歴史は古くこれのロード用は 1960年に発表されています
トラックハブが何時出来たのかそこまで知りませんが 私は 1970年に新しく買った物で
ホイールを組んでいます それから比べると NJS 認可ハブはかなり後の事になります




これが NJS 認可ハブです NJSとは日本自転車振興会の
略で競輪競走で使う全ての機材はここの認可が必要です






NJS 認可ハブの刻印です Campagnolo とその裏側には
NJS と刻まれていますが RECORD の文字は有りません






今回比較対照の作業は 先日ハブの分解整備をした
この状態の時に行っています 本体の他、シャフトや
玉押し、ロックナットの清掃は済んでいます





NJS認可ハブの分解したパーツは真ん中のパレット その他の物は今回の検証に
使う為に用意した物です 以後、検証する為にハブの呼称をそれぞれ NJSハブと
従来の物を RECORD ハブと記して進めて行く事にしましょう




これは 1971年に購入した RECORDハブです






先程のハブは不覚にも小ギアを付けたままホイールを
分解してしまっています こちらのホイールの RECORD
ハブにも助けてもらいましょう 冒頭に書いた 1970年に
買ったハブです




これの本体には Campagnolo RECORD の刻印が有り
当然 NJS の文字は有りません






RECORDハブに付いているロックリングを外します
※ 逆ネジです






小ギアも外しました DURA-ACE です
※ 正ネジです




それぞれの部品を外したネジ部 黄色い物は腐食や
固着防止に使っている 当時物のカンパグリスです






RECORD ハブから外した子ギアとロックリング
C の刻印はカンパニョーロの証しです



始めます

まずは RECORD ハブです
NJSハブと RECORDハブの違いの多くは それぞれの
ネジに有ります その辺を確かめていきましょう








シマノの DURA-ACE の小ギアです これは
RECOD ハブにねじ込む事が出来ます






Campagnolo の小ギアです これも RECORD ハブに
奥までねじ込めます

※ 国産とカンパの小ギアをこの様にネジ込む事が出来ましたが
  実際のネジの規格は ハブのオスネジ、小ギアのメスネジ共
  Campagnolo 1.370×24T DURA-ACE 1.375×24T と言う違いが
  有ります このネジ径の差は約 0.127mm これ位の違いは
  ねじ込んでしまうと言う事なんでしょう ただ NJS ハブは
  DURA-ACE と同じだと言う資料は持ち合わせていません






すみません話の腰を折ってしまいました 次はカンパの
ロックリングです




カンパのロックリングは RECORD ハブに正常に使えます




次は DURA-ACE のロックリングです






国産のロックリングは RECORD ハブには使えません
リングの内径が少し小さい様で ネジが掛かりません






それぞれのロックリングの内径をノギスで測ってみます
カンパニョーロは 32.4mm 程度






URA-ACE 国産のロックリングは 32.0mm 程度 これは
明らかに違う規格のネジですね




次は NJS ハブのネジに同じ事をしてみます 結果は
解っていると思いますが確認の為に行いましょう 

※ ITALY のメスネジに JISのオスネジは抵抗無しに入るが 
  JIS のメスネジに ITALY のオスネジは抵抗を感じながら
  入って行くと言う事も有ります




ネジがスムーズに使える様にやや粘度の高いオイルを
塗布します これで先程の RECORD ハブと条件が揃う
でしょう






DURA-ACE の小ギアを NJS ハブにねじ込みます
問題は有りません






カンパニョーロの小ギアも問題無く使えます ここの
ネジは RECORD ハブ NJS ハブ 双方同じ結果です






次はロックリングを試しましょう カンパニョーロの
ロックリングを NJS ハブに入れてみましたが ネジに
嫌な手応えを感じながら入って行きます ガサガサで
ネジを切りそうです 大きさが合っていません








DURA-ACE のロックリングです これは問題無くネジの
奥まで締め込む事が出来ます

ここのロックリングのネジは RECORD と NJS ハブでは
又く別物の造りになっています

※ ここで Campagnlo と DURA-ACE のロックリングの規格を
  書いておきます Campagnolo 1.32×24T DURA-AC 1.29×24T
  と言う規格になっています




余談



SUGINO 75 の B.B小物です 規格は JIS 1.37 × 24T
と言うネジが使われています






固定ギアのネジはこれの左わんへ綺麗にねじ込む
事が出来ます




そして

余談ついでにもう一つ行きます ボスフリーです
最近の競技用自転車では使わなくなりましたが
現行の規格としてまだ残っています






ボス構造が組み込まれた後ろギア このボス本体を
ハブにねじ込む様になっています




先程の SUGINO 75 JIS 規格の B.B 小物 左わんです






ボスフリーにも綺麗にネジ込む事が出来ます
1.37 × 24T と言うのは JIS の BC ネジと言う自転車用の
専用規格ですね 1インチ当りのネジ山が 24山 オスネジの
外径 34.8mm その他細部まで決められています





鮮やかな花ですね ブルーがとても綺麗です

今回はハブ本体のネジを確かめて見ました 小ギア部分は同じ様に使え、ロックリングのネジに
違いが有りましたね RECORD の方がやや大きく  NJS の方がやや小さいネジが使われています
歴史が有り世界中に使用者が居るカンパニョーロが自社の規格まで変更し 3500名程の競輪選手の
人達が対象の NJS 規格に合せる魅力は何処に有ったのでしょうね  次はシャフトなどの規格を
見て行きましょう まだ続きます・・

前回の作業 【 Campagnolo NJS ハブ フロントのグリスアップと美装 】

次の記事 【 カンパ ピストハブ NJS と RECORD の違い Part2 】


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今年は行けなかった 2015年 ... | トップ | カンパ ピストハブ NJS と R... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (チュミチュミ)
2015-09-09 20:38:26
初めましてチュミチュミと申します。
40歳過ぎてから自転車にハマった初心者ですが。。。縁あってkinoさんのブログにたどり着き、秘かにメンテナンスのバイブルのように拝見させてもらっています<m(__)m>
71年購入のRECORDハブ!!!スゴイ!!!
ほぼ僕と同じ年数を生きてきた名品を、今も大切に持っていてメンテナンスしているその姿勢、おみそれいたします。
僕自身もkinoさんとおそらく同業者で、17歳から職人一筋にやってきました。道具や物は他の一般の方より大事にするタイプの人間だと思います。
でも僕はまだ自転車初心者ですが・・・他の自転車乗りの方のを見てると・・・高価な最新式のカーボンパーツやら機材をバンバン購入しては、いらなくなったらすぐオークションに出したり売ったりして、また新製品が出たら飛びつく方が多いように思います。。。><;
なんか・・・軽くて速い最新式の物だけが自転車じゃないように僕は感じてます。
kinoさんのように古くても良いものを長く大事に使うことが大切なような気がします。。。^^

これからも色々勉強さしてもらいます<(_ _)>


チュミチュミさん (Kino)
2015-09-10 08:31:04
初めまして コメントを有難うございます

物を手入れをしながら大切にして使い続けると言うのは 最近の製品は自転車に限らず難しい処も有るのかも分らないですね

仰っている最近の高機能、高性能、高価格の自転車部品
競技の世界では それらを使わないと戦えないと言う側面が有るので全てを否定出来ないですね

競技者で無くてもその様な物を自分の物にする物欲と言うのは有るでしょう むしろこちらの方が多いのかも分りません

チュミチュミさんが仰る様に 一つの部品を何時までも大切に使うと言うのも当然良い事だし してやりたいですね
私の場合は子供の頃からの趣味ですから やっと買った部品は大切にする そう言う子供の様な事が今も続いているのでしょう(笑)

45年前の Campagnolo の部品 手入れをしてやればまだ使える この様な物をそんな時代に作っていたと言うのが カンパの凄い処ですね

物を大切にすると言う考え方は大賛成です 少しずつ整備が出来る様になれば良いですね

ご丁寧なコメントを有難うございました

コメントを投稿

自転車整備 ハブ」カテゴリの最新記事