Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

JBCF 第31回 舞洲クリテリウム 参戦記

2019-09-12 20:08:28 | 自転車競技
毎年大阪で開催される JBCF 舞洲クリテリウムにチームメカニックとして参戦しました
大会会場の様子をご覧頂きます





昨シーズンより Team ZERO UNO FRONTIER チーム ゼロウノ フロンティアの一員としてサポートをさせて頂いています
大会会場の開門時間直ぐに会場内に入り 選手達が到着するまでにタープを張り準備をして待ちます






選手たちが到着し始めました 今日も暑い日になりそうです






私はメカニックと言う事で来ていますが 自転車だけ触っていれば良い訳ではなく
選手が試合に集中出来る環境作りも大切です 会場は何時も綺麗に、そして
簡単な飲み物や捕食を用意しました この辺りはチーム員皆に利用してもらいます






JBCF のレースの前に大阪車連主催のレースが有ります
フロンティアからも 1名参加しています 彼はまだ中学生ですが
今回は積極的なレースをしていました 彼を応援する濱中監督と
選手のお父さんです




レースまでに選手達はそれぞれローラーに乗りアップします
この時間は何か問題が起こらなければ私も会場を歩く事ができます
舞洲クリテに来る度にここのコーヒーを飲ませてもらっています
実に美味しくコーヒーを入れてくれます






Roadie's Cafe と言うお店で 車で移動され 色々な自転車の
催し物会場で出店されているそうです





チームテントに戻る時に Kino君 と声を掛けて下さったのは 前 JBCF 理事長 斧 隆夫氏と
JBCF の理事をされている 奥田悦司先輩です
斧さんに憧れて当時勤務されていたナショナル自転車に応募をし会社から内定を頂いた事も有りました
奥田さんは中京大学自転車競技部の先輩です 古くからのお知り合いだとは言え嬉しい写真です




いよいよレースを走る為の準備を行っています
選手達はこの様にゼッケンを着け合います






私は選手たちの自転車の整備が出来る工具やケミカル品を揃えて来ていますが
選手達自身で良く整備がされているので 一通りの掃除をして、試合用の決戦
ホイールに入れ替え、空気圧のチェックをする位で選手を送り出します




試合会場は天候に恵まれとても綺麗に映ります
この後試走が始まり JBCF の女子が始まります






前を走るのは フロンティアの奥平厚子選手 積極的に前に出ています
2番手を走る島袋陽子選手は最近成績が安定しており 今日も 3位で表彰台に
上がりました




JBCF の E1 カテゴリーが終わり食料を確保して来たのは
小原洋未選手 今回は目立った走りをしていました






E3 カテゴリーに出場する辻選手がアップを始めました
アップ用の自転車は EXTAR PROTON






辻 康成選手が走っています 中断確保で脚を温存 ゴール勝負で
9位でした 熱心に取り組んでいますから一つ殻が剥けたら良いですね




辻選手 お疲れ様でした 夕方遅くのスタートは自分自身の
管理が難しいですね






彼がレースで使っていたのも EXTAR PROTON のクロモリです
クロモリでも充分使える自転車も有りますから 自分の身体や
走り方に合わせてオーダーするのも有りかと思います





大会も無事に終了しました 私は明日も練習で自転車が気持ち良く使える様に試合の汚れを落とします
今日お世話になった皆さん有難うございました また機会が有ればお手伝いをさせて下さい

自転車の試合会場に出向くと誰かと会う事が出来ます 多くが選手時代の懐かしい方々です
 
コメント

第8回 JBCF 堺クリテリウム 参戦記

2019-05-21 21:04:20 | 自転車競技
大阪府堺市で TOJ と同時開催される JBCF 全日本実業団堺クリテリウムに
Team ZERO UNO FRONTIER の一員として参戦しました





堺市の仁徳天皇陵古墳の隣接地の一般道路を利用した 1周2.7Kmの特設コースを
利用したクリテリウムレースです 道路が交通規制される前に指定された関係者用
駐車場へチームブースを設営しました






今回の参加選手はフェミニンの女子選手が2名です
自転車の整備を終えそれぞれがアップを始めます
島袋陽子選手と 伊藤優以選手




伊藤選手は開幕戦から勝利を重ねポイント総合首位の選手が
着用を許されるピンクのフェミニンジャージを着る事が出来る
選手です




今回は発電機も持参して電動工具が使える環境を作りました




その発電機を使い私がしている事は 気持ち良く使える様に
選手が使ったシューズをブロワーで乾燥させています
大体している事はこんな事です(笑)




選手達は時間までそれぞれの時間を過ごします




スタート時間が近付いて来ました
濱中監督が島袋選手にアップオイルを塗っています






このチームのメカニックとして参戦していますが
選手達が気持ち良く時間を過ごせる環境作りが仕事です
会場用に自作したゴミ捨て場です




スタート時間に間に合う様にスタート待機場所に移動しました




スタート前は選手それぞれがレースに集中します
伊藤選手は寡黙になり自分の世界に入ります
この時 話し掛けるなどぜずにそっとしておく必要が有ります
周りにいる人間にはその位の気遣いが欲しいと思います






いよいよスタートです 今期の伊藤選手の活躍を
レースアナウンサーが紹介してくれています




レースが始まり 1周回目です






2周回目 伊藤選手が逃げを試みています 見ていても
まだまだ余裕を感じます






残り 4周回 選手達は一団となって周回を重ねます
伊藤選手 島袋選手も良い位置で走っています





チームメイトの鹿毛さんもサポートの為に同行してレースを応援しています




ゴール周回 先導車のオートバイが通過します
この後ろに選手達がいます




最終コーナー 伊藤選手が単独で飛び出して来ました




後続を 2秒離してのゴールです




優勝伊藤優以選手 後続のゴールスプリントで島袋陽子選手も3位で入線です




レースが終わると直ぐに表彰式の控え場所で時間を過ごします








優勝した伊藤選手の自転車です








3位入賞 島袋選手の自転車です
レース前に両方の自転車のチェックと清掃をしましたが
どちらも良く整備された自転車でした 特にチェーンの
状態が素晴らしかったです






表彰式です 人気者の島袋選手に声が掛かります
それに笑顔で返す島袋選手 伊藤選手もステージに
上がります






3位迄の選手の表彰とポイント総合首位の伊藤選手には
ピンクのフェミニンジャージが与えられます

表彰者は奥田悦司 JBCF 理事 中京大自転車競技部
私の先輩です

自転車競技の表彰 これは競技規則で縛りを受ける行事です
競技で使ったジャージを着用し無帽でサングラスの着用はいけません
控え場所から解散するまでの間はそれを守る必要が有ります






コース付近の道路規制が解除され試合会場を後にします
近くのとんかつ屋さんに寄り 遅い昼食にします




濱中監督が利用した時に良かったとの事で皆で来ましたが
とても美味しく価格も安くて 皆が満足しました






3位入賞で喜びを表す島袋選手 仕事が忙しい中での
練習は大変だったと思います

各選手の練習メニューを作り指導もする濱中監督
一日が終りほっとし笑顔がこぼれます





今回の大会は選手達が頑張り好成績を残す事が出来てとても良かったと思います

次の大会は富士スピードウェイ特設周回コース で行われる全日本自転車競技選手権
これにはTeam ZERO UNO FRONTIERからも女子選手が 3~4名エントリーします
主要選手の参加もあり一層の努力が必要です
最近お手伝いする事が無かった私を 皆が受け入れてくれて大変嬉しく思いました

コメント

チームジャージ Team Zero Uno FRONTIER

2019-04-01 20:00:51 | 自転車競技
JBCF 全日本実業団自転車競技連盟に登録している Team Zero Uno FRONTIER
チーム ゼロ ウノ フロンティア のジャージが届きました 兵庫県西宮市に所在し
最近成長著しい実業団チームです





春の暖かい日 Kinoさん今から自転車小屋へ寄っても良いですか と言うラインが入りました
約束の時間に待っているとチームの代表者でもある監督がジャージを届けてくれました

実業団自転車競技連盟には JBCF2019 加盟登録規程の一部に(ジャージ登録)と言うのが
有り結構細かな約束事が有ります






正確に言えば今回の物はチームの登録ジャージでは無く
試合会場や練習で使うノースリーブジャージです






Team Zero Uno FRONTIER チームゼロ ウノ フロンティア
私も年間を通してのお手伝いは出来ませんが タイミングが合えば
試合会場でメカニックをさせて貰っています ひょっとしたら
もっと手伝いにいらっしゃい!と言う事なのかな?(笑)
 
前部には協力をして頂いている企業のスポンサー名が入っています
末尾の 望 商会は私の仕事で使っている屋号です





春らしい明るい色のつぼみです チューリップでしょうか、綺麗ですね

このチームには有望な選手も在籍し今年すでに優勝しその他の大会でも入賞して
日本選手権の出場資格を得た女子選手が複数います 試合会場でこのデザインの
ジャージを見掛けたら是非お声掛け下さい

コメント

今年も届いた 2019年度 公認審判登録証

2018-12-21 20:04:52 | 自転車競技
自転車競技の審判や運営に必要な JCF公認審判員登録証が届きました
最近は Net で申請が可能になりとても簡単に済ませる事が出来ます





JCF 日本自転車競技連盟に継続申請を 12月1日に済ませていましたが
その後メールで何度か連絡が有り現在の状況が解かる様になっています
全てが郵送だった頃に比べ本当に簡単に済ませる事が出来ます






このクレジットカードの様なライセンスになって 3年目ですが
昨年はどうしたん? って言う様な黄色い奴が届いて驚きました
今回は白地に登録年度が薄く標記されています




裏面は有する資格とその履歴です 最初の登録は 1978年です
随分長く係って来たと思いますが まだ必要としてくれるなら
お手伝いはさせて頂きます





自転車とは全く関係が無い写真ですが 浴室用の混合水栓の一部です
少し組み替える事で汎用性が高い商品で、この様な構造を考える人が居て
それを高い精度で造作する人がいらっしゃる、凄い事だと思います とても美しいパーツでした

コメント

2019年 JCF 公認審判員登録 継続申請

2018-12-01 20:01:40 | 自転車競技
自転車競技に関わる選手や審判・アテンダントは JCF 日本自転車競技連盟に登録する必要が有ります
2019年度分の申請は11月1日より始まっています





各登録有効期限は該当年度の1月1日~12月31日の 1年間です
継続登録を年内に完了する場合は 2018年11月1日12:00 ~ 2018年12月21日18:00
上記の期間内に申請する必要が有るので 継続申請をされる方は留意した方が良いですね

申請は JCF webサイトの JCF登録のバナーから行えますので詳しくはご覧になれば
宜しいかと思います






私が始めて審判員登録をしたのは 1978年 丁度40年前で
学連から登録しています その後、兵庫県自転車競技連盟の
理事になったのを切っ掛けに所属を兵庫県に変更しています

当時は JACF 日本アマチュア自転車競技連盟でした




昔は色々な大会で審判もしました 私の場合競技経験が有るので
それほど苦労はしませんでしたが 競技の経験が無いと覚える事が
沢山有り それなりに難しいと思います






Sunny Side 自宅近くに有るパン屋さんですが 美味しくて
とても人気の有るお店です




流石にこの時期は店外のテラス席は寒くて座れませんが
気候の良い時期は沢山の人で賑わっています





店内でコーヒーを飲む事が出来 ここのコーヒーは美味しくて今回は豆を買って帰ります
隣にスターバックスのお店も有りますが 私は Sunny Side の方が好みです

公認審判員登録 最近は競技役員で出向く事も少なくなりましたが もうしばらくは
登録をし、声が掛かればお手伝いが出来る様にしておきます

コメント