Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

第18回 おのみどり てづくり絵本展

2019-08-31 20:00:08 | よもやま話
毎年夏に開催される おのみどりさんの手作り絵本展が兵庫県の芦屋市で行われ
今年も会場にお邪魔致しました





愛知県の瀬戸市にお住まいの おのみどりさんですが、生まれ育った兵庫県芦屋市で
毎年絵本展を開催されます 今年も丁寧に案内状を頂きました







早速ギャラリーにお邪魔しました 今迄に製作された作品に加え毎年何点か新作を見る事が出来ます
誰かがお化粧をしています ネズミでしょうか





今年の新作です 
大きい 大きい 大きい かいじゅうに おそわれた!





そんなに  大きいのかあ?





う~ん・・・・  大きくはないけど  かいじゅうだな・・





動物達の向こうには 元気でわんぱくな子供たちが居ました







これ面白いですね 正面からだと THANKYOU と読めます 一枚の紙を折っているのですね





Midoさんのお母さんと愛犬ラッシーですね どちらももうご存命ではありません





今年も最終日の前日にお邪魔しました 会場は芦屋市の喜楽苑と言うお年寄りの施設です
ゆっくりした時間が流れています

コメント

内径ネジクリーナー NOGA NG1600

2019-08-29 20:06:48 | メンテ 用品
金属の内ネジの溝を綺麗にする為の工具が有ります 私達、給排水設備工事をする者には
使い途が有りそうなので購入してみました どの様な物か見てみましょう





今回は実物を見る事なく使用時の画像を見て使えそうな気がしたので netショップで注文しました
同様の工具にはパイプの内面のバリ取りや金属に開けた穴の座グリを行うもの等が有ります






箱には deburring system と書かれていますが 正にその様な
バリ取り用工具を販売しているメーカーの商品です
NOGA の日本国内の取り扱いは ノガ・ウォーターズと言う会社が
行っている様です




今回ご紹介するのは NG1600 メーカーの webサイトでは
内径ネジクリーナー 定価は 1950円と案内されています




ではどの様な工具で どの様に使う物が見て行きましょう
ハンドルは樹脂製で程良い太さです






この工具の先端ブレードです この他に様々な回転ブレードが
用意されており、それを交換する事で目的に応じた使い方が出来るようです




私が今回使いたかったのはここなんですが
これは水道のパイプと蛇口を取り付ける部分で
通常は建物の壁の中に配管し固定されています




水道の蛇口を取り替える時に古い蛇口を外すと
このネジ部にシールテープやシール剤が残ります

新しい蛇口を取り付ける時にはこの残った物を
時間を掛けて掃除していました






その残ったシールを今回購入した工具で取り省いてみます

凄い・・・






一瞬で綺麗になりました 今までは細いマイナスドライバーや
カッターの刃を使い掃除をしていましたが余り綺麗にならずに
妥協をする事も良くありました
それがここまで手早く綺麗になるなら良い工具に出会ったと言えます

※ ネジに残った古いシールは残しておいた方が良いと言う職人も居ます
シールの状態に依ってそれが絶対に悪い事だとは言えませんが、私は今迄
出来るだけ古いシール剤は取り省く様にしています




今回は水道用の樹脂パイプを紹介しましたが
同じ目的に使う鋼管用のこの様な継ぎ手も有り
このネジにも使えますね






最近、私達設備屋は余り使う事は有りませんが SGP と標記する
配管用炭素鋼鋼管と呼ばれるパイプと継ぎ手です これのネジは
錆びる事も多いのでこの掃除にも使えそうです




自転車なら



自転車で内ネジを使っている所は案外少なく このハンガーシェルの
ネジでしょうかここのオーバーホールをすると錆が廻っている事も多いので
使う事が有るかも分りません このフレームは COLNAGO コルナゴです






こちらはハンガータップを建てフェイスカットもして貰っているので
綺麗ですね 凄腕のメカニック石川県カツリーズサイクル&デザインの
成田さんの仕事です






今回ご紹介した回転式のリムーバーにはこの様な内面用の
バリ取りが有ります






これは金属パイプを切断すると内外部にはバリが残ります
それを綺麗にする為の工具です






これも自転車ならハンドルの先端やシートポスト、ヘッドコラムを
カットした時の内面処理に良く使っています





今回新たに購入した工具はここで試した限りでは使い物になりそうで、実際に使ってみるのが楽しみです

最近自転車とは関係の無い仕事関係の記事が多いですが、自転車を忘れている訳ではありません
自転車ネタが出て来るまでどうぞ我慢してお付き合い下さい

コメント (2)

自分で作る 道具箱

2019-08-27 20:00:08 | 製作・加工
先日購入した電動工具に合わせ道具箱を作ります あり合わせの材料で作る素人工作です
どの様な物が出来るのかご覧下さい





先日この様なレシプロソーと呼ばれる電動工具を購入しました これを保管や持ち運びをする為の
道具箱を作ります、上手く出来るのでしょうか




道具自体の重量がそれ程無いので道具箱もそれ程
頑丈な物を作らず、ある程度の強度があれば良いでしょう
持ち合わせが有った厚さ 6mm のベニヤ板で作ります







頭の中で考えた箱の寸法に合わせ 木材を切りました




切り口や表面をペーパーで綺麗にしておきます






流石に 6mm のベニヤ板だけでは強度が保てないので
12mm のコンパネで紐を作り底板にボンドとビスで補強をします






底板に側板を取り付けます 今回は木工ボンドで強度を保ち
ビスは仮止め程度の小さな物を使っています






四方を囲い箱の形を作りました そこへ蓋になる天板を
蝶番を使い取り付けます






事前に寸法は測っていますが 目的の道具が箱に収まるか
確認します






上手く入りました ここまでは予定通りです




少し他の事もしたいので整備テーブルに来ました






ケースの中に小物入れに使う中蓋を入れてみました
このままでは高さが落ち着きません




箱の中に高さを決めて紐を打ちました






これで中蓋が落ち着きました






道具を入れて中蓋を入れます 道具がやや入れ難くなりました
紐の分、もう少し巾を広くすれば良かったです でも出し入れは
問題なく出来るのでこれで良いでしょう






先程の状態では中蓋を取り出し難いので 底板に穴を開けました




箱本体の両サイドにも穴を開けましたが これは箱を持ったり
動かす時に指が掛かる様にしています 少しの事で使い易くなります






穴を開けた中蓋を入れます






大丈夫、使えます






この中蓋の使い途なんですが・・






このレシプロソーと言う道具は本体だけでは無く 先端にブレードを
取り付けて使います 用途に依って使い分ける刃を入れておく為に
中蓋を作りました




これで箱一つを持ち歩けば道具が使えます






道具箱は出来ましたが蓋を止める細工が未だです 今回は金物を使わず
ベルトで止める様にします 長さを決めて接着剤で固定します






ベルトに黒い輪が取り付けて有りましたがそれを利用しています
ボンドで接着し木片で挟み強度が出るまで一日放置します




今回使った接着剤は、コニシ(株) ウルトラ多用途 SU プレミアムソフト
これは良いですね 
今まで接着が出来なかったポリプロピレンやポリエチレンにも使えます



次の日です

ベルトが使える様になるまでに箱に塗装をします
使った木材が化粧ベニヤであまりにも表面が白いので
今回は色を塗った方が良さそうです






箱に付いた埃などはエアブロワで吹き飛ばします
使う塗料はニスで色はメープル このニスはダイソーの
100円の商品ですが、今回の様な用途なら充分使えます






箱の内外部全体に塗りました 30分程度の仕事です




乾燥したので整備テーブルに来ました






道具箱に一周ベルトを巻きマジックテープで固定します






今迄にもこのタイプのベルトは使っていますが ベルトを外した時に
その扱いが結構面倒です、今回はタッカーでベルトを箱に止めてしまい
ました




これで道具箱を開閉してもベルトを外す必要が有りません






ダンボール箱に入って届けられた道具ですが専用ケースは買わずに
自作しました 色々と無骨な所も有りますがこれはこれで良いでしょう





日曜大工以上の出来栄えは私には無理です 上手に作ろうとしてもこの辺が限界です

道具は物にも依りますが殆どの物は持ち歩くより倉庫で保管している時間の方が長いものです
ですから保管や積み重ねがし易い様になるべく突起は無い方が使い易いですね また道具箱が
増えました・・・

コメント (2)

セーバーソーのブレード 替刃

2019-08-24 20:03:05 | 設備 水道工事
電動の切断工具 セーバーソーのブレード(刃)には用途に依り色々な種類が有ります
そんな替刃を何種類かご覧頂きます





セーバーソーとは日立工機がその様な名称で呼んでいますが マキタやリョービはレシプロソーと呼んでいます
どのメーカーもブレード=刃を作っていますが各メーカー互換性が有ります






この道具は HITACHI 日立の古い物ですが ブレードの形状は
今も変わっていません 目的に依って刃を使い分けます




日立以外の物も用意していますが まず日立の奴を見てみましょう
私が用意しているのは殆どが金属用で木工用は持っていません








これはステンレスや金属用で長さが 228mm 歯の山数が 24/inch
パイプなら外径 130mm まで切断出来ます
材質はバイメタルと書かれています これは粘りが有り折れ難い
材質です




随分以前に道具屋さんで買いましたが 3230円/5枚の値札が貼ってあります
消耗品ですが結構良いお値段がします






これも日立ですがブレードが湾曲したタイプでパイプを切るのに
適している様です 長さは 200mm 歯数は 14山です






先程のケースですが最近の物はハードケースになっています
やはりステンレスや鋼管用ですが 山数の少ない物は厚物に
適しています






こちらもステンレスや鋼管用で 長さは 160mm 歯数は 18山です
随分前に買った物とそれ以降に買った物ですが ブレードは同じです






内容は同じブレードですが 袋の品番が変更になっています
これについては何時変わったのか全く無頓着でした






これはマキタの物ですがレシプロソー刃と書かれています
長さは 160mm 歯数は 18山で 金属用です








これはハウスBM と言うメーカーの替刃ですが 色々な刃物を
製造しているメーカーです 鉄鋼、ステンレス用で 長さは 200mm
歯数は 18山です これは使い易い刃だと思います






これもハウス BM の物ですが 長さが 160mm 歯数は14山
やや厚物の金属に使っています





ブレードの種類はこれ以外にも無数に有ります 消耗品なので購入する機会も多いのですが
どうしても今迄と同じ物を買ってしまいます 結構保守的な性格なんだと思います(笑)





近くの道路脇に暑さに負けず蕾を付けている花が有りました
しかし夏の猛暑も後わずかでしょうか 


 
コメント

レシプロソー リョービ RYOBI RJK-120

2019-08-21 20:06:00 | 設備 水道工事
電動工具のブランド RYOBI リョービの切断用工具 小型レシプロソー RJK-120 を購入しました
小型で扱いがし易いこの工具がどの様な物かご紹介致します





私達が仕事で使う電動工具を作っている会社は日本に何社も有りますが そんな中でも RYOBIは実勢価格が
安いイメージが有るブランドです 昔の事は良く覚えていませんが現在は 京セラ インダストリアルツールズ株式会社
と言い京セラ株式会社の持ち株が多く リョービ株式会社の持ち株は 20%程度ですね






商品はこの様にダンボール箱に入っています 小型レシプロソーと呼びますが
電動のこぎりと言えば解り易いですね






箱の横にこの工具の仕様が書かれています
切断能力:塩ビパイプ(直径) 120mm 木材 55mm 軟鋼材 3.5mm

電源:単相100V 電流:3A 消費電力:280W 質量:1.2kg






では開封してみます 本体の他に取り扱い説明書と
付属の木材用のブレードが入っています




工具本体はとてもコンパクトで軽量です 私は今まで HITACHI 日立の
商品を使っていたのですが 現場で同業者がこの小型の物を使っており
狭い場所でとても重宝したので、私も買う事にしました






本体の寸法は概ね 310~20mm 程度です




実際この工具を持ってみると、とてもバランスが良いと感じます






ここがブレード レシプロソーの刃を取り付ける部分です






付属のアーレンキーでブレード取り付け用のアダプターを
外してみます 3mm です 






ブレードの刃の形状に合わせた形で ブレードが奥に入り過ぎない様に
奥の一部分が閉塞されています




本体のシャフトで此れが出入りして前後にストロークします
上部の丸く凹んだ所は、先ほどのアダプターを取り付けるネジが
当たる部分です




一度ブレードを取り付けてみましょう これは日立の物ですが
それ以外のメーカーの物も形状は同じで互換性があります






先ほどのアダプターのスリット部にブレードの取り付け部を
差し込みます




ブレード取り付け用のネジを確実に締め込みます これで完了です





ブレードを取り付けたレシプロソー この状態でこの道具は使います






ブレード 刃が凹んだ状態と出た状態で 10mm 前後に動きます






手元のスイッチを握ると道具が作動します スイッチの握り加減で
ストローク数は 0~5000/min で使う事が出来ます




これが今まで使っていた HITACHI 日立のセーバーソーです
用途は一緒ですがメーカーに依り道具の呼称が違います






こちらは 430mm 程度有ります RYOBI との差が約110mm 有ります
使う場所に依っては凄く大きな差になります・・






日立にもブレードを取り付けて双方を見比べています
ブレードの種類に依って木材や金属を切る事が出来ますが
私は今までこれで木を切った事が有りません
金属の切断 塩ビで出来たパイプを切るのを主に使っています






電動工具を使う時にとても大切な要件に この電気コードが有ります
此れが硬くて短い物は本体がどれだけ優れていても良い評価が出来ません

この日立のものは適度に柔らかくて長さは 2.5m 有ります
この長さは最低欲しいですね






今回の RYOBI リョービの物は凄く柔らかくて長さが 5.0m 有りました
これは便利だと思います





特に今迄の道具に不満が有った訳では有りません 使う状況に依りとても使い易い道具の
追加購入です 道具を工夫しながら使うのも大切な事ですが 状況に応じた道具は仕事の
正確さや時間の短縮に効果をもたらします 本職であれば惜しくない経費投下です。

コメント