Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ブレーキ調整に シンベントノーズ プライヤー

2019-02-01 20:07:57 | 自転車 工具
自転車愛好家には絶対に欠かせないブレーキ調整 特にブレーキゴムの位置調整をする時に
有れば便利な シンベントノーズプライヤーをご紹介します





TOP 工業と言うメーカーの商品で シンベントノーズプライヤーと言う工具です
ただこの銜え口部分に特徴の有るプライヤーは他のメーカーもこの呼称を使っています




台紙から工具を外してみました






このプライヤーは先端が 30度に曲げて有ります
この形状の物をシンベントノーズプライヤーと呼ぶのかと思います






台紙の裏に説明がされています 先端に付けられた角度で
近所に邪魔な物が有ってもそれを避けて使う事が出来ると
書かれています 今まで私の仕事ではこの工具が欲しいと
思った事は有りませんが 職種に依っては大変便利な様です





これは通常のプライヤーで私達、設備屋は多用します 実際
仕事用の車には複数の物を積んでいます






これにも工夫された物が有り やはりこの先端部分です






こちらは従来から有る物ですが、口先の開閉部分に通常の
ボルトナットが使われています








こちらは少し改良された物でボルトナットの突起が無くなり
依り狭い所で使えると言う考え方ですね しかしこの恩恵は
あまり感じません しいて言えば腰の工具差しからの出し入れが
し易いでしょうか




自転車では

自転車整備では何処で使うのでしょう 競技に使う
ロードレーサー等は不向きなので一般車で見て頂きます






実際はクロスバイク等の V ブレーキなどで活躍するそうですが
この様なブレーキゴムをリムに対して適切な位置、角度に調整する
時に使います








シンベントノーズプライヤーの出番です この先端の角度が
良い仕事をしてくれます






このブレーキゴムの位置調整では最終的にナットを締め付け
位置の決定をしますが、その時にゴムが良く動き位置が中々
決まらない事が有ります そんな時にプライヤーでゴムを
掴んでやります

私はこの部分に薄いモンキーレンチを良く使っていました
ただゴムや舟の形状に依ってはモンキーも上手く使えません






これはロードレーサーに良く使われるブレーキシューセットです








我々自転車競技愛好家はこの様なブレーキシューを使いますが
化粧仕上げがしてあります






さすがにこのブレーキ調整には先程のプライヤーは
ブレーキシューホルダー(舟)に傷が付くので使えないですね




でもこの様なカンチブレーキや V ブレーキに使われている
舟とゴムの区別が無く ゴム系一体型のブレーキゴムには
とても便利な工具だと思います





今回のシンベントノーズ プライヤーは懇意にして頂いている自転車屋さんの工具箱に
入っていた物を ブレーキシューの調整に便利ですよと教えて頂きました
一般車やクロスバイクを良く整備される方達も準備しておくと良いかも分かりませんね

コメント (3)

極薄スパナ 自転車整備に有れば便利

2019-01-27 20:00:24 | 自転車 工具
自転車整備を行うには多様な専用工具を使いますが 専用工具で無くても便利な工具が有ります
今回は極薄スパナと言う商品をご紹介致します





スパナの 5本組セットですが極薄スパナと書かれています 今までにも薄手のスパナは
用意していますが、今回のセットは見ただけで良いのじゃないかと感じて購入しました






極薄と言うのはスパナ全体の厚さも薄いのですが
やはり肝心なのはこのクランプ部分です






台紙に極薄と書かれていますが 工具にこの様な
カテゴリーが有るのでしょうか 発売メーカーの
商品名かとも思えます この藤原産業(株)と言う
会社はたまに興味を惹く商品を出しています






先日ご紹介した この L型スルーレンチも同じ会社が
発売元です






台紙から外してみました 工具の精度と言う意味では
それ程上質だとは思いませんが やはりこの薄さに惹かれます




私の工具箱に入っているスパナの一部ですが それ程
高級な物は揃えていません これらのスパナと比べて
みましょう








これはごく一般的なスパナです






その厚さを測ってみると 約 5.5mm 有ります






これは私が今まで用意していた薄型のスパナですが
これを測ると 約 4.0mm です








これは先程の薄型スパナを削って薄く仕上げています
これを測ると 約 2.0mm 市販されているハブコーンスパナと
ほぼ一緒くらいですね ただこの様な改造をすると強度不足で
使うのは1回限りと言う事も有ります




今回購入した極薄スパナも測ってみましょう






こちらは 約 3.0mm です 今まで用意していた薄型より
1mm 薄く作られています この差は大きいと思います






今、測り比べたスパナ達です 右から一般的な物
4mm 3mm 2mm の順に並べています





ここまで各スパナとの比較をしてみましたが 実際これらのスパナはどの様な
所で使うのでしょう その一部をご覧頂きます




これは私が普段の足に使っている踏み切り自転車(固定ギア車)
ですが、これに使っているブレーキに使う事も有ります






フロントブレーキを見てみましょう DIA-COMPE ダイアコンペの
サイドプルを使っています




このブレーキのシャフトの前部には W ナットが使われており
ここでブレーキ本体の作動調整を行います








この調整にはスパナを 2本使いますが 一般のスパナでは
本体側のナットより厚さが有り ナットに噛ます事が出来ません




この外側の袋ナットとブレーキ本体の間にスパナを
入れる必要が有ります






今度は極薄スパナを使ってみます






これで有れば本体と袋ナットの間に収まります






内側にスパナ 外側にメガネを使い 作動状態が一番
良い状態の時に袋ナットをロックナットとして固定します



他にも



これは過去に整備した Shimano シマノ 105 SPD SL
ペダルの整備風景です




この回転部分の調整にも従来の厚さが有るスパナでは
玉押しのナットからはみ出してロックナットにレンチが上手く
使えません






ここでも薄型のスパナが必要になってきます






薄型スパナを使う事で正確な回転調整が出来ます





今回は使用事例をご紹介しましたが、薄いスパナは有れば便利な工具です 他にも薄く削った
スパナが有るので他の整備にも使っています 皆さんは必要だと思った事は有りませんか?

コメント (2)

L 型 スルーレンチ 13mm 美しい

2019-01-17 20:22:05 | 自転車 工具
6 角ナットを回す為の工具は色々と有りますが今回 L型スルーレンチと言う商品を
見掛けました 少し面白そうなので購入しました、良く観察してみましょう





これが L 型スルーレンチと言う商品なんですがサテン仕上げで綺麗な容姿なのと
自転車のトラックホイールで 13mm のハブナットを使っている物が有り それに
使えるのじゃないかと目に止まりました








この様な台紙のまま吊られていました 発売元は藤原産業と言う
会社です ここは高額な物は有りませんがたまに良いと思う商品があります






台紙を外してみました この工具が変っているのは台紙に
記載された部分ですが 今回は特にこれが気に入った訳では
ありません




本体を見るととても綺麗です この仕上げと容姿であれば
これだけで、つい欲しくなってしまいます






エルボ(曲がり)側とストレート側です






エルボの裏側 ここから長いボルトを出す事が出来
用途が広がるらしいです




サイズを測ってみます 約15~16cm の長さです




今、用意している 13mm のコンビネーションスパナと
ほぼ同じですね











先程の 13mm のスパナもこの写真のトラックホイールが
13mm のナットを使っているので整備をする為には
どうしても必要です






トラック競技の会場へは 自転車小屋の工具を全部持って
いけませんから 必要なものを選んでこの程度の工具は
持って行きます






これは 4種類のラチェットが使える工具ですが これも持って
出かけます この大きさでハブナットの締め付けの過不足は
有りません




先程のラチェットとほぼ同じ寸法なので 充分使えそうですね





あまりにも綺麗な形状と仕上がりなので 大きな写真を載せておきます
美しい・・・ (笑)





エルボ側とストレート側の両方が、その時の状態に応じて使えるのも良いと思います
この工具には他のサイズも有る様で 光沢の有るメッキ仕上げも有りました
買ったお値段は 578円(税別) この価格にも驚きです

今までの工具の仲間に入れてやります 仲良くしてね

コメント (4)

スポークホルダー SUPER B 5502

2018-08-04 20:06:00 | 自転車 工具
自転車のホイールのメンテナンスの時に使う工具でスポークホルダーや
スポークキーと呼ばれる物が有ります 今回新たにエアロスポーク用の
工具を買ったのでご覧頂きます





自転車に乗っている以上ホイールのメンテナンスは必ず発生します 特に振れ取りを
行う時に必要な工具の一種でスポークが回らない様に保持する物がスポークホルダーと
呼ばれるものです






この MAVIC マビックのコスミック等に使われている
エアロスポークではスポークホルダーは必ず必要と
言っても良いでしょう






いわゆる扁平スポークは空力特性に優れていますが
そのスポークの方向が曲がっていれば逆に弊害が出ます
ホイールのニップルを回す時に、スポークが捩じれない様に
スポークホルダーでスポークを保持しながらニップルレンチを
使います

実は扁平スポークだけでは無くラウンドスポークでもこれは必要で
良いホイールを組む為には何がしかの スポーク掴みを使います
優秀なホイールビルダーはまず何かを使っていると思います




扁平スポーク用のホルダーはすでに持っていますが
他社の物がどんな物かと思い 今回違う物を買ってみました








色々な自転車用品を発売している SUPER B スーパー ビー と言う
会社の商品で 商品名は Aero Spoke Key エアロスポークキーに
なっています 品番 5502 価格 700円程度です






台紙から外してみました 丸い穴の周りがやや四角くなっており
そこに 4種類のスポークが使える様に 4本のスリットが有ります
0.9mm 1.1mm 1.3mm 1.8mm のスポークが使えます






本体に印刷された SUPER B の文字 スリットは結構深い物です
材質は硬質な樹脂で出来ています






これは Fulcrum T-02 フルクラムのスポークホルダーです
今迄は自分が改良した、あらゆるスポークに使える工具を使って
いたのですが 先日これを始めて使ってみると結構良かったので
今回別の物も試してみる気になりました 
この工具は 2000円程度です




これもフルクラムのニップルレンチ T-07 価格は 1500円程度だと
思いますが 何故これを持っているのか思い出せません(笑)






ニップルレンチに付いては色々な規格の物が出て来たので
従来のこの工具だけでは間に合わなくなっています
この工具の頃は ニップル回しと呼んでいました 50年近く使っています





この写真のニップル回しの他にもリムの外側のニップル穴から使う
インターナルタイプのホイール用も必要です そう言う物も幾つかは
用意していますが全種類揃えるのは中々難しいです

スポークホルダー、私が記事の中でホイールは右手(利き腕)だけで
組んでは駄目ですよ、とたまに書いていますがそれは 丸、扁平に
関らずスポークが捩じれない様にスポーク掴みを使う必要が有ると
言う事なんです これは大切な事だと思います

コメント (6)

スマホのスタンドにも使える タイヤレバー Clever Standard

2018-03-28 20:06:38 | 自転車 工具
自転車のタイヤがパンクした時に使う携帯用のタイヤレバーですがスマートホンの
自撮りを可能にするスタンドにもなる物をご紹介致します





前回マスタリンクプライヤーとして使えるタイヤレバーを紹介しましたが 今回の物も同じ
Clever Standard と言う会社のマークが入っています 
これはスマートホンのスタンドとしても使える便利グッズです ただ日本で購入出来るのかは
良く分りません






このタイヤレバーも二本を重ねて持つ事が出来ます






工具の片方がタイヤのビートを外すアール形状で
反対側は丸い穴と工具をスポークに引っ掛ける切り欠きが有ります




先にこの丸い穴は9mm 程度で内部に僅かな突起が幾つか有ります






何に使う物か思い当たるのはフレンチバルブのバルブナットですが
合せてみるとそうではなさそうです 何に使う物なのか私には
見当が付きません




本題の方ですが スポークに掛ける部分をこの様に使うと
スマホのスタンドになります これは私が思い付きでしているのでは無く
これを目的に作られた製品です






レバーを引っ掛ける位置を変える事でスマホの角度が変ります




工具の裏側には Clever Standard の文字が有ります
これの取扱い、販売先を検索してもヒットしないですね
商品として日本国内で流通しているのかは分りません 
興味がお有りの方はまた独自に調べてみて下さい





ムスカリと言うのでしょうか綺麗な青色が鮮やかです
最近は自転車に乗る時にスマホを持って行く事も多く、この様な物が重宝する事も有りますね
前回のマスターリンクプライヤー兼用レバーも、携帯工具を増やす事なく使えるのが便利です

前回のタイヤレバー 【 ミッシングリンクにも使える タイヤレバー Clever Standard 】

コメント (6)