Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

DURA-ACE HB-7800 ハブのその後

2018-05-31 20:05:32 | 自転車整備 ハブ
先日回転部分にかすかな違和感を覚えた DURA-ACE HB-7800 デュラエースのハブを
分解整備しました その後の手応えはどうでしょうか





前回のハブの整備は定期的なチューブラータイヤの張り替えを行った時
同時に行っています タイヤのリムセメントが乾くまでこの様にして
自転車とホイールを保管していました






ホイールのタイヤもしっかりと装着されています
ハブはタイヤのセンターを出す時にホイールを低速で回転させると
指先にわずかな違和感を感じ 分解すると水が回っていました

水が残っているとまた違う手応えを感じるのですが 今回はその水に依り
少し錆が回っていました





グリスを薄く使っていたのでその様な僅かな手応えの違いを感じましたが
今回は多目のグリスを使い調整しています 整備直後から一日経つと全体に
落ち着いてきます 指先で試すと先日感じた違和感は消えています ただこれだけ
グリスが多いと回転に繊細さが無くなります でも普段使いのハブなら水が回る事も
少なくなり、これで良いのかも分りません

コメント

DURA-ACE HB-7800 ハブに かすかな違和感

2018-05-29 20:05:37 | 自転車整備 ハブ
私のロードに使っている DURA-ACE HB-7800 デュラエースのハブにかすかな違和感を感じます
その原因を分解し確認してみましょう





今回ホイールのタイヤを入れ換えた時にホイールを回してみると指先に正常な時には
感じない感覚を覚えます このわずかな違和感は一体何なんでしょう






前回分解しグリスアップをしてからの走行距離はしれています
グリスは SPIN スピンを使っています この様に指先でシャフトを
回しても何も感じる事は有りません






タイヤを入れ換える時にホイールを回しても正常に回っています
タイヤを入れセンターを出す為にホイールをゆっくり回すと
指先に僅かに感じるものが有ります






ハブを分解して確認します ハブスパナは 17mm と 15mm を
使います ロックナットを外しました






玉押しを外します ここで異常を感じるものは有りません




玉押しの玉当り部分はとても綺麗です




ボールにやや曇りが有りますがこれはグリスかも分りません






反対側からシャフトを抜きます 引き抜くだけです
何なんでしょう・・・ グリスが茶色くなっています




こちらのボール側のグリスも茶色くなっています 水ですね
水が回って錆が発生した可能性が有ります






分解して洗浄~グリスアップを行います まずマイナスドライバー
等を使い樹脂製のシールを外します






ベアリングを外し玉受けと共に良く観察します
こちら側はそれほど悪い状態ではありません






シャフトを抜いた側も同じ様にベアリングを外しました
グリスが乳化し錆が混ざり少しざらついた手応えになっています

雨の日は乗りませんから洗車の時に水が入ったのでしょう
防水対策がされたハブなので少し油断したかも分りません




回転部分を分解しました 今回ごくゆっくりホイールを回したので
この症状に気付きましたがそうでないとそのまま使っていたでしょう






強い洗浄力を誇る SPIN スピンのパーツクリーナーを使います






問題の無い方のベアリングから洗浄します 錆が回った方は
後からの方が良いですね






それぞれのパーツを洗浄しましたが スチールボールの
曇りが取れません 全体に細かな傷が付いているのでしょう
変形している訳では無いのでこのまま使います




ハブ本体の玉受けも綺麗に拭き取りました 今回は
SUPER LUBE のグリスを多めに使い水の浸入を防ぐのを
主に考え組み付けて行きます






ハブ内部にグリスを塗布しておきます 回転部分以外に
樹脂のシールが入る部分にもしっかり塗布しています








リテーナーにはボールもケースも良くグリスを馴染ませておきます








リテーナーをハブ本体に収めますが これには方向が有るので
間違ってはいけません 方向が解らなくなれば玉押しを仮に入れ
回してみると分ります グリスを追加で塗っておきます






ハブ本体にハメ込む樹脂製のシールです これにも方向が
有ります この写真の飛び出した方が表側です、逆に入れると
ボールが回らなくなります






玉押しにもゴム質のシールが装着されています ここは接触した際の
抵抗が大きいのでグリスの塗り忘れはいけません 方向にも注意して
下さい




この様な感じで取り付けますが 防水の肝部分です
前回のグリスアップでは薄くグリスを塗っていたので
今回はこの部分には多くのグリスを使う事にします




反対側の回転部分も同様に作業を進め シャフトを差し込みます






反対側から先程用意していた玉押しを装着します
奥までねじ込みました かなりグリスがはみ出しました
気にしなくて結構です 後で綺麗に拭き取ります






ロックナットを装着します これから玉当りの調整を
行います






玉当りは指先でシャフトを回しガタや固さを感じながら行います
ここだと思った所でハブスパナを使い玉押しをロックナットで
固定します ここまでグリスを多く使うとさすがに調整が
難しいです






何度も調整しグリスアップが終わりました 前回のグリスアップは
回転の手応えを軽くする為に薄くグリスを塗布していましたが
今回はグリスとシールの接触部に充分なグリスを使い 水の浸入を
防ぐ方法を取りました 普段使いのホイールですからその位の方が
良いのかも分りません





DURA-ACE HB-7800 最近主流になっているシールドベアリングでは無く
古くから有るカップ&コーンの構造を持ったハブです 前回のグリスアップから
洗車は 2回です何も考えずに水を掛けている訳では有りませんが少し油断が
有ったのかも分りません、自分の責任ですね これから気を付けます





この様に茶色く変った草花もそれなりに味が有って良いものですね
枯れる時は私達も上手に枯れたいものです

コメント (5)

Campagnolo RECORD Piste Hub グリスアップ

2017-01-17 20:17:13 | 自転車整備 ハブ
オールドカンパと呼ばれている時代の Campagnolo RECORD Hub のグリスアップを
行います この時代のハブは触る度にその素晴らしさに魅了されます





今回整備するハブはスプロケットを取付けたままホイールを分解してしまっていたので
そのギアを取り外す為にもう一度ホイールを組みました ギアも無事に外せたので
ホイールを分解しましょう






もう使う事は無いスポークなので切ってしまえば
良いかも分りませんがそれは可哀想なのでニップルを
外しました




もう使わないと言いながら今回の事の様に役に立つ
事も有るのでまた保管しておきます





このハブは私が決戦用に使っていた物で選手を辞めてから使わずに置いていました
回転具合を見てみると、とても素晴らしい状態を維持しています しかしグリスも古く
なっているので整備をしてやります






ハブナットを外します
※ 今回の整備に出て来るネジは全て正ネジです




回転部分の分解はロックナットを緩める所から
始めます






ここで使う工具はハブスパナとかハブコーンレンチと
呼ばれる厚さ 2mm 位の薄いスパナが必要です 今回は
14mm のスパナを使います






ハブスパナは玉押しに使いモンキーレンチは
ロックナットに掛けます
この状態から両方の工具を引き寄せる様に力を
加えるとロックナットが緩みます





 
ロックナットを外しました






舌付のワッシャーを外し 玉押し(コーン)を外します






グリスは当時のカンパグリスが使われています
玉押しの玉当り部分はとても綺麗な状態です




片方の回転部分が分解出来たので 反対側から
ハブシャフトを抜きます






当時のグリスの汚れが少ないのでグリスアップ後に
あまり使っていなかったのでしょうね シャフトの
状態も良好です






最後にハブ本体に入っているスチールボールを
取り出して分解は完了です




この回転部分の構造をカップ&コーンと呼びますが
自転車のいたる所に使われています

玉受けにボールを入れ玉押しでボールを押し込み
一番軽く回る所に玉押しを調整しロックナットで
固定する これが組み付け調整の基本です




分解した各パーツを洗浄し綺麗にしましょう






強力な洗浄力を誇る SPIN のクリーナーですが
今回のカンパグリスには過去の経験から KURE の
クリーナーの方が相性が良さそうです 今回は
KURE を使います






分解したパーツを容器を使い別けながら綺麗に
洗って行きます メンテナンスで洗うと言う行為は
とても大切だと思います




パーツクリーナーをブロワで飛ばします
この為に空気圧は減圧弁で調整しています






ハブシャフトも洗ってやります 薄く塗っていた
グリスのお陰で錆も発生していません






ハブ本体内部の玉受けもウエスとクリーナーで
丁寧に拭き取ります




これで汚れたパーツの洗浄が完了です 新しいグリスや
オイルの性能を充分活かすには 古い油脂類を出来るだけ
残さないと言うのは大切な事だと思います




ここからは新しいグリスを使い組立調整を行います 
出来るだけ良い状態にしてやりたいですね






このハブには心情的には当時物のカンパグリスを
使いたい処ですが このハブの素性が良いので
戦闘的に Microon Assembly Lubricant
マイクロロンのルブリカントを使いましょう
とても良い、独特の手触りです
2 OZ(56g) 8000円(税別)






この潤滑剤は少量で良いので爪楊枝の先を削り
ハブの玉受けに薄く塗布しておきます




スチールボールを玉受けに入れて行きます
粘度の高いグリスを使う時は決して難しい
行程では無いのですが 粘度の低い油脂を
使う時は少し難しいですね






今回のカンパレコードのリアハブには 1/4サイズ
6.3500mm が 9個、片方に使われています




反対側の玉受けにもボールを入れて行きます








玉押しに薄くマイクロロンを塗ってからシャフトに
ねじ込みます








ここでグリスを少量ハブのネジに塗っておきます
これから取り付けるパーツとネジの錆を防ぐのが
目的です




舌付きワッシャーを入れ






ロックナットを入れます CAM. 67 の刻印が有ります
これは概ね 1967年に製造されたハブですが その年に
作ったロックナットが余れば翌年に使っていたとも聞きます






ロックナットをねじ込み指先で回転状態を確認します
指先でガタが無く一番滑らかに回るギリギリの一点を
探します




一番良い場所でロックナットを締め込んで玉当りの調整は
完了です これは妥協するなら難しい事は有りませんが
完璧に近い物を求めるなら相当に時間が掛る調整です




玉当りの調整も終わったので付着したグリスなどは
綺麗に拭き取ります






シャフトのネジに少量のオイルを使いハブナットを
取付けます




アルマイトがされていないハブ本体は ピカールで
艶を呼び戻してやります これで全ての作業が
終りました





Campagnolo RECORD Hub 28h 今迄に多くのカンパハブを触りましたが
今回のハブはそんな中でも回転状態が最高の部類です このハブで多くの
全国大会を走りました

コメント (4)

Campagnolo RECORD ハブ グリスアップと玉当り調整

2016-07-15 20:33:09 | 自転車整備 ハブ
カンパニョーロのレコードハブのグリスアップを行っています 前回ハブ本体の磨きを
行いました 今回は新しいグリスを使い玉当りの調整まで行います





私が選手時代に使っていた Campagnolo の RECORD ハブでもう直ぐ 50年が
経とうとしています ここまでに分解 洗浄 磨きまで済ませています 
今回はグリスアップと回転の調整を行いましょう 構造はカップ&コーンです




分解した時は当時物のカンパグリスが使われていました
今回はフィニッシュラインのテフロングリスを使います








ハブに使われている中空シャフトです CAMPAGNOLO の
文字が刻まれこの当時とすれば綺麗な表面処理がされて
います 片方のネジにグリスを塗布します 主な目的は
錆止めです






シャフトに玉押しを取付けます CAMP. 9×26 の文字が
打たれています これはイタリアネジで国産のネジとは
合いません




玉押し=コーンをシャフトにネジ込みました




次はワッシャーを入れます








これはロックナットで裏面には CAM. 67 の刻印が有り
この数字で製造年を知る事が出来ます 1967年に作った
ロックナットでその年に製造されたハブに使われます
ただナットが残ると次の年に持ち越す事が有ると聞いた
事が有ります




ロックナットから出るハブシャフトは約 4mm です
これは分解前に測っていたのでそれに合せます






このハブの場合 ロックナットに使うハブスパナは
13mm です これはハブに依って違う事も有りますよ




ロックナットにはモンキーレンチを使いナットを
決めてしまいます 工具をお互い寄せ合う方向へ
回すと、玉押しとロックナットの両方が固定され
動かなくなります






シャフトの準備が出来たのでハブ本体に鋼球を
入れましょう






玉受け=カップに傷みも無く綺麗な状態です
ここに新しいグリスを適量入れます 小指を
使って塗布しています




スチールボールを並べました 指先で難しい時は
ピンセットを使うと良いでしょう






後先になってしまいまいたが 使われているボールの
大きさを確認してみます Park Tool SBC-1 これは
たまに使います 最近のパークツールのカタログでは
ツールキットの中で見ますが 単品としての紹介は
されていませんね




フロントハブには呼び 7/32 が片方に 9個使われています
昔から他の国産のハブでは使わない様なサイズでした 
今のシマノのバラ玉でしたら トラック用の HB-7600 が 3/16
ロード用の HB-9000 が 5/32 のリテーナーが使われています
これらと比べてもカンパが使っているボールは大きいですよね






両方の玉受けにボールを並べ終えると 一度玉押しを
仮入れしてグリスの量を確認してみます 適量と言うのは
考え方次第ですが 防水の事が考えられていないこの頃の
回転部はグリスがはみ出すくらい入れるのが一般的でした
実際に使ってみれば解りますがグリスが少ないと水は中に
入り放題です






ハブ本体の用意が出来たのでシャフトを入れます
グリスを塗布しておきます 単なる錆止めですが
部品を何時までも使える様に塗布しておく方が
良いでしょう 中にはそんな物は要らないと仰る
方も居ますが 決まりが有る事では無いので
自分の考え方に従えば良いかと思います






シャフトをハブ本体に差し込みます








フランジから出て来たシャフトに玉押しをねじ込みます
この時点では奥までねじ込んでおけば OK です




次は舌付ワッシャーです




舌付と言うのが正式な名称なのか解りませんが
ワッシャーの内径の一部分に突起が出ています
これを舌に見立ててそう呼んでいます




シャフトには一本縦溝が切って有ります ここに
ワッシャーの突起を入れる事で、ワッシャーが
回らなくなり 玉押しとこの後でねじ込むロックナットが
共マイをしなくなります このタイプのワッシャーは
回転部の構造に依っては無くてはならない事も有る程
大切な役割を持っています






ワッシャーを入れた後はロックナットをねじ込みます
ここからが玉当りの調整ですが 神経を指先に集中し
シャフトを回してその状態を感じ取ります ガタが
出る一歩手前の一番軽く回る部分を探し出します




自分がここだと思う所でハブスパナとモンキーを
使いロックナットで固定します ただこれは一発で
決まる事はまず有りませんから 自分が納得
出来るまで何度も同じ事を繰り返せば良いでしょう

この玉当りも何時もその一点を求めるのでは無く
練習や街乗りで使うハブなら渋めの方が良い
場合も有ります




玉当り調整も終えました 結構時間を掛けています






ハブ全体に油が付着したのでもう一度
ピカールで磨いておきます




カンパのレコードハブにはグリスホールのカバーが
付きます






グリスホールはハブ胴の Campagnolo のマークの
裏側に有ります




そこへ先程の金属で出来たカバーを取り付けます




しかしこの穴を利用してグリスを入れた事は有りませんが
これが必要な状況やそんな時代が有ったのでしょうか
最近ではスピードプレイのペダルが新しいグリスを
注入し古いグリスを押し出す様な整備方法を取って
いましたね








皆の憧れで有った Campagnolo RECORD のマーク
フランジのダストキャップの美しさも好きです
長く汚れたまま置いていた選手時代のロードハブ
長年の汚れ落しと新しいグリスをやっと入れて
やりました





最近のハブの回転部分はどの様なメーカーもさすがにゴリを感じる様な物は有りませんが
40~50年前と言えばボールの手応えを感じるハブがほとんどでした そんな頃にこの回転精度の
高いハブを作っていた事が Campagnolo の凄い処だと思います

前回の作業 【 Campagnolo RECORD ハブ 美装 磨き 】

コメント (4)

Campagnolo RECORD ハブ 美装 磨き

2016-07-13 20:12:12 | 自転車整備 ハブ
前回分解し洗浄までしたオールドカンパと呼ばれる 古い RECORD ハブ
今回はハブを磨き組立て調整まで行う予定です





Campagnolo RECORD とても古くから私が使っていたロード用のハブです
保管状況が悪くてハブ本体に多くの錆を発生させてしまいました 今回は
使える程度まで磨いてやります






この当時はアルマイト加工もされていないので
ハブは直ぐに光沢を失いその後表面の酸化が進みます
その状態に合わせケミカル品を使いながら磨くしかありません






併せて回転道具も使います 先端のパーツも何種類か
使う事になるでしょう






最初にフラップホイールと言う研磨工具を使いましたが
ドリルの回転が速くアルミ焼けを起してしまいます
表面の有る程度の磨きはシャイネックスを使ってみます






シャイネックスと言う会社が作っているナイロン繊維を
主としたサンドシートで 磨くと言う作業では結構使い易い
商品です 表面の粗磨きまでこれで行いました






ここから先は工具の先端をフェルトホイールに替え
コンパウンドと併用して磨きます






これでこの程度までの光沢が出ます ただここから
これ以上の仕上げを望むなら相当の覚悟が必要です




する気になればこの様な状態まで出来ますが
この時は 5時間程掛っています ここまですると
精根が尽き果てます 今回はコンパウンドで置く
事にしましょう






グリスアップの為に作業テーブルに移りました
磨きはこれくらいで許して下さい(笑)





雨に濡れた葉っぱと岩肌が綺麗です
今回の様な磨きの作業は絶対に綺麗にしてやる、と言う強い思い込みが必要です
多くの場合人の物ならその人が喜ぶ顔を想像しながら出来ますが 自分の物って
中々そこまで気持ちを高揚させる事が出来ません グリスアップの写真が沢山
有ります続きは次回にさせて頂きます

記事内でクランクの写真を使いましたが過去にこの様な研磨作業をしています
【 クランクの 研磨-バフ掛け 】

前回の記事 【 Campagnolo RECORD ハブ 美装とグリスアップ 】 

コメント (4)