碓井広義ブログ

<上智大学教授のメディア時評> 見たり、読んだり、書いたり、話したり、時々考えてみたり・・・

トリッキーな設定が真骨頂の「リーガルV」

2018年11月01日 | 「日刊ゲンダイ」連載中の番組時評


米倉涼子「リーガルV」は
トリッキーな設定こそが真骨頂

ドクターXこと大門未知子先生が、副業で弁護士事務所を始めたのかと思った。米倉涼子主演「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)だ。

まあ、毎回大きな目をさらに見開いての手術続きじゃ、天才外科医も疲れるのだろう。そこで制作側の提案。今度は医者ではなく弁護士の話です。ただし手術室、じゃなくて法廷に立つ必要なし。だってヒロインの小鳥遊翔子(米倉)は弁護士資格、ないんだもん!

しかし、このトリッキーな設定こそが「リーガルV」の真骨頂だ。

法律事務所の「管理人」として、所長の京極(高橋英樹)、ヤメ検の大鷹(勝村政信)、若手の青島(林遣都)などの弁護士や、現役ホストの茅野(三浦翔平)、元ストーカーの馬場(荒川良々)といったパラリーガルたちをコキ使って裁判に臨む。

そこには、“チーム小鳥遊”という集団の活躍を見せることで、スーパーヒーロー型の「ドクターX」や、バディー型の「相棒」との差別化を図る効果も織り込み済みだ。それでいて小鳥遊、大事な局面ではきっちり仕事をしている。

先週も裁判の行方を左右する重要証人、被告の恩師(岡本信人)の偽証を見事に覆した。夫の浮気に気がついていた妻(原日出子)の応援を得たのだ。

加えて小鳥遊の鉄道オタクという遊び心的キャラも、ドラマにユーモアと余裕をもたらしている。

(日刊ゲンダイ 2018.10.31)