うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

仙境へ!

2016年02月29日 21時41分26秒 | 野外活動・シダ
昨日は春本番を思わせるポカポカ陽気だったのが、今日は吹雪。。

昨日が山行でよかった ^-^;
国東半島(大分県)の「中山仙境」です。
この辺りの山は低山なれど、険しい岩峰が連なっています。
登山口でストレッチしてたら、地元のおじいちゃんが現れ一言・・
「ついこないだ2人落ちたからなぁ~、気ぃつけてなぁ~」って
そ、そうなんだ(怖)。



レッツ仙境!



ゴゴゴゴ・・
だって、ゴゴゴって書きたくなるんだもの(笑)



文字が彫ってあるが読めない・・
仙人モードにならんとなぁ(意味不明;)



ひたすらキケンと隣り合わせ。



こういう切り立った岩だから、足もつれちゃったら、300m下に真っ逆さまです(汗)。



草が繁茂しているからまだいいけど、右も左も断崖絶壁だからね;



だんだん恐怖心が薄れてくる。
それが危ないんだ!
これ以上先は本当に無理、コエ~
良い子のみんなはマネしないでね ^-^;



山頂付近にかかる石橋「無明橋」
※安全な場所から撮っとります。



無論、落ちたら助かる可能性は0%。

とても植物を観察する余裕なんてありませんでしたが ^-^;
乾燥を好むイワヒバやヒトツバはビッシリと生えていましたね。



森へ入ると、ガラリと雰囲気が変わります。
一転して湿度が高く、さまざまなシダ植物が生えています。



ホウビシダかな。



ホソバコケシノブ?

キジョランの葉の裏に



アサギマダラの幼虫。
お食事中、さっせーん。



カエルの卵ダヨ!
これ、美味しいそう♪って思ったの、私だけじゃないはず(笑)。
グミみたいだよね。

長時間集中していたせいか、いつもより2割増しで疲れました。。


コメント (2)

花き展示品評会へ

2016年02月28日 21時40分25秒 | 日記
県の花き展示品評会に行ってまいりました ^-^。
生産者さんの力作揃いです。
超絶クオリティー!







同じ植物でも、鉢花用品種と、アレンジメント用品種とはまるで別物 ^-^。
アレンジメント用品種には、人工的な美を感じます。
生きているのだけど、作りもののような印象。
究極まで改良された完璧な花ですよね。

さらに、キレイに飾り付けられていて。
ファッションショーみてきたような感覚ですよ(行ったことないのだけどね;)
とにかくどれもステムが長くて、八頭身のモデルさんみたいです。



スレンダーなキンギョソウ。





このような花色、花姿はアレンジメント用品種ならではですね。
特殊な品種故に、生産栽培は、高度な技術と経験が必要でしょう。
花もちのよさも重要なポイントであって、どれも花弁が肉厚です。



カーネーションの出展が多かったように思います。
カーネーションがここまで進化しているとは知らなかった・・
いくつか個人的にいいな~と思った花を載せます ^-^;



`アクティバ´



`クレイジー・パープルテッシーノ´



`ウタゲ´



`シャララ´



`バイパーワイン´



`マロン´



`フラメンコ´



`コマチ´



`サレヤ´
ラナンキュラスかと思った(汗)。



`スターチェリーテッシーノ´


目の保養になりました ^-^。


コメント (4)

今年も開催します!パンジー展

2016年02月27日 13時31分11秒 | 草花
今年度もやります、パンジー展。



ただいま育苗中。。

今回は500~600品種です。
昨年は800品種と広報に出していたのだけど
おそらく1000品種を越えていました ^-^;
集めすぎて、会場がゴチャゴチャになっちゃった。
その反省を踏まえて数を減らしたワケです。

品種数が少なくなったからといって、パワーダウンというワケではございませんよ。
むしろパワーアップしています。

今年の担当はとても優しい女性です ^-^。
愛情が200%込められていますよ。
パンジー・ビオラたちも、それに応えてくれています。
芽摘みもしっかりしていますから、前展示会の株よりも圧倒的に芽数が多く
草姿が整っていますし、花も多いはず。

展示会は3月12日~です。
残り2週間、ポカポカ陽気で太ってね~。


見元園芸さん



`ロシアンブルーの秘密´



`つぶらなタヌキあずき´

品種名に物語が感じられます。



`リトルバニー´

デジカメ(オート)で写真を撮っていたら「顔認識モード」になりました ^-^;
確かに顔のように見えるのだけどね(汗)。



こんな素敵な花を咲かせる、未発表作品も数多く展示。

ROKAさんのブログや雑誌等でも紹介されている
秋田県の育種家、佐藤清史さん作出花`スパーク!(仮)´の特別展示もあります。





この花姿はもう、凄いという言葉意外、見つからない!
今年出会った花の中で、最も衝撃的でした。

コメント (6)

実生系のゼラニウム

2016年02月25日 20時41分56秒 | ゼラニウム
3月はもうそこまで迫っていて、気持ちが焦っています。
考えれば考えるほど、やり残したことが出てきたり
この時期になって、またチャレンジしてみたいことが増えたりしてね。
悔いが残らないようにしたいなって思います ^-^。



ゼラニウム`ムーランルージュ´です。

実生系品種ときけば、ややチープな印象を受けるかもしれません。
実際に価格でいえば、栄養系品種よりも、うーんと安いのだし。

でもね、ムーランルージュは、栄養系品種に勝るとも劣らない良花だと思う。



花弁が肉厚で、非常に花もちがいいし、花上がりもいい。
それに花色もすごく鮮やか。
草姿もがっしりとしていて、格好良く仕立てることができますよ。



`ホライズン・ピンクメテオ´
今はホライズンではなく、ディーバかな?
この品種も実生系ながら、他にはない面白い特徴があります。
それは花弁のフリフリ ^-^。
とっても優雅な雰囲気です。



`ビーナス´
ほとんど見かけなくなっちゃった品種。
カワイイ小中輪花で、コンパクトで、枝分かれがよくて、良い品種だったのにね。

実生系にも良いのがあるのですよ♪

コメント (4)

ゲタを投げようと思う

2016年02月24日 21時03分28秒 | ゼラニウム
明日の予報は・・
N○Kニュースでは文句なしの「晴れ」
でもヤ○ー天気予報では「雨」
真逆なんじゃき
まっこと、どっち信じればエエがじゃ~(汗)。

あっちこっちで天気予報しているでしょう。
それが、全然違っていたら、もうワケわからないよね。
結局はやっぱりゲタ投げるのが一番当たるのかもね(皮肉 ^-^;)



ゼラニウム`デーコン・コンスタシー´

これまで何百品種とみてきましたけれど。
デーコン・コンスタシーの花色は唯一のものです。
ゼラニウムの桃花は青味がかった桃色ですよね。
ラベンダーピンクみたいな。
しかし、この品種には青味が全くない。
透き通るような桃色なんですね。
写真は実物の色で撮れていると思います。



`都の春´



`ガイドー´



`サンタマリア´

古い品種に欠点があるのは確か。
節間が長くて、草姿が暴れやすい・・
花つきがわるい・・
性質が弱くて作りにくい・・
など。

でも古い品種には、近年の栄養系品種にはない圧倒的な個性があるのです。


コメント (2)