うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

ポジーブーケの展示

2021年06月25日 21時49分11秒 | 花木(園芸)

職場作出のムクゲ「ポジー・ブーケ」

事務所前にて鉢植え展示中です \(^o^)/

まだまだ花は見られますよ♪

巨大ヒマワリ(現在6.7m)の次いでに

小さな、小さな花をどうぞ♪

5~6㎝ほどのクシュクシュっとした花がたくさん咲きます ^-^。

ムクゲとしてはあり得ないくらい小さいです。

花が無くなるまで展示しま~す。

 

アジサイもそろそろ終わり

本格的な夏がやってくる (;´Д`);

コメント

ラストスモーク

2021年06月23日 20時54分35秒 | 花木(園芸)

朝のテレビ番組で「オタクがもてる」時代だと。

私も最近は胸を張って「オタクです」と言えるのが嬉しくて。

子供の頃に「植物が好きなんだ~」なんて言おうものなら

可笑しな子供だな・・ということになっていただろうし

本当は園芸店に通いたかったのに

周りの目を気にしていたところがありましたからね~。

当時、私みたいな子供が花屋になんて

違和感半端なかったと思います。

 

良い時代になったものですよね、オタクのみなさん(笑)。

私も安心してオタクウェイを歩き続けることができそうです。

 

芝生広場のシンボルツリーでもあった

大きなスモークツリーの花もそろそろ終わりそう (;´Д`);

品種はグレイス。

カラーリーフとして、花後もキレイだし

秋は鮮やかな深紅に色づきます♪

長い間、楽しませてくれて本当にありがとう(涙)。

コメント

一輪目がダブルとは

2021年06月22日 19時54分17秒 | シクラメン

地元の山を散策中のこと。

絶滅寸前(県絶滅危惧Ⅰ類指定)の野草の群生を発見!

偶然の発見に唖然としました。

なにせ、県内では山口市の一か所でしか確認されていない上に

海岸草原のような特殊環境に生えるのが常識だからです。

よほどの植物マニアでなければ雑草扱いされそうな地味な種類ですが(汗)。

 

レッドデータの関係もありますから県に情報提供しなければ!

しかし、その前に発見地が市の管理施設につき

まずは市に報告をすることに。

そしたら!

 

「うっTさんがもし県に情報提供した場合に

草刈りが出来なくなったり

囲いを設置しなくてはならなくなったり

管理に支障が出ると困るなあ」というご回答。

ごもっとも!

いくら絶滅寸前の植物の新産地であったとしても

管理に支障が出てしまうと困るというのも分かる‥。

 

で、県には「保護的なことをしなくて良いのなら」という条件で

情報提供を済ませました。

実はこのような新産地発見は度々あります。

けれど、情報提供も簡単にはできないなあという感触です。

 

おおっと、長々とかいてしまいました (;´Д`);

 

原種シクラメン(ヘデリフォリウム)に

八重の花が咲きました ^-^。

実生2年生株の初開花がこの花ですが

本来の形質かどうかは分かりません。

偶然一輪だけ・・なんてことは稀にありますからね。

 

原種シクラメンでも、ペルシカムには八重咲きがあります。

横山さん選抜のヨコヤマダブルは有名ですね。

コメント

198円幸せゼラのその後

2021年06月21日 20時02分43秒 | ゼラニウム

相方が台所にゴキブリが出たというので

Gホイホイを6か所に仕掛けたのですが

もう1か月は経過していますが

一匹も捕まらん!

これはこれで淋しい(汗)。

はいってくれよ~い (;´Д`);

 

198円で幸せゼラニウムの続報 ^-^;

ずいぶん斑入りの枚数が増えてきましたし

そろそろ挿し芽もできます。

完全なる斑入り化まで、もう少し!

 

(最初の状態は1月27日の日記を見てね♪)

1月27日

3月23日

 

流通物の「大虹」をUPしておきます。

けっこう流通しているので

こちらが本物として扱われるようになる日も近いか・・

でも、偽物が本物になってはよくないと個人的には思いますので

いろいろなところから怒られそうですが (;´Д`);

本来の大虹もUPしたいと思います。

このような芸になります。

輪紋が太く、丸葉。

高温多湿に弱くて、梅雨時期は葉が傷みがち、、

 

流通物の「大虹」は本当の品種名が知りたいところです。

とても丈夫で育てやすいし

キレイな斑入りだし

魅力的な錦葉であることに間違いはありませんからね。

コメント

ササユリ間に合わなかった!?

2021年06月20日 18時39分38秒 | 野外活動

松陰先生の墓所Pに車を止めて

いざ、田床山(山口県萩市)へ!

予習はしてきたものの、初めて登る山につき

今ひとつルートが分からず(汗)。

田床山登山道案内板が途中から消えて

どこを進めばよいのやら。

とりあえず、山は見えているので

どこからでも登れるだろうということで。

この道を進めば何とかなるだろう。

しばらく歩いていると、前からオッちゃんが ( ゚Д゚)!

「おお、兄ちゃん、ちょうど良いところに来たな」

「このタケノコ持て帰れ、ホレホレ」

デカっ (;´Д`);

「まあ、遠慮しなくていいから持って帰れ」

あの、、今日は修行に来たわけではないので・・(汗)。

 

オッちゃん曰く

私が歩いているのは旧道らしく

田床山いこい広場までは約3km。

 

今回はササユリが咲くというので行ってみようと思い立ちました。

時期的にやや遅いということもありましたが

これまたオッちゃん談ですが

みんな持って帰るからもう一本もないぞ~って (;´Д`);

結論から言って、確かに丸一日歩きまくって

花の終わった2株しか見つけることができませんでした。

確実に見られる長野山か弟見山かにしておけばよかったよ(汗)。

若いササユリ、掘られませんように。。

なお、田床山はジュルジュルですね ^-^;

至る所が湿地状態で、広い湿原のような場所もあります。

踏み後があるので、きっと面白い野草でもあるのでしょう。

しかし、今日はマムシ対策をしておらず

踏み入る勇気はありませんでしたね (;´Д`);

 

旧道を戻ればよかったものを、帰路は新道にしよう!

これが間違いでした (;´Д`);

5km近くあった・・

しかも下りた場所が、墓所Pまでとんでもなく遠い・・

トータルで今日もすごい距離歩いたなあ、、

ムラサキニガナ

コマツナギ

ダイナミックなタケニグサ

 

とくにこれといった花もなく

まあ、スカの日もありますね。。

コメント