うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

川古の大楠

2019年04月23日 21時11分28秒 | 巨樹探訪

切り花をいただきました ^-^。

花の仕事をしているにも関わらず

花を飾る習慣がありません(汗)。

しかし飾ってみて、たまには良いな~なんて。

少しの花があるだけで、心和みますね♪

花のもつ不思議な力を感じました。

 

誠文堂新光社様の「植物生活」コラムを更新しました ^-^。

この度は「切り花」について。

ちょいと読んで下さると嬉しいです。

 

 

「さが三昧」\(^o^)/・・の続きですが・・

この度、ようやく長年の夢が叶いました。

佐賀県武雄市には推定樹齢3000年のクスノキが2本(3本)あります。

それこそ数百年クラスの木はたくさんあって

まさに巨樹王国なのであります。

そのひとつ「川古の大楠」は昔から会いたかった一本でした。

到着 (;´Д`)

かなり狭い道です。

一応3台くらいは駐車可能なスペースがありましたが

前の長い車は気を使うかもしれません。

段差がありますので、低車高の車も難しいです。

私の車は車高が低いわけではありませんが

そろ~り出ましたが、バンパーの底にあたりました (;´Д`)

近くにおそらく停められるところがあると思いますので

歩いて向ったほうがいいかもしれませんね。

どすーん!国指定天然記念物「川古の大楠」です!

広大な田畑のど真ん中にどすーん!と根を下ろしています。

3000年も前から・・

川古のクスが誕生したころの風景は全く違っていたでしょう。

現在は公園として整備され、避雷針で守られています。

木の状態もよくて安心です ^-^。

整備し過ぎたばかりに枯死に至るケースがあるからです。

大黒柱は「根」ですからね~。

比較できるものでもあれば、そのスケール感が伝わると思いますが

写真では小さくみえてしまいますね(汗)。

しかし実際のサイズは「超」巨大で

幹周は21mもあります。

全樹種中最も大きいクスノキの中でも

福岡県の「本庄の大楠」と並ぶ、第3位のサイズを誇ります。

(※計測法によっては5位)

クスノキにも個性があって、樹形も木によってかなり異なります。

川古の大楠は、日本最大の巨樹「蒲生の大楠」によく似ています。

樹高は25mほどで、40mにも達するクスノキとしては

びっくりするほど高くはありません。

ずんぐりむっくりした木ですね。

 

奈良時代に行基が大楠の一部に観音立像を刻んだとされています。

ゴツゴツとした岩のような幹肌。

 

地元で愛されている大楠でした ^-^。

コメント

楽園とは

2019年04月22日 20時32分04秒 | 花木(園芸)

本日も佐賀県に行って参りました。

今週末も同県の森に入る予定です。

花といえば!さが三昧 \(^o^)/

まあ、佐賀県といっても広いもので(笑)。

見たいものがたまたま被っているだけ。

 

この度の目的地は「楽園」であります ^-^。

楽園とは・・コトバンクによると

「苦しみのない幸せな生活ができる所」とあります。

そのような場所がこの世にあるのでしょうか。

西田さんだったら知っているかも。

 

「御船山楽園」

鍋島藩ゆかりの国登録名勝地です。

 

江戸時代に造られた庭園。

御船山も庭園の一部になっているのですね。

巨大なヒラドツツジのトンネル。

上から。

 

 

さあ、いよいよ20万本ものツツジ咲く「つつじ谷」に到着♪

御船山の断崖下に広がる多彩なクルメツツジ ^-^。

もはや文字での説明なんて必要ない気もします。

溜息しか出ませんわ・・

 

この世に楽園があれば、それが一番よいのですが

このようなところだと嬉しいな。。

ただこれだけのツツジを手入れするなんて

これはもう庭師さんはとんでもない大変さでしょう(汗)。

剪定するだけでも、どれだけ時間がかかるのやら・・

もし専属の庭師さんが居てくれるのならば楽園だな、うん (;´Д`);

 

おおっと、また職業病が出てしまった(笑)。

コメント

天山の野草

2019年04月21日 22時31分25秒 | 野外活動

佐賀県の中央にそびえ立つ「天山」に登ってきました ^-^。

標高は1046mですが、出発地点の七曲峠がすでに700mです。

標高差があまりない(きついアップダウンもない)ので

ゆっくり花を楽しみながら登れました♪

歩行距離はまあ、それなりにあります。

雨山

新緑が眩い。

山頂。

人気の山なので、登山客も多い。

ミツバツツジは咲き始め。

低地ではとうに終わっていますが

標高1000mでは、これからです。

クマザサに覆われた山肌。

開けていて景色は最高♪

本日の佐賀県は27℃となっていましたが

天山はとっても涼しい快適登山。

日を遮るものがないから、夏場は厳しいでしょうね。

一番嬉しかったのが、この花。

バイカイカリソウです ^-^。

可憐な花。

バイカイカリソウは、地元山口県では

絶滅危惧1Aの超希少種。

絶滅したのでは?とまで言われているほどみられません。

 

しかし、ここ天山の1000m付近では

常に視界に入るくらい

いたるところで見られました \(^o^)/

感動して思わず、たくさん写真を撮ってしまいましたよ(笑)。

 

先ほど帰宅しましたが、数時間後にまた佐賀県に行きます!

かなり距離がありますので、車中泊でもしてたら楽でしたが

これからちょいと休憩・・

コメント

エビネ展は明日まで。

2019年04月20日 21時47分03秒 | 展示会

宣伝が遅れてしまいましたが

大人気の「エビネ展」開催中です ^-^。

開催期間は明日まで。

エビネ会のみなさんに

みるポイントや、優秀花について教えて頂きましたが

正直、エビネランは自分がいいな~と思った花が

一番だなと思いました(笑)。

 

ずら~っと並んだ鉢の中から

(私が)いいな~と思った花のいくつかをUPします ^-^。

後白河

 

神秘

 

勝優

 

濃青紫弁(無名)

 

カラフルなエビネランを是非、お楽しみ下さい♪

 

即売コーナーもありますよ。

花つきでほとんどの鉢が500円です 安っ( ゚Д゚)

苗はたくさん用意していただいていますが

飛ぶように売れてしまいますのでお早目に~。

コメント (2)

本日は草引きしようデー

2019年04月19日 20時39分42秒 | 

本日はお休みでしたので、用事を済ませた後

久しぶりに庭に降りました ^-^;

 

休日はどこへ行くにも混みますから

平日のお休みは本当にありがたいのですよ。

出掛けた先で駐車場の心配もしなくて済みますし。

この度は草引きだけど。

イワガラミ`ムーンライト´がわっさわさ広がっております(汗)。

イカリソウの仲間(エピメディウム)は下草に重宝していますわ~♪

いろいろな原種、園芸種を植えています。

ちょっとみないうちに賑やかになってしもて。

 

ナワシログミの最新品種`マリリン´は

写真中央のシルバーに輝く葉の植物。

新葉は写真みたく銀色ですが

後に斑入りとなります。

名花`ギルドエッジ´とはまた違う美しい斑入り葉です♪

ワタクシ的、オススメ品種 ^-^。

 

植物たちの生命力が感じられる良い季節ですね!

しかし・・雑草の繁茂もハンパないよ (;´Д`);

今日だけで、ゴミ袋2つ分になりましたわ。。

そんなこんなで栃の葉書房様の「趣味の山野草5月号」好評発売中です♪

この度は「草引き」についてもちょぴっと書かせていただきました。

いきなり宣伝ぶっこんですみませんでした ^-^;

 

さて、平成のうちにあれこれ終わらせなければ、、

明日から、またがんばろう。

コメント