Action is my middle name ~かいなってぃーのMorrisseyブログ

かいなってぃーのMorrissey・The Smithsに関するよしなしごと。

モリッシー11歳、ヴェジタリアン人生を決意(“Thrasher Magazine” July 13, 2015 インタビュー翻訳4)

2015-07-18 01:56:13 | Morrissey Interview

こんばんは、なんとか今日で翻訳を終わらせようと思います。

でも書いてみないと終わるかわからないのですがw


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「単純に、動物とは、我々人間ではないんだから、人間が動物たちの苦しみを無視

していいわけがない」とおっしゃっていたの、いいなと思いました。あなたは11歳で

肉を食べるのをやめましたが、そもそもどうしてですか?そしてそのあなたの主義を

貫き続けるためには何をしていますか?

 

偶然、畜殺場を撮影した映像を見て、最も忌まわしいことで、吐き気がして、道徳に

反する所業だと、ぞっとした。2~3週間前、丸い檻の中で留め金に止められた雄牛の

映像を見た。そして鋸の刃がとてもゆっくり雄牛の首を焼き切っていくに様を見せていたが、

雄牛は目から涙を流し出していた。首が切り落とされるまで3分。こんなにも悲しいもの

を見たことなかったし、全人間、なんてぞっとするものなんだろうという思いをじわじわと

強くさせた。もし人間がいなかったら、地球はどんなにか素晴らしいものだったろう。

本気で言ってるんだ。人間が何もかもぶち壊しているんだ。

 

私はいくつものインタビューであなたを見てきましたが、極めて面白い人ですよね。

あなたの詞でも時々、例えば「ヘヴン・ノウズ・アイム・ミゼラブル・ナウ」とかでも

面白いと感じます。「アスリープ」みたいな歌を作る男がそんなに面白い人であること

とか、人はびっくりしますかね?

 

「面白い」という言葉をどう定義するかによる。ユーモアというのはとても個人的なことだ。

でも、私のことを陰鬱だと考えてる連中は彼ら自身がたいてい退屈な奴らであることを

ありがたく思ってるよ。一方で、私のユーモアをわかってくれる人たちは誰もがとても

頭のきれる人たちだ。

 

アルバムの歌のために詞を書くことと、あなたの出版した自伝のような本のために執筆

することの違いはなんですか?

 

まったく違いなんてない。私は14歳の頃と同じように、今でも、ボーカルの歌メロに

とり憑かれている。歌声というのはいまだに、地球上で最もセクシャルで、官能をそそり、

そして最も説得力を持つ力だと思うんだ、私は。

 

「セックス、ドラッグ、ロックンロール」という考え方がかつてありましたが、今じゃほとんど

死語に近いですよね。アーティストというのは、若い世代を酒やドラッグの世界にそそのか

したりしない、ある種の社会的な責任を追っていると思いますか? アル中やヤク中はかつ

てに比べてはびこっているし、私たち世代の文化は俗悪です。

 

私には、状況はむしろ昔とは逆転しているように見えるんだけど。だから今じゃバンドは、

ヘルシーでいようとはげんでいる。その一方で、音楽好きな連中、とても若い子たちは特に、

至極陳腐なロックンロールスタイル・ファッションの服でキメたりしているが。良い点は、

毛皮や革、マクドナルド、プラスティック製品を拒絶する動きが前より出てきたこと。

若い知識層にとって、このあたりのものを拒否して買わないことは、とても重要なことになった。

だから彼らは、もし誰かが毛皮を着ていたら、そいつをただちにバカ認定してるよね。

そんな訳で、汚れだらけのこの世界において、いい風に変わったこともたくさんあると思ってる。

そして、レストランのメニューから動物製品が消えたらすぐにも、世界は素晴らしいものになるだろうね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほっ、なんとか駆け足で、すべて翻訳終わることができました(いつも脱線しすぎw)。


それにしても11歳で、あの肉とじゃがいもしか食べるものもなかったであろう

70年代の英国で(偏見…)よくヴェジタリアン人生を決意しましたね。

それだけ動物屠殺映像はモリッシー少年にとってその後の人生や

主義主張を決定づける大変ショッキングなものだったのですね。


 これは13歳なので、少したってからだけど…なかなかの美少年ふう。

 

…そういえば今日、モリッシーの新しいマーチャンタイズ商品のお知らせが

きていましたが


またこれ…

「動物にやさしくしろ、さもなくば殺ス」

モリッシー将軍の生類憐みの令…

 

このシリーズ、作りすぎ。(Tシャツもパーカーも買ったけど…)


 


…どんだけやさしくさせたいんだ~~~

 

でも、動物に接しているやさしいモリッシーが好きです。

人間に対してる時と違うw


インタビューにあったように、動物は人間ではないので、

そして人間は動物ではないので、とても気をつかって、思いやり

を持ってやさしく接しよう、とにもかくにも肉食ダメ絶対!!!

…という、モリッシー将軍の御触れは、時に(いつも)過激で極端ですが、


こんな顔を見るととても癒されますね。


(こちらのムツゴロウさんばりのモリッシーの過去記事も合わせてどうぞ♪)

それでは皆さん、良い週末を~!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« モリッシーとエド・シーラン... | トップ | モリッシー 初の小説“List O... »
最近の画像もっと見る

Morrissey Interview」カテゴリの最新記事