Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

牧歌の郷

2017-10-09 17:20:29 | 日記

  シシングハーストキャッスルガーデンは午前中に訪れたようです。写真の日付がきちんと19日になっているからです。

 ここはホワイトガーデンで有名な場所と聞き、胸が躍りました。私はガーデニングの学習でホワイトガーデンを知り、そう言ったテーマのある庭造りをしてみたいと思っていたからです。また、以前に白花の球根を買い、植えたところ、全てが白花で咲かず有色の花がちらほらと混ざり、白花一色にする難しさを知っていました。この事からホワイトガーデンというテーマに興味を持ち、特に憧れを抱いていました。その為この庭での私は、特に張り切って写真を撮っています。

 また、この日のメモは少なく、

「インディゴアイ(ハギのよう)、イブキトラノオ(アイのよう)、アカンサスの葉(家の飾り物によく使われている)」

とだけあります。これはもうチェルシーフイジックガーデンのメモのようです。アルバム写真の横にこれら花名とガーデン名がある事から分かります。

 シシングハーストキャッスルガーデンに戻ります。ここはお城だけに大きな敷地内にいろいろな施設があるようでした。覚えているだけで見晴らしの良い城壁のような門のある場所、ホワイトガーデンの庭、升目に区切られた色々なガーデンのある施設、最後の区切られたガーデンの庭では、土の耕作されて間もないふっかりとした苗床、新しい花壇になるらしい土だけの場所もありました。施設の外に出ると、昔の馬車道らしい舗装されない広道がありました。迎えのバスはここへ来る予定になっていました。この道の両脇には、西部劇の映画の牧場で見るような太い木の柵が組まれていました。

 順番から行くと、城壁のある場所から見学に入ったようです。

 (バスを降りて初めの頃に撮った写真4点。この時、この場所の自然の風景です。3番目の写真、紫の花は私にとっては初めてみる物でしたが、アザミの花が育ち、赤い色から変化するとこういった紫色になるようです。同じアザミの花とは全然気が付きませんでした。奇麗なバイオレット色ですね。)

 (城壁の下、入り口の壁に這い、巻き付くようにして植えられていた植物。緑との色合いが美しく新鮮でした。私は思わずパチリと写真を撮りました。光線の加減からくる黄緑色の光彩が美しく感じられステキでした。) 

 城壁の内側、周りをうろうろとしていると、門の下に開いた入り口から日本語が聞こえて来ました。声の主達が階下に近付くに連れ大きくなって来る話声で、それが講師の先生達の声と分かりました。私が入り口に立っていると、やはり講師の先生と、2、3人の女性の同行の人達が入口から出てきました。

 「上に行けますよ、見晴らしがいいですよ。」

そのような事を講師の先生から笑顔で言われて、私は登ってみる事にしました。

 そう幅は広くない階段が上へと続いていました。螺旋階段であったと思います。壁の中を上がって行くのであまり明るい場所ではありませんが、真っ暗ではありませんでした。私は1人で昇って行ったので、一寸心細い気がしました。屋上に続く木戸を開けると(これも洋風な木戸でした。物珍しく思いました。)、明るい空色が見えほっとしました。私は直ぐに屋上の城壁の傍によると周囲の景色を見回してみました。

 ここからが城壁の上から撮影した写真です。

 (城壁の上に風見鶏がありました。風見鶏は洋風ですね。日本でも歌などに歌われていますが、元々異国情緒を感じさせるものです。紀行文の最初の風見鶏の写真はここで撮りました。)

 ここは見晴らしの良い場所でした。緑の平原の向こうに木々が続く林か森が見えて、私にすると日本では見たことの無い景色だけに感慨深いものでした。暫くこの景観に見とれていました。

 (城壁の反対方向、内側の写真です。ボックス型に区切られた庭を楽しそうに回る観光客の姿が見えます。私も多分この場所を回って来たと思います。自分の回ってきた所をこういった高みから見るというのも一興でした。管理された緑ってよいなぁと感じました。花に限らず緑の色や形のコントラストが素敵でした。)

 気が付くと、城壁上には数人の男女がいました。現地の人らしい若いグループの観光客のようでした。普段着らしい軽装で、夏の気持ちの良い陽光の元、気分良く観光している雰囲気でした。東洋系の人は私1人でした。何だか居た堪れない雰囲気でしたが、上って周りの人を見回して直ぐに下りて行くのも、相手に対して何だか失礼に思いました。

 でも、私ってこの時に限らず間の悪いタイプなので、何時引き上げてよいかタイミングが掴めずに困ってしまいました。

 

コメント

牧歌の郷

2017-10-09 09:23:06 | 日記

 渡航して6日目の7月19日(水)、今日の日程を書いてみます。

 「ノーリッジを8時(実際には6時半)に出発。ホテルにて朝食後、ノーリッジからシシングハースト城を経由してロンドンへ。途中レストランにて昼食。

 シシングハーストキャッスルガーデン、かつてはエリザベス1世ゆかりの一族が所有していた城。

 チェルシーフィジックガーデン、ヨーロッパでも最古の薬草園の一つ。

 ロンドン市内(車窓にて)

ホテルチェックイン、夕食はホテルにて。」

というスケジュールです。

 朝靄まだ覚めやらぬような暗い湿気を帯びたホテルの前の道から、私達はバスに乗り込みました。バスの座席に腰を落ち着けて、私がふとホテルの方を見ると、バスの後方、傍に一人の若い男性が佇んでいました。ラテン系の顔立ちと言うのでしょうか、リッキー・マルチンに似た可愛い感じの顔立ちの男性が、物問いた気に見るともなしにバスの窓を見上げていました。見上げるというよりも見上げたいけれど遠慮して顔を上げられないというような素振りでした。聞いていたイタリアの軍人の1人でしょうか。

 『どうしたのだろう。昨日の晩にツアーの誰かとでも知り合って、別れがたくて出てきたのかしら。』私はそんなことを考えてその男性の様子を眺めていました。

 さぁ、いざ出発です。バスが動き出しました。と、その男性はハッとしたように顔を上げて思い詰めた感じでバスの窓を見上げていました。『案外奥ゆかしい人なのだな、イタリア人の男性も。』そんな事を感じた私は笑顔で窓からバイバイと手を振るのでした。私は初対面です、全然知らない人でした。バスは一路ロンドンへとひた走ります。

 ここで、急に前日の話に戻ります。場所は忘れましたが、車外で皆が歩いていた時、私は現地ガイドさんから直接、又はツーアーの誰か人伝に、何か食べたい物はないですかと聞かれました。そこで考えてふと思いついた。「フイッシュ&チップス」を食べてみたいと答えておきました。イギリスの名物だと何かで読んだ事があったからでした。

 (ここでこのシールの説明。このページに載せられるタイミングの写真が無いのでこちらを載せてみました。これは多分、以前に書いた美味しい丸いケーキの、透明な包装を纏めて止めてあったシールです。メモの7月16日欄にあるので、この日迄に購入したのでしょう。そうすると、Sの文字からシュードリー城の土産物売り場のようです。確か講師の先生からも、このケーキの売り場で「ここは未亡人のお城でね…。」と聞いた覚えがあります。集合時間も午後の3時15分頃でしたから、時間的にもこのお城の予定とぴったり合っています。)

コメント

ヨガ

2017-10-09 09:11:10 | 日記
お題「挑戦してみたいスポーツは?」に参加中!

 スポーツといえるかどうか分かりませんが、ヨガです。

健康のために始めたいです。楽しそう。体が柔らかいと、年をとっても何かと便利なんじゃないかと思います。

 何故そう思うかと言うと、父が昔から座禅を組んだり、あれこれとヨガまがいのことをしていたのですが、もう最後の入院と言う時に、着替えのシャツを上手にするすると脱いで着るので、あんなに骨ばった体なのに随分と機敏で柔らかい肩関節だと驚いたからです。

 普通、高齢者の肩の関節などテキパキと動かないのではないかと思っていた私は、父は特別なのだと感じました。若い頃から仏教が好きで、見よう見真似で修行僧のするヨガ風なことをしていました。継続は力なりですね、こんなに高齢になってからその恩恵を受けるのだなと感服した一コマでした。

コメント