Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

雪と工事

2011-01-31 16:42:20 | 日記・エッセイ・コラム
 本当にJRも運休と、お休みの所が多い1日だったようです。
現在家の前は昨年末より工事中なので、この大雪のなか大変だなあと感じます。普通は春の気候がよい頃から外工事なのにと妙に思ったりしましたが、それもこの不景気の失業者対策なのだろうと考えたりしています。
年末年始がそれなりに迎えられるように、歳末助け合いの一環なのかもしれません。今年のように久しぶりの大雪では返って体力的に負担も多いことでしょう、他人事ながらご自愛いただいて、春からも仕事があるようにと願って止みません。
私も12月から2月まで、ほぼ2カ月ほど外回りの仕事をしたことがあります。ちょうど寒い時期が終わり、ほっとしかけたころに突然終わってしまった仕事でした。こちらは2月はまだ寒い時期ですが、太平洋側での仕事でしたから、2月は暖かくなり始めた頃です。その後の仕事探しは大変でした。
結局、健康上やその他理由から、2年程でまたこちらに戻ってきました。よくいわれるように健康は大事です、仕事をするにも日常的なことをするにも。
こちらに帰って何年か、その間何度も雪は積もりましたが、本格的に雪かきしたことがありません。その大きな理由はやはり健康面の不調からです。
現在は少し調子も良くなり、仕事にも出始めて、今年は無理しないように雪かきも手伝おうかなと、子ども時代の雪かきや屋根の雪下ろしを思い出しています。
昔はよく働いたなぁと自分ながらに感心しています。(笑い
コメント

1374回 「1月の終わり」

2011-01-31 07:53:43 | アート・文化
 予報通り、とても大雪となりました。夕方までまだ積もるような気配です。久しぶりに雪下ろしもしなければいけないかなという積もり方、今日がお休みでよかったです。JRもお昼まで運転見合わせのようです。
家でじっくり、久しぶりの雪対策ですかね
早く晴れて雪が解けてくれないかなぁ。
    「1月の終わり」
 1月の終わり大雪
ふっくらと降り積もった雪に視界は遮られ
融雪の道だけが黒い白一色の世界
降り続く雪に除雪作業
運休か見合わせか
登校か休講か休日か
久しぶりに雪と格闘か
筋肉痛を思いやって
無理はしたくないけど大雪の末日
コメント

1373回 「ブリザード」

2011-01-30 11:28:35 | アート・文化
 雪が降り積もっています。雪国らしい本格的な冬は久しぶり。昔を思い出します。
     「ブリザード」
 昔はこんなだったんだよ
つい言ってしまいたくなるおばさん根性
屋根雪下ろしや根雪の積み重なり
融雪装置のなかった頃のブルドーザー
盛んに降り落ちる白い結晶
美しくも輝いて昼間になお明るい
これも昔のブリザード彷彿と
これも厭じた寒波思い起こして
盛んに降るさま本来の雪国と
段々に冷えるさまこれからはこうと
もっと冷えていくだろう元々の気候を思うと
2011年11月3日に調べたところ、百の桁が2ずれていました。
今回が1373回です。
2010年1月に1ずれ、2011年1月に1ずれ、とうとう百の位が2ずれてしまったようです。
調べてびっくりしています。順次訂正します。
コメント

桜餅

2011-01-28 08:33:38 | 日記・エッセイ・コラム
 季節は早いのですが、今日は桜餅について書いてみたいと思います。
朝のこの時間の物書き、引き続き今日もお休みです()。外は雪がひどいですね。今日も、もう少し買い物したいのですが無理でしょうか!?
 近年は一年中桜餅が売られているようになり、桃の節句、春の限定、そんな感じではなくなってしまった桜餅です。
私と桜餅の出会い、物心ついた、記憶の奥底、初めの感慨の日はやはり雛の節句の或る日でした。当日であったかもしれません。
『…!なんておいしいんだろう、こんなおいしいものはじめて…』
衝撃的な上品な薫りと甘み、好みのもちもち。一遍で虜になった私は周囲にこの食べ物の名前を問い正して周りました。
皆、当時はもうよく知っていたようです。知らないの?ひな祭りに食べたことないの?他にもおいしいものがあるけど…等など。
食べたことのないものにまで気の回らない私は、他にもあるらしいおいしい食べ物、多分。
…その他甘い物の方に興味をひかれながらも、この時は桜餅一筋に正体を見極めようと聞き回ったものです。
結局、明快な答えは無いまま、『ひな祭りに食べるピンク色の葉っぱのついたお餅?らしい物』というのが最後の答えとして残りました。桜餅といっても種類があるので、この時食べたものは一般には「道明寺」といわれているものです。もち米の粒が残るくらいの桃色の餅に漉し餡が包まれていました。もちろん、塩漬けの桜の葉で包まれている定番の形でした
この桜餅はご近所の方の寄付によるものです。毎年雛の節句、または近い時期に人数分寄付してくださるとのことでした。翌年説明があり、桜餅の名前もこの時に聞いたように思います。余分だと思っていた回りの葉も桜の葉、それなりに役所のある物?らしいと習ったように思います。
さて、ヒヨコをからかう人はままいるものです。
私は桜餅の名前が知りたくて興味津々、上記の衝撃の日は道すがら、近所の大人の人の顔を見る度に尋ねたものです。
「『』って、なんていう名前か知ってる?」
ピンク色の葉っぱの付いた?お餅らしいもの?飲み物?徳利に入っている?白い?餡子?三食?ひし形?…
聞けば聞くほどに謎は深まる。謎のお菓子?に半べそになって帰った、甘く薫り高い節句の桜餅の思い出でした。
ひな祭りって桜餅だけじゃなく、おいしい食べ物がいっぱいあるんだ。そう思うと、人生でも衝撃的な食の日でしたね。
コメント

1372回 「雪の晴れ間」

2011-01-27 11:16:18 | アート・文化
 今日は朝日のプレートにしてみました。1月も、もう終わりますね。正月明けから忙しく、長の年月家に居た私にとって、すし詰めのフルタイム勤務は結構きついものでした。
それというのも正月休みを取りたい人が多かったからでしょう。漸く月末に来てこの忙しさが連休という形になって返ってきました。私の1月勤務は終わりです。次は2月勤務を待つだけ、今日こそは買い物に出かけたいものです。
     「雪の晴れ間」
 僅かに雪の晴れ間
久しぶりの雪国らしい気候は話題
冬の勤務は不思議にオフイスワーク
愉しさを感じる柚気分はライトにレモン
雪見窓風情感じる人々との会話降り注いで
途切れがちなチラつき白い切片
不思議な不思議な大量の世界
人見知りや物怖じ
慣れてくると途切れがちなあれこれ
行き帰りの馴染みに道すがら
愉しさを感じる柚気分はライトにレモン
雪見窓風情感じる人々はテラスに集って
途切れがちなチラつき白い塊それなり
不思議な不思議な大量の世界
 (今日はブログも久しぶりなせいか、調子が悪くてなかなか保存がきかず文章が何度か消えてしまったりしました。私の文章って魅力なんでしょうか?どこかへ行ってしまうということもないと思うんですが、人って不思議ですね。←機械って不思議ですね、なのかもしれません。こちらもお正月の疲れが出て小休止かな。)
何度か保存しましたが公開できませんでした、またの時間かまたの日に
原因がわかりました。
よくよくブログ人のページを見てみると、メンテナンス中の時間でした。この時間にあれこれといじくってはこちらが悪かったです。変なことになっていなくてホッとしました。嬉しく思いました。ごめんです~    
コメント