Jun日記(さと さとみの世界)

趣味の日記&作品のブログ

1423回 「クローバー」

2011-06-30 17:11:19 | アート・文化
 本当に地震が多くなってきました。今までもあったものが東北の大震災と共にクローズアップされてきたのかもしれません。友人も多く、知人も多い、お見舞いの気持ちを言葉に表して送ります。
     「クローバー
 幸福でいてほしいとクローバー
花いっぱいの野辺を思い浮かべてクローバー
懐かしく感じた
あの住宅地思い浮かぶ土の中にクローバー
溢れる大粒の花々
日当たり良く肥沃な可愛らしさ
それも可愛い花と思う人待ちの夕方
粒粒とまん丸にクローバー
コメント

1422回 「折に触れて」

2011-06-30 08:29:21 | アート・文化
 朝一というわけでもないんですが、ここブログにやって来ました。
 昨日が勤務最終日でしたので、気楽といえば気楽な6月最後の日です。カレンダーはもう7月にかえてしまいました、気が早いですね。次の勤務も探しながら、近場でのんびりと通える所を物色中です。
昨夕は、退勤時の天気が晴れ。帰りは西の空を見て帰るので、美しい夕焼け雲と水色の空の兼ね合いが絶妙な自然の光彩を放っていました。
見とれました
自然の風物に心動かされる瞬間折に触れてシャッターチャンスでした。
     「折に触れて」
 ほんの少しのうろこ雲が
残っている白い雲が染まる淡いオレンジ・ピンク…
アクア水色空の色、青銅薄く碧空暮れて行こうとして
シャッターチャンス見る見る薄れ行く昼の色
翳る夕焼け雲端の忍び入る暮色を認めて
惜しい時の過ぎた瞬間を知る退勤時は
折に触れて
地球、包む気流の美しさが放つ光彩
折に触れて
着実に知るのは時の刻み込まれた年輪
  (時々邪魔が入ると散漫、更新も散漫…)
コメント

6月の最終週

2011-06-27 08:57:49 | 日記・エッセイ・コラム
 少し雨も上がり、今日は晴れそうな6月の最終週のはじめです。
予想気温も30度台になっていましたから暑そうですね。
今日一番にする事は、年寄りの世話。連れて医者に行ってきます。
takeの入るものですね。
 そろそろ準備できたかな?
…続きは後ほど、かな。
 と、行く必要がなかったんです。
近所の歯科に行くことにしたとか。内科の方へ行く用意をして待っていたんですが、とんだ肩透かしでした。
風邪だと言っていたんですが、歯の調子も悪く、どちらの医者へ行くか迷っていましたが、近所なら歩いて行くとか。車で送るという申し出を断られたので、私は早速行きたかった買い物の方へ行きました。
年寄りって…子供と同じでよくわからない。介護の人に相談して対処の仕方を習った方がいいみたいです。
友人がパート先にどうかと言っていたお店でランチして帰ってきました。
どうしようかなぁ、一応パートの件もあって来ましたと言ってみたものの、食事酒もあるのはちょっと気が引ける感じでした。私って引っ込み思案ですね。
思うんですが、これからは親の介護系の日記が増えて行くみたい。漸く子供が卒業したと思ったら(こっちだって、まだまだなのに…。
コメント

1421回 「今更の水無月」

2011-06-26 08:20:10 | インポート
 何故、この時期にタンポポが?と思っていたら、そうか、綿毛の旅立ちの時期なんですね納得しました。
 何時までも幼いままではいられない、青春から青年巣立って行くんですね。
 家も幼い用品を片付けなくては、前々からそう思っていたのですがなかなか年数も過ぎて、各々の意見も折り合わなくて、個と集合の兼ね合い、まとまりについて考えてしまいます。
時は金なり
無駄な時は過ごしたくないものです。
     「今更の水無月」
 今日はどうしようかなと思いながら
今更と思う出来事や
そうしようと思う事柄
さまざまな回想や身の振り方に彩の雨
雨粒を曇りガラスにこうこうと
朝の明るさを感じる近年
梅雨も落ち着いて明るくさえ
ゲリラ豪雨とさえいう近年に
ハイカラーな精神年齢?
 おしいなぁ眼鏡
明るくなった近視眼鏡回想
すっきりと見えれば落ち着くだろうと老年
ものもスッキリと見えればそうだろうな一般家庭

コメント

1420回 「漸くのサタデー」

2011-06-25 10:25:28 | アート・文化
 昨日は結構アクティブに過ぎました。
何だか実り多いように感じながら、益少なく。
出費が多いようで、多額の予定をキャンセルしてしまい、ホッとしたような残念なような…雨の月末、最後の土曜日を迎えました。
     「漸くのサタデー」
 漸くの予定が
決定されて虹がかってブロンズ
葉色道の向こうに安堵色
アンド、アンドでキャンセルがand
引き続いて雨の休息
雨粒の大きさ急いて溜息と共に落着
引き続いて終息
続いて梅雨の台風に注目 
コメント