OUR HOME ISLAND - いおうとう(硫黄島)

戦前に在住していた島民が、戦後の小笠原返還後も故郷に帰ることが許されていない硫黄島についての情報発信をいたします。

2013年、小笠原村、硫黄島への慰霊、墓参の旅(69) 兵器の残骸(1)

2013年09月24日 | 硫黄島・小笠原村
今年の6月に硫黄島に慰霊墓参で行った時の様子の紹介を、しばらく中断していましたが、再開いたします。

この写真は、厚生館など自衛隊施設がある場所から海岸方向に向かって坂を下がったところでぶつかる通り沿い、島内の設備などの工事をしてくれている鹿島の施設の入り口のところにある、武器、兵器の残骸がまとめて置かれている場所です。前に紹介したB-29のプロペラの残骸の近くです。私たちの島内の視察見学のコースにも含まれていなくて説明を受けたこともありませんので、おそらくは、鹿島の方が工事などの時に見つかったものをここに集めてくれているのだと思います。もっと大規模な兵器としては、水平砲が、摺鉢山麓と大阪山砲台とにあるのを見学することができます。それらは、コースの中に入っていて、説明があります。
コメント   この記事についてブログを書く
« フィリピンのエルニド(5) | トップ | 2013年、小笠原村、硫黄島へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

硫黄島・小笠原村」カテゴリの最新記事