いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アートなどの作品をご紹介して居ります

花言葉の絵本から

2013年06月30日 | 花色々

蜘蛛の様な洋蘭ですが色が好きです

 

 

花言葉はアマリリス

横文字は苦手なので翻訳しませんが

文字がはっきりするように処理してみました

 

兎を抱いた少女の服がエプロンに隠れて居るのが

残念です

裾野ラッフルが可愛いですね

編み上げの靴は母から譲られた雨靴に似ていて

懐かしいです

 

 

今日の歌は宵待ち草

作詩 竹久夢二 作曲 多 忠亮

まてど くらせど

こぬひとを

宵町草の

やるせなさ

こよいは月も

でぬそうな

 

ロマンチックな絵は

好きな方が多いですね

 

 

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社

 

コメント

花カードコレクションから

2013年06月29日 | 花色々

ほぼ実物大です、芯の焦げ茶と花弁の黄色が

凛々しい感じの向日葵でした

 

 

花カードコレクションから

ジャーマンアイリスだと思います

気品のある花ですね

 

 

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社

 

コメント

ウクライナ模様

2013年06月28日 | Weblog

アーティチョークは花を見るだけで

料理には縁がありません

 

 

個性的な模様も仕上げに近付きました

オレンジと黄緑が入りました

 

色は黄色を残して全部入りましたが

これからが一寸時間がかかりそうです

 

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社

 

コメント (2)

昨日の続きとクッションの刺繍

2013年06月27日 | ウクライナ刺繍

後ろにアルケミラモリスを従えているガーベラです

 

 

昨日の続きは赤が入って元気

ウクライナの刺繍によくある配色です

 

刺し始めに撮った筈の画像が行方不明で

ご紹介が遅くなりましたクッションです

毛糸で刺繍して居ます

粗めの生地なので黒でも大丈夫と思いましたが

黒は伝統の明かりで刺すのは目によくないですね

それに目数の多い場所でめかずを間違えて

刺しなおしを度々してしまいました

 

模様はトランシルバニアの模様集からです

本の内容を見た時にウクライナ本と同じ模様が有ったので

求めましたが辞書で調べましたら

中世期にはハンガリー領、第一次大戦以後

ルーマニア領になったと出ていました

ウクライナと接している地方なので

模様の交流が有ったのだと思います

陸続きの国々は色々な交流が有ったようで

興味を引きます

 

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社

 

コメント

隙間の刺繍

2013年06月26日 | ウクライナ刺繍

葉牡丹の様な色合いのトルコキキョウです

 

 

大きな作品の合間に小さな模様を挟みました

一寸変わった模様です

 

色はウクライナ刺繍にある色合わせですが

面白い模様だったので刺し上がりが楽しめそうです

 

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社
コメント (2)

私はグロリオサ・・・・・

2013年06月25日 | 花色々

グロリオサも色々な色が出てきました

 

今日はグロリオサの面白い性格をお目にかけます

葉の先がこんな風に伸びています

なぜって、これが無いと茎が弱いので上に伸びられないのです

 

掴まるところを探しています

 

捕まえたという風情

 

花屋さんのグロリオサは自分の花茎を捕まえる事が多いです

 

こちらは葉と葉が手を繋いだ様です

 

アレンジが済んで、一寸おしゃべりをして居る間に

傍の花が捕まえられる事が有って面白いです

テッセンの葉は葉柄で巻きつきますね

植物の生きる工夫を見つけると楽しくなります

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社
コメント

刺繍ハンカチのコレクションからNo4

2013年06月24日 | 手作り

今年初めて見た八重のトルコキキョウ

チューリップの様な形でした

 

 

刺繍コレクションの中からプチポワン刺繍です

右が表 左が裏です

こんな薄い生地に刺して居る様子を想像すると

息が詰ります

 

こちらもプチポワンですが縁とリのレースも

ニードルレースのようです

右が表 左が裏です

 

この刺繍を頂いた時に、ミシン刺繍と思いましたが

 

裏を見てて刺繍だとわかりました

縁がシャドウワークで仕上げて有ります

このハンカチは芸者さんからタレントさんになった

三浦布美子さん(若い方は御存知無いと思いますがに頂いたものです

最近はお逢いする機会が有りませんが

不思議なご縁がありました

 

次はスミレとスズランを組んだ模様で

いわゆるフランス刺繍のハンカチです

縁のレースも手作りの様です

縁の折り返しがたっぷりして居るので

使い好いハンカチです

 

未だスワトウ刺繍やレースの物がありますが

染みの付いた物や折り目が付き過ぎているので

只今手入れ中です

 

 

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社

 

コメント (3)

花言葉の絵本

2013年06月23日 | 花色々

きょうもトルコキキョウです

かなりあでやかな中年婦人の趣です

 

 

ヴィクトリアンの絵本は今日から花言葉です

表紙です

 

最初の絵は色々な花を組み合わせた花束でした

添えられたカードの内容は?????

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社

 

コメント

花カードコレクションから

2013年06月22日 | 花色々

フランス人形の様な雰囲気のトルコキキョウでした

 

 

有名な絵のカードです

この絵の様なチューリップの球根は

かなり高価に取引されたと聞いた事があります

金と同じ価格だったという話も聞きました

病原菌がついた球根から咲いたとも

トルコ原産の球根をオランダで改良されて今の様な

チューリップになったそうです

 

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社
コメント (2)

刺繍ハンカチNo3は、ニードルレース?

2013年06月21日 | 手作り

キキョウの花が花屋に出てきました

 

 

ハンカチのコレクションNo3です

 

二ードルレースでしょうか

刺繍の場所も有るので・・・・・・・

縁は刺繍されています

 


 

先日買った美生柑が種を一杯持って居たので

珍しく思い写しました

一房に5個位種が入って居て

見たときは酸っぱいかと思いましたら

何と、今まで食べた美生柑の中で一番甘くて

濃い味の実でした

 

こちらは何時もの実です

種が入って居ても一粒か小さく胡麻位の大きさです

種の沢山入って居たのは一緒に2個買った中の一個だけです

子孫を残したい実だったのですね

 

 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

アンティーク・レース―16世紀~18世紀 富と権力の象徴
吉野 真理
里文出版

 

麗しのレース  復刻版
風工房
日本ヴォーグ社

 

コメント