いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アートなどの作品をご紹介して居ります

モッコウバラ色々な表情

2011年04月30日 | 散歩道で

 

紫露草の赤紫の花を初めて見ました

品のよい色でした

 

 

モッコウバラの垣根が殖えましたね

昨日の散歩でもあまり沢山見たので少々飽きましたが

其の中でも見事な咲き方の垣根を御紹介します

散歩を始めた頃に見つけたお宅です

年々伸びて重そうでした

 

八重の花がひしめきあってラッシュアワーのようです

 

植えの株から伸びた枝に伸び伸びと咲いて居る花が

気持ち良さそうです

 

花の形はモッコウバラと同じなのですが色変わりでしょうか?

門扉と調和して綺麗でした

 

 

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

アーミッシュへの旅 私たちのなくした世界
菅原 千代志
ピラールプレス
世界のキルト―手と心が記した女性たちの美しい針仕事
キルトジャパン
日本ヴォーグ社
フランスのキルト ブティ
中山 久美子ジェラルツ
文化出版局
コメント

ベランダのすずらんが咲きました

2011年04月29日 | ベランダ便り

 

黒種草(ニゲラ)の種が悪魔の帽子の様になって来ました

悪魔と言っても子悪魔ですね

 

 

それに比べるとすずらんは可愛いですね

毒を持つ花なのに好かれるのは

鈴の様な花の形からでしょうね

ブログのお友達から送って頂いたベランダのすずらんです

 

何本かの内3本が花を持ちました

 

私の工房の名にちなんでお庭の球根を送って下さったのですが

植え方が悪かったのかと思う程

中々芽を出してくれませんでしたが

無事根付いてくれたようです

夏の暑さを乗り切ってくれれば来年は増えると期待して居ます

5月1日はフランスのすずらん祭

花屋の店先はすずらんでいっぱいになると

聞いた事がありますが、楽しそうですね

 

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社
コメント (4)

ブックカバーNo2と赤いアイビーゼラニュウム

2011年04月28日 | ウクライナ刺繍

この画像と同じ位のサイズの 小さなアジサイです

大き過ぎるアジサイは好きになれません

 

 

 

ブックカバーの2点目の刺繍が出来ました

葉の色を変えて芯を黄色にすると

ヨーロッパの模様になると思いながら

まだ実行していません

 

 ベランダは初夏の色です

寒い間、寝ぼけた朱色だった

ベランダのアイビーゼラニュウムが

暖かくなって本来の美しい赤になりました

置かれた場所が気に行って居るらしいです

白壁だともっと映えるんですけれどね

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社
コメント

花の妖精

2011年04月27日 | 花の妖精

花屋さんのアジサイです

 

訳されていたのは君主と気取った貴婦人となっていましたが

そんな感じもしますね。

 

ベロニカ、クワガタ草

花言葉は「貞節」となっていました

今日の妖精はどちらも男の子ですね

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社
コメント

久振りのブックカバーの刺繍

2011年04月26日 | ウクライナ刺繍

赤に緑の混ざったアジサイです

 

 

クッションの刺繍は未だ完成していませんが

息抜きにブックカバーの刺繍を始めました

幾何学模様と違って目数を間違える事が多いのですが

小さなモチーフの繰り返しですから

一日で刺し終わりました

 

布巾で3枚作れるので

刺し易いように新書版に合わせたチャートを作りました

 

先日の区議選で行った元六中のはなみずきが咲始めていました 

未だ咲きって居ないはなみずきの花は

面白い形をして居ます

 

2・3輪開いた花は強い風に煽られていました

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社
コメント (4)

街中の藤と住宅地の藤の花

2011年04月25日 | 散歩道で

がくアジサイの中心の花も

こんなに大きな花が咲かせていました

 

街中の藤

閉じたシャッターは元写真の現像焼付けをする店でした

屋上で咲いた花を季節ごとに下に降ろし

通る人を楽しませてくれる店です

今年の藤はことのほか見事でした

 

次の写真は新しく覚えた散歩道で見つけた藤の花です

棚ではなくフェンスに絡めた枝が沢山の花を付けていました

 

樹に絡んだ藤は風情が違いますね

40年程前に越えた鳥居峠の松の樹に絡んだ

藤の花思い出します

 

今年は見頃の藤に逢う事が出来ました

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社
コメント (2)

白い花木と刺繍の続き

2011年04月24日 | 散歩道で

ダイエーコースの散歩道の鈴木スミレが今年は綺麗です

 

 

毎年花が終わった時にしか出会わなかったお宅の

白い花の満開に出会う事が出来ました

白い花が満開で雪が積もった様に見えました

 

左側の花は固まりになっていました

別のお宅に咲いて居た同じ花です

一輪ずつで見易かったのですが

シデ櫻かプルーンかどちらか判りません

実が付いたら判るかも知れませんね

 

右側の木は雪柳に似ていますが別種らしいです

枝にびっしりと花を付けた様子が

こごめ花の名前にピッタリです

別にシジミ花という名前も有ります

この花を植えて居るお宅は少ないですね

一輪ずつの花が可愛いのに

樹形があまりよくないからでしょうか

 

 

少しづつですが模様の半分に近づいてきました

未だキリットしたところがない模様ですが

内裏様の台の飾り布の模様に似ています

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社
コメント

世田谷観音の櫻

2011年04月23日 | 散歩道で

玉すだれとは違うと思いますが

黄色の花も咲いていました

 

 

昨日かねて聞いていた世田谷観音の

うこん櫻を見に行きました

バス通りから入って目に入った枝垂れ櫻です

盛りは過ぎていましたが

見事な櫻でした

 

夢たがえ観音様です

 

岩に付いた蔦の葉が綺麗だったので

カメラを向けていたら後ろに何かの像が

 

見上げたら服とかな恵比寿様が

にこやかなお顔で鯛を吊り上げていらっしゃいました

手には何かの花が乗せてありましたが

お庭にはない花でした

椿の木に囲われていましたが

花は盛りを過ぎていました

 

うこん櫻がお堂に映えています

 

緑とピンクと黄緑の葉が交ざって美しい樹です

 

古びた建物と櫻は好い相性ですね

 

山門を出て振り帰るとうこん櫻が見送ってくれるように

盛り上がった花が見えました

 

芝生に散った花弁は大きくて

花弁に緑を残している物が有りましたが

鳥に千切られた花でしょう

ほぼ実物大の花です

手帖に挿んで持って帰りましたので

ふっくらさが無くなってしまいました

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社
コメント (2)

龍雲寺の櫻

2011年04月22日 | 散歩道で

三椏の花のビロードの様な花弁が大好きです

 

 

先週初めに行った龍雲寺の櫻の御紹介です

裏門を入った右の枝垂れ櫻です

他の枝垂れ櫻は花付が余りよくありませんでした

 

今年は丁度満開の時に行き合わせたようです

 

右に一寸枝垂れ櫻が写っていますが

建物の向こう側に沸き立つように白く見える桜が咲いていました

今まで気が付かずに居ましたが葉が出ていますから

染井吉野ではないでしょうね

 

山門を入った左の染井吉野です

緑の中に引き立っていました

この他に八重桜も何種類か有るのですが

今日まで持って居るかどうかと思いながら

訪れてみようと思っています

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社

 

コメント

エッグ・アート生徒さんの作品

2011年04月21日 | エッグ・アート

 

黄色のグロリオサの中でもこの花は

黄金色の美しい種類でした

 

 

 

今までレッスンの度に写真を撮って置こうと思いながら

お喋りに気が向いていて忘れていましたが

19日のレッスンでやっと忘れずに、撮ることが出来ました

7点目の作品です

大分ブレードの張り方に慣れて

宿題をこなす事が出来る様になったので

楽しそうです

濃い紺色に金色の装飾が映えています

 

カメオが上手く撮れて居ませんが

30年程前に見つけた

模造とは思えないよう出来のカメオが効いたデザインです

 

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
マークブック2 スウェーデンのアルファベット刺繍手帖
牧野 明香
カラーフィールド・パブリケーションズ
刺しゅう図案帖―暮らしの中のアンティーク (Heart Warming Life Series)
高橋 亜紀
日本ヴォーグ社
コメント (2)