いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アートなどの作品をご紹介して居ります

ボンネットスーのシルエット刺繍

2008年06月30日 | Weblog

ずっとヤマホロスと覚えていましたが、ネットで知りました
此花はヤマハナナスと言うそうです


昨日の続きです

ベテランの方には不要と思いますが

クロスステッチが苦手と言う方がいらっしゃるので 

手順を少し詳しく、撮って見ました

ボンネットの刺し終わりです 

左の糸は、刺し始めの糸ですから後で、裏に引き抜いて始末します

 

スカートの半分と靴が見えてきました

 

長い空間が有る時には、この様に刺し進むと裏の糸の遊びが少なくて良いです

 

スカートはあと一息で済みます

 

スカート、如雨露、花を刺して模様の出来上がりです

 

完全では有りませんが、裏をお見せします

如何ですか、中々可愛い模様です

もっと簡単なのや、複雑な模様が載っていました

気が乗って来たら、刺してみますね

 

人気ブログランキング ←こちらをクリックしていただくとポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ


 

コメント (7)

ウクライナ模様のクッション

2008年06月29日 | Weblog

 

珍しい白花のねむの木に逢いました
風に吹かれたからでしょう、一寸老婆の様ですが
開いた時はバレリーナの様だったのではないかと思います

思いがけず、長い事掛かったクッションの刺繍がやっと終わりました

上の写真はウクライナ美術館で写させて頂いた物です

美術館のクッションは回りに刺繍が有り、採集も終わっているのですが

中心の模様だけで終わりにしました

此処まで刺して、完成と思い写真を撮ったら何か変?

左下を御覧下さい、右と上の段の黄色の囲いの先の黒が一目足りません

 

黒を足して完全に刺し終わりました

 

このモチーフと

此のモチーフの繋がった模様です

部分を使ってバッグを作って見ようかと計画して居ます

 

大物は一寸休んで、小物を作りたくなりました

先日見つけた本から、シルエットを刺す事にしました

どんな模様になるか、お楽しみに

 

 
人気ブログランキング ←こちらを
クリックしていただくとポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (5)

アメリカのクロスステッチ・ブック

2008年06月28日 | Weblog

珍しい花と思って検索しましたら日本名金糸梅、
ヒペリカムの花とわかりました
ヒペリカムは、結実した物をアレンジに使って居るのでお馴染みの植物ですが、
花がこんなに綺麗とは知りませんでした

先日アートブックを検索していましたら

見覚えのある表紙の本が有りました

仕事場の蔵書を調べましたら、同じ表紙が見つかりました

購入したのは1979年頃クリーブランドの手芸店です

ウクライナ刺繍を始めてから、見る事が少なくなっていましたが

見直してみると、可愛いシルエット模様が有り

見直しています

表紙の色は地味ですが、中の図案はカラフルです

 

シルエットも好いですね

糸が一色で済むので、色揃えに頭を悩ませる事もないし

一寸惹かれています

綺麗な模様ですが、自分で色を選択するのが大変で

挫折していたのかも知れません

 

 

 
人気ブログランキング ←こちらを
クリックしていただくとポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (5)

ウクライナ刺繍手順続き

2008年06月27日 | Weblog

赤い花の咲く多肉植物なのですが、名札を無くしてしまいました
今年の気候のせいか、真っ白な芽が1本伸びてきています
真夏の陽射しには弱そうなので、マクラメ編みのハンガーを作って居ます

昨日山形の知人の一人からさくらんぼが届きました

今春桜のアレンジ写真を頼まれて、

作品写真をお送りしたお礼との事でした

実家に半分お裾分けした残りが、まだこんなにあります

一人では勿体無いので、お隣にもお裾分けしますが

其の前に沢山のさくらんぼをカメラに収めました

美味しいさくらんぼでした

昨日の続きです

昨日アップを忘れた画像です。裏の糸の始末です

 

赤が入るとボリュームが出てきますね

 

黒が入って此れで出来上がりですが

 

このように囲いを付けるて、額に入れると

インテリアの可愛いポイントになります

 

ウクライナの方の始末にには及びませんが

大分慣れて、糸の遊びが少なくなりました

左に見えるグリーンの糸は、刺し始めの糸で

出来上がったら、裏に引き抜いて、針に通して

刺し糸の間を1,5センチほど通して切ります

 

 
人気ブログランキング ←こちらを
クリックしていただくとポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (3)

ウクライナ模様のサンプル

2008年06月26日 | Weblog

もこもこの毛をはやした、アブさんは蜜集めに夢中です

今日はgooさんのメンテナンスの手間が長引いて

更新が遅くなりました

 

昨日ファイルを整理していて、刺繍の手順の画像が見付かりました

今日と明日其の手順をお目に掛けますね

 

目数が読み易い生地に刺繍しました

刺繍糸は生地が、20目3センチ8ミリと細かいので

DMCの25番糸6本の内2本取りにして刺しています

20目4センチの生地を使う時は、3本取りが良いでしょう

色番は、グリーン905番、黄色725番、赤321番、黒310番です

此処まで来ると、一寸模様らしくなっていますね

明日をおたのしみに


人気ブログランキングに参加して居ます

こちらを一日一回クリックして頂くと、ポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (6)

アンティークのハンカチチーフ

2008年06月25日 | Weblog

パン屋さんコースの散歩道、途中の美容院の店先に鉢植えされて居ました

クッションの進行状況も御覧頂こうと、努力して居ますが

昨日現在、未だ完成しておりません

黒いとの縁取りに、時間が掛かっています

後、一息と思いながら刺繍を進めても

線が延びるだけですが、強さが出てきて面白いです

昨日に続いてアンティークのハンカチの中の

レースの付いて居るものを御紹介しますね

右下にドロンワークがしてあるのが面白いですね

台紙にフランスと記入がありました

 

飾りのレースは、ボビンレースだと思います

角の模様が、ハンカチ用に編まれていて、継ぎ目は有りません

昔の職人さんの技術に脱帽です

 


人気ブログランキングに参加して居ます

こちらを一日一回クリックして頂くと、ポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (2)

ドロンワークと刺繍のアンティークのハンカチーフ

2008年06月24日 | Weblog

雨の当らない所に綺麗に咲いていた八重のくちなしです
花弁が細く反り返っている花は初めて見ました

刺繍もデコパージュも中途半端なので、

今日もアンティークのハンカチをお目に掛ける事にしました

ドロンワークと刺繍が施されて居ます

 

台紙に何も記入がありませんが、仙頭製ではなさそうです

生地は朝のボイルです

 

 


人気ブログランキングに参加して居ます

こちらをクリックして頂くと、ポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (4)

ターシャ・チューダさんのクリスマス絵本

2008年06月23日 | Weblog

アガパンサスの紫が好きで、アレンジに度々使います
1973年初めてアメリカに行った時、サンフランシスコで見た
アガパンサスの高さと大きさに驚きました

ターシャチューダさんが亡くなりました

私がターシャさんの名前を知ったのは、

渋谷の紀の国屋書店の店頭に積んであったガーデニングの本を見た時です

その後NHKの番組で、生活の様子を見て虜になりました

絵本作家だという事も其の番組で知りました

今日お見せする本は、ヒクソンズ・スクールで購入した物ですが

当時はターシャさんを知りませんでした

クリスマスの絵本と言う事と、絵に惹かれて求めた物です

1975年のヒクソンズのクリスマスショーを観に行った時に

購入した本の表紙ですが、中の絵はカラーのページは半分です

半分はモノクロになっています。

裏表紙です

中の絵は何点か、下の絵本も一緒に、クリスマスシーズンにご紹介しますね

 

こちらは1979年のヒクソンズのクリスマスショーに参加した時に

購入した時の本です

上の本より小振りの本ですが、立体絵本になっています

裏表紙ですが、ぐるりを取り巻いたクリスマスのガーランドが

楽しい絵本です


人気ブログランキングに参加して居ます

こちらをクリックして頂くと、ポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (2)

チュール刺繍のアンチィックのハンカチ

2008年06月22日 | Weblog

ルリマツリモドキの葉の上に緑色の蜘蛛が居ました
動作が速いのに驚きました
写真は倍に拡大して有ります

ウクライナの刺繍が続いたので

今日は、アメリカの友人から頂いた、

ヨーロッパ刺繍のアンチィックのハンカチの中から、

チュール刺繍の物をお目に掛けましょう

おしゃれで持つハンカチの典型ですね

チュールに繊細な刺繍が施されています

 

葉も細い糸で編んであります

ふち取りはブレードに編んだレースを編んであるように

縫い付けてあります。フランス製です

豪華なドレスの貴婦人が、手にして居る様子を想像出来ます

台紙に1930年と記入されています

 


人気ブログランキングに参加して居ます

こちらをクリックして頂くと、ポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (4)

ウクライナのドロンワーク

2008年06月21日 | Weblog

夏椿の花は一日で散ってしまう儚さをもって居るので
余計に愛おしく感じられるのでしょうね

刺繍に疲れると、所蔵の手芸書を見るのが何時もの癖です

そんな時に気が付かなかった事を、見つける事が出来たり

コピー不可能と思って居た模様の理解のきっかけが見付かります

今日ご紹介の模様は、昨日の疲れ休みに見つけました

 

ウクライナの手芸に方眼模様のドロンワーク有りました

初めて見た時レース編みと思って仕舞いました

ストールの様ですが、ロシア語の本なので全く読めません

フリンジ部分は布にギャザーを寄せて、

ドロンワークの模様が付けてあるようです

鉤針編みで作れると思います

何方かトライなさいませんか?


人気ブログランキングに参加して居ます

こちらをクリックして頂くと、ポイントが加算されます
皆様の応援を励みに、毎日の更新を心がけています。

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもよろしく

ホームページ(すずらんの広場)へも、お寄り下さい

花くらぶの玩具箱にもどうぞ

コメント (2)