いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アートなどの作品をご紹介して居ります

展示会三日目は嵐???

2012年03月31日 | ウクライナ刺繍

苺の花が咲き始めました

我が家のは未だですがね

 

展示会三日目で多すぎるす作品を整理して

やっと会場が纏りました一日目二日目で売れた作品分が

少なくなったからも有りますが

今日は入り口からの様子を御紹介しますね

入り口を入った東の壁から

真ん中の列の作品が1点減っています

隣の壁の真ん中が減ったので中心に少し小さ目の作品を入れました

昨日まで飾る場所の無かった左側のテーブルランナーを

足すことが出来ました

東の端のピサンキを2点減らしました

南に回った所の小さなクッションとピサンキとポーチ

南側の続きのイースターエッグとぶっくカバー

小さなバッグ達です

北側と西側は明日御紹介します

 

今日の嵐?には参りました

でもお二人の方が見えてくださって嬉しかったです

あーした、天気に、なーれと祈ります

 

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します  

コメント

庭の妖精

2012年03月31日 | 花の妖精

可愛い形の梅の花が小粒の花の梅と並んでいました

 

今日は会場写真を失敗してしまいましたので

花の妖精の出番です

このマリーゴールドは花弁が少ないですね

 

孔雀草の大きさと同じ位のアスターですね

同じ仲間ですけれど

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

 

コメント

展示会初日は未完成の展示で・・・・・・

2012年03月29日 | ウクライナ刺繍

今日の展示会の朝のように犇いているトルコききょうです

未だ青い蕾が出番を待ちかねて覗いているみたい

 

 

帰り際慌てて撮った今日閉店後の現状です

入り口のサンプル額です

 

壁面が少なくて下に置かれた額が居心地悪そうです

 

上の壁面の続きです

 

其の続き

 

窓際にイースター用のオーナメントとブックカバー

 

中央のテーブルから窓側を見た景色

 

窓側から入り口を見た景色です

 

前に予定して居たインターネットの展示は時間切れで

アップできませんでした

ごめんなさい

明日は少しましな画面を御店出来る様にと

思っていますが

お客様とのお喋りが長くなりがちなので・・???

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

コメント (2)

展示会に間に合いました

2012年03月28日 | ウクライナ刺繍

お庭の置くにはもう少し薄いピンクの花がありましたが

遠くでうつせませんでしたピンクのマーガレット

 

 

明日は展示会場に早く行きますので更新を繰り上げました

縁カガリが昨日仕上がった作品です

これは半分に折ってのサイズです

 

 

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

コメント

明日は展示会初日

2012年03月28日 | 展示会

柊南天の花が好い香りがすると知ったのは

題名は忘れましたが、テレビドラマからでした

 

 

今日はこれから展示会場の飾り付けニ行きます

余りお馴染みのないウクライナ刺繍を御覧頂きたく

ウクライナのピサンキとイースターが近いので

エッグ・オーナメントも少しだけ展示いたします

 

  

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

コメント

いちこばーば行きつけの・・・・・・・

2012年03月27日 | 料理

子供の頃からバイモの好きな変わった子でした

 

 

昨日アップする筈が写真が撮れず一日延びました

お蕎麦やさんは此処と決めています

夏は少ない盛りにてんぷらを添えて貰って頂きます

都民銀行の交差店を右に曲がって突き当たりのマンションを左に

曲がったところです昼の休み時間が有りますからご注意

 

此方は都民銀行の交差点を右に曲がって突き当たったら

又右に曲がって左側のパスタの御店です

ご夫婦でなさっていましたが、奥様に仕事が出来て

御主人がお一人でなさって居るので

気の短い方には向いていません

繊細な作り方が気に入っていますし

デザート(別会計)を入れても1,400円で楽しめます

小さな御店なので予約をなさった方が好いかも知れません

ホームページを開いていますのででお確かめ下さい

屋号はバルケッタです

 

 

昨日も行ったレストラン福吉?です

先代さんからの肉屋さんが始めたレストランなのです

今は肉屋部門は閉店してしまいましたが

奥様が作る料理は盛り付けにも工夫があって楽しめます

 外見は古めかしくて???ですが

内装にお金を掛けていない分料理が美味しいと

紹介する事が多いです

カレーは玉ねぎの甘さがキライと言う方が居ますが

ばーばのお気に入りのレストランです

近くの寿司屋でお客様が「肉料理はは福吉ね」と

言って居るのを聞いた事があります

御主人は学芸大学の生き字引です

どちらも午後に休みが有りますので

展示会にお出での節は先ず先に御食事を済ませて

お出掛けくださいませ。

 

西口を出て左に線路沿いに横浜方面に歩いて1分の所に

はなまるマーケットのおめざに度々紹介される

洋菓子屋マッターホーンがあります

昨日も紹介されていたので少々混むと思われますが

此処が入り口です

バームクーヘンだけでなくどれも美味しいケーキです

お帰りの御土産にどうぞ

クッキー類も美味しいですよ

 

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

コメント

色違いの刺繍バッグ仕上がりました

2012年03月26日 | ウクライナ刺繍

ボケの花はふっくらポッペの女の子の様です

 

 

止め具のデザインに迷っていたバッグを

ボタンで留めることにして仕上げました

この模様が好きで色違いで作ってしまいましたが

如何でしょうか展示会に間に合いました

 

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

コメント

ディズニーアニメーション20

2012年03月25日 | 本の話

碑文谷公園には未だ水仙が咲き残っていました

 

ディズニーアニメーションは恐竜のスケッチです

 

確かファンタジアの中で春の祭典だったと思いますが

間違っていたら教えてくださいね

 

来週は展示会の為ディズニーアニメーションはお休みします

 

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

コメント

庭の妖精

2012年03月24日 | 花の妖精

碑文谷公園も菜の花が盛りでした

 

 

庭の妖精のお出ましです

テンニンギクは男の子なんですね

 

スイトピーにいい香りがあるのを知ったのは

伊勢原に有った恵泉の温室を案内してくださった

山口美智子先生から教え頂いたからです

「スイートピーと言う名はよい香りがするから付いた名前ですよ」と

最近はよい香りのスイトピーが出て来ていますが

当時は香らない花だったので印象が深く

温室の様子なども記憶に残っています

 

昨日予告しました行きつけの御食事処は雨の為

月曜日に日延べいたします

 

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

 

 

コメント

学芸大学西口商店街

2012年03月23日 | 展示会

春の葉ボタンは美しくなりますね

葉先のフリルに見とれます

 

展示会の会場は学芸大学駅西口を出て真直ぐな道ですが

以前同じ会場で開いた時に行き過ぎてしまった方が有ったので

目印を兼ねて商店街の様子をお知らせします

西口を出た所です

 

右側の元蕎麦屋さんだった後にアイスクリームやさんが入って

今月末にオープンらしいです

 

一番の目印は東京都民銀行

此処の十字路を左に曲がって右側にある

鯛焼やさんのアンコは美味しいです

皮が薄いのが私には不服ですが、餡だけも売っているそうです

寄り道はお帰りになさってお進みくださいね

 

ソフトバンクを目印になさると便利です

買い物袋を持った女性の斜め前に見えるのが

会場の花屋さんです

素敵ディスプレイは若旦那のデザインです

この店の右端の階段をお上りください

 

付録として

ソフトバンクの四つ角から左を見ると突き当たりに碑文谷公園が見えます

運がよければ池に延びた櫻の花盛りに逢う事が出来ます

突き当たるとちゅうの、この看板の所は

元勧業銀行のグラウンドの有った所で櫻も見事ですこの中を通りぬけて

碑文谷公園に入るのがお花見に最適です

 

ご参考になると嬉しいです

明日は行きつけの御食事所を御案内しますね

 

 このボタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ此方もよろしくお願い致します 

コメント