いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アートなどの作品をご紹介して居ります

クッキーのパッケージのリボンで作った薔薇

2014年10月01日 | リボン・フラワー

大きな鶏頭を初めて見たのはだいぶ前でした

 

 

敬老の日のプレゼントに頂いたパッケージのリボンで

薔薇の花を作ってみました

やわらかい素材で一寸作りにくかったですが

クリスマスのリースに使えそうです

 

金ラメのリボンでサイズの違う花を序に作りました

こちらは一寸硬すぎて作りにくかったです

赤のリボンで作ったらクリスマスツリーのオーナメントや

プレゼントに添えたら喜ばれそうです

ご希望が有ったら久が原教室でワンデーレッスンをしたいと

思って居ます

その時用のデザインを考えましたらお知らせします

 

 

 

←このボタンをポチットして頂くと励みになります 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

コメント

リボンフラワーのストック

2011年03月03日 | リボン・フラワー

シクラメンが花盛りですね


 

リボンで作るストックは色々な創花の原型になりました

 

生のストックで作ったウエディングの帽子をリボンで再現したものです

 


 

名前は聞き知っていましたが、見るのは初めて

八百屋の女将さんに聞いた、卵とじを葉の部分で作りました

優しい味わいでした

今日は茎を酢味噌和えにしようと思っています

残りは甘酢漬けにして楽しみます

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ
ポーレックス
ポーレックス
ハリオ V60レンジサーバー360 XVD-36B 1-3杯用
ハリオ
ハリオ
コメント (2)

リボンで作るスイトピー

2011年02月25日 | リボン・フラワー

ベランダの鉢のこぼれ種からペチュニアが咲きました

 

 

スイトピーが花屋さんを彩っていますね

今日は簡単に作れるスイトピーの

作り方を御紹介します

主婦の友社の作り方画像を載せてみましたが、如何でしょう

この様な写真でお判りになるようでしたら

他の花の作り方も御紹介したいと思っています

 

右の藤の花はスイトピーの応用で出来ます

 

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

  

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子
メディアファクトリー
Duffy 3/19/2010 イースターぬいぐるみバッジ ケープコッドシリーズ
オリエンタルランドディズニーシー
オリエンタルランドディズニーシー

 

エレン図案「EMS025 Easter Rabbit」うさぎと花のイースター
アリスハウス
アリスハウス

 

コメント (4)

懐かしいリボン・フラワーの本

2011年02月20日 | リボン・フラワー

散歩道の小さな5ベンの椿が開花しました

実物はもっと濃いあかで、この二分の一位の花です

 

 

先日御紹介したリボン・フラワーの続きです

昭和44年4月主婦の友社から発行された初めての本です

此の時の女性編集者は見ただけで作れるようにと

きびしく繰り返し校正されたそうです

定価500円です

 

此方は同年11月講談社から発行された本

此方はカラーページが多くなって居ます

作り方が写真で説明されています

定価700円でした

 

 

お祖母さま、お母様の本箱に有るかも知れませんね

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

  にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします 

 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子
メディアファクトリー
イニシャル&モノグラムの刺繍―ヨーロッパ 文字の手仕事
ユキ・パリス
文化出版局
ヨーロッパの刺繍手帖
Bookluck
ピエブックス
コメント