いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アート、フラワーデザインの教室を開いています。

イースター・エッグコレクションから

2013年03月31日 | ピサンキ

手前の花は枯れ掛かっていましたが

奥に未だ開花したばかりの花を見つけました

 

イースター・エッグコレクションの中で

一番高価だった作品です

イコンを描いている方の作品だと言う事でした

ペアで当時$300

買い渋っていましたら他の作品も買うと言う事で

30%OFにしてもらえました

木彫りですがかなり重く密度のある木を使って有るのかも知れません

 

こちらも同じ作家の物で上の物より大分大きな物で

値段は半額でした

ロシアの物語が描かれています

 

次の作品はどれも私にウクライナ刺繍の本を下さった

ジニー・ボーチャさんの作品です

時々制作年を描いていらっしゃいます

 

ジニーさんはソビエット時代にアメリカへ亡命して来た方で

ウクライナでは先祖からピサンキを作る家系だったそうです

ジニーさんの作品は人気がありました

 

今回既に有った画像で御紹介したので

状態の悪い物が多く有りましたが

何れ来月新しくするホームページのギャラリーで

新しい画像を御紹介いたしますので

御興味の有る方はどうぞ御覧下さいませ

 

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イースター・エッグ色々

2013年03月30日 | イースター

開いたばかりの花が薄らとピンクで可愛い櫻でした

 

 

イースターエッグは色々な素材で作られています

中国製の七宝焼です

毎回好きな模様を買いたいと思いながら

買い手が多くてプレビューの日に買われてしまい

何とか選んだ作品です

 

ガラスで出来ているビリケンさんの様な卵です

 

同じガラスでも一寸高価なカット模様の卵です

 

フランスの有名メーカーの宝石入れも

イースター用の卵型が有りました

 

イースターの食事を飾る卵型のキャンドルです

 

紙張りの大きな蓋物です

ドイツ製の中には物語りのプリントを張ったものが有りましたが

大きくて嵩張るので求めませんでした

 

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イースター・エッグの色々な技法

2013年03月28日 | エッグ・アート

枝の先に手鞠のように咲いて居た花です

 

 

今日は色々な技法のイースターエッグの御紹介です

先日のルーマニアの蜜蝋で描いたピサンキです

これは蜜蝋の色だけのものですが

友人の蜜蝋キャンドル作家に聞きましたら

木によって蜜蝋の色は様々だとの事です

 

上の模様は方眼模様ですがこちらの作家さんのセンスが

気に入って求めました

どちらも刺繍の図案になりそうですね

鴨の卵だそうです

 

ポーランドの青絵のピサンキです

ポーランドの作品にはペーパーを使って鳥にした物が有りましたが

輸送途中に壊れて仕舞いました

 

メキシコの絵の具で書いたイースターエッグです

上塗りのニスが変色してしまいましたが

大らかな雰囲気が好きです

 

ドイツの麦わらで作った模様のイースター・エッグです

本などではもっと複雑な模様を見かけましたが

麦わらの艶が綺麗です

 

アメリカの作家さんの掻き落しの技法の作品です

展示会では美しい模様を作って居られたのですが

注文の仕方が悪かったのか

御本人はこちらがご自慢だったのか

注文した作品より高価に売りつけられてしまいました

鵞鳥の卵で作られています

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

磁器のイースターエッグ

2013年03月27日 | イースター

トサミズキ(ヒュウガミズキ?)は淡い黄緑の色が好きです

 

 

今日のイースターエッグは磁器製です

一寸大きく鵞鳥の大きなサイズ位です

蓋物になって居ます

 

絵が変わって居たので求めました

刺繍に使えそうですね

 

ウクライナ刺繍の模様が可愛いです

手前のヒヨコの寝ている形の物は直ぐに売り切れてしまい

次の年、飾り付けられた時、真っ先に求めました

 

左はフィンチの卵サイズ

右はホワイトクイルサイズに出来ています

 

これはヨーロッパに旅行した友人からのプレゼントです

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蜜蝋で描いたピサンキ

2013年03月26日 | イースター

しでこぶしの中のべにこぶしのようです

未だ2メートル程の木ですが綺麗な花を咲かせていました

 

 

今日のピサンキは腕の確かな方の作品です

蜜蝋も花の種類によって色々な濃さが有りますが

其れを生かして描いた模様が魅力です

 

色を付けた蜜蝋で描かれていますが

一色の濃淡です

 

2色の濃淡で描かれた作品

 

蜜蝋の自然色と染めた色3色になって5色ですね

 

模様も複雑になって色も多くて楽しい作品です

 

こちらは地色を金にして色数は少ないのですが

強い作品になって居ます

 

以上どれも蜜蝋で模様が描かれた作品です

たしかルーマニアの物と聞いています

日本でも蜜蝋で作ったクレヨンを売っていると聞いた事が有るので

この方法に挑戦したいと思いつつ

刺繍の方に惹かれていて

未だクレヨンを見つけておりません

 

何れも卵殻は肌の綺麗さを見ると鴨の様です

鴨の卵殻は水鳥の為か染める技法だと色が染まり難いので

考えられた手法かも知れません 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッグ・コレクションより木製品

2013年03月25日 | イースター

豆科というだけで未だ名前を調べていません

 

 

今日は木彫りの卵を集めました

卵から覗いた雛の表情に挽かれて求めた日本の方の作品です

雛が動くようになって居ます

最近有名になられてテレビで紹介された時に

この作品と同じ物を発見嬉しくなりました

 

インドの作品です鶏の卵と同じサイズで

蓋物になって居ます

 

同じくインドの物

大きな物は鵞鳥の卵、小さな物はチャボの卵と同じ位です

 

これも確かインドの物ですが作者が違うのでしょう

 

ヨーロッパの物だったと思いますが忘れました

 

メキシコの物です皿とセットになっていました

 

今週は卵尽くしです

 

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

イースターエッグコレクションより

2013年03月24日 | エッグ・アート

ライラックは水揚げが難しくて手古摺りますが

使いたくなる花材です

 

 

今日はコレクションの中から石でできた物を御紹介します

色々なカケラが交ざったマーブルです

 

白のマーブルとグリーンのマーブルです

グリーンの方は中国製で鳥と花が描いてあります

 

ケニアの制作です

ベージュ色の石を染めて模様を削りだして有ります

この卵を見た時にケニアにはこんな形の卵を産む鳥が居るのだと

想像して楽しくなりました

以上はアメリカで購入しました

 

 

これはエッグ・アートの生徒さんから頂いた物ですが

大理石を卵形に彫刻して

先端を欠いたように掘って中に黄味と白身を

樹脂で作った作品です

銀座和光の箱に入っていました

 

石ではないのですがスワロフスキーの

ガラスの卵です 

これは伊東屋で求めました

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッグ・コレクションから

2013年03月23日 | エッグ・アート

イースターフラワーのラッパ水仙

私が訪問したクリーブランドの郊外ではイースターが近ずくと、

通りの交差点などでこの様にした花束を安く売っていました

 

 

イースターに度々訪れていた時に集めたコレクションの中から

鶏卵の作品を御紹介します

右は紫に染めた後で絵を描いたもの

右はアメリカでは珍しかった茶色の卵其の儘に装飾した物です

30年程前のスーパーには茶色の卵は見かけませんでしたが

下宿の叔母さんは少し高価だけれど茶色の卵の方が

栄養が有ると買って来ていました

でもイースターエッグを作る時は安い白い卵です

 

これは絵描きさんが書いた絵だと言う事でした

 

 

この5点は同じアーチストの作品です

 

どれも中身は抜いてあります

中身の事に黄味が残って居ると表面の絵の色が変わる事がありますが

丁寧に作って有る作品は今でも綺麗です

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩道の花

2013年03月22日 | 散歩道で

ラッパ水仙も色々な品種が生れていますね

 

 

ミモザあかしやの木の成長に驚く事があります

今年はどの木も小金色の花を一杯付けています

風の強い日でしたから木の全体は

只黄色の塊になってしまいました

 

藤の花に似た房状の花が水しぶきの様でした

 

これは初めて見たのですが・・・・・・

 

この櫻の花弁が散った後の蘂でした

でも花火の様にピンクが開いていて可愛かったです

 

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テーブルセンターの続き

2013年03月21日 | ウクライナ刺繍

地味なクリスマスローズですが・・・・・

 

 

テーブルセンターの続きです

黄色部分がほぼ刺し終わった所です

 

緑がほぼ刺し終えたと思ったのに

未だ大分残っています

 

このモチーフはコースターやピンクッションに使えそうです

未だ先がながいです

 

 

 

 

このタンをポチットして頂くと励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ←此方もよろしくお願い致します 

 

イースターのおはなし―ターシャ・テューダー・クラシックコレクション (ターシャ・テューダークラシックコレクション)
Tasha Tudor,内藤 里永子

メディアファクトリー

 

スラヴ世界のイースター・エッグ―ピーサンキからインペリアル・エッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加