いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アート、フラワーデザインの教室を開いています。

ウクライナ模様のモチーフの御紹介

2018年08月14日 | ウクライナ模様

ダリアの中で好きなタイプです

 

 

ウクライナ模様のモチーフの御紹介

目数が判り易い様に大きめにしてあります

実物は5分の3程の大きさです

 

 

 

                           ご感想のコメントを頂けると嬉しいです

                                                    ←このボタンをポチットして頂くと励みになります 

                                                            にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

コメント

刺繍しかけて何年???

2018年07月23日 | ウクライナ模様

今年は未だ此のユリに会って居ません

 

 

刺繍しかけて何年?????

やっと全部刺し終えました

 

赤の点々と花弁風のモチーフを黒で囲い

葉の様なモチーフを入れるのが結構面倒で

少し足しては仕舞い込む事を続けて来ましたが

やっと全部刺し終わりました

あとは周りの始末だけになってホッとしています

 

 

 

 最近此の部分が編集をした位置と検索で見たページと位置が

違っているのが気持ち悪いのですが何故か原因がわかりません

 

                                   ご感想のコメントを頂けると嬉しいです

                                                       ←このボタンをポチットして頂くと励みになります 

                                                                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

コメント

この模様どちらが先に?????

2018年07月19日 | ウクライナ模様

今日も松葉ボタンです

 

 

この模様どちらが先に?????

この模様だけでなく他にも何点か

同じモチーフの模様が有るのです

初めて見付けた時に嬉しくなりました

赤黒の作品を見た手芸好きな方が

「私ならもっと豪華にまとめられるわ」

と思ったのか

カラフルな作品を見た人が

赤と黒の糸しか手に入らず2色でまとめたのか

ウクライナの刺繍地図を見ると

地方によって黒や赤一色又は黒と赤2色

そしてカラフルな模様とあります

 

 

 

                                                                                         ご感想のコメントを頂けると嬉しいです

                                                                       ←このボタンをポチットして頂くと励みになります 

                                                                                 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

 

 

コメント

ボーダー模様カラーNo6

2018年07月14日 | ウクライナ模様

痛まぬように袋を被ったアリアムの集団は

ユーモラスでした

 

 

 

ボーダー模様カラーNo6

大きな模様の縁飾りに使って有ったのを見た事があります

 

昨日までの11日間ブログの更新が出来なかったのですが

作りかけの刺繍が進みました

後少しで小さなテーブルセンターが刺し上がります

 

パソコンの様子がおかしくなった時

壊れたと思いました

沢山の刺繍チャートも消えたかとドキドキしましたが

消える事無く保存されていて

一安心しましたが

万一の為にチャートを保存しなければと思って居ます

 

 

 

 

                                      ご感想のコメントを頂けると嬉しいです

                                                ←このボタンをポチットして頂くと励みになります 

                                                             にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

コメント

刺しかけの模様を・・・・・

2018年06月25日 | ウクライナ模様

此のタイプのペチュニアが好きなのに

近所の花やさんには見かけません

 

 

刺しかけて仕舞いこんだクッションが

見つかりました

黒で縁取りを刺しかけて有ったのですが

強すぎて気に入らず途中で仕舞いこんだ侭でしたが

黒の部分を解きました

模様自体は可愛いので縁取りなしで

仕立てる事にしました

 

こちらが本に掲載されていた模様です

黒が入ると大人の雰囲気になりますが

どうも一本取りの様なので

老眼の進んでいる現状では無理とあきらめました

 

 

 

 

                 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります   

                    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

コメント (2)

カラーのボーダー模様No2

2018年05月31日 | ウクライナ模様

優雅なアジサイでした

 

カラーのボーダー模様No2

黒と赤の配色を一寸北欧色でと思いましたが

中途半端でした

色々に試してみたい模様なのですが

中々決定に至りません

 

 

 

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります   

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

コメント

巾着型ポーチ2点仕上がりました

2018年05月30日 | ウクライナ模様

このスタイルのペチュニアが四季なのですが

近所の花やさんには出て来無いのが残念です

 

 

巾着型のポーチ2点仕上げました

一寸地味目の色でクローバー模様です

 

二点目は一寸派手目の色で

展示会の折にこのサイズの巾着のご注文で

すでに刺繍が住んでいた中から選んで仕立てました

 

しばらく整理していなかった本棚から

思いがけなく好い本が見つかったので

昨日は午前中、本棚探検して

又面白い本に出合いました

新潮社版の「食卓の情景」池波正太郎著の

色々な食べ物にまつわるお話

中には調理方までが描いてあるので

料理のヒントが頂けそうです

実行して上手にできた時はご報告しますね

 

あとがきに昭和48年春となって居ます

 

 

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります   

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

 

コメント

クロスステッチで無い模様です

2018年05月15日 | ウクライナ模様

あやめと言う言葉がぴったりな菖蒲です

夢二の絵に出て来そうです

 

 

クロスステッチだけではない模様です

この模様がどんな風に使われていたのかと

想像しながら刺したのですが

原点の資料が見つかって居ません

 

 

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります   

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

コメント

展示できなかった作品の續

2018年05月10日 | ウクライナ模様

ベル型のクレマチスが増えましたね

 

 

展示出来なかった作品の續

此の作品の様に縁の模様があるデザインを

最近刺集していませんが

短銃だけれど、素朴で、感じの模様ですね

 

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります   

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

コメント

今回出品を忘れて居た作品

2018年05月09日 | ウクライナ模様

小さなアンセリュウムでした

 

 

今回出品を忘れて居た作品

収納場所が悪かった為に出し忘れて居たようです

簡単な模様なので気軽に刺した記憶があります

色々に応用ができるボーダー柄なので

サンプルを作って置こうと思って居ます

 

 

最初の頃から織物の事や庭に訪ねてくる 狸や家に居ついた

野良猫さん、小鳥さん、野山を彩る花や果実の事を

乗せて居られた(やまんば)さんが

最近画像を入れることが出来なくなったと

こぼしておられましたが

ついにブログもパソコンもやめると宣言されました

残念です

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

 ←このボタンをポチットして頂くと励みになります   

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

コメント