やっちの日々。

昨日の自分に負けない。たくさんの夢がかないますように・・・。

気合!

2006年11月25日 | 
小学校のダンス講座に行ってきました。 始める前に子供たちに、2月に行われる公民館祭りに参加してみないか提案しました。 参加=ステージで踊る!ってことです。 子供たちの意見はバラバラでした。 「いいよ!」という子。「パラパラだったらいいよ!」「えーーーっ!」「間違えたらはずかしいしー!」と意見がでました。 参加するには満場一致で出たいし、出る以上きめたいです。 とりあえず、今日の講座を終えて、みんなで決めることにしました。 今日やった曲はみんなも知っていて、「うれしー」との声が多く、楽しい2時間だった。 振りはやりやすい感じで作ったので、合間に逆立ちや側転やったり、跳び箱、マットの裏技、私の昔話などで盛り上がりました。 6年生という思春期真っ只中なのに、心はピュアで、かわいいんです。 私は親でもない先生でもない、そんな気楽な大人の一人として接することができればな~と思ってました。 講座を終えてみんなに公民館祭りの参加の意思を確認すると、「かっこいいし、やってみたい!」と満場一致となりました。 衣装をきめて、メイクをして、2月のステージではじけれるよう、子供たちをサポートしていきたいです! 私もワクワクしてます♪ 
コメント

頑張ってます。

2006年11月23日 | 家事
最近、お疲れモードなのか、だんな様の帰りを待てないまま子供と寝ている私。 今日は巻き返すため、気合を入れて夕食を作りました。 何日か前にテレビで「レンコンコロッケ」をやっていて、おいしそうだったので、作ることに。 たまねぎのみじん切りを炒め、鶏ミンチを加えてさらにいためる。 レンコンをレンジで3分チンして、すりおろす。 両方をまぜ、隠し味にコンデンスミルクをイン。 あとは粉つけて、卵くぐらせて、パン粉でくるんで油で揚げる。 
 
夕食のとき、このコロッケが何で出来ているかが話題になった。 みんな「サトイモや!」と言う。 「ぶーーーー!レンコンですぅー!」と私。 みんなで「おいしいじゃん、レンコン!」と言ってる時間が、ほのぼのとして楽しかった。
コメント

おもしろい発言。

2006年11月22日 | 育児
最近アオの言葉づかいが大人びている。 質問したことがきちんと文章になって返ってくる。 夕飯のときの会話を紹介したい。 おっきいばあちゃん、ハル、リーとアオ、私とテーブルを囲んでいた。 昼寝をしないアオは私に抱かれながら、まぶたが重たくなっている様子だった。 「そろそろお風呂にしよっか~」「アオちゃん、ばあちゃんか、ハルかリーかママか誰と入りたい?」と聞く。 ハルは「僕と入るよね~」と笑顔を振りまき、りーは「お姉ちゃんって言うんだよ」と耳元でささやく。 私はきっとママと言うだろうと思っている。  みんなが注目する中、アオが出した答えは「自分で入るでいい!」だった。 みんなきょとんとし、顔を見合わせ、そして「えーーーーーー!!」と爆笑の渦。 もう一回質問しても、「一人で入る!」と考えは変わらない様子。 「一人ではいるの?」との質問に動じることなく「うん」。でも、みんなの反応に照れてました。 結局、ハルと入りました。 お風呂では飛び込んだり、もぐったり。 全然水に動じないので、驚きです。 アオ、大好き!
コメント

夢に向かって。

2006年11月20日 | 
2週間ぶりの黒川エアロ。 楽しみに毎回参加してくれる人もいて、居心地がいい。 帰りがけに声をかけられた。 「先生は子供のダンスはやらないですか? うちの子にやらせたいので、是非やってください。」と。 ずーっと子供のクラスを作りたいと思っていたが、自分の自信がまだない。 最近、子供に関する問い合わせがちょこちょこあって、夢に対する思いが強くなってきた。 焦っても仕方が無いが、時間を見つけて勉強にいける環境がほしい。 
コメント

なんでー!!

2006年11月19日 | 自分
ディズニー2日目。 朝からどんより天気。 開園してしばらくすると、肉眼ではっきり見えるほどの雨降りになりました。 「え~!!」と子供たち。 持参した合羽を子供に着せ、私は傘をさす。 本降りになると動かないアトラクションもあるので、それらを先に乗り、あとはお土産を見たり、スウィーツを求めたりして過ごしました。 雨のせいで、パレードやステージショーがなくなり、ますますテンションは下がりました。 だんだん寒くなるし、子供たちも「帰りたーい!!」と。 結局雨に負け、3時40分に浦安を出ました。 帰りもハンドルを握り、子供たちが寝ていたこともあって、ノンストップで、自宅まで帰ってきました。到着が8時前。 土産を開いて、風呂に入って、楽しかった2日間を振り返りました。 強行ではありましたが、よく行ったな~と我ながら関心。  しばらく仕事に家事に育児に頑張って、またご褒美を見つけたいと思います。 私、お疲れ~!!
コメント

やってきました。

2006年11月18日 | 自分
強行手段の末、ハルとリーを両手にディズニーシーに来ました!!快晴です!
12時半に出発し、休憩することなく東京まで走りました。3時半ころ、ディズママにハンドルをあずけ、開園まで漠睡。 睡眠時間3時間で、シーに乗り込みました。 今回は新しいアトラクション、{タワー・オブ・テラー}と、前回乗れなかった{レイジング・オブ・スピリッツ}に乗ることが目的。 開園と同時に、タワーのFPを取るために、走りました。 朝一のランは久しぶりで、気持ちいいのと、睡眠不足のハイテンションとが後押しして、人を追い抜いて走りました。 並んだ列は長蛇でしたが、FPをゲット!! レイジングも時間をずらしてFPをゲット。 念願かなって、楽しいひと時が過ごせました。 去年とは違った飾りに、お土産。子供たちもはしゃいで、この笑顔を見ると「連れてきてよかったな~」と思うのは親心でしょうか。 明日はランド。 どんな笑顔が見れるか楽しみです♪
コメント

強行!!

2006年11月17日 | 友達
去年からディズニー好きのママ友とお付き合いが深まり、去年は3回も行った。 今年はハロウィンのみ。 「クリスマスも行きたいね~」と言ってはいたものの、ホテルが満室で予約できず。 子供も一緒に行くため、どうしても車泊はしたくない。 行く予定にしていた18日はミッキーの誕生日だそうで、ホテルもとれないわけだ。 行っても混んでいるだろうな~。。。
今日、夜エアロの準備をしていると、ディズ友が家に来た。「もう一回ホテルに電話して、それで駄目ならあきらめよ!」との言葉に、とりあえず電話する。 いつも行くところは満室と即答。 あきらめ半分で、メモっておいたホテルに電話する・・・ すると、離れてはいるが、2部屋取れるということに。  二人で小躍りしながら、『行っちゃう~、行っちゃう~』を連呼。 そして、夜エアロの後、二人で旅立ちました。
コメント

気づけば・・・

2006年11月15日 | 自分
身長161センチ。 3年くらい前エステに行った時、「理想体重は48キロですね~」と言われた。 スポーツ大好きな私は、筋肉質で足の太さにコンプレックスを持っていた。 当時体重52キロ。 その後、エアロに復帰し、3人目を出産。 今年は48キロを目標にした。 1年前から、暇を見つけてはランをし、暇を見つけてはストレッチに励んだ。 体重はほとんどかわらず。 リーがバレエを始めたこともあって、りーのまねをして、姿勢のチェック、気づくとバレエの基礎トレ(私のオリジナル)をやっている毎日だった。 お腹が減れば食べる。 しまったと思えば動く。 そんな半年を過ぎ。体重は50キロ。 ここからが変わらない。  秋になって、食欲が増す。 ここで負けたら元に戻る。  姿勢をとにかく気をつけて、ストレッチは毎日自然とやっていた。 ずいぶん体も柔らかくなり、180度開脚を目指して奮闘中。   

最近、ちょっと楽しみが出来て、気分がウキウキ♪している。エアロもまたはじめ、ランをする時間がなくなりました。 しかし、以前のように甘いものを食べたり、買ったりがほとんどなくなり、間食といっても、コーヒーをすする程度。 気づくと体重が49キロに。 何だか、焦る。 (私は病気か??)なーんて。 
人間、うまくものが運ぶと、疑いたくなる。 
そして、今朝。48.5キロになった。 毎朝裸の全身を見るが、自分でも「やせたな~」と思う。 大事なとこも減ったのが、何より悲しいが・・・ 動いていても体が軽い。 これは、成功ですね。。。
コメント (2)

手伝いアオちゃん。

2006年11月13日 | Weblog
りーの影響を受けるのか、アオも手伝いをやりたがる。 『テレビ見て待ってるのが手伝いねー』なんていう言葉はもはや通じない。 今晩も手伝いをねだられ、皮むきを頼んだ。 ジャガ芋と人参。 二歳の手にしたら、至難の業なんだろう。 プツプツと皮がちぎれ、皮を剥いているのかどうか、怪しい。 でも必死にチャレンジしてくれた、アオ。

その後、ポテトサラダに入れるマヨネーズを舐めながら絞り、グルグル混ぜてくれました。 やらせてみれば、不器用ながらにいろいろやる。 そんな姿勢が頼もしい。
コメント

七五三。

2006年11月12日 | Weblog
星のまたたく夜は、次の日は風が強いらしい。 そう、ハルの教材で勉強した。 昨夜はオリオン座が綺麗に見えて、星がまたたいていた。 そして、言われの通り、今日は一日、冷たい風の吹く天気だった。

朝から洗濯物をたっぷりして、子供たちをおめかしして、神社へ。 徒歩10分と、子供の散歩を兼ねて行くにはちょうどいい距離。
風を受けながら歩いた。

七五三に合わせて祈祷が行われるが、行事にこだわらず、一年の健康祈願ということで、ほぼ毎年来ている。

神官様の祈祷を聞きながら、三人それぞれの成長を振り返った。 今年はみんな落ち着いて座り、頭を下げたり、柏を打ったりした。もらったお菓子などを自分で提げて、家まで歩いた。 だんだん外で子供を抱かなくなった。みんな自分の意思で自分で歩く。 手を繋ぐだけで、自信たっぷりで笑顔を見せながら歩く姿に、立派になったなぁ~と感じた。

子供は一人で大きくなるものではなく、私たち親があってこそ。 『親』という職業は初めての経験で一生続くもの。 親の言葉で子供は育つ。 これからたくさんの説教や称賛、賛嘆、罵倒… いろいろかけていくだろうが、子供あっての親。 子供と一緒に育ち、手をかけていきたい。。。
コメント