やっちの日々。

昨日の自分に負けない。たくさんの夢がかないますように・・・。

やりすぎ?

2006年01月31日 | 育児
息子は算数が大好きだ 宿題で算数ドリルをノートに書いて解き、答えあわせをする、というものが毎日出る。 1ページに20問。 宿題では3ページが出される。 そんな中、10ページやっていったり、時には20ページやることも。 土・日に25ページやって「これで、僕が1番だ」と自信満々に登校していった。 帰ってくると「僕が1番やった」と嬉しそうに話した。 そして、今日帰ってくると「お母さん聞いて、○○ちゃんに抜かされた。だって、40ページもやってきたんやよ」と。 そうとう悔しかったのか、5時から机にかじりつき、もくもくと算数ドリルを取り組んでいた。 夕食と風呂を済ませると、またドリル。 結局、8時半の就寝時間までやっていた。 布団に入った息子に「どんだけやったの?」と聞くと「40ページ。明日きっと僕が1番や」と。 「算数好き?」「うん。」 頑張りすぎる息子、大丈夫かな? スタートダッシュでバテなきゃいいけど・・・。 2年生や高学年になっても、算数好きでいてほしいな~ 『頑張って』という言葉は、時にプレッシャーを与え、本領発揮を妨げる。 そんな親になりたくないが、結構私は頑張り屋。 息子に知らず知らず期待してしまう。 教科書のない子育て この息子を見守る言葉は、何がふさわしいんだろう。。。  
コメント (2)

わいわい。

2006年01月30日 | 友達
ボランティアサークルで人形劇をやっている。 今日はみんなで新年会 久しぶりにみんなで集まって、世間話に話が弾んだ。 ご近所さんばかりなので、みんなのことは知っているが、改めて話すと発見があっておもしろい ホントはネタを考えたりしたかったが、そんなことそっちのけだった・・・それも、こういう時は有りかな? 今年もいろんな地区のみなさんに笑顔を届けたい  
コメント

アスレチック。

2006年01月29日 | Weblog
天気は快晴。子供を連れてアスレチックへ。 旦那様は旅行中…。 息子にはパパの代わりにお母さんを助けてね、と。娘には妹の面倒をみるように、と。末の娘にはお兄ちゃんとお姉ちゃんの言うことを聞くように、とそれぞれ今日は私と約束して出掛けました。 息子も娘もみんなの事を気にかけて、先に行っても振り返って待っててくれたり、私の荷物を持ってくれたり、末の娘を抱っこしてくれたりと約束した以上に私を助けてくれました。 今日は息子が学校の行事で行ったアスレチック内にある『虹のトンネル』目当てに行きました。 息子に案内されて着いた虹のトンネル。天井からいろんな色の電気が交互につき、トンネル内には倉本裕基の曲が流れていて、癒されました。 階段やアップダウンのある道でも末の娘はもくもくと歩き、「抱っこする?」との私の問い掛けにも「いや。」と首を振り歩きました。 ホントに強い娘で転んでも泣かないし、高いところへも上ります。お兄ちゃん達の背中を追いながら、同じように振る舞おうとする姿は三人目ならではなのでしょうか? 二時間たっぷり歩き疲れたのでしょうか、最後はやはり山道を転がり、唇を切りました(>_<) 外に出ると子供の成長がよく分かります。 「お母さ~ん」と泣きっ面だった子供達が、「お母さ~ん、見てー!」と手を降ります。私を「大丈夫?」と気遣ってくれます。 こんな時、この子達のお母さんでよかったなーと思います。 今日は幸せ感じたアスレチックでしたo(^-^)o
コメント

『天国行きの言葉』

2006年01月28日 | 自分
旦那様の同級生の新年会に出席した 肝心の旦那様は会社の旅行で不在。 久しぶりのいっぱい 子連れの会になったけど、夜の外出は楽しかった。 帰って子どもを寝かせ、のんびりしていると、一枚の紙が・・・ タイトルが『天国行きの言葉』と『地獄行きの言葉』だった。 『言霊』といって言葉には不思議な力があり、自分の出した言葉とおりの現象が起こるという。 『幸せ』って言っていると幸せなことが起こり、『感謝してます』って言えば感謝したくなることが起こるという。 これが『天国行きの言葉』。そして、反対の『地獄行きの言葉』は不平不満や人の悪口。 車の中や、独り言でも神様は聞いているらしい・・・。 悪口を言えばまた言いたくなるようなことが起こるという。 考えてみると、嫌だな~っと思って欠点しか見てないと、その人とはずーっと仲良くなれない。 相手のいいと所を見つけたり、相手を受け入れることでその人の存在が大切になる。 B5の用紙いっぱいに書かれたこの記事は、人との付き合いや、自分を高めていく上で大事なことを見つめ直せれた。 子育てに追われていたり、自分に余裕がない時はついつい『地獄行きの言葉』を出してしまう。 子どもの欠点を口に出してしまう。 そんな時、『天国行きの言葉』が出されたら、子育てがもっとうまくいくかな? 自分の夢に向かっていると、たくさんの子どもや、父兄の方に会う機会が多い。『天国行きの言葉』を発して、目の前の現象を変えていきたい
コメント

チアーへの道。

2006年01月27日 | 
今日はチアーの日。 今年に入って4回目。 子ども達にも慣れてきたし、子ども達も寄ってくるようになった 慣れてくると、アドバイスもしやすい。 同じ年のこどもたちなのに、人見知りを全くしない子、人の世話までやる子、集中できない子、恥ずかしがりや・・・世の中には、いろんな子どもがいることに、改めて知らされる。 それだけ、個性があるということだ。 その、一人一人の個性を生かして、チームとして、チアーダンスを踊ること、教えることが私たちの役目。 やりがいのある、仕事だ  今日は、サブが風邪でいつものパワーが半分。 1本目はサブもがんばっていたが、そのあとはサブはお休み。 2本目のレッスンはリーダーについて、サブのいない分、頑張った どんどん振り付けが進んでいき、教えながらも自分が楽しんでいる  2本目が終わって私の仕事は終了  その後キッズダンスのクラスがあった。 時給は発生しないが、勉強のため今日も参加した。 サブがいなかったので、ホントに仕事した~って感じだった。(時給だしてくれ~が本音) レッスンの間、子ども達の親(今日は7人ほど)がビデオを持って突入 振りを家で練習するためらしい。 子どもは楽しく、親は必死って感じ。 その気持ちすご~く分かる。 親の方が熱くなっちゃううもんね。  そんな子ども達を教えているのだから、私は期待に応えれるよう務めたい 
コメント

もどかしい。

2006年01月26日 | 自分
走れども走れども、体重に変わりがない。 一日一運動を始めて半月…わずか1キロ減。 こんなもんか? 今日も6キロ走った。 そして美味しく食事した。←コレがいかんのかも…(-.-;) とりあえず太ることはない。 今日もテレビでダイエットについてやっていた。無茶苦茶走るのではなく、食事の内容、摂取の順番なども見直したい。 後3キロ。 数字にこだわりたい。 自分に負けたくない。
コメント

読み聞かせの世界。

2006年01月25日 | 育児
保育園で中川良孝さんを招いて、『読み聞かせ』の世界について話しを聞きました。日本中の保育園・小・中・高校、そして鑑別所を回って読み聞かせをしているという。 今までいろんな人から読み聞かせについて聞いてきたが、本を読むことが『生きる』ことを育むとストレートに心に響いた。 そして、子供への読み聞かせの前に親も本を読みなさい!と言われた。 最近、本を読む努力をはじめた私。やっぱり本はいいんだ!と確信した。 本を読むことは集中力を養い、スポーツの基本にもなるそうだ。実体験ができなくても、本から体験できる。しょうもないと大人が思う本が子供の好む本。そんなことをいくつか聞けた。 夕方、無性に読み聞かせがしたくなった。娘に本を読む。娘は必ず「もう一回読んで!」と言う。今日も二回読むこととなったが、嫌ではなかった。 夕飯後、図書館で借りた本を読んだ。正直、活字のみは苦手だ。漫画ならスラスラページも進むのに…(-.-;) 案の定、半分読んだところで仮眠…ZZZ 情けない。 続きは明日。少しずつでいいんだ。ボチボチいこ…。
コメント (1)

ピッチ。

2006年01月24日 | 友達
「あけおめ~」と今さらの挨拶だが、年が明けてからピッチとまったりしたのは、今日が初  たまりにたまったお互いの報告ごとを話した。 お昼が近づいた頃、ものすごい勢いでが舞ってきた。 家にをする。 あてにしていたおばあちゃんが出ない 5分おきに2回コール。。。  娘をおんで、ピッチのを借りて、雪がふぶく中、家まで帰る。 家に戻るとおばあちゃんが洗濯物を取り込み終わったところだった。 「ありがと~」 そして、また娘とでピッチの家へ。 娘をおぶり、ブーツを履き、ひたすら必死で自転車をこぐ私の姿は、回りからしたら「どうしたの??」って感じだったと思う・・・ 午後からもピッチとまったり。 もうすぐべビちゃんを産むピッチ。 しばらくまったりがなくなると思うと寂しい・・。しかし、出産ってそう味わえるものではない。 多分、この先私は経験しないと思う。 ピッチには頑張ってもらいたい。 いつか私の娘と、ピッチの娘が私たちのようになったら素敵だと思う 
コメント (2)

チョコレートの会。

2006年01月23日 | 自分
シンプルさんを中心としたこの会、『チョコレートの会』 その名のごとく、チョコレートを愛する会だ。 オーダー先はロイズ 今回はダイエット中のため注文を躊躇したが、自分へのご褒美ってことで、注文してしまった。 そして、今日、届いた 早速、封を切る。う~ん、いい匂い 一口、二口、三口・・・止まらない。 冷静になる。 やばい。。。  そして、走ることにした。 今日も学校までの往復6キロ。 近所もまわって6.5キロ走ってきた 食べたら、走る。そんな風に考えたら、チョコレートもガソリンみたいなもの。 走った後は爽快だった しばらく、ロイズをガソリンに走ろ~っと
コメント

達成。

2006年01月22日 | 自分
今日は日曜。 お出かけの予定もなく、家でまったりだったので、午後から走ることに 息子が付いてきた。。。 先週目標にしていた、キャンプ場まで走ることにした。 学校から更に500メートル先。 自宅からキャンプ場まで3.5キロになる。 雪の予報で、晴れてはいたが、風が冷たく気温も3度だった。 走ると、頬が痛い 息子とたわいもない話をしたり、がむしゃらに走ったりと、学校付近まで来た。「よし。ここから」と気合が入った。 走ってみると、楽にキャンプ場に着いた。 その頃、旦那様と娘がで到着。。。 4人でミニアスレチックで遊んだり、散歩したりして、40分を過ごした。 こんなのんびりした、ひと時が私は安心する  その後、を積み、私を残して3人は去っていった。 私は家までの3.5キロを走った。 一人はやっぱり、寂しい 帰り着くと、空はどんより  30分もするとが降ってきた。 7キロ走って、気持ちよかった 疲労感はそれほどなく、積み重ねの成果だと思った。 『キャンプ場まで走る』という目標をまずクリア 私、お疲れ
コメント (1)