やっちの日々。

昨日の自分に負けない。たくさんの夢がかないますように・・・。

幸せいっぱい

2006年12月31日 | Weblog
今日で一年が終わる。ホントに早い一年でした。 チアーの種蒔きとエアロの普及を誓った年初め、仕事の面ではいろんな人に出会いながら刺激を受け、助けられた一年でした。 年末、また新たな出会いもあり、来年のワクワク感を募らせてます(^O^)!

育児の面ではアオを中心てした子育てになりましたが、家族の協力も得ておっきなストレスもなく、楽しめました。三人とも病気にかかっても、引きずることなく元気になってくれたし、子供が元気にいてくれたから、私も好きに動けました。ありがとう。

旦那さんには叱咤激励の一年でした。冷静に私を見てくれていて、あかんとこは気付かせてくれたし、頑張ったことは認めてくれました。パートナーがいてくれての私だと思ってます。ありがとう。

友達はまた増えた一年でした。いろんなサークルを盛り上げてくれたし、人脈も広がりました。ふるさと祭で踊ったダンサーたちは、私を夢に向かって背中を押してくれた仲間です。踊る楽しさ、観客の拍手の気持ちよさを味わせてくれました。 これからの私を見ててね!

来年はもっと自分をみがいて飛躍したいです。人として、母として、そして女として、私らしい道をつくって行きたいです。

ブログに遊びにきてくれてるみなさん、ありがとう。これからもよろしく(^0^)/
コメント

チアーへの道。

2006年12月22日 | Weblog

今日で金曜のチアーがラストだった。 来月から、新規のキッズを入れてチアーとダンスのクラスが増えるためで、そのクラスに移動になりました。 教える対象は保育園児で、集中できない子供のフォローがメインとなりそうだ。 今年は一年、新規のクラスと小学生のクラスをみることができて、チアーのことを少し分かった一年だった。この先もこの子たちの成長の手助けをしたいと思ったが、そうはうまくいかないようだ。  今日で最後だと思うと寂しくもあり、残念な気持ちもある。  レッスンの最後にみんなにクリスマスプレゼントを渡した。「先生は今日でこのクラスはおしまいです。」と挨拶すると、「え~!!なんで??」と言う子。 「どうしてなの~?」と聞かれたので、「月曜日の新規のクラスに変わるんだよ」と言うと、「えーーー!!」と言ってくれました。 そんな素直な子たちが好きです。 その後、プレゼントに目を輝かせ、みんなとお別れしましたが、一年があっという間で、ここにいられることに喜びを感じています。 いつか、地元でチアーのチームを作りたい!そうあらたに思った一日でした。

コメント

はっちゃけ。

2006年12月21日 | Weblog
保育園のお楽しみ会。この場で手話サークルの発表をしました。 クリスマス前ということもあって、クリスマスメドレーとウィンターワンダーランドの曲を手話を交えながら踊って歌いました♪ 登場はイントロが流れて、しばらくしてから…というはずでしたが、「手話サークルのお母さんどーぞぉー!」と言われて部屋に入ったもんだから、最初からガタガタ f^_^;
でもトークをしながら繋いで、練習通りの流れになった。難聴者のめーさんも、昨日の練習をしてから俄然やる気になって、一緒に歌って踊ってくれました。
みんなでサンタ衣装を纏って踊る姿に子供たちも手をたたいて参加してくれたことが、何よりの励みになりました。

10分はあっという間で、先生たちからも「よかったよー」と声をかけてもらいました。やはり、発表の場があると気持ちが高まって、日々の刺激になりました。また皆でできたらいいなぁ~ ピッチ、めーさん、お疲れ様ー!
コメント

黒川にて。

2006年12月20日 | Weblog
ミッキーの公演で黒川に行きました。 打ち合わせをする時間もなく、バタバタ始まって、ちょこっとミスが目立った内容でした。ダメだぁー(>_<) やってる最中、見てる子供のテンションが上がったのか、舞台に近づき、人形を触る始末。注意する親もなく、ヤキモキしながら演じてました。 終わったあとも、司会はいないし、こっちも顔を出していいのやらで、締まりのない内容でした。 きちんと注意事項を言わなかったこちらの責任と、時間に忠実に!という基本を振り返った公演になりました。


その後はカレーライスとロールケーキを振る舞っていただきました。大鍋で作られたせいか、おいしさ倍増で、余った分までガッツリ食べました(^0^)/
かなりカロリー摂取して、疲れもふっとびました!
コメント

ジャザサイズ。

2006年12月19日 | Weblog
興味はあったものの、なかなか時間が作れなくて行けずじまいになっていました。 先週、体験予約を入れて、今日行ってきました。
エアロとは違って、力を抜きながらしなやかに、時には力を入れてはっきりとした動きで、汗をよくかきました。 参加してる人も、ラインが綺麗にみえるようにパンタロンでレオタードの人もいました。 いつも指導する立場ですが、たまには参加して楽に楽しみながらやるのもいいもんです。 通うのが少し遠いかなぁー また機会があれば、いろんなレッスンに入ってみたいです。
コメント (1)

危機一髪。

2006年12月18日 | 自分
黒川エアロでした。 先週は通行止めをしていたので30分早く出て、早い開始でしたが、工事が終了したと聞いたので、いつものように出発した。 あと7分で到着!というところで、「通行止め」の看板が・・・  えーーーーーー!とりあえず、バックして迂回路へ。 初めて通る道。ひたすら上り坂。 しかし、戻ることはできず、前へ進むのみ。 矢印の看板もぽつぽつあるだけで、ほんとに迂回路なのか不明・・・ そこへ、黒川の統括している人から電話が。 「すいませーん!」と誤る。 向こうは「3人くらい待ってます。迂回路ですか?気をつけてきて・・」というところで、切断。 なんと圏外に突入。 このまま迷子になったらどうしよう・・と思いながら、山道を行く。 どんどん進んでいくと、日陰で下がテカテカしている。 気にせずガンガン走っていくと、しりが振られ、くるーっと車が回り始めた。目の前は崖。 「うわー!!」と急ブレーキ!!!! 何とか止まったものの、今日は。 何で?と思ったが、よく見ると草に薄っすら雪があり、日陰で道がしみて凍っていたのだ。 もうそこからビビリに入り、のろのろ運転。 木の合間から光がさし始めた辺りから加速し、開始時間を10分過ぎたところで到着。 「みなさーん、ホントにすいません!!」と謝罪から始まった、かっこ悪いスタートのレッスンでした。  帰りも峠を越え、通行止めは勘弁!と思ったと同時に、ものすごい心疲労のレッスンでした。
コメント

プラネタリウム。

2006年12月17日 | 家族
子ども会のクリスマス会でハルが暗闇で光る星をもらった。 これは蛍光灯の明かりを蓄えて、暗闇で発光する代物。 星が15個に三日月が一つ入ったセットだった。 試しに一つ張ってみた。「おやすみ~」と電気を切ると、ポヤ~と光、りーが「あっ、一番星や!」と叫んだ。 なるほど・・・子供には魅力的なものだ。  そこで、今日、みんなで張ることに。 100均で同じ商品を買い、3セット、45個の星を部屋に散りばめた。 パパと私で子供たちを肩車し、好きなところにぺタ。 アオも、「ここに張ったらいいね~」と同じように張った。 そして、点灯式(??) 「はい、みんな寝るそー!」のパパの声と共にライトを消す。 「うわぁ~きれー!」とみんなで口々に言う。 ホントにきれいな天井なんです。 「あっ、あれ私が張ったんやよ。」「誰、あんなとこに張った人」と口々に言い、おやすみ~と言ったのに、ちっとも寝れない夜でした。
コメント

反省。

2006年12月15日 | Weblog
先月からエアロの本数を増やした。 アオをおっきいばあちゃんに預けて… 調子に乗って、自分の楽しみばっかりやっていたら、ここにきてボロが出始めた。 80代のばあちゃんに、自由に動き回るアオのお守りは荷が重いようだ。 裏のスーパーに義父母が働いているため、わが家のように行き、パートさんと戯れる。 ばあちゃんは仕事なのに、仕事が半分手に着かないとのことだった。 直接ばあちゃんに言われたわけではないが、安気に預けすぎていたかも…。 夜エアロから帰って、義母さんに改めてお礼を言い、これからのことを話した。 やはり子育ては母親の役目。 夢や楽しみもいいが、母親という立場を忘れてはいけない。
コメント

初心。

2006年12月13日 | 自分
エアロビクスの養成を受けた時に、「表現ははっきり」といわれた。 はっきりといってもいろんな場面があって、マイクをなしで声を出すときはもちろんはっきり大きな声で言う。そして、カウントの指表示、次の振りの指示、アライメントなどの注意事項・・・イントラとして前に立つ以上、参加者に目を配り、レッスンを盛り上げなくてはいけない。 指示については、耳の聞こえない人がいると思って、大きく指示するように!といわれていた。 スポーツクラブでやっていた頃は、鏡があって音響も整っていて、人数も安定していた。 今は、個人でやっているため、ラジカセかついで、自分で広告うって、場所決めて、全てを自分でやっている。 来るお客さんも、様々。 ママ友で耳の聞こえない人がレッスンに参加してくれている。 今日も久しぶりに来てくれた。 そんな時、耳の聞こえない人は次の振りが分かるかな~、カウントは分かるかな~と気になってしょうがない。 こんな時、初心に返る。 レッスンがなーなーになってはいけない。 初めてエアロをやる人、マンネリ化してる人、そして障害を持った人、いつどんな人が参加されるか分からないが、来た人みんなが、「楽しかった。またやりたい!」と思ってもらえるようなレッスン作りをしていきたい。 来年も、引き続き、自分と向き合ってレッスンを作っていきたい!
コメント

忘れ物。

2006年12月12日 | Weblog
「ね~プール行こうよー!」と甘える声で言う、りー。夕食の後、「お風呂入るよー」と子供たちに言うと、りーはだいだいこう言う。 今日は久しぶりだったので、りーとアオを連れてプールに行くことに。 我が家では、荷物の準備は個人の責任なので、各自、水着・タオル・パジャマ・下着を自分の鞄に入れ出発。
6時半にプールに着き、着替えをすることに。人も少なく、のんびり出来そうな雰囲気。 「ねー脱がせてー」とアオ。 素っ裸にし、「じゃ、水着は自分て着てねー」と着替えをしていると、「水着ないよー」と下から声がする。 「うっそぉー、ちゃんと入れたのー?」と鞄を見ても、水着は見当たらず。 「じゃ、今日はお風呂だけにしよっか。」と言うと、「やーだー絶対入る!」と水着を着て待っていたりーがごねる。 しょうがないことを告げても、諦めない。 取りに帰るのも面倒くさい。 知っている人がいたら、りーを入れてもらおうと思ったが、いない。 すると、常連のママ友が「子供やし、パンツで入っていいやん。」と。 すると、脱いだパンツをはき、「行くよー」とプールに走って行くアオ。そのうしろを「待ってー、お姉ちゃんと行くんやよー」と、りーが追い掛ける。 ・・・人気の少ないプール。ピンクのパンツではしゃいだアオでした。
コメント