やっちの日々。

昨日の自分に負けない。たくさんの夢がかないますように・・・。

明るく、素直に、美しく!

2017年03月30日 | Weblog
チアダンスっていいなっ、って改めて感じる作品でした。
指導できる喜びも同時に感じました。



JETSというチームが実在することも知っていたし、YouTubeでも見たこともありました。
実話が元で描かれた青春ストーリーですが、全米チャンピオンになるためには並の努力ではできない道です。



劇中で出てきた『夢ノート』。
なんだか共感できました。
夢を文字にすること。
そこに向かうまで半年、3ヶ月、1ヶ月、1週間、1日…何をするか明確にすることが大事。



私は高校生ではないけど、指導者です。
教えているのは高校生ではないけど、いずれ高校生になる子どもたちです。



夢をみる楽しさや、夢を叶える努力の仕方は伝えられます。
作品を見ながら、自分を振り返る場面が何度もありました。



チアダンスっていいなっ。
笑顔は何物にも勝てるような要素があります。
笑顔でいて損はありません。
チアダンスに出会って、この10年が一番笑ってると思います。



この作品によって、ダンスをやりたい!って思う人が増えるだろうし、チアをやってる人はテンションが更にあがるはずです。
実際、私もテンションがあがったし、見ててカラダが動いてました(笑)



明日はレッスン日。
テンション上がります(笑)



もう1回見たい作品です。
すずちゃんも可愛かったし、天海祐希に共感。



明るく、素直に、美しく!
Go Fight Me(笑)
コメント

拍手と笑顔。

2017年03月29日 | Weblog
秋から会議ファシリテーターの講座を学んできて、今日は地域の人を巻き込んだ、実践編をやりました。



オープニングにチアのステージ。
6年生はラストステージとなり、あたたかい拍手の中で踊りきれました。
また、その後は地域の対話の場にも参加するメンバーもいて、和みの中で会がスタートしました。



私は最後のプレゼント係だったので、気楽に参加。
グループメンバーに、今度の撮影でお世話になるスタッフの方がいたので、少し緊張してのグループトークでした。



いろんなアイデアが出ましたが、子どものアイデアは柔軟なもので、町作りの会に子どもを参加させる意味が分かりました。



チアのキッズも、それぞれのグループで活躍していたのが見えたので、嬉しかったです。



私は4時半からのレッスンがあったため、途中退散。



プレゼント係の相方に迷惑がかかったことが、悔やまれます。
もう少し、時間を巻いて進行してほしかった……



でも、司会者をはじめ、グループ内のトークも、和気あいあい、笑顔がたくさんの会で、ファシリテーターの勉強をしたみんなが頑張ってるんだと思ったら嬉しくなりました。



私はスポーツで町作りをしたいです。
今日の会の中でもヒントがあって、私の中で発展できたら…と野望を燃やします。



拍手と笑顔。



相手の言葉に耳を傾けて対話する。
意見に拍手をもって応える。
うなづく。
認める。



人と人がつながる方法をこういった会で再認識できました。



この会にアオちゃんがいたことも嬉しかった。



最後までいたかった。
それだけが悔やまれます。



今日は予想通りの筋肉痛。



夕方のチアも、いい感じで進んだので満足(^^)



今日は自分に拍手です。
コメント

やりたかったこと。

2017年03月28日 | Weblog
走り方教室
かけっこ教室
足が速くなる教室



いろいろネーミングを考えて
『絶対速くなるかけっこ教室』を開催。



いつかクラブでやりたいなぁ~と思ってた教室なので、年度終わりで実現できてよかった…と一安心。



夢を叶える…っていうのは、小さいこと大きいこと関係なく、嬉しいものです。



そして33人も集まってくれて、それも嬉しい結果となりました。



スリッパを使った走り方の訓練。
私もやりました。
子どもに混じって、ガチで。
子ども以上に真剣に(笑)



走りが速くなりたいもん。
そして、カッコよく走りたいもん。



学べるチャンスは逃さない!!



筋肉痛になりながらも、2時間頑張ってきました。



体育館の端から端まで何本走ったことやら…



最後はリレー。
負けたけど、アンカー走って楽しかった。
大人になってリレーなんて久しぶりだし。
アンカーも久しぶりだったし。
小学生と勝負できたし。



楽しむ大人の姿は、子どもも楽しめたはず(笑)



明日は筋肉痛。
でも、気持ちいい筋肉痛でしょー
コメント

ごほうび。

2017年03月27日 | Weblog
私のレッスンでは、3ヶ月お休みせずに毎週レッスンに来た人に『3ヶ月賞』と題して、皆勤賞を出している。



季節にあったものを…と思って、靴下だったり、入浴剤だったり、ギャグトイレットペーパーだったり……



今回は、季節の変わり目だから、綺麗にしてお出かけしてほしい!という願いを込めて、パック×2。



30人クラスが4クラス。
そのうち3割くらいが皆勤賞なので、とりあえず35人分用意。
今週は皆勤賞を配布です。



人間はごほうびがあると、頑張れますよねっ(^^)
最近の私はごほうびばっかでしたので、そろそろ頑張ります(笑)



「ありがとう」
と言われると、こちらも嬉しくなるので、休まず行きたい!と思ってもらえるような、いいレッスンを提供したいと思います。



スポーツ指導者はサービス業でもありますから。。



人の笑顔のために。
自分の笑顔のために。
fighting!!
コメント

1日のこと。

2017年03月26日 | Weblog
ばあちゃんのお見舞いにいった。
認知症が進んでいるよ、と聞いていたので、私が認識できるか不安でしたが、顔は覚えててくれた。
ただ、名前が出てこなくて……



よくよく考えると、家にいた頃は、会話はしても名前で呼ばれたり、話しかけられたりすることがなく、私が一方的に話しかけていた。
やっぱり、記憶が確かな時に、名前を呼んだり、キャッチボールのある会話をしたりすることが、大切なんだなぁーと感じた。



足は回復に向かっているけど、退院してからの受け入れ体制が整っていないから、今週は手続きとかバタバタしそう。



病院の空気は苦手で、どんどん精気を失うような気がした。
おっきな声が出せれないし、深呼吸もしにくい。
病院は、ダメだな、わたし。



今日は旦那さん、退団式でした。
19年のおつとめ、ごくろうさま。



一軒隣が火事になって、真冬に半袖Tシャツで消火してたり、大水が出て、米屋の米を家の車に積んで運び出したり、山火事の現場まで、真夏に登山したり…
思い出すだけでもいろいろありました。



やはり、操法は忘れられません。
操法5回目にして、念願の番員賞を取っての優勝。県大会5位は、未だに語るくらい、本人にとっても頑張った夏でした。
スポーツ魂に火がついて、横断幕を作って応援したり、からし入りのおにぎりを差し入れしたり、家族でも熱くなった時でした。



しばし、喪失感かもしれませんが、これからは出来た時間を自分の趣味のために使ってほしいです。



1日雨…
あったかい日が続いていたから、しばらくぶりの長い雨。



雨は読書に最適です。
久しぶりに勉強ではない活字にふれあいました。
読もうと思ってなかなか進めれなかった本。
まだまだそんな本たちがスタンバイしてます(笑)



学ぶこと。
学ぼうとすること。
学んだことを考えること。
学んで考えたことを実行すること。



あと1週間もすれば、29年度がはじまります。
やりたいこと、目標にすること、わくわくすること、夢に思っていること…



新しいスタートライン。
新しい扉。
思ったことはやってみよっ!
コメント

最後の。

2017年03月25日 | Weblog
小学生としての試合は今日が最後でした。



いつものチームではなく、町内の6年生で結成したチーム。
練習については1月からはじめて、10日に1回程度で、チームとしては未熟なものでした。



それでもいつも低学年チームでやっていたアオちゃんにとっては、オール6年生というのは新鮮。
最初で最後の試合でしたがいい経験になりました。



他のチームは1年間やってきたチームなので、ガンガン打つし、声も出る。
圧倒されっぱなし、声は出ない、ミスのフォローが出来ない…っていうのは予想されてましたが、負けばっかだと可愛そうになってきました。



唯一、勝てた試合があって、それはチームとしても形が出来てて、雰囲気も作れてました。



アオちゃんのサーブも何本も決まって、自信にはなったと思います。



4月からは一緒に部活をやるメンバー。



伸びしろはあるし、部活となると気持ちも変わってくるだろうし、これからが楽しみです。



帰りの車は反省会。



スポーツインストラクターを目指すアオちゃんに、チームワークや、声をかける大切さ、雰囲気作りの話などしました。



多分、親に言われるのはウザいと思いますけどね(笑)



今日はいい経験をさせてもらったし、これからが楽しみです(^^)
コメント

過剰摂取。

2017年03月24日 | Weblog
こちら昨日の謝恩会のお弁当。



3月になり、食欲増進中。
胃痛の数日を除けば、実に美味しく食事がすすんでいる。



ま、時期的なもので、毎年この時期は増えるので、毎年恒例~って楽観的に考えたら仕方ないような…



今年はストレッチをしっかりやろう!と自分の中の目標になっているので、日々意識はしている?



レッスンになると、輪をかけて意識が高くなる。
過伸展にならないように、気を付けるが、ついついやりすぎて、翌日筋肉痛。



今日も既に筋肉痛がきてる。



そして、激しく動いたツケは、膝にもくる。



ハイキック、何回やったんだろう…
トゥタッチ、何回跳んだろう…



年齢に見合った運動量ではないなっ(笑)



でも、こんな疲労感が、結構好きであったりする。



そして、頑張った自分に過剰摂取…(笑)
あかんやん、負のルーティーン(笑)
コメント

卒業式。

2017年03月23日 | Weblog
アオちゃんの卒業式。
そして、小学校の保護者としての12年が終わりました。



最後の校歌。
最後の学級会。
最後の校舎。



いろんな思いで1日過ごしました。
12年前は私も20代。
家庭教育学級に参加したりして、小学校の先輩ママとのお付き合いを頑張ってたなぁーと思います。
ハルが入学した時は全校生徒100人でしたが、今は64人。
12年で子どもの数も減りました。



子どもの巣立ちはホントに嬉しいものです。
『お父さん、お母さん12年ありがとう』と言われた時は涙が溢れました。



アオちゃんは私の背に追い付き、まだ成長してます。小学校の情報企画委員長をし、応援団長もつとめました。
将来は『スポーツインストラクター』。
私の仕事をよく観察していて、自学で骨や筋肉のことを調べるなど、しっかり影響を受けてます。
嬉しいですね。



今日で一区切り。



ケガや大病なく、12年経ったことに感謝したいです。頼もしい子どもが、私の元に授かったこと、家族でいられること、私に似てるとこが多いとこ、アオちゃんの全部が大好きです。



アオちゃん、卒業おめでとう。
ありがとう。
コメント

リーダーの役割。

2017年03月23日 | Weblog
今日ふと見た雑誌にリーダーは先頭に立って引っ張っていくのがリーダーではなく、後ろから支えて影の立役者をするのがホントのリーダーだ!と書いてあった。



リーダーについては、この数年いろいろ本を読んだりしてみたけど、実のところ何が正解か分からない。



リーダーのような立場になる場面は多い。
人をリードするということは、他のこともある程度把握しておかないと、ワンマンになるし、かといって手を出しすぎず、うまく糸を引くように人を動かすことも必要である。



決定事項が突然出れば、自分の一声で人を動かすこともあるし、いろんな意見を聞き出してまとめるのもリーダーかもしれない。



いい思いも、嫌な役目で辛いこともあった。



最近、そんなトラブルがあったけど、今日、何とか解決の糸口が見つかった。



人を動かすことは責任があるし、軸がぶれていたら実になるものもならなくなる。



時には強く出ることも必要だし、そういう姿を見せれば、冷たい人、自己中心的と思われるかもしれない。



「…かもしれない」



そういう、目に見えない、自分勝手な気持ちを持ってばかりいると、足が止まって先に進めなくなる自分がいる。
自分で自分をしめつけてしまう。



この1週間、解決策を考えて、何とか今日になった。



私はいいリーダーなのか。
信頼されるのか。
責任はとれるのか。



いつも自問自答を繰り返し、自分で答えを探していくしかない。
結局のところ、リーダーの悩みや苦しみは他の人には理解されない。



人の前に立つ以上、恨まれることも、妬まれることもあると思う。



でも、自分が決めた道を自分の足で、周りの人と一緒になってやっていくしかない。
人の意見を聞いて、何にでも変化できるリーダーでいたい。



改めて今日感じた1日でした。
コメント

帰省。

2017年03月22日 | Weblog
一人暮らしをするハルを連れて実家へ。
正月以来の帰省で久しぶりでした。



久しぶりの母の手料理。
私の昔の話。
親の思い。
一人暮らしの大変さ。
いろんな話をしてきました。



駅まで送る車の中でハルに言われました。
「おばあちゃん、じいちゃんの介護やばあちゃんのことで、まぢで大変そうやで。この前見たら、頭の毛が真っ白になって、ホント疲れとる感じやよ。ちゃんと助けてやってね。」と。



それを聞いてたリーが、
「お兄ちゃん、いい子に育ったね。めっちゃ優しいやん。」と。



ハルに諭され、自分を振り返る。
なかなか病院までは行けないけど、家の中のことはやらなきゃ、と思う。
試験も一区切りついたし、何とか時間のやりくりをして…。



自分の意見を言える子で嬉しかった。
家族想いの子に育ってて嬉しかった。
改札口に向かうハルの背中を見て、「がんばって」と祈った。
きっと、ハルなら大丈夫だと思う。
たくさん愛情かけてきたし、厳しいことも言ってきた。



堂々として歩く姿に逞しさを感じた。
ハルなら大丈夫。



またまたリーが一言。
「泣ける?(笑)」



「いや、泣けん。笑って笑顔で送る!」



「一人暮らしって大変そうやね。私の時はどーなるんやろ…」
と、2番目らしく、まだまだ楽観的ですが、長子を見てる分、リーも逞しくなっていくと願ってます。



子が巣だって行くのは寂しいですが、この寂しさは自分のこれからの未来の計画、将来の自分を描くことで埋めていこうと思います。



明日からご飯の炊く量も、おかずの量も減らさなきゃ。



心の寂しい、3月の雨の日となりました。
コメント (1)