hamutaro's BLOG

Brilliant Bollywood

安全

2008-11-30 08:16:47 | ひとり言
バンコクの空港、ムンバイのテロなど 不穏な事件が続いてます
いい加減でのんきな私があれこれ言うのは筋違いなのであれこれコメントする気はないですが、
折りしも 昨日今までご主人がメキシコに駐在してた友達から電話で、「主人はもうアメリカに転勤で行ってるんだけど、1月からロスに家族で移る」と。
アホ息子と同級の兄ちゃんは大学を一年休学中で お父さんとメキシコに滞在してて もうスペイン語ができるようになった、下の男の子は高校に入ったばかりだけど、向こうでこれから学校探しということ。娘の大学では冬休み 仏教遺跡めぐりというインドツアーがあるらしいがどうなるか?これは不参加の予定だったのでうちには影響はないけれど、関係の生徒と家族は不安でしょう。
娘は春休みの海外旅行の計画中。台湾、韓国、中国のどこかに行きたいらしい。

絶対安全なんてところはどこにもないとおもっている。
日本にいたって 災害やら事故やら どんなことに遭遇するのかわからない。
そんなことを考えてたら日々の生活は成り立たない。
深夜ひとりで出歩かない、危険そうな場所には近寄らないという基本をしっかり守るだけ。守ったって不運な時は巻き込まれる。

ということで、娘の旅行を留めたりする気はないし、留学したいならすればいい。
今までどおり 自分の身は自分で守れ…という無責任な母親に徹します

コメント (2)

京橋花月

2008-11-29 21:49:43 | ひとり言
京橋にKIKI京橋という吉本の劇場が入ったビルができました。
金曜日にオープン。
オープン記念に2000円で新喜劇が見られると 娘が行きたいというので観てきました。実は「テレビでええやん」と思っていたのですが。
2000円は安いし AJINOMOTOのお土産もいっぱいもらってお得でした。
花子ちゃん、うちば君、間寛平、石田靖、島木ジョージ、邦正さん、きんにくん…など、中山美保さんも。美保さんは数十年前は美人ヒロインだった。
今も現役で頑張ってます。
お気に入り一番はオクレさん(笑)今日も爆笑です。
ほっぺの筋肉が痛い。

目の前でみられてよかった。また行こう。
コメント (2)

10%引き

2008-11-28 16:15:39 | ひとり言
いつもの家電量販店から10%割引券をもらったので蛍光灯を買いに行ってきた。
プリンターのインク(高いんだ、これが)は開店直後に行けばいつもの朝割引5%引き。
先着何名様かのおまけのリラックマブランケットももらって帰った。
朝の割引って海外では多かったけど日本では他で見たことない。
コメント (2)

MEHBOOBA

2008-11-26 22:05:07 | インド映画のこと
「MEHBOOBA」 ヒンディー映画

アジャイ・デーヴガン、サンジャイ・ダット、マニーシャ・コイララ

ブダペストで NYからきたマニーシャと出会ったアジャイ。
彼女は何年も前から夢に出てくる美女そっくりで、彼女を絵に描き続けていた画家アジャイ。ひと目で恋して 猛烈アタックするが彼女は拒絶。
「スイスで陽気なストーカー」はやっぱりシャールクの方がいい…

マニーシャはNYで ある悪~い男に捨てられた過去があったのだ。
そこは誠意のアジャイ、やっと彼女に結婚を承諾してもらいインドに戻る。

結婚式のためNYから戻ってきた兄のサンジャイ。
彼こそがマニーシャをメタメタに傷つけたその人だった・・・

ミュージカルシーンは豪華でDDLJやミモラのテイストがぷんぷんするし、
なんといっても3人とも若すぎる!
スイスもあるし(笑)美女一人をめぐる仲良し兄弟。
今年公開というものの かなり前に制作されたはず。

サンジャイはマニーシャちゃんと濃厚なラブシーン。
この映画ではアジャイよりもずっとステキに見えたサンジャイ兄貴
デリケート(支離滅裂ともいう)な演技もかなりイケてます。

が、びっくり展開の連続で、突っ込みまくり。
ああ面白かった
最後までどうなるのかちっとも読めなかったわ~

B級ばっちり合格だけど
ちょっと前のボリウッド映画がたっぷり味わえて お腹いっぱい。
コメント (2)

熱インド

2008-11-25 10:00:39 | Asia アジアのこと
昨日からNHK BShiで監督8人による「ドキュメンタリー 熱インド」が始まってます。

昨日は2本。
一本目は ケララ州の13で結婚して33までに8人を生んだおばあちゃんとデリーの女性キャスターの話。
明治と平成の女性が混在、共存するのがインド?
おばあちゃんは今も自由に外出を許されていないように見える。
テレビと窓からの景色が彼女の世界。一方のキャスターは独身、車も住居もあり既婚男性と不倫中。

良し悪しとかどっちが幸せということはなくて どっちもしんどそう。
今の日本の女性は 自立・自由はほしい、仕事、お金、夫・子供、恋人…全部ほしい?女の欲は限りない。
今までは 何かを取ったら何かを諦めないと仕方なかったけど 最近じゃ頑張ればなんとかできてしまうもんね~。そしてどんどん忙しくなる…。
何も持たないというのが究極の贅沢かと思えてくる。仙人の心境じゃな・・・。

2本目は 舞台女優、芸術家を目指している女性。
彼女もいろいろ悩ましい。

どっちも「生理」に触れていた

おばあちゃんのときは 結婚前に生理があるのは汚らわしいと思われていたと。
生理中は家に入れてもらえない…!!
日本も「赤不浄」といわれていた時代はあったやに聞くが。

キャスターは 「生理があるとほっとする…妊娠してないってことでしょう」
と自由の証のような感じ。

女優の卵ちゃんは 「月に一度 現実に引き戻される」
世間の目を意識せざるを得ず 理想と現実の軋轢に直面するわけです。

そんなこと 何も考えた事なかったなあ・・・お気楽すぎる?
コメント (4)

連休

2008-11-24 16:34:42 | ひとり言
ずっと父ちゃんが家にいて PC占拠されてたのをやっと奪還。
さっき電車で帰って行った
また来てね。
連休なんか嫌いだ。
寒い、疲れてると 外食など一切なしで なんか疲れた…。
確かに今日は寒さひとしお

コメント (4)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

2008-11-22 08:21:10 | 他の映画のこと
吉岡秀隆、薬師丸ひろ子、堤真一、小雪

前作を観てない私、先に続編をTVで観ました。
洗濯板、私の母は洗濯機がない頃ああやって洗濯してました。
その後手回し絞りのついた洗濯機がきたのは私が3歳か幼稚園ごろ。
娘は洗濯板を見た事がない。最初から全自動が当たり前…
こんなことでいいんだろうか、とふと思いました。

堤氏のお父さん、いいですね~。
子役もみんな達者。
前作をはやく観たい・・・
コメント (2)

DUS KAHANIYAAN

2008-11-21 11:27:55 | インド映画のこと
10分程度のショートフィルムが10本集められたオムニバス形式の映画。

男女、夫婦の話、オカルト、ミステリー風など いろいろ。

印象に残ったのは シャバナ・アズミとナッスルディーン・シャーの「Rice Plate」、マノージ・バジパイ、ディア・ミルザの「Zahir」。
私の好きなナーナーもよかった。
短い時間ではベテラン勢が強いということかな
特にRice Plateは 田舎のおばさんシャバナ、セリフは少ないのに
存在感絶大のナッスルディーンの軽い演技がうならせます。

コメント (2)

無為な

2008-11-20 16:56:01 | ひとり言
今日は弁当を作っただけで
寒さのせいか? 一日眠くて ばあちゃんの晩のおかずだけして昼寝して
気がついたら 娘が帰ってた。
何もしないで今になってしもうたわ。
コメント (2)

恋愛睡眠のすすめ

2008-11-19 17:20:12 | 他の映画のこと
仏、伊映画

ガエル・ガルシア・ベルナル、シャルロット・ゲンズブール

芸術家の卵(?)ガエルくんは 父の死後メキシコから母の住むおフランスにやってくる。
隣人の女の子を好きになったものの 夢と妄想の中でしか恋できない。
現実には スネたり、甘えたり、中学生みたいなやんちゃして彼女を困惑させるばかり…本人もだんだん訳わからなくなっていく。
ガエル君のファンなら たまらなく可愛い…と思う。

私はそうでもないし ま、フランス映画だからいいか・・・
最後は 二人でアートの世界に行ってしまいました

 
コメント (2)