hamutaro's BLOG

Brilliant Bollywood

SIMMBA

2019-05-22 16:21:54 | インド映画のこと

SIMMBA  ヒンディー映画

 

ランヴィール・シン、サラ・アリ・カーン、

ソヌ・スード、アジャイ・デーヴガン

 

ランヴィールは孤児から決して善良ではない野心をもって警官に・・・。

お話もミュージカルシーンも懐かし味ぷんぷん。

インド俳優はこういう伝統芸(?)もきちんとできないといけない。

SINGHAMアジャイさんも最後かっこよく登場!!

アジャイは踊れないけどSIMMBAは踊れる(笑)

ソヌさんはやっぱり悪役

サラは初めて見ました。サイフの娘。つまりシャルミラ・タゴールの孫娘。

色白だけど可もなく不可もない感じ。

続編はアッキーですか?アミタブ映画のリメイク?

途中”パップー”、クナール・ケム、アルシャド、トゥシャールらが一瞬出てきた。

お懐かしい・・・がんばれよ。

七三分けでグラサンてインド的にはかっこいいのかな・・・

基本コスプレは好きなので楽しめました。

 

 

 

コメント

近況とか

2019-05-21 16:33:30 | ひとり言

黄金週間は北海道に行ってきました。

洞爺湖のホテルはホテル側の都合で

セミスイートにアップグレードされて 束の間セレブ気分。

札幌市内と空港はさすがに混んでましたがそのほかは

車も人も平日の大阪よりずっと少ない!!

それだけですっきりリフレッシュできるやん

ですが 実は連休前、母が圧迫骨折(老化で背骨が変形、つぶれてる)で

痛みで動けなくなり救急車のお世話に。

旅行はキャンセルだなと覚悟したら、母が「大丈夫だから行け!」と。

そこから驚異の回復力を見せ、今ではすっかり普通通りに戻った

起き上がりが少し痛むので電動ベッドにしたらもう怖いものなしで今日もカラオケに

行ってます。

インド映画についてはパドマーワトの公開が楽しみ。

サンジュもやるんですか・・・?

バジュランギみたいには一般受けしなさそうだけど。

マニアックだし楽しいとはいいがたい。

バルフィが好きな人にはいいかもだけど個人的には劇場にいくほどのものでもなさそうな。

コメント

ディープスリーカレー 太子橋

2019-04-15 17:14:37 | Food 食べ物のこと

ディープスリーカレー・太子橋

 

日曜にランチに行ってきました。

辛さは5段階。父ちゃんは3、私は4で。結構辛いですが私は5でもいけそう。

日替わりカレーのランチで食べましたが 数量限定のネパーリカナが気になる!

次はこれ食べよう!!

 

コメント

有馬温泉

2019-03-09 07:04:26 | トレッキング

一泊で有馬温泉に来ています。新神戸近くの布引の滝

 

 

 

ねねさん

 

今日は瑞宝寺に寄って帰ります。

お肌がスベスベよ〜。

 

コメント

Thugs Of Hindostan

2019-02-06 10:47:10 | インド映画のこと

「Thugs Of Hindostan」 ヒンディー映画

 

アーミル・カーン、アミタブ・バッチャン、

Fatima Sana Shaikh、カトリーナ・カイフ

 

 

裏切りが信条というチャラい小悪党アーミルと信頼が信条という忠臣アミタブ。

パイレーツ○○のインド版という悪評のせいで成績は悪いですが面白いよ。

あのシーン、俳優のパクリだ、というのは簡単だけど、

インド映画の楽しみはそういうとこにもあると思う

オーランド・ブルームがジョニデに「バカなんだか天才なんだか」とあきれるところがありますが

この映画でも同様のセリフを見つけたらニンマリするでしょ。

ハンサムでチャラいくせにアクションシーンではバシッとかっこいい!

このギャップにやられる

透け乳首は今回控えめ。ワイン樽から飛び出すところに注目です。

私にはジョニデというよりロバート・ダウニー・Jrを思い出させるアーミルでした。

ロバ乗りシーンなどは昔のインド映画にもあったかと。

アミタブが一曲歌ってます。

ふたりとも乗馬ができるのでその辺も楽しい。

カトリーナは2曲踊ってる他はそれほど出番なし。

映像もよくできてて面白かったから!!

 

 

 

 

コメント

バジュランギおじさんと小さな迷子

2019-01-18 17:44:13 | インド映画のこと

お待ちかね、BAJRANGI BHAIJAANをシネリーブルで観てきました。

もう3年も前に見てたんだ。細かいところは忘れてた。

オム・プリも出てたんだ。

空席多数とはいえ平日午前中という割には入ってたのかな。

もすこしがんばれインド映画…!!

20年近くサルマンをおバカとかなんとかいじっては愛してきましたが、

この映画でもさんざんバカ呼ばわりされてた・・・(笑)

とことんまっすぐでスイートで強くてやさしいサルマンは今も大好きやん。

ナワズさんも大活躍!!

ひたすら愛らしい子役ちゃんの名演に

笑えて泣けて、音楽も踊りもたっぷり159分!

お得だと思うの~~。

印パがどうのとかムスリムがどうのとかはわからなくても十分楽しめる。

景色だけでも素晴らしいし

ご家族で、お仲間でぜひ見てほしい映画です。

 

 

 

コメント

ボヘミアン・ラプソディー

2019-01-07 16:37:46 | 他の映画のこと

冬休みがやっと終了。

カーブスと映画の生活にもどろう!戻ってやる!

ということで 2019年一作目は カーブスの帰りに「ボヘミアン・ラプソディー」を。

クイーンは大好きで今も車の中で聖子ちゃん、百恵ちゃん、

ロッド・スチュアート、チューリップとともに流れています。

ほんとはボリ歌が流れてほしいけど父ちゃんが嫌がるので…。

リアルタイムでは私の脳みそが子供すぎて、2000年を過ぎたころからいいなあと思うようになりました。遅い…?

フレディーはインド系の出自ということはぼんやり知ってたけど。

ほんとに天文学者になったブライアンは数年前新発見された星にフレディの名前を付けました。

名実ともにスターお星さまになったフレディ。今なら抑えられる病気なのにね。

映画は感動しました。

 

 

 

 

 

コメント

SANJU

2018-12-10 22:14:34 | インド映画のこと

「SANJU」  ヒンディー映画

ランビール・カプールが実在のスター:サンジャイ・ダットを演じる。

マニーシャ・コイララが伝説の女優である母ナルギス、

偉大な俳優にして政治家のスニル・ダットをパレーシュ・ラワル。

このパレーシュが、お笑いを封印して、とてもいい演技を見せてる。

ほかにディア・ミルザ、アヌシカ・シャルマ、タッブー、アルシャド・ワルシー、ソナム・カプール、

今売り出し中のヴィッキー・コーシャルなど 豪華な顔ぶれ。

偉大過ぎる両親のもとで、大変なストレスがあったんだろうと思う。

波乱万丈、ジェットコースターのようなサンジャイの人生。

ランビールは下手をすると物まね、顔真似におわりそうな難しい役だと思うけど

器用なだけに頑張ってます。

エンドロールでホンモノのサンジュとランビールが踊ってくれる。

 

 

コメント

PADMAN

2018-12-07 13:34:39 | インド映画のこと

アッキーのパッドマンが今日から公開。

梅田で観てきました。9:10からという早い時間。

何年ぶりかでラッシュの電車に遭遇。

でも30年前とは違ってだいぶ余裕がある空間だった。

このアッキーはアクションヒーローでなく、どっちかといえばでへでへキャラのほうのアッキー。

それほど遠くない昔の日本でも、赤不浄とか言われて、お産も戸外の小屋でしなくてはいけなかった。血や死を びっくりするくらい忌み嫌った。

ところがこの映画は2000年代のインド。今でも地方ではいろんな因習が現役なんだなあ。

冒頭 『スッパル・ヒーロー・アミタブ・バッチャン』の謝辞が。

アミタブは授賞式のプレゼンター役で存在感を発揮。

私にはアミタブの英語はほんとうに聞きやすいんだわ。インド訛りはどうなんだろう。

私はすっかりなじんでしまった。

ソナムが後半活躍します。

ソナムもプリヤンカもアヌシカ、ディーピカまでもばたばたと結婚しちゃったね~~。

来月にはルちゃん映画(バジュランギおじさんと、小さな迷子)が公開に。楽しみです。

 

コメント

ガンジスに還る

2018-11-12 14:35:12 | インド映画のこと

インド映画 「ガンジスに還る」をテアトル梅田で鑑賞。

父の希望する最期の地バラナシに連れて行かなくてはならなくなった忙しい息子役はアデル・フセイン。

マダム・イン・ニューヨーク、ライフ・オブ・パイにお父さん役で出てました。

この年になると色々感じるところがあります。

お隣に座った老婦人は2度ほど軽いいびきをかいて気持ちよさそうに寝てました(笑)

幸いマイ母はむっちゃ元気ですが

いつか来るその日を「この世の輪廻の苦しみから解放されるめでたい解脱の日」として

喜んで送ってやりたいものです。

この調子なら私のほうが先に行くかもしれんけどな!

 

コメント