こすずめのお宿

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

      盆の月

2018-08-13 16:40:06 | 日記
     

さあ~て。
「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿保なら踊らにゃそんそん エライヤッチャ エライヤッチャ」

新聞もテレビも阿波踊りの事がニュースになっている。

 誰が一番悪いのか?知りません。。。 (*´ω`*)
想像は付きます。
徳島新聞を後ろだてに四国放送のアナウンサーの出身の市長が、赤字を名目に阿波踊り振興協会を、破産させた後は徳島新聞にすべての権限を移そうとした政治判断が狂ったと、簡単明瞭に言えばそんなところだ。

桟敷で踊見物をしていて、企業、学生、町内会、色々の連が踊る。
正直申せば、これらの連にはちっとも魅力がない(ごめんなさい 🙇 )

 (でもいいんです。
一年に一度、全てを忘れて、まこと踊り狂う、踊り好きにはたまりません。見物人の心の詮索までやらなくても自分が楽しかったら良いのだから。ヤットサー。ヤトサー。)

早く通り過ぎてくれないか、早く有名連が来ないか、、、といつも思いながら観ているのは私だけだから。
シヨー化をしている有名連の踊りはやはり魅力的、踊りの中味が、たかが阿波踊り されど 阿波踊り と感じるのだ。

総踊り云々と、これを分散させると、、、いろいろ取りざたをしているが、市長派の完全敗北だと、阿波踊りを愛する者は思う。

昔は寂聴さんが、僧衣を翻し踊っていた。稲畑汀子さん、田辺聖子さん、皆さん阿波踊りに参加をされていた。


       🍒     さあ踊らん眉山に月がかかつたよ

       🍒     鼻に白粉父に抱かれ踊る子よ

コメント

       同じ阿保なら踊りたいな~

2018-08-12 21:16:50 | 日記

        

 阿波踊りのテレビ中継を観ていた。
椅子に座っているなだが、お尻がもぞもぞと浮いてくる。
両の手は椅子に座ったまま踊っている。

すきなんだな~。
阿波踊りが。

写真の女性は男踊りをやっている。
どこのどなたか存ぜぬが男踊りを女性がやると妙にお色気が醸し出されて魅了をされる。

      

 こちらの女性連は少し年齢をめしておいでか、もう子育ても終わった?かのような方々が家ではじっとしておられず踊っているような。。。。

良いお天気が続いて阿波踊りには、もってこいの四日間でありますように。
そんな事を思いながら、一時間ばかりテレビの前で楽しんだ。

        

こちらは女踊り。幽玄な感じもするしなやかな踊子だ。


        🐇     最終の便に踊子駆け込み来

 今では皆さん車を持っているであろうが、こんな光景に出くわしたことも。


        🍒     祭囃子彼の日彼の人今どこに
コメント

       忘れ杖

2018-08-11 22:06:16 | 日記

             
             (写真は郷照寺での忘れ杖)


夫が杖を安楽寺に忘れて来たと云う。
どこの寺でも、本堂や大師堂の階の下や、三門を潜った目立つ場所に杖立がある。

 安楽寺でお詣りをする時、階段の下に杖立があり、そこへ杖が一本立ててあった。
内陣にはお詣りをする人の姿は見えないから、先ほどの杖はお遍路さんが忘れて行ったのだと
思った。

 夫の杖は遍路杖とは違う。
常に使用をしている、そこらのお店で求めたもので、最初は犬と散歩をする時、殿 をめがけて野良犬が牙をむいて吠えるから、犬を追い払うための護身用の杖であった。
殿ちゃんが亡くなってからも、散歩の時は、それをいつも携えて行くのが普通になっていた。

 その杖を札所寺に忘れてしまったらしい。
困ったようで、無くても不自由なような曖昧な杖であるが、長年何かにつけ愛用をしていたから、惜しいといえば惜しいが諦めのつく杖だった。

 お遍路さんの忘れ物には杖とお数珠が多い。
どこの寺にも、忘れ物コーナーがあり、遍路笠ならぬ麦藁帽子や毛糸の帽子もある。
皆さん、歩いているうちに忘れ物に気がつくのだろうが、取りに戻るのも又困難な道であるだろうし、そのまま前進をすることに。
杖は険しい山道でああ苦し、いしんどいと自分の不注意を嘆くのであろうな。
山道ではちょうど良い長さの木切れを代用品にするかな?

 そんな事をいつも想像をしていた忘れ杖を夫がした。
あららら、、、、と笑い話で終わったが、くれぐれもお遍路さんご注意を!



        🐇     子遍路が母におねだりニッキ水     葉

        🐇     遍路路に沿ふ溜池や通し鴨     葉


        🍒     今は昔泉に駒を繋ぐ石

        🍒     一里塚蓮の葉翻へす風よ


            
コメント

    六番さん   安楽寺

2018-08-10 12:10:30 | 日記

         

 、三門を潜ると、寺の領内にの多宝塔が見える。
内部は極彩色の仏画や彫刻で浄土を表現しているそうだ。周囲では八十八ヶ所のお砂踏ができる。
さっささっと見物をしたので、鑑賞をすることができなかった。

温泉山 瑠璃光院 第6番札所 安楽寺、、、が正式なお名前か。

ここには古くから温泉があり、安楽寺は弘法大師によって温泉湯治の利益が伝えられた旧跡で、山号は温泉山とされた。(現在も大師堂前から温泉が湧き出ている。)
お遍路さんにとっては、家を出て、一番さんで遍路旅に発ち、ここ六番さんが、一日の行程の終了地点とすれば、この温泉の沸く遍路宿は、まことにありがたい札所であろう。

      ☆     目薬を差して遍路の発ちにけり    葉

 境内は極彩色の建物が多く、まこと極楽はこのような所かと想像される。

      

 本堂の屋根の左右には金色の極楽鳥が。

       🍒     望郷や山河滴る札所道

       🍒     お接待とも外陣の風涼し

       🍒     遠雷を聞きとがめゐし極楽鳥

     

池には黄金色や真紅の鯉が泳いでいる。

       🍒     金色の鯉悠然と影涼し

       🍒     水浴びの鳩を見てゐる端居かな 



 山頭火の碑が二基あった。
季語は無い句が大方だが、(草しげる)の句には心を打たれた。
野宿の旅をやらずとも良いのか、気分の浮き立つ山頭火が見える。
さぬきの句碑は機会ある毎に見ているが阿波では初めてだった。
阿波を離れて四半世紀、だんだんと阿波が遠くなってゆく。   
コメント (2)

     八番さんの 熊谷寺

2018-08-09 21:15:06 | 日記
       

 四国八十八ケ所の八番札所の「熊谷寺」へ参拝をした。
暑いけれどドライブに行きたいと申す夫に従い、それでは「熊谷寺」の朱印が納経帖に押されていないから、埋めようということに。
何度か訪れているのに、朱印がなぜか押されていなく、まっ白であった。記憶がだいぶ薄れていることは、信心が希薄だということか。

     
      

 八十八ケ所の中では一番大きいと言われている山門をくぐる。

      🍒     接待の風か涼しき熊谷寺

 山門を潜ると帽子が飛ぶほどの涼しい風が、、。

長い参道を歩き石段を登る。私は足が痛いから、石段の横の坂道を。広い寺領の谷をうずめて紫陽花がまだ咲き残っている。

          

      🍒     あじさいの頃さぞ見事峰札所

本堂でお詣りをすませ、石段を登り大師堂へ。

       

 先を夫婦のお遍路さんが一歩一歩なにかささやきながら登って行く。
私はお四国さんの地元に住んでいながら、いつでも巡礼は出来ると、まだ八十八ケ所は、所どころしかお詣りをやっていない不信心者である。

      🍒     白檀の形見の扇子古りにけり

 ふと義母と一緒に、この寺をお詣りしたことを思いだした。
簡単服を着た婆ちゃんの手を引いていた息子が4~5年生だっただろうか?

大師堂から、故郷の街が広ごっているのが見える。

       

 墓地から見える白い建物もここからも見える。
あすこで営んでいた昔が、走馬灯のように、、、、
自分たち夫婦はそこそこの幸せであるが、家を手放したことで故郷も失ってしまったという寂寥感が、悔いとしてある。

 
      🍒     秋の蝉誰や彼やの記憶かな     
    

 


     

       

コメント