心が元気になるものイロイロ!

暮らしの中でみつけた、ちょっと幸せを感じるものの事を書いています。
元気をくれる料理、絵、植物、本の事等。

2019年4月のプチ薬膳教室は終了しました

2019-04-21 22:10:03 | 薬膳

今月のプチ薬膳教室は無事終了しました。

テーマは

~春野菜を使って体調えましょう(春薬膳)~
~五味のお話~



 

たまたま、家族が雲南省で購入してきた「辣木籽」と書かれた実。何だろうと調べたら「モリンガの実」でした。

このモリンガは「奇跡の木」と言われて、最近日本でも話題になっていますが、
モリンガ茶、パウダーなどいろいろなものが販売されていますので、皆さんで味をみたり、試飲などして掘り下げてみました。
モリンガの実は恐ろしく苦いので、皆さんどうやって食べているのかしら、、。私たちも水を用意してほんの少しかじりましたが、、、う~ん妊婦さんは禁忌なのでご注意ください。又、モリンガの粉末やお茶も使用されるときは量に気を付けてください。

※モリンガオイルを使用されている方があり、アレルギーにも良いそうです

 

上の写真、左下が「辣木籽(=モリンガの実)」です。

この「辣」という文字が、「辛い」や「激しい」などを意味します。
辣油(ラーユ)、辣韮(ラッキョウ)、辣腕(ラツワン)など、、、

ここから五味についてのお話も。

其々五味の特性、春には「酸」のものを。

それとこの日のお粥にいれた、トッピングにした食薬についても掘り下げてみました。
三つ葉、芹、香菜(=パクチー、コリアンダー、コエンドロ)、パセリ、葱

歴史、効能、禁忌など、、、似ているけど、それぞれの特性を生かした使い方をお伝え。



この日、作っていただいたのは3品。

・春キャベツと筍の包子(パオズ)
 ※老麺を使用して、しっかりした皮の肉まんになりました

・椎茸と筍、豆腐の酸辣湯(サンラータン)

・独活(うど)とアスパラの塩麹カレー炒め


お粥に入れる薬味は人それぞれ、たくさんいれる方も、少しの方も、、、。

三つ葉、芹、香菜(=パクチー、コリアンダー、コエンドロ)、葱、黒胡麻、白胡麻、新生姜、枸杞の実、、
そして台湾の「紅麹豆腐乳」「海老入り豆板醤のような調味料」も入れていただいたら、本格的な味になりました。





お茶は台湾のお土産の「山梔子の烏龍茶」

お茶請けは
「桜味の生八つ橋」と横浜土産の「木の実たっぷりの月餅」でした。


本当はもう1品、「イカと新玉ねぎのマリネ」も前日に作っておきお出しするつもりが諸事情により作れず、、、

テーブルの上が少し彩少なく、、、

気を抜いてはいけないなぁと、反省中です。




今月もご参加いただいた皆様ありがとうございました。

次は6月を予定しています。

「プチ薬膳教室 佳連」Webサイトはこちらです。

 

コメント

2019年2月のプチ薬膳教室は終了しました

2019-03-02 22:06:55 | 薬膳
2月はあっと言う間に逃げて いき、今頃2月の内容ですが、、、

2月末に開催したプチ薬膳教室は無事終了しました。

今までは奇数月に開催してましたが、今年からはちょっと気分を変えて、偶数月に開催しようと思います。

テーマは
〜ロシア料理で食薬を紐解く(人参、ビーツ、ディル、キャベツ)〜



2月末なのに、今年初のプチ薬膳教室だったので、八宝茶をそれぞれ作って、味わっていただきながら、食薬の説明を。



生薬の人参いろいろ、、、高麗人参、西洋人参、田七人参の違いと、
参の字のつく生薬のお話。党参、丹参などのお話。

田七人参の蕾が手に入ったので試飲もしていただきました。後味は人参のような甘さがあるのですが、罰ゲームを受けたらこんな苦いお茶を飲むのかな、、と思うような苦さ。

そして、セリ科の人参については、食薬としての力、西洋人参と東洋人参(金時人参など)の歴史、栄養価の違い、料理方法などお伝え。

ビーツ、ディルやキャベツも体に良い効能が多くありますし、普段の食事が大事ということが、、、お伝えできたかな。



ロシア料理の成り立ちなども、、、
調べていたら面白くて、伝えたいことが沢山ありましたが、時間が限られているので、、、ざっくりしたお話に。

お料理は3品作って頂きました。



・京都産のビーツを使った ボルシチ
(ロシア料理で有名ですが、元々ウクライナ料理)

・春の訪れを感じるブリヌイ
(クレープの元になったもので、春を迎える縁起の良いお祭りに食べられるそうで、丸い形は太陽など人生の円満さを象徴してるとのこと。食べた数だけ、来年の冬に晴れの日を迎えるのだそうです)

・簡単クヴァシェンナヤ・カプースタ風
(ドイツのザウワークラウトと同じ)

ブリヌイは、スモークサーモン、ピクルス、オニオンスライス、ディル、ジャムやスメタナと一緒に楽しんでいただきました。

その他、、、
ロシアの黒パンは購入したもの。
ローズジャムやスメタナと一緒に。




ボルシチやブリヌイに使用しているスメタナ(=サワークリーム)は自家製とお店で購入したものを食べ比べ。

この日はまーたんさんから送って頂いた、無農薬の新鮮な美味しい柑橘も皆さんには味わっていただきました。
その名もスイートスプリング!春を感じていただけたでしょうか。



※ほんとはスマイルカットが食べやすかったようです



レモンもお料理に使用させていただきました!皮もピールにしたり、ジャムにする予定。安心して皮まで使えることに感謝まーたんさん、ありがとうございます。


近頃は生薬のことや食の歴史など調べていたら、面白くて、薬膳からはちょっと脱線する事もしばしば

ただ、体に良いもの楽しんでときめきながら食す!これが体にも心にも良いんですよ〜。

ご参加の皆様ありがとうございました。

次回は4月を予定しています。

Webサイトはこちらです。
コメント (6)

2018年12月のプチ薬膳教室は終了しました

2018-12-18 05:55:46 | 薬膳
11月予定していたプチ薬膳教室を12月に変更して開催しました。
年末の忙しい時期に参加してくださった皆様に感謝です。

テーマは
〜お茶を楽しむ「プーアール茶飲み比べ」〜
〜「冬の薬膳」と「五香粉を知る」〜


今回は調理なしで、ゆっくりお茶を楽しんでいただき、その後皆さんでセッティングをしていただきご試食という内容。



この赤いプレートと茶壺は陶芸家天野明美さん作です。クリスマスが近いのでクリスマスイメージで使わせて頂きました。



中国雲南省の黒茶(プーアール茶)の飲み比べは
生茶と熟茶の違い、竹に入ったものなどを飲み比べ。

お茶のお供は先日作った「丸ゆべし」と石川の「くるみゆべし」食べ比べ。「柚子味の焼きメレンゲ」や棗チップス など。




日本の黒茶(後発酵茶)もいくつか手元にありましたのでそちらも試飲していただきました。


富山・朝日町のバタバタ茶は五郎八茶碗を使って、夫婦茶筅と呼ばれる茶筅で泡だてて頂きます。
ストレートにお茶を飲むよりなぜか円やかな味わい。
皆さんでお話ししながらバタバタ、お塩をちょこっと入れつつ、お塩の種類で又味が変わり、面白いなぁと、、、笑顔の絶えないバタバタ茶!これが良いのもしれませんね

新潟・糸魚川にもバタバタ茶ありますが、お茶の内容がブレンド茶のようで違いますが、こちらはとても飲みやすく体にも良さそうです。

高知県・碁石茶は乳酸発酵のお茶、ちょっと酸っぱいので飲みにくいかと思ったら、皆さん美味しいと言われてびっくり!

すぐき等の発酵食品を食べ慣れている京都の人には親しんだ味のようで、皆さん、碁石茶は美味しいとおっしゃっていただきました。

徳島県・阿波番茶は写真撮るのを忘れてますが、ペットボトル入り。こちらは飲みやすいお茶でした。



今回は「五香粉」について掘り下げて、一つ一つの生薬の事をお話して、ガラムマサラやオールスパイスとの比較などもいたしました。


冬の薬膳はこの五香粉を使ったルーローハンがメイン。

クリスマスが近いのでちょっとだけチャイニーズクリスマスイメージしてます。

ご参加の皆さんにクリスマスカラーを身につけてきてくださいとお伝えしていたので、

皆さん、赤、白、グリーン、ゴールドの中で、好きな色を選んで素敵にコーディネートしてご参加いただきました






(今月は2回したので、参加された方により盛り付けがちょっとづつ違いますね。)

・ルーローハン(五香粉、山査子)
・豆腐とオリーブのハーブ漬け(オレガノ、タイム)
・きのこ3種のオリーブオイル漬け(大蒜)
・桃のすけ蕪のピクルス(クローブ、ローリエ、フェンネル)
・富有柿と焼き大根の大徳寺納豆ソースがけ(胡桃)
・蕪と椎茸の柚子風味スープ

・白餡ケーキ、林檎の赤ワイン煮(クローブ、陳皮)、水切りヨーグルト(五香粉、アップルミント)

スパイスや食薬をうまく使って、体を温め、気を巡らせて、、、免疫力アップして、これから寒くなる冬を乗り切りましょう〜。


体を温めることも大事ですが、まずは「心」を温めましょう

※お料理と飲み物に使用している「陳皮」「柚子」「レモン」はまーたん農園さんのもので、安心して使わせて頂いてます。



プチ薬膳教室〜佳蓮Karen〜を今年も一年ありがとうございました。
いつも皆さんに学ばせて頂くことが沢山あり、本当に感謝です。ご縁にも感謝。

同じ時間をご一緒する事で、一期一会の良き時を過ごさせて頂けたことに感謝です。

Webサイトはこちらです。
コメント (2)

2018年9月のプチ薬膳教室は終了しました

2018-09-26 22:13:58 | 薬膳
急に朝晩涼しくなってきましたね〜。

先日、9月のプチ薬膳教室開催しました。


テーマは
~≪カラダのピンチを知る③乾燥≫と「秋の薬膳」~



調理していただいたのは4品。

・蓮根とエビの蒸し豆腐
・白キクラゲと鶏の烏龍茶スープ
・舞茸と白菜の鮭ご飯
・里芋きぬかつぎ(お月見に合わせて)赤味噌、柚子オリーブ2種

そしてこの時期、中秋節が近づいていましたので、生地と餡はご用意して、恒例の生月餅づくりも楽しんでいただきました。

・生月餅作り 3種
皮:赤(紫芋)、緑(艾葉、よもぎ)、白(そのまま)
餡:(小豆餡+ナッツいろいろ)、(南瓜+ココナッツファイン)、(チーズケーキ)





その他は作っておき、皆様に盛り付けお願いしました。
・コリンキーとパプリカのピクルス

それと<キクイモチップスのご紹介>で、
・菊芋ポタージュ
・菊芋と胡瓜の和え物

・杏仁豆腐と仙草と梨のデザート には

コリンキーのジャムを添えて召し上がっていただきました。





<お茶>はバタフライピー(チョウマメ)

・焼き月餅(お土産用)
餡は冬瓜ベースで、ナッツ、ベリー、レモンピール等いろいろ入れてます。





今回もなるべく調理していただくものを減らして説明に時間を取っています
詳しく説明をしたのは「杏仁」「仙草」と「バタフライピー(チョウマメ)」について。

杏仁は、「北杏」と「南杏」の違いと杏仁霜との比較を。



「仙草」は6月の武田薬草園の見学会で、説明があり、興味深いので、仙草ゼリーを作ってみました。
生の葉はそのままで固まるようですが、今回は台湾の仙草の粉末を使用しているので、作る時に片栗粉を混ぜて固めています。
いつか生の仙草の葉で作ってみたいですね。


仙草ゼリーとかめゼリーは黒くて見かけは似てますが、味も効能も違うので、、、
美肌にはかめゼリーを。解熱、解暑には仙草ゼリーがおすすめです!

「バタフライピー(チョウマメ)」はたまたま初めての方が多く、レモンを入れると色が変わることに驚いていただけました。


右の青色はそのままの色、左はレモンを入れた後の紫色です。

先日の9月の武田薬草園の見学会では、バタフライピー(チョウマメ)の花が咲いているのを見ることができました。豆も生っていて、グッドタイミング



この日は生棗を持ってきてくださった方あり、フレッシュなリンゴのような味を皆さんで美味しく頂きました。



毎回、簡単にしようと思うのですが、その時期に紹介したいものが色々あり、盛り沢山になってしまってます

参加してくださっている皆さんは、健康のことに興味があり、それぞれ多くの知識を持った方々なので、皆さんから得る事も沢山あり、いつも勉強になる事が多いです。ご参加頂き、ありがとうございました

※今回使用したコリンキーとドライの<キクイモチップス>は神奈川で無農薬の野菜を生産されてるまーたん農園さんから送っていただきました。
キクイモチップスは乾燥しているので味が濃厚で、スープにしたら、生で使うよりコクが出て、美味しいです。それに洗わなくていいし、切らなくて良いので簡単に使えます!薄切りと厚切りあり、どちらものままチップスとして食べることもできて便利ですよ。


※次回は11月を予定しています。日程決まりましたら、このブログ又はプチ薬膳~佳蓮karen~サイト(こちら)でお知らせします。
※お問い合わせはこちらから

次回もよろしくお願いいたします。
コメント

【再設定】プチ薬膳教室-佳蓮Karen-サイトアドレス変更しました

2018-08-12 17:18:18 | 薬膳
ごめんなさい。本日アドレスを再度変更しました。
いろいろ 不具合がありまして、、、。
正しいアドレスに訂正しましたのでブックマークしていただいている方は再度修正お願いします

 ↓  ↓  ↓
https://yakuzen-karen.com



ココロと体がウキウキと喜ぶような薬膳を皆さんで作れたらという想いで4年半ほど前にご縁あり始めさせて頂いた薬膳教室です。

「プチ薬膳-佳蓮 Karen-」サイトアドレスを変更しました。

以下が新しいサイトアドレスです。

ブックマーク入れてくださっている場合は変更お願いいたします。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

*サイト内まだリンク先修正できてないところもあります。
ボチボチ更新予定です

*お問い合わせページもうまくリンクできてないかもしれませんが、レイアウト崩れたら以下からアクセスお願いいたします。


プチ薬膳-佳蓮Karen-お問い合わせページ




ほんのちょっと薬膳を意識して、食べるものを選んでみる事で、心や体が元気になる、、、

そんな提案やお手伝いができたら、この気持ちは変わってないかもしれません。



先日の薬膳教室でもお出しした、トマト作りの名人?の方のトマトの中に混ざってました!



こちらは参加してくださった方のお家で出来たきゅうり!10センチくらいのミニサイズでこれ以上は大きくならないのだそうですが、コレがとっても瑞々しく、美味しかったんですよ。

野菜との出会いも人との出会いもご縁です。

なんでも楽しんでしてみると、倍返し?
美味しいものや気になるものに出会えるのかも知れません。



前にお寺のご住職のお話で、今食べられる食事は最後にあなたが食べるものかも知れない。

そして誰かと一緒に食事をするなら、、、それは奇跡のような偶然で、しかも最後かも知れない。

ご住職自身がご家族を亡くされてすぐだったので、その体験からもそういうお話をされたのかも知れませんが、、、


毎回の食事で出会う食材も、

一緒に食事をする人も

本当にご縁だと思うと、、、

今一瞬を大切にして、その時を楽しんでみる事を続けて日々過ごしたいと思います。

お盆が近いからか、何故かこんな事を思います。

さっ、今からお弁当作らなくっちゃ。


今日も素敵な一日をお過ごしください
コメント

2018年7月のプチ薬膳教室は終了しました

2018-07-29 07:32:52 | 薬膳

暑い日が続いていますね〜。

プチ薬膳は5月はお休みしましたので、

先日、久しぶりにプチ薬膳教室開催しました。


テーマは
〜薬としての「茶」と楽しむ「茶」、お話と飲み比べ〜
〜夏の養生と夏薬膳食事会〜



猛暑の中、ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

まずは梅ジュースで汗を落ち着かせて、ちょっとゆったりと。

梅ジュースはまーたんさんの無農薬青梅使用。爽やかな甘さが好評でした。

たまたま、蓮の花が手に入り、茶杯や建水、菓子皿は蓮の絵や形を選んでます。、、なるべく。



お茶は中国緑茶を6種飲み比べ。
多彩な形や味、香りを皆さんに楽しんで頂きました。




お茶のお供は、、、

・茶梅
・緑豆の黒蜜ぜんざい、南瓜団子と棗入り
・トロピカルフルーツかりんとう(東京土産)

楽しむ「お茶」は、以前にも2回してますが、パブルティを!



今回は初試みで調理なしにして、皆さんに盛り付けお願いして、会食にしてみました。




・はと麦の鶏飯(奄美大島風)
・ズッキーニとトマトの2種チーズ焼き
(酒粕チーズとノーマルチーズ食べ比べ)
・パプリカと長芋のピクルス
・切り干し大根と人参、レーズンのヨーグルト和え、スパイスのせ
・きゅうりと湯葉のピリ辛和え

・スイカ甘酒プリン

NHKで「西郷どん」を放送中だから影響されたのか分かりませんが、、、

鶏飯を食べたくなって、、、
鶏飯をメインにしてますが、参加者のお一人もよく鶏飯作られるそうでそんなお話もいろいろお聞きできました。

薬膳的に見てみると、、、韓国で夏バテに「参鶏湯」を食べるのと同じように、補気の丸鶏がメインでスープも余すことなく使うし、タンカンなどの果実の皮を使うのを陳皮に置き換えれば、気の流れも良くなります。

夏によく使う薬味いろいろも温め効果もあり、冷えすぎた胃腸も整えるので効果的ですし、

でも一番は、予め用意しておけば良い上に、暑い夏で食欲が落ちる時に薬味の使い方次第で食欲増進にもなります。

と、そんなお話はあまりゆっくりできませんでしたが、、、



皆さんとお茶とお食事を私も充分楽しませて頂きました

ありがとうございました。


※次回は9月か10月を予定しています。

日程決まりましたら、このブログ又はプチ薬膳~佳蓮karen~サイト(こちら)でお知らせします。
佳蓮サイトアドレス変更になりましたhttps://yakuzen-karen.com

次回もよろしくお願いします。

コメント (2)

2018年3月のプチ薬膳教室は終了しました

2018-03-29 23:34:05 | 薬膳
今月は~≪カラダのピンチを知る②望診≫と「眼のパワーアップ春の薬膳」~というテーマで開催しました。


自分の養生に活かせる、顔、目、舌の簡単なチェックポイントをお伝えして、


目に良い薬膳をテーマにお話しした後、菊茶と決明子、クコの実のブレンド茶を試飲していただき、


お料理に使う、龍井茶はお菓子といっしょに味わって頂きました。



目のための、養血、養陰、補気を中心とした食材と、春の野菜を合わせた薬膳メニューを3品作って頂きました。

⚫︎独活、海老、スナップえんどうの龍井茶炒め
⚫︎鰯とアスパラのハーブカレー焼き
⚫︎あさり、筍、独活の春の香りの蒸し焼き

※作ることよりお話しに重点を置こうと、今月から、お料理する点数を減らして、なるべく手軽にできるものをご紹介。


その他は
⚫︎蛸と菊芋の炊き込みご飯
⚫︎桜の香りのスープ
⚫︎人参と新タマネギのラペ
⚫︎ブルーベリーと苺の甘酒パンナコッタ

この菊芋まーたん農園さんのものを使わせて頂きました。まーたんさん、ありがとうございました。

今月は2回プチ薬膳教室を開催しましたが、2回目にご参加の方はほとんど皆さん、キクイモをご存知なく、、、お話甲斐がありましたよ!

キクイモが蛸ご飯との相性が良いとおっしゃって頂きましたし、このピンクのご飯が一番好評だったかも知れません。





このピンクの飲み物は、むべソーダです。
近江八幡で見つけて、あまりの綺麗な色に心ときめいて、皆さんにご紹介しました。
むべはアケビに似ているけど、割れないそうで、不老長寿の霊果とボトルには書いてあります。

天智天皇が「むべなるかな」と言われたのが、名前の由来で、現在も皇室や神社に献上されてるそうですよ。

2回目の薬膳教室は昨日でしたが、ちょうど桜満開になり、初夏を思わせるような気温でしたが、

春のイメージで前回とランチョンマットなど設を少しだけ変えてみたら、


やっぱりこちらの色の方が春らしいですね〜。

同じレシピを使っていますが、
盛り付けも味も、その日に来られている方により、変わるので、それはそれで楽しいですね。



ご参加いただいた皆様、ありがとうございました

※「心と体が喜ぶプチ薬膳教室」今年は奇数月に開催していますが、5月はお休みします。


コメント (2)

2018年1月のプチ薬膳教室は終了しました

2018-01-26 11:00:49 | 薬膳

今月も「心と体が喜ぶプチ薬膳教室」にご参加頂きありがとうございました。

~≪カラダのピンチを知る①便秘について≫と
 「腸のバランス調える韓国風薬膳」~
、、、と言うテーマで開催しました。

まずは今年初と言うことで、八宝茶を味わっていただきました。

 

そして、お茶を飲みながらのお話は、、、、

昨年までは季節ごとの養生法をお伝えしてきましたが、

今年からは普段の生活に活かしていただけるようなお話をお伝えできたらと、

すこしテーマを決めて、新年第一回目だというのに、お通じのお話

、、、、でも体調を知るにはとても大事

 

腸を整えることは免疫力アップにもなり、美肌にもつながります。

美肌と言えば韓国?と単純な発想で、 少し韓国風の薬膳メニューを作っていただきました。


・干しタラと大根、春菊のスープ(プゴク)
・黒きくらげとトックの炒め物
・ゆで豚コチュジャンソース添え
・豆もやしと韮のナムル
スイートスプリングとプチベールのサラダ
・赤米
・黒砂糖と豆乳のマーラーカオ

※水キムチ(2種)と蕗味噌も味わっていただきました。 


<お茶>八宝茶、コーン茶
<お茶うけ>山査子、スイートスプリングのピール

今回は「七味唐辛子作り」もしていただきました。

そして、こちらもまーたんさんから送っていただいた栽培中農薬不使用のみかんを乾燥させたものを使用。

(陳皮と言う程乾燥してないので、、、、)「乾燥みかん」と、「唐辛子」「山椒」「紫蘇」「あおさ」「白胡麻」「黒胡麻」「ケシの実」、、、、いろいろ入れたら、あっ、八味になってしまった!

それでも七味唐辛子と呼んでもいいかな。胡麻は白黒で一種類と考えたらよいのではないかしら。

 

いつものごとく皆さんで作って食べると、
本当に美味しく、そして楽しく、、、これは毎回感じます。皆さまありがとうございました。


今年もみなさまにとって心も体も充実した良き年となりますように。 細々ですが、4年続けさせて頂いてます。私自身は成長してなくて、相変わらず、緩々の内容です
続けさせていただいている事に感謝しつつ、、、 「心と体が喜ぶプチ薬膳教室」を今年もどうぞよろしくお願いいたします。


※京都産の野菜、、、「大根」「人参」「白菜」「葱」

※「心と体が喜ぶプチ薬膳教室」は今年は奇数月に開催予定です。

※ 日程が決まりましたら、こちらのブログ、又はfacebook、佳蓮サイトでご案内します。

プチ薬膳教室について、お問い合わせ、ご質問はこちらのフォームからどうぞ。

 

 

コメント (2)

試作中

2018-01-12 22:55:15 | 薬膳
今月のプチ薬膳教室の試作を先日から何度かしてます。

スッと決まる時もありますが、

今回は取り合わせを考えていて、なかなか決めきれてませんが、、、

そろそろ決めないとね。



風邪やインフルエンザが流行っているようです。皆さま体調管理に気をつけてくださいね。
コメント (2)

2017年11月のプチ薬膳教室は終了しました

2017-11-18 11:36:09 | 薬膳

今月も「心と体が喜ぶプチ薬膳教室」にご参加頂きありがとうございました。

~≪冬に向けての養生のお話≫と「風邪対策薬膳、中華ちまきを作りましょう」~

、、、と言うテーマで開催しました。

本格的な冬へ向けての養生と風邪対策のお話をして、料理は5品作っていただきました。

・体を整える、、、たっぷり具材のびっくり中華ちまき
・黒きくらげと白菜の貝柱スープ
・根菜のくるみ味噌かけ
・小松菜の黒胡麻ドレッシング和え
・黒胡麻団子の甘酒デザート

 

ちまきの歴史や、 アジア各地のちまき、日本のちまきのご紹介をして、

端午の節句に食べられるちまき、祇園祭のちまき、、と、種類もいろいろありますが、

効能をお伝えしたいろいろな具材で中華ちまきづくりを楽しんでいただきました。

包み方もいろいろありましたが、具材が外に出なければOKです!

温め食材や血液循環をよくするもの、潤いを与えるものなど、

旬の野菜も取り入れて、、、皆さんにとっても美味しく作っていただきました。

たまたまタイミングよく、すだちや柚子を頂いたり、

柿を送ってもらったり、

人気の落花生「おおまさり」を送っていただいたりといろいろなタイミングがよく、ほんとに有り難いなぁと。

 数日前にテレビで特集をされていた新種の大きな落花生の美味しさに感動して頂けました!まーたんさんのおかげです。ありがとうございました。(写真中で1つだけ白くて小さいのが普通の落花生です。)

 

デザートは皆さんで捏ね捏ねして頂き、美味しく可愛らしく出来上がりました。簡単なので、ぜひお家でも作ってくださいね。

試飲は「十全大補湯」(シンガポールで購入)を少し飲んでいただきました。香りはかなりきついのですが、甘みがあり、飲みやすいと皆さんに好評でした。

他にお茶は台湾の「客家の擂茶」と「東方美人」を飲んでいただきました。

客家の擂茶は豆、雑穀など24種類のものを擂り潰して作られていて、お豆の味が優しく、体に良さそうとこちらも好評。

今回皆さんに飲んでいただいたのはお湯を入れるだけのパック入りでしたが、
台湾では自分で豆や雑穀をすり鉢で擂り潰してお湯を注いで擂茶を作って来たと、夫が話してましたので、又自分でしてみたいですね。

皆さんで作って食べると、
本当に美味しく、そして楽しく、、、これは毎回感じます。皆さまありがとうございました。
※京都産の野菜、、、「赤芽大吉」(里芋です。中も赤いかと楽しみに使用しましたが、中は白色でした。)「葱」「大根」
※「心と体が喜ぶプチ薬膳教室」は今年は奇数月、1月、3月、5月、7月、9月、11月に開催させていただきました。
※ 来年度については未定ですが、次回開催日が決まりましたら、こちらのブログ、又はfacebook、佳蓮サイトでご案内します。

プチ薬膳教室について、お問い合わせ、ご質問はこちらのフォームからどうぞ。

この日作ったちまきを食べて「今まで食べた中で一番おいしいちまき」と言っていただきました。嬉しいです。

こんな風に毎回の食事が、今まで食べた中で一番おいしい食事になると幸せだなぁと、、、思います。

誰と食べるか、何を食べるか、どんな気持ちで、、、色々な要素がありますが、

おにぎり1個であっても、お茶1杯でもそうだと思います。


悲しい時や辛い時に食べる食事は味を感じませんから、、、

気持ち明るく、、、、ココロを温めて、冬を乗り切りましょう。


 

コメント