心が元気になるものイロイロ!

暮らしの中でみつけた、ちょっと幸せを感じるものの事を書いています。
元気をくれる料理、絵、植物、本の事等。

お茶と京都タワー

2022-05-19 22:13:00 | 
またまたお茶のこと、、、

滋賀県の朝宮へお茶摘みに行ってきました〜。
とは言えかなり前、連休の頃です。



  

品評会用のお茶という事で摘み方も指導があり、午前午後と場所を変えてお茶摘みさせて頂きました。








気持ちが良いお天気で、、、

お茶に関わる方のお話もいろいろお聞きすることできました。


品評会用のお茶は手摘みですごく手間がかかります。

新茶も心を込めていただかなくっちゃね🍵


品評会以外のお茶は機械を使われるようです。
🍵🍵🍵

朝宮茶は日本最古の茶産地なんだそうで、今回こちらに行くまで知りませんでした。まだまだ勉強不足です💦

宇治茶(京都府)、川根(静岡)、本山(静岡)、狭山(埼玉)と並んで日本五代銘茶の一つと書いてありましたが、、

九州も美味しいお茶が有りますし、お茶の生産量も多そうですが、、、九州は入ってないみたいですね。どんな基準なんでしょうね🤔

🍵🍵🍵

コロナ禍でお茶のイベントも中止が多かったのですが、今年は2年ぶりに吉田山大茶会もやっと開催されそうです。

先日も中国茶の先生のサロンでそのお茶会について打ち合わせがあり、ちょっと遅くなり、

京都駅では

京都タワーが夜空に映えて



こーんな色でお出迎え。

珍しい色で多くの人が写真撮られてました。

青っぽい色だし、ウクライナ🇺🇦の平和を願っている色かと思ったら、
 ↓これだそうです!

ティール&ホワイト「京都タワー展望室×響け!ユーフォニアム」イベントの一環として

何なんでしょう??? 

「響け!ユーフォニアム」という小説、アニメがあるそうです。

「ユーフォニアム」=ホルンのような形をした楽器の名前のようです。













八十八夜、、、茶摘みと餅茶作り

2022-05-06 07:05:00 | 
GWもあと少しですね。

自粛要請がないので京都市内も旅行の方など多くお見かけします。
清水寺辺り、三年坂、二年坂辺りは歩くのに渋滞が出来ているそうです😐

この季節は気候も良くてお出かけしたくなりますよね〜

✨✨✨


5月2日は「八十八夜」で毎年この日に行われている日吉神社「茶摘祭」の神事がありました。

※立春から数えて八十八日目。この日に摘んだお茶を飲むと長生きすると言われています。









↑日吉茶園は日本最古と言われる茶園(諸説あり)の一つです。
✨✨✨

この日に合わせて この近辺数カ所で茶摘みをして 唐代の餅茶を作るイベントに参加してきました。
(先生主催なのでスタッフとしてお手伝い)


ご参加の方皆さんで摘んだ茶葉🌿




お茶を作るのはなかなか重労働!
ゴリゴリと細かくして、、、


型に詰めて、穴を開けて、、



まだここから乾燥して、

秋にこのお茶を使ったお茶会開催予定です。 

✨✨✨
この日お茶を摘ませて頂いた場所の一つ、「瑞応院」。垣根などにも茶の木が混ざっています。




↓立派な重森三玲氏の作のお庭も拝見させて頂きました。
(普段は非公開)














お昼休憩の後に、日吉大社でのお煎茶席へ。
黄檗売茶流 唐木先生のお手前によるお席。所作が美しい✨







正客以外は奥から点て出しですが、

宇治の玉露、、、甘くて優しく
美味しく頂きました。

お菓子は藤の花をイメージされたものとの事。



いろいろな方々との出会いもあり、気持ちが良い一日でした。


この日は八十八夜、一粒百万倍日、大安など重なり、とても良い日だったようです。

✨✨✨

以前にもこの茶摘祭の日に来ていました。



今日のお茶-no. 26洛神花茶(ローゼルティ)

2021-10-31 10:21:00 | 
ハッピーハロウィーン🎃


✨✨✨
昨年、名古屋の方から種を頂き、ベランダのプランターで洛神花を育てるようになり、今年も少しだけですが収穫できました。




この赤い色が美しい〜😊
ちょっと酸っぱくさっぱりとしていて疲れが取れるような気がしますね。






↑茶杯にお茶を入れたらなーんと中の赤色が外に透けて見えます〜😳

めっちゃ綺麗✨✨✨

かなり前に台湾で購入した茶杯ですが、こんなに色が透けるとは初めて知りました。



香りの和ろうそく10月はこちら
✨✨✨
洛神花の花は9月中頃から咲き始めて、、、


でもほとんど半開きでした💦
ベランダではそんなに育たないのかなぁと、、


それでも萼はまあまあお茶を飲むくらいは収穫できましたね。







葉っぱの形も可愛らしく色が綺麗でしたので、2〜3日はアレンジメントのようにも楽しみました。

素敵なハロウィンを〜🎃✨👻✨🎃✨

久しぶりのお茶会

2021-10-26 07:26:00 | 
週末に滋賀県の日吉大社で行われた献茶式。



お煎茶の黄檗売茶流様が献茶をされて、それも少し拝見できるかと思ってましたが、準備などで見ること叶いませんでしたが、、





日吉大社では猿は神の使いとして神猿(まさる)、「魔が去る」「勝る」に通じるとされ縁起の良いものと言われてます。


スマホ向けたら失礼でしたかね💦
睨まれてましたか。ごめんなさい。

※京都にも日吉神社あり氏神様です。神猿さんのおかげで元気に過ごさせて頂いてます⛩



山の上の方に見えてるのは延暦寺かな?

位置関係はよく分かってないのですが、この日吉大社の辺りから延暦寺に上がるケーブルもあり、お寺と神社ですが関係性も深いのだそうですよ。


延暦寺を開いた最澄上人が平安時代に中国から茶の種を持って帰り、日本に初めてお茶を伝えたとされています。

✨✨✨✨✨


この日は献茶式に合わせてお煎茶と中国茶の茶席が設けられ、中国茶の先生の茶席でお手伝いをしてきました。


外で唐代風の庵茶を味わっていただき、


室内では二席、、、






先生のディスプレイはいつもとても素敵です✨

沢山の方に来て頂き、しばしゆっくりお茶を飲んで頂くひととき、、、

zoom越しにしか会えなかった方や久しぶりにお会いする方もあり、、、💕


お茶を介してお会いする初めての方や
小さなお客様もあり、、、

マスクでお口の辺りは見えませんが、沢山の笑顔と楽しいお声を聞けた1日でした🍵




七五三と言うと11月かなぁと思ってましたが、
ちょっと早めの10月に七五三に来られてるご家族も何組かお見かけしました。

また、ゆっくり来たい神社です⛩


今日のお茶no.25-径山茶

2021-09-23 09:14:00 | 

陶芸家・渡辺大輔さんの器が我が家にやってきました。

若手の陶芸家さんでいろいろな賞を受賞されてます。


京都文化博物館のギャラリーで作品を拝見して、そのときに酒器として販売されていて杯は2つだけだったのですが

茶器として使いたかったので6個お願いしました。

そうして2ヶ月ほど待っていて
やっと受け取りました。

沢山作ってくださった杯のなかから迷いに迷って選ばせて頂きました。



縁起の良い漢字が書かれています。
心のこもった器で頂くお茶は美味しい!




お茶は径山茶。中国浙江省の緑茶です。

径山寺というお寺で作られているお茶。


唐代に建立されたこのお寺から、栄西がお茶の道具を大徳寺に伝えたり、聖一国師がお茶の種を静岡に持ち帰ったのが今の静岡のお茶の元になっているんだとか。


又、醤油の素となった醤(ひしお)もこのお寺から紀州に伝わったのだそうです。





この日のお菓子、、、

「百万遍かぎや」さんの「益寿糖」と「野菊」





野菊のこの可愛らしいサイズは中国茶にぴったりです。

✨✨✨

お茶を飲んだ後の茶殻もお料理に使いましたよ。

柔らかい新芽なので食べても美味しい✨





緑茶は味や香りが変化しやすいので

夏までに飲んだ方が良いのですが、、


冷蔵庫にまだ何種類もありますね。


🍵急いで飲まなくっちゃ😅


今日のお茶no.24-和紅茶「月露」

2021-09-19 05:23:00 | 

涼しくなってきましたね〜。

こんな時には紅茶を飲みたくなってきます。


和紅茶「月露」(滋賀県 朝宮茶)



朝宮茶は日本五大銘茶の一つなんだそうです。知らなかった💦
日本最古(これには諸説ありますが、、)の茶生産地。延暦寺の最澄が中国・唐から持ち帰った茶の種を朝宮に植えたとされているそうです。

滋賀県甲賀市信楽町、、、と言うことは信楽焼の辺り?と言うくらい関西に住んでいても地理に弱くて😅
信楽は器を見に行ったことは何度かあるのに茶畑の印象がないのですが、、、
信楽と言えばスカーレット!(NHKの朝ドラ)
信楽焼のカップでこの紅茶を淹れたら良かったかも。


お茶のお供はSecond Houseのクッキー。
白いのはホロホロと口溶け優しく、四角いのはアールグレイクッキー、どちらもとっても美味しくて。


✨✨✨

先日、親戚の方へお菓子と一緒に関西のお茶を送りたいと思い、webで調べた紅茶専門店さんで購入。

街中にあり、調べていかなかったら通り過ぎてしまいそうな間口の狭い京町家さん。




海外の紅茶をメインに販売されてますが、和紅茶は3種あり、テイスティングもさせて頂き、お茶を決めることできました。

関西の和紅茶はこの朝宮茶だけだったのと、しっかりした味と香りの良さで選んだのですが、、、


親戚に送ったのと同じものを我が家でも購入して、淹れたのですが、テイスティングのときとは何故か味が違う。

水の質?湯の温度?茶葉の量?待ち時間?などと原因を考えつつ、、、最初はハリオのガラスポットで淹れて、次は蓋碗、ティポットなど試しましたが、テイスティングでの香りが出ないのは何故なんでしょう🧐やっぱり腕かしら???

紅茶好きな親戚の方にはどうだったんだろうか?感想を聞くのが怖くて聞いてないです😅


今日のお茶no.23-新茶

2021-05-25 08:00:00 | 
自作の2021年新茶です。
新茶を飲むと「病気にならない」とか、「長生きする」とか言われますね。







お茶のお供は鶴屋吉信さんの
「京観世」と「柚餅」


「柚餅」はかなり前から食べてましたが、このパッケージの絵は富岡鉄斎だったのを先日知りました😅

※以前は同じような食感で「ブルーベリー餅」というのがありましたが、今は作られてないそうです。姉が好きだったのでたまに送っていたのですけどね。
お菓子も時代やニーズに合わせて変わっていくのでしょうね。

コロナ禍でもお菓子屋さんにも頑張って頂きたいと思います。

✨✨✨

茶摘みと言えば八十八夜。
立春から数えて88日目、今年は5月1日でした。

まぁ、かなり前の事ですね💦
写真撮り溜めてて、なかなか追いついてないのですけど。

ゴールデンウィークの頭の頃、丁度、中国茶のレッスンの日(八十八夜前日)で先生のお宅でお茶摘みとお茶作りさせて頂きました。
コロナ感染対策もしっかりされていて、少人数でした。



↓新芽は緑茶

↓大きな葉は紅茶用


↓白茶用だったかな?




日本緑茶は蒸して、中国緑茶の多くは炒って(酸化酵素を止める)作るいう大きな違いあります。







私は緑茶作りは始めて、

目指すは龍井茶の形でしたが、、、
全然もう程遠い出来でした💦

この日は二人で製茶体験させていただき、すぐに試飲しましたが、全然違う味でした。


✨✨✨

昔の日本の家にはお茶の木を植えていたのでは?
今でもお茶の木が残っているお家ありますし、
自分の家のお茶は作っていたのかしら?

私の実家にも少しですがお茶の木ありました。でも、飲めるお茶を作ったことはなかったですけどね。

お茶をゆっくり飲めることに感謝ですね✨



今日のお茶no.22 茉莉花茶と菊花のブレンドティ

2021-03-22 21:52:00 | 
最近はヒノキの花粉症がひどく、、

喉が赤くなり、ザラザラして
目も痒く鼻水も出て、
苦しいこと多く、よく飲むブレンドティーです。


茉莉花茶(ジャスミンティ)に菊花をブレンドしているのですが、飲んだ後はしばらくはスッキリするような気がしてます。

ジャスミンティは緑茶に茉莉花の香りを移したもの。これは福建省に行ったときに頂いたお茶で上品な香りがします。

菊花は安徽省の「金絲皇菊」と言う一輪が大きな菊の花です。



お茶のお供は「柚篭」と言う可愛らしいひと口サイズの和菓子。
中には餡ではなく、柚ピールのようなのが入ってます。



東京青梅 「紅梅苑」のお菓子です。
美味しく頂きましたよ。

好吃〜😊




今日のお茶no.21-宇治茶と「とらや」干支ミニ羊羹

2021-01-12 10:12:00 | 
朝から雪が降ってて寒いです〜。

お茶はお正月の間に飲んでいた、頂き物の宇治茶。


パッケージがとても可愛らしい!
綺麗な緑色で爽やかな香、、、美味しく頂きました。


宇治田原のお茶です。
一般的には宇治茶と呼ばれるものだと思います。

近くに住んでいながら、日本茶の製造工程は見たことがないので、一度行ってみたいなぁと思ってますが、、、今年はまだ行けないかしら、、。

✨✨✨

お菓子も年末に別の友人からの頂きもの。
干支の牛が可愛らしい💕


3つの味あり、↑これは小豆だったかな。


他に黒糖味、抹茶味がありました。どれも上品な甘さで美味しく頂きましたよ。


お茶と一緒に讃岐の和三盆も、、、
こちらも頂きもの💕
パッケージには「さぬき和三宝」と書いてあります。
可愛らしい形で、口に入れるとほろっと解けて優しい甘味です。


以前、落雁作りの体験した時も香川県から先生が来られてました。

美味しいお茶やお菓子を頂き、それを味わうことができて幸せです〜。

❄️🌨

やっぱり、、、寒いですね。

雪は見ている分には綺麗ですが、
降雪量の多い地域は大変な状況かと、、

叔母の家も雪かきなど大変と言われてますし、買い物にも出かけられないようです。
宅急便でちょっと何か送ろうかと思ってますが、さて宅急便のトラックが無事に着けるのかどうかですね。

先日のように高速で車が通行止めで何十時間も止まってしまうとそれはそれでドライバーの方も大変ですので。

ほどほどに雪も降ってくれると良いのですけどね☃️

旧暦の七夕

2020-08-26 14:24:00 | 
昨日は旧暦の七夕だったそうです。

中国茶レッスンに伺った時に
「乞巧節」に因んで、皆さんで針を水に浮かべると言う占い?を試させて頂きました。
 



七夕「乞巧節」は牽牛と織女のお話有名ですが、
織女のように器用になることを願い、器に入れた水の上に針を浮かべて、その影の形で占うと言うものだそうで、、

お針仕事が上手になることで良縁が得られることを願ったそうです。でも、針なんて浮かばないでしょ〜って、皆さんで言いながら試してみたのですが、、、

もう、良縁も何も必要ないのですが、、、

なーんと

浮きました!

影を見ていただくと分かるかしら?




後で試しても浮かなかったので、
まぐれでしょうけどね😅
もう2度と浮かばなそうなので、ブログにアップしてみました💕

✨✨✨

先月までBSで放送していた中国ドラマ「エイラク」でも、主人公エイラクが長い時間ずっと水の上に針を浮かべようとしても、全然浮かばなかったのですが、

皇后様がやってみたら、浮いたシーンがありました✨

無心が良いのか、

私の場合は手に油でも付いていたから浮いたのかなぁ???
よくわかりませんけどね。

✨✨✨
日本だと七夕には紙の短冊に願いを書きますが、

昔は梶の葉の裏に、芋の葉についた露で墨を擦り、その墨で書の上達を願って文字を書いたそうです。

以前、梶の葉に願い事を書いて、水に浮かべ、
もし文字が消えなかったら願いが叶うと聞いたことがあります。
その時、友人が文字を書いた梶の葉は水の上でくるくる回り、沈まず、文字も消えなかったのを覚えています。

七夕にはお針仕事や書など、技芸の上達を願っていたそうで、、、
女性は針仕事、男性が書の上達を願ったそうです。

でも、私は針仕事より、
書が上達する方が嬉しいかも💕

※梶の葉っぱ、かなり前のブログですが、こちらに写真載せてました。



この日の中国茶レッスンでは七夕「乞巧節」に因んで、笹団子を出していただきました。
美味しいお団子でした!

中国茶の先生にはお茶以外、いつもいろいろ教えて頂き、勉強になります🎋