心が元気になるものイロイロ!

暮らしの中でみつけた、ちょっと幸せを感じるものの事を書いています。
元気をくれる料理、絵、植物、本の事等。

梅雨入り

2021-05-17 09:19:00 | 植物
昨日から雨が続いてます。昨晩から今朝にかけては激しい雨でしたし、今日も1日雨の予報。

なーんと、昨日、関西も梅雨入りしたようです。
早いというか、

早すぎ、、
梅雨までにこれもあれもしとこうと思いつつしてなかったことあり😅

ベランダの花の植え替えなども中途半端なままですが、仕方ないですね。
✨✨✨

ゴールデンウィーク中に土の入れ替えや鉢を大きくしたり、、、
(今はもうちょっとみんな大きく育ってます)

ニューフェイスはいくつか有りますが、

まずは「ユーカリ」
上の方は赤味のある葉っぱ。風でゆらゆら揺れる様がなんとも可愛らしく癒されてます〜!

前のオリーブが死にそうだったので、その子は再生中で、、、
↓蕾がついた「オリーブ」を新しく植えてみました。シプレシアーノと言うイタリアシチリア島原産。香川県のオリーブ園から来ているもの。
前のオリーブも花が咲いたことありますが、実はならなかったですね。
1本ではならない品種なので、ご近所でオリーブ植わってるのでその花粉が飛んでくると良いのですけどね。

↓「リンネルフラワー」リトルエンジェル
切り花でも使えて、可愛らしい花がどんどん咲いてくれます。こちらはオーストラリア原産のようです。
 

↓「ナスタチウム(キンレンカ)」
ナスタチウムはエディブルフラワーだし、食用になるかなと思って購入したけど、何も書いてなかったので農薬もかかってるだろうし、食べたらあかんのでしょうね。次からは確認して買おう!又は種から育てるかですね。

次々に花が咲いてくれてます。


ラベンダーは前からあるのですが、かなり大きくなってますし、花付きが悪いので、こちらは新しくお迎え。
↓「イングリッシュラベンダー」


↓右は毎年この時期に飢えてる「バジル」

大きく育ったらバジルペースト作りたいのですが、さてさてそんなに育つかしら。
良い香りがするので結構虫に食べられてしまうんですよね。


↑左は「スープセロリ」
一般的なセロリより細くてシュッとしてます。
すぐに食事に使えて便利そうです😋

ひと雨ごとにどんどん植物は大きくなるので、これからも楽しみ。

✨✨✨
前からある植物たちも元気ですよ。

↓桑の実は赤く色づいてきました!


↓金銀花(すいかずら)も蕾が沢山つき始めてます。


↓パイマックルーは冬に室内に入れてましたが、全部葉っぱが落ちてもうダメかと諦めてましたが、ニョキニョキと新しい葉っぱが出てきてくれました!良かったわ😊


↓アップルミントと日本薄荷。




下、2つは1階。
名前は?リュウカデンドロンだったかな?


↓「金鎖」。風の強い日でちゃんと写真撮れてませんが、、、
昨年も写真撮ってましたね。→こちら
美しい花には毒があるって紹介してました。

✨✨✨
植物を触ったり、水やりしたり、見ているだけでも癒されます〜🌿




コメント

「ねぎ坊主」と「白い苺」

2021-05-13 11:41:00 | 
初夏のような陽気が続いた後ですが、
これからはしばらく雨が降ったり不安定な日が続きそうですね。
✨✨✨
更新がとっても遅いのですが、、😅

ゴールデンウィークの頃に出会った珍しい物をご紹介。

産直の野菜のお店で出会ったのが、


ねぎ坊主。

食べれるの?
これって捨てるところでは?

そう思いながら、

popに「バター焼きや酢味噌で食べるのがオススメ」と書いてありましたので、

さっと茹でて酢味噌で食べてみました。


プチプチのビジュアルは可愛らしい!

ん?

でも、やっぱり、ねぎの味でした😑
当たり前か、、。

ねぎ坊主を食べるなんてびっくりでしたが、、、

野菜の皮などもそうですが、栄養価も高く、普段捨てていたところも食べられるわけですし、廃棄しては勿体ない。

フードロスについてもちょっと考えるきっかけになりました。

※後でサイトで調べたらねぎ坊主のレシピは結構載ってますね。知らなかっただけですね💦反省。

✨✨✨
そしてもう一つ、見たことはありましたが、
「白い苺」

初めて食べました。
とっても甘くてびっくり、
美味しかったですよ〜「好吃」




いちご狩りができるところで、採りたてのものを購入させていただきました。

ゴールデンウィーク中で
数組の家族が来られてましたが、広いハウスの中では遠くに人が見えただけでしたね。

子供が小さい頃はいちご狩り行きましたね〜。
懐かしい🍓

コメント (2)

「呵呵」天野達夫・明美・光夫さんの作陶展

2021-05-08 22:52:00 | アート
何度か今までにも作品拝見している天野明美さんの展覧会を見に行ってきました。




今年はちょうど緊急事態宣言も出ているし、どうしようかと迷いましたが、、、
そんなに遠くないですし、バスで一本で行けるギャラリーなので行ってきました。




明美さんのお父様と息子さん、3人の作品の展示です。
昨年、陶芸家のお父様が亡くなり、その供養も兼ねていらっしゃるとの事でした。

↓お父様の作品















呵呵(かか)とは大声で笑う様との事。
そうした境地でお空の上に旅立たれて、きっとお空の上でも笑ってらっしゃるでしょうとの事でした。

↓明美さんの作品






















ペットのお顔を描いて時計にもして頂けるようですよ💕







↓息子さんの絵付け作品



この大皿の裏にも楽しい絵が書いてありましたよ。

Facebook で拝見していましたが、やはり実際に会場でいろいろな説明して頂きながら、作品を拝見できた事が嬉しいですね。

※ご本人の許可いただき写真撮らせていただきました。






◾️「呵呵」天野達夫、明美、光生 作陶展
日時:2021年5月4日(火)〜9日(日)  
10時〜19時 ※最終日17時閉場
場所:ギャラリー中井 にて
(京都市中京区木屋町三条上ル)

明日までです。
コメント

山吹(ヤマブキ)、シャガ、イカリソウ

2021-05-04 07:30:00 | 植物



春は梅で始まりヤマブキで終わる
そろそろ初夏や梅雨がやってくるという事ですね。

この山吹色は見ているだけで元気もらえます。



こちらの薄紫色がかった花がシャガ。

夫の祖母の家の庭にもよく咲いてました。

以前はあまり好きではなかった花ですが、ジーッと見ていると不思議な形でなかなか面白いし、蕾が沢山あり、次々に咲いてくる逞しい姿を見てると愛着が湧いてきます。

シャガは漢字で書くと射干、著莪、別名は胡蝶花だそうですが、、、

本来、射干は檜扇(ヒオウギ)の事。
生薬の「射干」も檜扇(ヒオウギ)です。
※シャガは中国原産の植物なので漢字で伝わったはずなのに、違うものがその名前になっていたりするものが色々ありますね。漢字→漢字なので余計紛らわしいのでしょうか。


日が経つと花や葉っぱを積んではカットしていき、今はこじんまりスッキリ活けてあります。

このカットしていき花をどう生かすのか、形を変えていく過程が楽しいです✨

✨✨✨
錨草(イカリソウ)

こちらはあまり花が保ちませんでしたが、、、不思議な形の花。よーく見ると錨(いかり)の形に似てますね。

調べてみたら、これも生薬でした。

淫羊雀(いんようかく)
強壮薬。茎葉を使用。

身近な植物や鉱物などで薬効あるものが多くありますね。
✨✨✨
コメント (2)

「香りの和ろうそく 4月」 と「朝掘り筍」

2021-05-02 06:30:00 | Weblog
ゴールデンウィークに入りましたね。
とはいえ旅行にもいけませんけどね。

衣替えや断捨離もしたいのになかなか進まず、、、

ベランダの花やハーブを入れ替えたり、撮り溜めたビデオを見たりして、、、

夜になって

4月の香りロウソクを使ってなかったことに気がつき、、、
慌てて使いました。




柔らかな香りで 
しばしゆっくり、、、贅沢な時間でした。

<4月ろうそく 虹始見(にじはじめてあらわる)
雨の後に虹が出始める>
【虹】虹色 虹のイメージ 牡丹 八十八夜の新茶 華やぎ 七色の光の反射 浮遊感、華やか、新茶、光
春のはじめ、風がふいて舞い散る桜の花びらに包まれたような華やぎを感じる香りです。 儚げな佇まいの染井吉野、古都に映える枝垂桜など、京の町を彩る桃色の花が重なる季節を、ゼラニウムやスイートマジョラム、ベルガモットなどを用いて表現しました

香りの和ろうそく3月はこちらでした〜
✨✨✨
ちょっと遅いかなぁと思いつつも、

今年も京都・大枝の朝掘り筍を買いに行ってきました。

いつものように筍ご飯、若竹煮、姫皮のお吸い物など作りましたが、、、

「筍の粕漬け」は初めて!
大枝で奈良漬の素のようなのを売ってましたので、そのお店の方にお聞きした食べ方。
奈良漬(粕漬け?)の素に水煮をして、水気を切った筍を漬けるだけです。簡単!


粕の味も味わいたく、粕は洗わずペーパータオルで軽く取っただけです。もうちょっと綺麗に入れればよかったですね。

見栄え良くないですが、、、

筍の食感よく、とっても美味しいです。
白いご飯が進みます。

外出をあまりしないこの時期に
美味しいものは危険ですね。体重が気になります🐷

歩かなくっちゃね。

コメント