現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




知財

2016-05-02 00:30:35 | 日本語どうなるの?
医者が財を成すことはあっても学者が富を得ることは難しいそうである。知財という語ができてなお、それは知的財産のことであるらしいが、それを知的所有権としても見る。その財産に、発明、創作によって生み出され、発明者の財産として一定の期間保護する権利だとか、それを具体的には特許権、実用新案権、意匠権および商標権となるようである。少し詳しくは、著作権も相当するが、そこには産業財産との区別があったりする。そうなると権利の主張のことで、知的財産権 Intellectual property とか言われる。難しく、無体物、情報を客体として与えられる財産権のことで、この権利にかかわって、ウイキペディアでは、>知的財産とは、知的財産権を含むより広い概念であり、その性質から、「知的創作物(産業上の創作・文化的な創作・生物資源における創作)」と「営業上の標識(商標・商号等の識別情報・イメージ等を含む商品形態)」および、「それ以外の営業上・技術上のノウハウなど、有用な情報」の三つに大別される。  と見える。 . . . 本文を読む
コメント

人文系学部の改編

2016-01-20 23:23:16 | 日本語どうなるの?
繰り返される言葉だ。それは学部廃止という強い響きだけをもって伝えられるようになる。それは国立大学だけに国の文教予算の配分、運営に係わるからその大学の長には重要な決定をゆだねられることになる。新聞記事が見出しにした、国立大、「文系改革」に揺れる この文言が人々の議論あたまにのかかったまま、その書き出しにある、> 全86校の国立大に対し文部科学省が6月に出した通知が波紋を呼んでいる。「廃止」という言葉を使って人文社会系学部の見直しを迫り、それに対応する大学も出始めた。一方で強い批判もあり、文科省は火消しに追われている。  そしてこの記事は続けて、こうも着ている。  >通知は「特に教員養成系、人文社会科学系学部・大学院については、組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組む」と統廃合にも言及していた。  この現状に対する言いようが何を意味しているのかは、その大学の場にあるものにはすぐにもわかることであるかもしれないにかかわらず、新聞記事特有の大学一般論にすり替えていくのは、そういう物言いがわかりよいと感じて編集局が扱うのだろう。国立大学は自らの力で5年ごとに中期目標を立てて文科省の予算に見合う大学づくりをしなければならないと位置づけられているから、その改革を進めることに意味合いを大学当局が自ら知るところなのである。その施行、ですでに15年を経過するようなところ、大学人は知らないわけではない。 . . . 本文を読む
コメント

2016改憲

2016-01-12 23:15:37 | 日本語どうなるの?
憲法を改正する、というが、正になるのか、改訂なのか。世野党の造語で、護憲、改憲、創憲と、右から左までを思わせる。野党のホームページに、あなたはどちらと、護憲、改憲、論憲、加憲、創憲、壊憲とならべて、憲法をないがしろにするような囃しようである。憲法改正論議とは、どの条文をどうするのか、その根底にある日本国民のための理念はどうするのか、議論に巻き込まれてはその枝葉になにがあって、根本には何があるのか。平和に70年を現行憲法下で生を得てきていると、ここにいたって、憲法を改正するとなるとやはり世代に受け継がれた盤石な憲法を思う。若者たちが憲法をとらえての議論には、基本的人権、国民の生活と権利の保障、自由と民主のバランス、そこにある象徴天皇の制度、sy会と教育の公正さ、国の存立を理念にすると、などなどが、浮かび上がる、しかしそこには軍隊の規定はない、自衛隊のの規定があったかどうか、国防論議となると、その実態には触れるところがない。するとどうも、議論をしているのは、戦争する国か、戦争を放棄して平和追求の国家かと、そこに焦点があることを知り、改正の議論は改悪ともなりかねない覚悟の議論となる。 . . . 本文を読む
コメント

2016日本の選択

2016-01-08 11:14:29 | 日本語どうなるの?
安保法制が変わって日本の選択をさらに進めなくてはならなくなる時がこの年にやってくる。集団安全保障の時代になるのは世界大戦が作り出した連合国の体制に日本が終戦し敗戦国となった日本の時代が転換することを意味する。太平洋戦争による無条件降伏とそのあとの占領時代に日本のあゆみは昭和後半から平成へと移り変わってその体制に与することになった。昭和の時代は3分して戦争期敗戦復興期と戦争の時代を経て経済躍進の時代へと変わったがそれは平成に受け継がれた。1960年代半ばから1990年代の半ばまでに日本経済はグローバル化の洗礼を受ける。2000年代に入ってバブルを経験してのわたしたちには、そのリスクの一方で、多くのグローバル企業を作り出す。それから20年を過ぎて現在の日本には自衛と国防の時代から次への選択を迫られることになりつつある。 . . . 本文を読む
コメント

秘密保護法、安保法を言い続けると

2015-11-22 01:38:00 | 日本語どうなるの?
偏ったニュース報道だとして新聞の全面広告に訴える。放送法の違反だという。新聞記事は読売新聞と産経新聞で、意見広告は、違法な報道を見逃しません、とあるようだ。TBS、NEWS23のコメンテーターに向けられたものだった。毎日新聞の編集委員である。その発言は、メディアとしても廃棄に向けて声をずっと上げ続けるべきだ、というものであるが、これは日曜の朝のワイドショーで、TBS、サンデーモーニングで聞くものであった。広告は放送法違反としての意見広告であるから、その放送法が何か、放送倫理違反事件を思い合せる。毎日新聞の論調では、果たしてそうなのかどうかというところがあるが、戦争に突き進んでマスコミとしての主張を貫けなかった反省が強くあり、その轍を繰り返すまいとしての思い、その一人としてのことなのだろう。それがサンデーモーニングではうかがえる。 . . . 本文を読む
コメント

日本語の状況

2015-06-25 18:35:08 | 日本語どうなるの?
日本語の状況は転換期にある。まさにその現象は世代ごとに現れるものであるが、人口統計による、24歳までの若者たちの言語環境は、その習得する状況が転換したということである。たとえて言うならば、読んで字のごとし、という日本語の感覚が、異なる。熟語を日本語読みをして意味を把握するということに加えて、それができているのか、できていないものか、定かではない現象がある。それは略語である。略号とでも言いたくなる、カタカナ語となるものが、漢語に翻訳してみるか、日本語にするかどうかであるよりも、ローマ字略語のままに通用することになる。日本を取り巻く状況で英語教育の早期導入は、言ってみれば、ローマ字略語を読んで字のごとし、ということにならないわけであるから、略して元のスペルのごとしというふうに、知ることになる。日本人口のおおよそ、3000万人が言語の習得をそのように始めている。 . . . 本文を読む
コメント

安全保障法制

2015-06-13 14:59:11 | 日本語どうなるの?
安全保障法制をキーワードに検索したら、安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会というのが、グーグルの見出しにあった。それは、第1次安倍内閣で設置された、日本の集団的自衛権の問題と日本国憲法の関係整理および研究を行うための、内閣総理大臣の私的諮問機関とある。 2007年5月に初の会議があった。 安全保障有識者懇談会、安保法制懇ともいうらしい。安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会 - Wikipedia それでヒットしたものを見ると、内閣官房の広報がでてきて、35問の疑問に答える形で説明がある。分かり良いと言えば、それは政府の解釈によることであり、多くはこれまでに議論されていることなのだろう。このような論理を見ていくと、政府や在野、民間の議論にある根柢をなすものの説明がない。それは何か。たとえば、なぜ日本が専守防衛の立場を持つように至ったか、徴兵制がないのはどうしてか、隊員のリスクが何であるかというようなことだ。 . . . 本文を読む
コメント

繁体字の文化

2015-05-21 13:37:04 | 日本語どうなるの?
新聞ではない旧聞に属するか、漢字の簡体化を揶揄するという記事があった。しばらく放って置いたけれど、眺めていて、そう見ればそう見えると、また取り出してきた。検索すると、2015.4.21 11:00 の元記事、国際情勢分析、産経ウェブに、>「簡体字はキモい」 香港で渦巻く“中国本土化への嫌悪感” という見出しである。そこに示された例は、説明を追うと、例えば「飛」は簡体字で、片翼飛行でどう飛ぶの、とあって、簡体字は繁体字の上部4画だけになるのを見つめなおすようなことである。以下、それが、湧なら涌だが、湧き上がるための力もない、というふうである。簡体字を発音表記の文字だと思えば、それなりに、もとの字を思いうかべながら読むことになるが、漢字学習を簡体字だけで始めると、のちのち、本字を見て感心してしまうだろうと思ったりする。例には、導、導くための道はどこだ、郷、故郷に帰れど郎=男は不在、愛、中国本土の愛には心がない、雲→云、雲はあれど雨は降らない、などとある。 . . . 本文を読む
コメント

路線の転換、ポイント切り換え

2015-05-14 11:08:24 | 日本語どうなるの?
転換を称して歴史転換また歴史的転換というのがあった。転換は別のものに変える、異なるものにすると辞書義は言う。転換そのものを方向を換えるとするなら別物にはならない。話題転換というときには確かに別の異なった話を切り出すときに用いる、さて ところで などがある。政策転換というなら、それは何を意味するだろうか。そこでかかわりなく、日本の大転換、という書名が出てきて、既に何やらめいて、これが指し示すところは、検索してそこだけを取り上げるような不作法が許されるなら、その評がよって来るところ、大変な転換であるらしい、というよりは、元の木阿弥のようなことでもあるらしい。転換とは別のものになることと解釈する方がよいのであろうか。さて本題の新聞見出しに使われた歴史転換であり、歴史的転換であるが、似て非なる表現が新聞で書かれたことになる。とくにそのものをとらえての歴史変換であるなら、同時代に生きる人々によって歴史が転換したと意識をすることで、これはまさに画期であるわけである。政権、安保政策を大転換 朝日新聞、安保政 策転換点に 日経新聞、それぞれに転換、転換点と捉える。それに対して、安保関連法案:閣議決定 安保政策の歴史的転換   毎日新聞、とする、歴史を変えるのではなく、歴史に照らせば、それは後世からの批判によることろであろうが、歴史的事件だったとする捉え方の言いである。 . . . 本文を読む
コメント

英語村

2015-04-20 16:03:34 | 日本語どうなるの?
根付くか「英語村」 日本語禁止、国内で異文化体験 2015/4/20 1:30 >  小中高生が英語だけで外国人と交流する「英語村」の事業や施設が各地に広がり始めた。日本語禁止の環境で「生きた英語」に触れ、学習意欲を高めるのが狙い。東京都も3年後の開設に向けて準備を始めた。費用対効果などに疑問の声もあることから、「単なるレクリエーションで終わらせないように丁寧な事業設計が必要」と専門家は . . . 本文を読む
コメント

☆ミ、皺しわ

2015-04-12 21:08:36 | 日本語どうなるの?
キラキラを変換して、☆ミとなるが、シワシワの文字変換は、皺字が出るくらいか。しわくちゃ、皺くちゃの札 a crumpled bank-note 、皺くちゃ婆さん a wrinkled old woman、紙を皺くちゃにする to crumple up paper、齋藤英和大辞典より。シワシワネームとか、新聞のもと記事は、生活発見、コトバ百貨店というコラムで、なんだこれはと、早速にも話題になっている。すでに10年前、20年前を比較して、ネット上で、BUZZ HOUSEは、おもしろ画像・衝撃動画・気になるまとめなどを世界中から集めたバイラルメディアです!というわけで、>近い将来、このトレンドは今以上に現代の大人の想定外のところに向かい、私達の名前が逆にとてもめずらしいと言われる日が来ることでしょう。 その時は「キラキラネーム」に対してなんと呼ばれるのでしょうか...「古々ネーム」でしょうか  ちなみに、2014年名前ランキング 【男の子】 1位:大翔(ひろと、はると) 2位:悠真(ゆうま、はるま) 3位:悠人(ゆうと、はると) 4位:翔太(しょうた) 5位:蓮(れん) 6位:湊(みなと、そう) 7位:颯太(そうた、ふうた) 8位:大和(やまと) 9位:樹(いつき) 10位:朝陽(あさひ) 【女の子】 1位:葵(あおい) 2位:楓(かえで) 3位:結衣(ゆい) 4位:結菜(ゆな、ゆいな、ゆうな) 5位:陽菜(ひな、はるな) 6位:結愛(ゆい、ゆうな、ゆめ) 7位:美月(みつき、みづき) 8位:凛(りん) 9位:凜(りん) 10位:芽生(めい) . . . 本文を読む
コメント

スマホやめますか、大学やめますか

2015-04-08 23:21:31 | 日本語どうなるの?
この物言いには、新聞報道のあり方、世間での注目のあび方、そして賛否を問う言い方でもない、その選択肢のたて方などなどに、議論が起こった。この言葉のあいだに、それとも、と言っている。スマホやめますか、それとも大学生やめますか、と言ったのである。その文脈は、スイッチを切って本を読みましょう、とあるのだから、すぐさま、大学をもやめますか、という問いかけではないことがわかる。多くのとらえ方は、スイッチを切ることにあるのではなくて、それだけならいつもやっていることであり、大学を辞めたり、戻ったりして、スイッチを切るように出たり入ったりするわけでもない、だから、スマフォもやめない、大学もやめない、というようなことで、この物言いは、ただ、スマフォ依存症にならぬように気を付けよう、と言っただけなのである。そう言えば、大学依存症、とくに、有名大に入学してしまったあとの、その症状になってしまった人も多いのだから、この選択肢はどっちもどっちなのである。 . . . 本文を読む
コメント

日本語の変化 11

2015-03-18 14:25:28 | 日本語どうなるの?
日本語の変化をとらえることは時間的な変遷と空間的な遷延を見ることになる。また変化という語を変遷とし、遷延とするのは変化という語に意味を求めるからである。遷延は延び延びになるという意味を表すとするので、伝播を使うとよいが、でんぱ、伝播は、diffusionとして、文化人類学の用語でもあるので、次のようである。その説明には、二つの文化が直接あるいは間接に接触した場合、一方の文化から他方の文化へ、文化要素の移行・受容が行われる現象をさす、とする。世界大百科事典 第2版の解説より。ただ、この用語は文化要素を規定し、地域と地域だけでなく小同一文化内で起こる発明に当てはめられる。すると、空間的な言葉の広がりには、遷移という用語も考えられそうであるが、これも植物についていうと、植物群落が時間とともに一定の方向性をもって変化していくこととなり、サクセッションsuccession、生態遷移などともいう、との説明がある。デジタル大辞泉より。言語を遷移するというのに当てはめるとどうだろう。 . . . 本文を読む
コメント

日本語の変化10

2015-03-17 09:30:23 | 日本語どうなるの?
日本語の変化は、古典語と現代語のそれぞれ、音韻、文法、語彙と変化してきているので、それを具体的にどうとらえるかである。国語の歴史にその一つ一つが明らかにされて、日本語の学習対象項目ともなる。それには、たとえば、唇音退化の現象を挙げれば、ハ行転呼音と言われる音変化がある。また動詞の活用を種類に分けると古代には9種類を分けたものを、現代語では5種類に分けることなどである。語彙にはカタカナの語が増えている。日本語の変化を大きく見て古代と近代に分けるなら、その文体に見ると分かりやすいことがある。よく日本憲法は、明治にはじめてカタカナで書かれていたものを、昭和には平仮名で書くようになったと、たとえてみる。そこに大きく現代語として用いるなかでの変化を示すものがある。法律の文章である。大日本帝国憲法と日本国憲法、さらに基本六法と言われる条文には、まだまだ言い回しに変化をしてきた、これからするだろうと感じさせるものがある。 . . . 本文を読む
コメント

日本語の変化9

2015-03-16 16:42:33 | 日本語どうなるの?
日本語が変化した、日本語が変化する、日本語の変化はその現象をとらえた表現である。言語の変化は史的変化を意味している。それは自然言語として、誤用や流行などにより長い時間をかけ、たくさんの人間の利用により、意図せざる形で変化していくと、説明される。それはプログラミング言語に対するものとして、より複雑な言語をあらわにするのであって、言語の変化にかぎらず、一般に自然言語の規則は奥が深く、驚くほどの合理性に裏打ちされていることがあると言及される。ウイキペディア、プログラミング言語、自然言語との違いより。人工言語に対する自然言語は、機械に命令する言語とは大きく異なっている。さて、変化した、というのは、その言語を見て、A言語がB言語になることではない、A言語がA'言語になることであるのか、A言語はそのままにB言語やCの言語に影響されることであるのか、あるいはまた、A言語がB言語やC言語などをとりいれていくことであるのか。このように考えていくと、日本語はA言語のままにB言語とC言語を取り入れる現象がみてとれる。 . . . 本文を読む
コメント