ゴルゴ13総合研究所『俺の背後に立つな!』

ゴルゴ13の全ストーリーを解説

ゴルゴ13第80巻-1楽園の汚染

2007-06-28 23:57:44 | 第076巻~第080巻

■楽園の汚染(第274話) 発表1987年11月

評価   ★★★

依頼人  国連人権擁護委員会ウィルソン女史

ターゲット 売春シンジケートのボス フランク・ボネ

報酬    不明

今回弾丸発射数     10/ 通算弾丸発射数 1,551

今回殺害人数       14/ 通算殺害人数   3,692

今回まぐわい回数    1/  通算まぐわい回数    91

<ストーリー>
カリブ海の”セント・トーマス島”は売春が産業化、人身売買が横行していた。売春シンジケートのボスの殺害依頼を受けたゴルゴは・・・

<この一言>
ふしぎな所に、警察があるんだな・・・

<解説>
カリブ海”セント・トーマス島”に停泊中の貨物船からコンテナに詰め込まれた60名の少女が発見され、そのうち28名が死亡という事件が発生。セント・トーマス島では売春が産業化しており、大規模な売春・人身売買シンジケートの存在が疑われていた。国連人権擁護委員会は、シンジケートのボス「フランク・ボネ」の抹殺を決断、ゴルゴに依頼を行う。

セント・トーマス島に上陸したゴルゴは、ボネの経営する売春宿を訪れ、ボネの娘「アンジェラ(アンジー)」に近づく。ゴルゴを誘ったアンジェラは、なんとSM愛好家でムチを持参。ゴルゴをムチで叩き、恍惚の表情を浮かべる。一方のゴルゴも顔に汗を流しながら熱の入ったハードなプレイで応酬、アンジェラに「ちくしょう。な、なんて男なのっ。やめたら殺すから!!」とまで言わせている。

プレイ直後にボネの手下に捕らえられるゴルゴであるが、アンジェラのSMプレイに続き、ここでも縛られてムチ打たれる。本作は緊縛とムチ打ちといったサディズムが裏テーマか?
ゴルゴは見張り2名を殺して脱出、さらにはボネの手下8名をなぎ倒した後、ボネの乗る飛行機を爆破し、依頼を完遂する。

ゴルゴがSMプレイに挑む異色作。アンジェラのエキセントリックなキャラが面白い。ゴルゴを誘った直後、下着姿にブーツでムチを持って現れるなど、リアルなSM愛好家であることが伺われる。一連の発言もぶっ飛んだ感覚で貫かれていて笑いを誘う。
「わたしは売り物じゃないけど、わたしがあんたを買ってあげる」
「このひきしまった肉を打つ音!たまらないわ!ふふ・・・」
「ち、ちくしょう!!ペニスを切り落としてやる!!」
さすがのゴルゴも最後のセリフには耐えられまい・・・

ズキューン

ゴルゴ13 (80) 巻掲載
ゴルゴ13 144巻(最新刊)
★ゴルゴ・グッズ紹介 デイブ・マッカートニーの店★

<script type="text/javascript"> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"> </script> <script type="text/javascript"> _uacct = "UA-792331-1"; urchinTracker(); </script>

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
賛美歌13番さんこんにちわ。>緊縛とムチ打ちと... (ペロ)
2007-06-29 07:54:30
賛美歌13番さんこんにちわ。>緊縛とムチ打ちといったサディズムが裏テーマか?
そうだとすると、私にはコメント知らない世界です(汗)ストーリー的には、わざと相手につかまることによって標的をおびき寄せるという、ゴルゴン流でした。
ところで、エイのヒレはゴツゴツしていて、打たれると痛そうでした(汗)
ペロさん、こんにちは。 (賛美歌13番)
2007-07-01 12:33:31
ペロさん、こんにちは。
>知らない世界です(汗)
私も、全く分かりません(笑)

コメントを投稿