創価学会の没落

悲鳴をあげる学会員

誑惑「創価新報」題目碑

2012-05-02 10:49:26 | 学会の動向

内部からもえげつない表現で不評を買う「創価新報」4/18付に、またも会員を誑惑する記事が掲載。

「去る4月3 ・4日 、日本列島を縦断した台風並みの″爆弾低気圧″。この強風が新潟県佐渡市にある、日如(上人)が建てた『題目碑』を直撃。周囲の杉の木がなぎ倒されるという無残な姿をさらした」と。

写真入りでいかにも罰の現証と言わんばかりに報道したが、よく見れば題目碑そのものには直撃していないことが誰にでもわかる。巧妙に当たったように見せかける角度からの写真を掲載したに過ぎないものだった。

上記掲載の「慧妙」5/1号による写真で、それが一目瞭然である。

この題目碑はYou Tubeでも確認できるように、周囲を杉で覆われている。この度の模様は、杉が直撃をしてもおかしくない状況にあるにもかかわらず、守られたというべきものである。

学会の施設が同じような状況にあったら「守られた」というのではないか?

ジャンル:
文化
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 池田「原発発言」まとめ | トップ | 北条 電話盗聴認定判決 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
堕ちた創価学会 (北斗七星)
2012-05-03 09:55:54
こんなことが罰だとでも言いたいのか。それでは、会員の前に姿を見せられない、イケダダイサクは一体なんなのか。会員の洗脳しか頭にない創価学会も地に堕ちたものだ。
50年間も独裁を続ければこんな馬鹿な弟子たちが育ってしまうのか。
もういい加減にして欲しいものである。
そんなことより、国家存亡のときに素直に税金を払ったらどうか。
盗人猛々しいとは創価学会のことである。
Unknown (Unknown)
2012-05-04 09:39:00
この四月から、創価新報の購読を止めました。くだらん記事ばかりで、読む気にならなくなりました。
Unknown (Unknown)
2012-05-06 17:35:52
一人のカリスマを造る為にあらゆる手を使った為に最後には一番やってはいけない宗門からの離脱をし、それによって会そのものが崩壊に向かっている 本末転倒とはまさにこの事 にも関わらず騙され続ける末端会員の哀れな事
呆れる (匿名)
2012-05-08 19:37:08
去年の震災の前の時の東北の地震の時に、組織に号外という物が出回った。内容は、正宗のお寺が地震で崩壊した事を、『そら見ろ!罰が出たんだ!』的な事が記載されており、人の不幸を嬉々として号外を出すレベルの低さに辟易した事がある。しかも 『猊下打倒、地獄に落ちる様に祈りましょう!』などと、分裂して数十年たった今でも、会合で区幹部が言ってるのを聞きウンザリして団体から離れた。世界平和の為の団体と表向きは謳っていても、こんな事を平気で言って会員に人の不幸を祈らす宗教団体などいらぬ。人を呪わば穴2つだ。返って業を積んでしまうと思う。その割に、自分達の落ち度は蓋をしてごまかしたり、何か問題があると自分達は正しいからこそ、難が出ていると都合良く言ってのける。少しは自分達の行いも見つめて反省する謙虚さがないと、良くない。何の為の信仰か良く考えるべきだ。ましてや、人の不幸を喜ぶレベルの低い団体が指示してる政党など、投票する気も更々無い。
池田創価、ここまで腐ったか!! (kan)
2012-05-09 23:44:15
創価新報、昔は大学新報だった記憶があります。
当時はどうにかマトモに見える記事だったと記憶しています。
創価新報になってから、異常な記事になった気がします。
宗門攻撃で芸者同伴の捏造写真には、呆れるやら・腹立たしいやら・・・何とも情けない気持ちになったものです。
今回の記載内容も呆れるばかりです。

北斗七星さんはじめ、他のコメントの方々に強く共感いたします。
人は本来、互いに讃え合い・助け合うものです。
性格や主義主張は異なって当然ですし、それを超えて人間的次元でわかり合い・讃え合うのが本来のあり方です。
それを教え育むのが、本来の宗教です。
その視点や次元に宗派など関係ありません。
現にマザーテレサをはじめ、国内のいろんな宗派の仏教僧侶もそういう方々はたくさんいます。
そういう人たちは決して自慢はしません。

意に沿わない人たちを攻撃し・人の不幸を嬉々として叫ぶなど、とても人間のすることではない!
まさに狂った「カルト」です。
それが創価学会の実態です。

そして会員に強制的に購入させてる機関紙(聖教新聞)には、池田氏の「賞」の自慢ばかりです。
学歴もなく教養もない池田氏が、会員さんたちから奪った膨大なお金を使い「賞」を買う。
そして賞賛されてると何度も自慢する。
まさにクズであり、「汚物」です。
世間に笑われています。
2年にわたって姿を見せず、さも自分が書いたように言葉を発してるだけに、その恥ずかしさや哀れさは目を覆うばかりです。
もちろん内部の会員さんにも笑われています^^;。

私も絶対カルトが支持する政党には投票しませんが、いかにその政党がカルトの犬であるか!その赤裸々な実態を友人たちに語っています。
長年活動家だっただけに、その異常さや理不尽さは自ら一杯体験しています。
みなさんが知らない周囲に語ったてあげたい事実は、山ほどあるのです。

池田創価学会よ、ここまで腐ったか!!
日本より、韓・中・北が大事なのか!
番犬の政党よ、君たちは売国奴か!
池田創価と番犬は社会悪であり、国害である!
Kanさんのコメントに拍手 (北斗七星)
2012-05-11 20:34:30
「私も絶対カルトが支持する政党には投票しませんが、いかにその政党がカルトの犬であるか!その赤裸々な実態を友人たちに語っています。
長年活動家だっただけに、その異常さや理不尽さは自ら一杯体験しています。
みなさんが知らない周囲に語ったてあげたい事実は、山ほどあるのです。」

Kanさんのコメントにはいつも注目していますが、最近のコメントはある種の気迫すら感じております。
 私は事情あって、上記のような行動には踏み切ってはいませんが、気持ちはまったく同じです。
 このまま創価学会を放置することは私たち日本人にとって、歴史的汚点を残すことになります。
 私は自分なりのできる範囲で一生戦い続ける覚悟です。
 今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

学会の動向」カテゴリの最新記事