創価学会の没落

悲鳴をあげる学会員

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仏法を私物化

2012-05-21 19:54:52 | 学会の動向

 昭和40年代から学会が「南無妙法蓮華経」の題号を二度に渡り、商標登録をしたということは、ネットでは有名となりました。信徒時代にとち狂ったことをしていたんだなと思っておりましたが、なんと学会は「折伏」「広布流布」「王仏冥合」など10件ほど行っていたそうです。
 これを学会が悪用すれば、発行元である宗門が御本尊の書写をできなる。そんな脅しもできてしまうわけです。
 中国でも外国製品をどんどん商標登録して、大本の企業を困らせておりますが、この国の方の意識と何か共通のものを感じます。まあ、今はこんな馬鹿げた団体と離れることができて、本当に良かったと思います。
 30年以上前に、この商標登録を調べた方が、正宗御僧侶へ宛てた手紙がありますので、全文を紹介します。


拝啓

 私が全く時間がありませんので女房に調べさせたところ同封致しましたものが出て参りましたが、商標登録してあるのはこれだけではありません。
 今回、見つけることができませんでしたが以前私が見たものの中に「折伏」「広宣流布」等が登録されております。
 又、当然、意匠登録もされていると思います。商標登録とは「工業所有権の範疇に属する私権であり特許、実用新案権意匠権と同じく排他的、独占的な効力を有する無体財産権」だそうです。
 私達信者が問題にしなければならぬのは、法律的な意味でなく、信心の上からです。
 大聖人様が御一生をかけて悟られた南無妙法蓮華経と云うモノの所有権がなぜ御本仏とは無関係の創価学会にあるのか。

 コピーは第17類ですが極端な言い方をすればもし、例に布製のお守り御本尊(御型木の)を作られれば中央のお題目は創価学会の所有する商標権にふれてしまうことにならないだろうか、他の類にすでに登録されているか知れませんから、今我家の御本尊も違反なのかも知れません。

 それはともかく、大聖人の仏法を商標登録する感覚は増上慢と云うより異常なことです。
この問題が公けになれば学会は登録したのは自分達の都合ではなく、大聖人の仏法用語を不正な目的に使用されることなくするため、守るための登録であると云うでしょう。
 その通りだとしても南無妙法蓮華経は即大聖人の御生命であり、便宜上登録するとしても、その権利者は血脈付法の方であって、池田や学会であるはずがありません。

あの邪宗の庭野日敬ですら登録まではしていません。
しかしもっと重大な事態は、海外、特にヨーロッパ各国とアメリカだと思います。
 いくら外国で信者が増えても正宗の財産である「法」がいろいろな形で創価学会の所有として登録されていれば日本と異り勝つことはむつかしいと思います。まさしく創価仏法です。
 国内より、そちらの方が深刻だと思います。東京ならば調べることが出来ますから人手があれば調査して載きたいと思います。
大げさかも知れませんが世界広布を防げる要因になるような気が致します。
 なるべく早く伺いたいと思っております。よろしくお願い申し上げます。

8月27日

渡辺伸孝御尊師様

大井和之

(『創価学会・公明党の研究』段勲 晩聲社)

ジャンル:
文化
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 沖縄返還は池田さんの功績(笑) | トップ | 52年路線の池田発言 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-05-22 22:10:25
状況をしっかりと分析すれば違和感を感じる筈なのに知ってか知らずかクソ豚や幹部の言う事を鵜呑みにしている会員達
行学絶へなば仏法有るべからず、法によって人によらざれ、はもう完全に頭の中には無い邪宗の徒に成り下がったのですね
ご機嫌 (伸子)
2012-05-29 19:49:17
創価学会インターナショナルは今や世界162か国に広まり
1200万人にMemberがおります 日蓮大聖人の仏法を基調に
文化 平和 教育と世界の恒久平和にと行動している団体である
池田インターナショナル会長は以前天皇家から菊の紋章も拝受され ノーベル家からも拝受されている モスクワ大学を始め
博士称号を322以上も拝受されているのは現代において池田インターナショナル会長しか存在しえない希有なる大指導者である 池田インターナショナル会長には直接お会いする機会があり 先生は慈愛あふるる偉大な人格であり ハーバード大学等で 講義され 有名な歴史家のトインビー博士共対話されてある 先生の該博な方である
現在は先生はお元気で世界の有識者と対話されておられます

合掌
呆れて言葉にならない。。。 (kan)
2012-06-04 00:13:28
商標登録・・・これは基本的にビジネス上の世界でしょう。
産業上で先に開発した人が適正な益を得て、あとの類似的なものを排除するための登録ですよね。

これを利用して「南無妙法蓮華経」「折伏」「広布流布」「王仏冥合」を登録しようとする。
池田大作は欲に狂った気違いです。
どんな極悪の犯罪者でも、ここまではしないでしょう。

何故なら、信仰は心の世界です。
どんな人間でも「心」は外見とは異なり、その奥には純粋な何かがあります。
それは大切な存在です。
信仰はその大切な存在に触れる世界です。
素直に手を合わせる世界・素直な笑顔のある世界です。
その「尊さ」は、たとえ極悪な犯罪者であれ誰であれ・自然に感じてる人間らしき感覚です。
なので、それを商売にとは普通は思わないし、まして商標登録などありえないことです。
しかし、池田大作は平気で行なう。
人間ではなく、化け物です。魔物です。

哀れかな・悲しいかな・・その魔物を尊敬し信じて仰ぐ会員さんも多いのですが、その殆どが事実として不幸な人生になっています。
私は数十年・じっくりと創価の熱心な活動家の人間性と生活を見てきましたが、アンタの人生どうなってるんだ!?と言うくらい悲惨な学会員が多いのです。
魔物を信じ・崇拝してりゃ、そりゃあ魔物の毒で体も人生も侵されてしまう。。。
そんな現実を数多く目の当たりにしています。

宗門から破門されて尚、日蓮大聖人の継承は創価学会だ!と叫び、都合のいい部分だけ日蓮大聖人の言葉を利用し会員を騙し続ける池田創価学会。
犬畜生にも劣る「法盗人」です!!

それにしても、よくこんな貴重な証拠が手に入りましたね。
今までもそうですが、情報の正確さと情報収集の多さに感心しています。
多くの学会員さんに見て戴きたいものです。
創価学会は宗教では無い (創価がっかり)
2012-06-05 20:32:49
創価学会は実質上政治結社であり、宗教団体を名乗る理由は税金対策に過ぎません。
毎日550万部の聖教新聞だけでも年間1300億余りの売り上げがある事を忘れてはいけませんね。
発行部数を功徳の証と嘘をつき、功徳欲に塗れた信者を焚き付ける悪党集団です。しまいには家族の人数分聖教新聞をとる愚か者まで続出しています。
死ねば財産までむしり取られます。
創価学会信者こそが最大の被害者と言い切れますね…
この罪は大きい。 (匿名)
2012-06-10 08:02:25
南無妙法蓮華経を商標登録・・・。これでは、日蓮さんも怒るだろう。

失礼だが「ごく普通」の常識や感覚をお持ちなら、これがいかに異常な事かすぐ解るはず。


それでも尚、池田大作を称え、SOUKAの操り人形になってる会員は、お気の毒になる。

これはもう、信仰ではなく。ビジネス。

SOUKAは、とんでもない大罪を犯してる。

恐ろし過ぎる。

池田は、新世紀には素晴らしい世の中が待ってると言って、会員に希望を持たせて、奴隷の様に働かせ長年に渡り、私服を肥やした。


所がSOUKAが大きくなった今の世の中を会員は、良く眼をこらして見たらいい。政治も混乱、放射能はだだ漏れ、地球中で、風が吹き荒れ、光の矢が刺さり、火山は火を吹き大地は、ひっくり返り、海は怒り狂ってうねりをあげているではないか。

池田が仏の境地ならこれらの事も見通せてる筈だろうに。(笑)
まさか、これも又、お得意のすり替え論理で、SOUKAを反逆している者が多いから罰で日本がこうなったとか、言うんじゃないだろうな。


新世紀には素晴らしい世の中になると言った当事者は、ある日突然スパッと姿を消しているが、

あれ程池田が、草創期の頃、新世紀には戦争も災害もなく、素晴らしい世の中になるから頑張れと言った事を、どう説明するのだろうか?


説明出来ないだろうな。


池田大作は、詐欺師なんだから。


仰るとうりである! (kan)
2012-06-13 23:59:23
匿名さんの仰るとうりです!

池田大作創価学会は、とんでもない大犯罪を犯し続けてきた!
今、池田大作本人はどうしてるのか?
地獄の苦しみの中、断末魔の中死んだか・・
今、地獄の苦しみの真っ只中なのか・・
そのどちらかであろう。

コメントを投稿

学会の動向」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事