創価学会の没落

悲鳴をあげる学会員

「俺は仏ではない」戸田会長

2010-09-30 10:01:21 | 戸田会長

戸田会長は『永遠の指導者』ではない
戸田会長が自分は「仏」ではないと何度も否定していたことは、『戸田城聖全集』を読めば一目瞭然。だから、戸田を「永遠の指導者」などと呼ぶことは、彼自身が「止めろ」と叱るはずである。

では、その証拠の一つを紹介しましょう。
(青年部の会合の席での辻武寿と戸田会長のやりとり)

戸田先生は仏さまのご再来です!
辻は師に心服するあまり、思わずこんな言葉を口にしたのだ。それを聞いた戸田先生は珍しく激昂した。
生身のオレが仏なわけがあるか!
こんな間違いばかりする仏がいてたまるか
そう叱った。が、すぐ顔を和らげ、戸田先生はしょげかえっている辻をこう諭した。
「ただし、この信仰、ご本尊は間違いないぞ」

(『池田大作の素顔』藤原行正 講談社)

このやりとりは学会が言う戸田の獄中悟達から何年も後のことだ。だから、悟達後、戸田は間違いを様々犯してきたことを、自身が認めていることになるではないか。

それでもまだ、永遠の指導者と言うなら
なぜ、学会は仏法者の証である「死相」を隠してきたのか?

原島氏が見た戸田の苦悶の死相
戸田先生の葬儀において、斎場でいよいよ最後のお別れということになり、棺の蓋が開けられた時に拝見しました。他にも私の前後に、棺の傍らでお別れの対面をした本部職員が数人いました。
 それは、大聖人様が仰せられているような成仏の相や、私の身内が亡くなった時の色白で半眼半口で柔らかな相とは、全く違う、苦悶の相でした。口が大きく開いて、色も黒くなっており――。
 私は、それで当時の創価学会の在り方に疑問を持ち、もう、心からは従えなくなったんです。

http://toyoda.tv/taidan.htm


創価学会 会則
第3条 牧口常三郎初代会長、戸田城聖第二代会長、池田大作第三代会長の「三代会長」は、広宣流布実現への死身弘法の体現者であり、この会の永遠の指導者である。

『弘法の体現者』と明記しながら、成仏できなかった創価学会会長
何とも皮肉!バカバカしい宗教教団!

コメント (1)

闇組織SGI 【2】

2010-09-22 15:32:18 | SGI

SGI運動はただの文化活動!
公式HPではこの組織の活動を、以下の通り謳っている。 


創価学会インターナショナルの活動
http://www.sokanet.jp/sg/FWIM/sn/top/world-wide-soka/citizen.html

まあ、一つ一つがやっていることと矛盾する笑えるものだ。
これを見て、誰が宗教団体と思うのか!?

宗教団体の要件が存在しない偽装
 かろうじて、「仏法を基調に」と記載しているが、
SGI本部自体に教義が存在しないのに、教学部長を置くアホらしさ。
大聖人の仏法を信仰するものがない
わけだから、文化活動を重視する「SGI運動」であることが明らか、まさに信仰を悪用した外道!


創価学会インターナショナル(SGI)=池田商店
SGI各国の努力で集められた称号のほとんどはSGI会長宛てであり、池田商店の所有物となる。だから、創価学会に与えられたものでなく、学会のものではない。
学会員はこのトリックに引っかかり、宗教とは関係のないことで得た名誉を、誇らしく酔っているに過ぎない。


創価学会の役割は、この池田商店に莫大な資金を提供すること。
それも会員に了解を得ずに!



宗教法人→任意団体への資金移動は、公共目的から私的財産に転換!
創価学会からSGI本部(池田商店)に流れた浄財は、もはや一般会員の共有財産でもない。
創価学会員はSGI会員ではないのだらか、当然そうなる。

国家国民への欺き!
つまり、
創価学会は公共性を目的として集めた金(非課税)を、私有財産にしてしまったことになる。

池田商店には金と名誉しか存在せず
こうしてみると、11・18 創価学会創立記念日には、
二代目・博正氏がSGIの支配者となることは必然。
SGI本部は池田ファミリーが、金と名誉を独占する私物に他ならないから、他の幹部を支配者として会長に置くことは絶対にない。
だから、創価学会会長に誰が成ろうが構わないのだが、一点だけ条件を挙げれば、池田ファミリーに絶対的服従心を持っている者となる。しかし、原田会長以下の手下で、これを守れる者が、ごく僅かしかいない現状。Xデー後の内部対立は必定だ。


【牧口会長の指導】
一身、一家の私益に目が眩み、社会国家の公益を害するものを悪人という衆生の済度を目的として起こった宗教を、一宗一派の生存に利用する職業宗教家などはその最たるものではないか」(牧口先生指導要言)


現役活動家で私の元同僚の言葉
「創価学会は上の幹部ばかりが良い思いをしている」

コメント

闇組織SGI 【1】

2010-09-15 20:12:15 | SGI

創価学会インターナショナル(SGI)については今後、動きが大きくなると予想される。と言うより、最近、その動きが活発になっているようなので検証していきます。
ここで言うSGIとは各国のSGIを統括する東京に本部を置くSGIです。
以下、仮にSGI本部と呼びます。

では、分かる範囲で今、どのような状態にあるのかを列記してみます。


現状
公益法人ではないSGI本部は、池田大作が創業し、池田親子がトップに君臨する私物。
役員幹部には副会長クラスが兼務しているが、会員はゼロの「ペーパーカンパニー」同然。
本体の創価学会以上に、銀行預金が存在したことが10年前に発覚。してみると、この組織は池田ファミリーがやりたい放題の、池田カンパニーという状態にある。つまり、全ての資産は池田家のものとして残すための保険、最後の砦としての役目を果たすことが最大の目的。
では、なぜか↓


学会は解散してもよい
「私が教わったのは帝王学だ。私は最高権力者になる。そのときには創価学会を解散してもいい」(池田発言 『現代』昭和45年7月号) 

また、それ以降、側近幹部ら、最近では谷川副会長は「学会は解散してもよい」との発言をしている。

とあるように、池田や側近幹部は創価学会に固執などしていないことが明白。そうとは知らず、毎日せっせと活動し、借金をしてまで財務を行う会員は哀れである。

学会はこれまで、何度となく自らの不祥事(言論問題、脱税問題、盗聴事件)で解散してもおかしくない窮地に立たされてきた。それらが、振り落とすことにできないアカとなってこびりついている。
この
ダーティーな創価学会は、いつ解散してもよい状態を想定して、SGI(海外も含む)へ資金をシフトいているのである。

SGI本部の疑難
1.会則が公表されていない。
2.会計が公表されていない。
3.創価学会との関係性。


と大きく挙げればこんなところだが、一般人はおろか会員にも分からない。

会則ではないが先日、開設されたSGI公式サイトにより、目的だけは列記されている。


学会の会則上では、創価学会の傘下
創価学会会則 第15条 補則
(創価学会インタナショナル)
第77条 この会は、この会と教義、目的を共通にする世界各国の団体からなる国際的機構として、創価学会インタナショナルを設置する。

この、僅か2行しか記載されていない。
※実体はSGI会長が全権を握っている状態にある。

※学会が解散してしまえば、この会則は何の意味もない。

ここまでの問題点
1.会則すら公表しない団体に、創価学会会員から集められた浄財は、承諾も無しにSGIに大部分が移動していること。

2.その額が余りにも巨額で、創価学会の目的に逸脱している。

3.創価学会会長は傘下のSGI会長の命に随う逆転現象の矛盾

コメント (1)

幻の「宗教基本法」

2010-09-15 18:48:02 | 公明党・選挙

15年ほど前、自民・与謝野馨を座長として「宗教基本法」がまとめられた。
勿論、自民が公明党を敵対視していた時だ。

この内容は創価をターゲットと作られたことは間違いない。これが、通れば池田は手足をもがれ丸裸となり、学会が解散に追い込まれる可能性が高いというもの。数年後には自公は連立政権を組んだわけだから、効力を発揮した一つの方法であったことだろう。
では、抜粋したものをご覧いただきましょう。

本法制定の目的
1・信教の自由及び政教分離などの憲法上の原則は国民一人一人にとってかけがえの無い権利である事を宣明。
2・憲法に定める基本的人権と宗教の関係を明定し、
3・宗教にかかわる者に、政治は多様な宗教的価値観を包含する構造である事を認識。自覚させ、
4・すべての国民が宗教に対する寛容性を持つ必要のある事を宣明し、特に一人一人の精神的内面性の自由の尊重の重要性を強調する。

【宗教団体の定義】
法人格を得た宗教団体はその教義に基づく宗教活動に専念しなければならない。但し自ら行う慈善、福祉、学習、教育、医療、環境保全等社会公共の福祉に貢献する活動を除く。

【宗教団体と政治】
宗教団体及び宗教団体の出資した企業法人はすべての政党・政治団体・議員及び候補者に資金供与を一切行ってはならない。資金供与の斡旋、貸与、保証等も同じようにこれを禁ずる。

【宗教上の拠出金の原則】
宗教団体に対する信者の拠出は専ら、宗教団体に資する目的であって、宗教団体は宗教活動に貢献する以外の目的をもって、資産形成を行ってはならない。

【非課税措置の禁止】
宗教団体は次の行為をなしたる場合、税法上の公益法人としての資格を喪失する。

2・宗教団体が公職選挙法上の運動を行い、もしくは特定の候補を推薦すること、または無償の労務を提供する事。

3・宗教団体の機関紙をもって特定の政党、候補者を推薦し支持すること。

4・宗教上の会合の席で特定の議員または候補者を選挙運動目的として紹介する事。

5・政党または候補者に無料で有する施設を提供する事。

【宗教団体の解散の特例】
本条○○条に反する場合は宗教団体は直ちに法人格を喪失する自由を形成するとみなす。宗教法人法の解散規定に拘わらず、所官庁は民放の手続きを準用してその宗教団体を解散させる事が出来る。

とまあ、さすがの大作さんも即死しそうな法案である。
当たり前って言っちゃー当たり前だが、宗教票を欲しがる輩、それを売り物にする邪教団が存在する限り、現実にはこんな法案は委員会にも提出される可能性はないが。

だが、実際のところ、学会の会則目的に「政治活動」を記載していない法令違反状態。現法下で宗教法人がその承認を得ることは不可能なはず。まず、その違反を取り締まれ!詳しくは


創価netより
学会の活動基調である
(1)折伏・弘教の推進
(2)聖教新聞の拡大
(3)地域友好活動
(4)未来後継の人材の育成
を中心として、以下の諸活動をポイントに、信心を深めゆく教学運動にも一層、力を入れて取り組み、教宣活動も着実に推進していく。
(「年間の活動」2009年11月発表)

とあるが、2009年は総選挙があり、全員選挙活動に狩り出された。
「年間の活動」テーマにもないことを会員に強要する、人権蹂躙ではないのか!

コメント

しがらみで信心?

2010-09-07 22:14:31 | 学会の動向

平成14年の創価の会則変更について、秋谷会長(当時)が、こんな愚弄するとんでもない言葉を発言していたことを、会員さんはご存知だろうか?

「末法万年にわたる広宣流布の将来を見据え、万代に揺るがぬ創価学会の基盤を確立するため(中略)従来の『会則』は、昭和54年4月に制定され、その当時は、まだ宗門との関係が続いている中でありました。(中略)会則の中にそのしがらみが残っていました。今回、これを抜本的に改正することにしたわけであります」

あのさー何の“しがらみ”だい???教えてくれよ!お前らのしがらみのために我々は物心を捧げて信心してたのか!?

では、しがらみを作った張本人は牧口、戸田の両会長ということになる。
そして、この二人は『永遠の指導者』ではなく大謗法者ということになるが、良いのかな?

Xデーで、秋谷グループが実権を握り宗門に戻ろうとしても、絶対に許しません!

そもそも、こう言う言葉(しがらみ)を使うこと自体、信仰者でない。
もともと何かを目的とした信心利用であるからこそ出る言葉だ。

ともかく、池田創価自体が間違った宗教と分かっていて、1000万会員に強要したのだから、国会で説明しなければならないだろう!

コメント (1)

奈落の一途

2010-09-05 11:48:01 | SGI

4日、「新時代第42回本部幹部会 第6回全国青年部幹部会」、三ヶ月ぶりの会合を開催。都合の悪い部分は編集され9~12日にかけて全国で放映する。
海外から250人もの会員が参加したにも拘わらず、SGIの会長である指導者・池田は勿論、欠席。

「世界60ヶ国地域の友と青年部幹部会 本部幹部会」と大見出し。

「創立80周年の総仕上げ」??? 何を???

内容なき幹部会、同じことの繰り返し、芸なし、進歩なし、衰退の一途!

減少を認めたSGI!
140万人(156ヶ国当時)→120万人と発表
学会が今月アップした
SGIのHPには「SGI会員は12万人」と明記されているではないか。※あら失礼、1200万人でした。まあ、実数はそんなもんだろう。
SGIは創価学会とは別の任意団体、1200万人の中に学会員の数を入れることは誇大宣伝。

一を十にも百にも見せる、いかにも創価らしいやり方だ。
SGIの実会員はおそらく10万人台だろうから、実に創価は百倍の誇大宣伝を行っていることになる。


ちなみに、創価の公式HPには
「創価学会インタナショナル(SGI)は、世界192カ国・地域に1200万人以上のメンバーを擁する」
とされている。勿論、日本の会員を含めての数字だ。しかし、日本の会員は公称827万世帯(会員数はその2倍)。どの数字も計算が合わないデタラメなものだ。


アメリカSGIは凋落!
最盛期50万人とも言われた会員は、今では30万、10万と噂されるが、アメリカの聖教新聞である「ワールド・トリビューン紙」は3万部台、自ずから会員数は4~5万人となる。しかも、近年では一万人を結集する総会も予定通り集まる見込みなく、中止に追い込まれたことがある。
かつて、米SGI理事長J・ウィリアムスが飛行機10機をチャーターし、3,000人の会員を本山に参詣させた勢いはなく、死に体同然!


これで何が、世界広布?

池田SGI会長が世界に広めた人数は、たったそれだけですよ!!破門前は数倍のSGI会員がいたはず。
そうです、池田によって激減したのです!

私が学会活動で馬鹿らしかったと思ったのは、街頭の募金活動、アマゾンの木を等間隔に一本づつ購入し、伐採に歯止めをかける運動・・・まあいろいろあった。

そんなのは、その場限りの偽善、継続することもない。
学会活動は、すべてその調子、個人個人に何の身にもならない。常にゼロにリセットしての繰り返し。

こんなことやってるから、学会は世間から遅れていくと思い続けて活動が嫌になった。
この思いは、当時の仲間たちからも聞かれ、
自分だけではないことも分かった。不満を言わない活動家は居なかったくらいだ。

学会に疑問、不満を持つ活動家はゼロであると確信した!

アホらしいでしょ、皆さん。

コメント (4)

権威ない「桂冠詩人」

2010-09-04 11:03:13 | 称号

池田が自慢するのが「桂冠詩人」の称号。
だが、そもそも彼が詩人を気取る資格があるのか。

戸田会長との出会いの時に詠んだ(※実際は小泉理事長ら出席者がその事実はないと否定)
「旅人よ いずこより来たり・・・われ 地より湧き出でんとするか」
を聞いた戸田は、未入信の池田からその詩に地涌の菩薩を連想し、運命的なものを感じたとされるエピソードがあるが、その詩自体、後年書かれたもので、池田のものかも不明。
池田は恩師との出会いを、小説『人間革命』に偽りの「詩」を虚飾の道具として挿入したのである。

そもそも池田は自身を
日本の国主であり、大統領であり精神界の王者であり、思想文化一切の指導者・最高権力者である」
「永遠の指導者」
と発言しており、最高の地位にいる者が、位の低い団体からの称号を貰って喜ぶアホらしさにはあきれるばかりだ!

では、
池田さんの桂冠詩人の腕前は?

いま 再び 元初の太陽が昇る 大東京の天地より・・・」(『翻れ!民衆の旗』より)

午前八時の青年の太陽(かれ)は 今日も昇りゆく! 青年の鼓動にあわせて昇りゆく! ・・・・」(『青年の譜』より)

なんとフレーズが似た詩だろうか。
これも、ゴーストライターの焼き直しか?

それにしても、センスがない詩じゃない?

9/1号 「慧妙」において
池田がたいそうに自慢する「桂冠詩人」の称号が、まるで権威もないどころか自作自演とも言える眉唾モノであることが暴露された。

以下の図を見てください。





※スリニバス氏は金銭授受はないとしているが、創価学会は一部「ポエット」の印刷、配布を行っており同様である。

池田が貰った「桂冠詩人」とは、国家による任命されたものとは大違いの、私的団体による授与だった!

しかも、資金提供で得たことがバレた!

ほんと、お笑いだ!

コメント (1)