建築設計と健康

設計者のライフスタイルを気儘に記載、
健康が一番!


同級生

2013年05月28日 | 友人・知人・同窓生・学校

 

コメント (4)

燃える氷・メタンハイドレート

2013年05月24日 | Weblog

 

いい唄です、布施明の・・五月のバラ

尾崎紀世彦のほうもいいけれど・・

彼のは・・ほんとうに悲しくなります。

http://www.youtube.com/watch?v=_lZTWntsUA0

コメント (4)

歩こう会 5月例会

2013年05月20日 | ハイキング

 

地元の同級生を拡大し、合成してみました。

先日・・・歩いてきました。

お隣の市街地・・街歩きです。

一週間前は雨の予報でしたが汗だくの好天気でした。

ただ・・コンデジは修理へ・・

デジカメは・・持参したとき・・電池切れ

 やむなく、携帯のカメラでショット

↑ 光明寺の住職さんのお話を聴いて・・・。

龍蔵寺大銀杏の立派なこと。

昼食の前に、運動公園にてパチリ・・

昼食後、パストラル加須の会議室を借用し

定例総会、型どおりに終了。

設立・・・・平成元年、会員227名

このあと、また街歩き・・不動様へ

 

http://www.souganji.com/

この会に小中学の同級生が仲間がいて・・

解散後は・・・ノミニケーション

 

友人諸兄のスマイル・・ぼかしました。

 

いい唄です、布施明の・・五月のバラ

先日、挑戦しましたがペケ

難しかった・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=_lZTWntsUA0

 

 

 

コメント (2)

講演会

2013年05月15日 | 友人・知人・同窓生・学校

 

 

編集者は母校の高校同窓会

一支部の事務局です。独りで・・

予算には含まず、ボランティアで

支部のHPなんぞ作成しました。

http://dousoukai.cure.to/ 

そして、毎年定例の総会を開催。

 総会後にイベントがなくては

ということで、常に講演会ありです。

母校卒業で活躍のOBにご足労願い・・です。

今回は地元出身で群馬大学教授の相澤氏です。

ポスター作りは・・編集者の仕事、

ワードにまとめ、講師にも了解頂きました。

桐生地域地場産業振興センターにて、

福島第一原発事故に関連した講演を行ってます。


↓ 
 http://www.hikalo.jp/HiKaLo2/HiKaLoBooks/No.45/HiKaLoBookNo045_23.html

ポスターの顔写真の左はメタノハイドレート

写真の右は地元の公園にて

 

空間放射線量の計測値とのことです。

 

下記は研究室です。

http://www.ccr.gunma-u.ac.jp/4u/Seeds/2011/Gunma/Vol04_P107_108_G_Enviornment_Aizawa.pdf#search='%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88+%E7%9B%B8%E6%BE%A4%E7%9C%81%E4%B8%80%E6%95%99%E6%8E%88' 

 

情報豊かな今日・・ネットで確認も良し、

生の声で講演を耳にする・・

同窓の・・専門家のお話です。

 

 

 

 

 

コメント (4)

わりなき恋

2013年05月10日 | 読書

 

ブログ前号、船頭小唄の・・ねえおまえ・・でなく、

朝は、さわやかにクラシック・・。

5時頃起床の編集者はコーヒーをカップに

パソコンに向かい、You TubeからBGM

読んでみました・・、わりなき恋

 

己に自信のあるヒトは、

艶でもなんでも、密の如しでなく

なんでもオープンに・・・・なのか

それも80才にもなり、あらまし自分の

身の周りのことを活字にできるんだなあ。

「わりなき恋」、留まらない視座と視野を持っている

レベルの高い視点・・素晴らしい

・・と、へんに尊敬してしまう老いた若輩者

そして、惹き込まれて読む・・・単純な若輩者。

一般俗人の若輩者は河内桃子や久我美子のほうが好感で

岸惠子は・・色気ありすぎで苦手・・・といいながらも

読んでしまった・・・わりなき恋

女優なのに、文筆家・・描写の言葉も迫力あり・・。

 ナルホドナルホド・・フムフム、納得ナットク。

こんなこと書いちゃうんだあ・・

いいのかなあ、刺激的だなあ。

あの映画、

クリント・イーストウッドとメリル・ストリープがよくて

観たようなものでした。

マジソン郡の橋・・・・という映画

なんとなく似てるのかなあ・・・。

わりなき恋を映画にしたら

主役は役所宏司に岸惠子かしらん。

「わりなき恋」のわりなく・・というのは、

徒然草の中の歌からとったものらしいが、

「どうしようもない恋」「どうにもならない恋」

ということ・・・・・と作者は語る・・・・でした。

吾れ、若輩者は徒然なるままに、ブログ。

 

 

若輩者は昔々・・君の名は・・を

親父ドノと2、3回・・幼い時に

田舎の汚い映画館に行ったことを

思い出します。

 http://www.youtube.com/watch?v=AWo6nvlWKIk

 

 

 

コメント (4)

船頭小唄

2013年05月07日 | 音楽

 

 世に雨情伝は出版されていますが、

どちらかというと、研究者向けで

一般向けのものが少なかったようです。

孫である近親者の秘話ありの雨情伝、読んでみました。

そしてこの本はCD付き、20曲あり、

生涯の作詞数は二千数百・・に

その中に・・・船頭小唄あり。

http://www.youtube.com/watch?v=kAWZloNBr8c

聴いていて、いいなあ・ と、しみじみ思いました

艶ありかつ朴訥に・・三橋美知也が唄ってます。

この名曲、いろんな歌手が歌ってますが、

森昌子、坂本冬美、森繁久弥、石川さゆり

一般に森繁久弥の声音・・・が一番だよ

・・・との仲間が多いですが

編集者は・・・三橋美知也がピッタシ。

おれは河原の 枯れすゝき
同じお前も 枯れすゝき
どうせ二人は この世では
花の咲かない 枯れすゝき

死ぬも生きるも ねえおまえ
水の流れに 何変ろ
おれもお前も 利根川の
船の船頭で 暮らそうよ

枯れた真菰に 照らしてる
潮来出島の お月さん
わたしゃこれから 利根川の
船の船頭で 暮らすのよ

この歌詞、退廃的・・ということで

いっとき、発売中止だったとのこと。

最初は・・枯れすすきという題名だったそうな。

それが、船頭小唄に変身。

雨情さんは作曲の中山晋平氏に

依頼しても・・なかなか曲にしないので

かなりかなり催促したんだそうな。

中山氏は余りにも退廃的、

作曲する気もなかったとのこと。

 時代閉塞の歎き

然しこの唄も、大方の人がイメージしているような

哀調を帯びた、ただ暗い感じの曲というのではなく

むしろ、逆に、当時の暗く重苦しい閉塞した世の中から

一日も早く脱出したいという裏返しの希望を込めた曲として

受け止めるべきなのであろう

・・との解説あり・・・納得。

しかし、しみじみと・・酒が弾む、ねえおまえ。

http://www.ujokinenkan.jp/

編集者の場合、仕事にひとくぎり・・で、ホッツ

セッケイノォシーゴトォデェイーキルウノオヨオ 

 

 

 

 

コメント (2)

建築設計と俳句

2013年05月04日 | 友人・知人・同窓生・学校
 
 
建築設計という行為は『俳句作り』のようなものかな・・です。
俳句は、『五・七・五』・・・・・、その『五・七・五』という形式は、
 
俳人にとって足かせ的な制約ではなく、発想の源・・・・・・・・・

建築には、敷地の形状・関連法規・そして大切な予算etc・、
 
数々の制約があり・・・、何でもアリの芸術ではないのです。
 
 
それらの制約は・、俳句における『五・七・五』の形式と同じ。
 
これを足かせではなく発想の源としてとらえ、
 
唯一無二のモノ作りに昇華していく
 
これこそが、建築の醍醐味なのです。
 
そして初めに企画ありき・・大切な建築設計・・です。

 友人のS君・・会社勤務のかたわら

やってたのです・ひねってたのです・・俳句

そして仲間たちと句集を発行です。

五駒会俳句集 

彼は チャリダー(自転車乗り)なのです。

そんな訳で私の名刺に・・いっとき掲載でした。

彼とカミサンと長女(右側)と一緒のショット・・

http://www7.plala.or.jp/archi-tora/

上のHPの表紙を飾って頂いてます。

その後のS君・・ユル・ブリンナーばりにツルピカ。

建築設計と俳句作り・・・

彼はツルピカにて、ひねってます。

会社をやめてからのほうが忙しいのかしらん。

自転車、そして俳句、ジム通い、俳句

それに、畑・・・・楽しそう

 

 

コメント (4)

長瀞 桜三名所めぐりハイキング(6) 通り抜けの桜

2013年05月01日 | ハイキング

 

波久礼駅から長瀞までのコースは、終了です。

でも、残っていました・まだまだ元気印の仲間が・・

行程は10キロ弱でしたので、

バテバテ、バッテリでなくバッチリ

もうちょっと歩こうよ・・・ということで、

宝登山神社の隣に不動寺があり、

そこに、通り抜けの桜・・・

花ざかり、現在進行形とのこと。

私は、・・そこまで、またまた坂道は知ってましたので、

億劫でしたが・・優しい誘いに応じてまたまた1キロ

結局本日の全行程は11キロとのことでした。

 まだまだ咲き笑っている桜の君

桜の中にロープウェイが見えてます。

偶然?カメラマンに感謝

会長さんは74才の元気印、

いわゆる薬というものは飲んでないとのこと

そして奥さんは15才も下の優しの君の由。

 友人、本の御陰で長瀞は一層短かになりました。

駅から北に宝登山があります。 

さきほどのロープウェイで昇り、

 

宝登山を徒歩にて降り・・中復

熊高の森イベントを記載です。

               

 

 

上の写真は、母校の同窓会、育樹祭

開会式です。

本を頂いた友人とは、この会で一緒になり意気があったのです。

紅一点、竹下景子さんがゲスト側にいますので

後輩のテレビ埼玉勤務のT君は、自然とエミが・・

隣のO君は・笑みをちょっとガマンしている風情。

笑みとか詠美に控えめな渋み豊かなO君です。

T君の撮影・・・・・・・・You Tubeにありました。

http://www.youtube.com/watch?v=gJ2xZ4hA45I

上の映像に竹下景子さんの夫、関口先輩が・・

15才も離れているおしどり夫婦

そして歩こう会の会長さんの奥さんも15才も下。

右脳も左脳も・・・衰えているけれど、

煩悩のみしっかりしている編集者は

世の中、不公平・・・・・なんて思わず

フムフム・・・・感心するのみでした。

銃後の妻なんて・・語があったけれど 

従吾という語も・/あったようです。

 

今年は埼玉県で全国育樹祭 です。

http://www.pref.saitama.lg.jp/page/zenkokuikuzyusai.html 

 植樹祭は育樹祭と名称が変わりました。

 

コメント (3)

23

2013年05月01日 | カラオケ

<iframe src="//www.youtube.com/embed/27C2HQ6thRE" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

コメント